浅間大地だ。



17155489_1248503941912655_3925821365104047112_n.jpg

わーい

17352084_1257273107702405_6864600630196691467_n.jpg

わーーーい!

いろんな軽井沢の風景があるなあ
癒され楽しい場が幾つかあると それぞれ嬉しい。

育っていくのが、楽しみです。




人気ブログランキング
青々しているのはライ麦畑ですって。
収穫ではなくて、畑の栄養にしちゃうんだって。
荒地防止にライ麦蒔くのがいいのではないかと、
試してみたいと思います。

軽井沢風越学園と 本城さん。


2月1日に、
軽井沢風越学園さんのニュースリリースがありましたね。

触れようとおもっていたのですが、妙に力が入ってしまい
なかなか記事に出来ませんでしたので、、
力を抜いてさらりと紹介してみます。


軽井沢風越学園
http://blog.livedoor.jp/kerokich/

3歳から15歳まで、幼・小・中の 混在校になるようです。
コンセプト http://kazakoshi.jp/concept

ええと、語れるほどまだ知りませんので、こちらの情景などを
見てみてくださいな。 http://kazakoshi.jp/scene

外の記事。
http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1702/23/news084.html
http://dutoit6.com/1413
http://www.mimoz-art.com/entry/2017/02/15/162817
http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=324375
https://www.karuizawa.co.jp/newspaper/news/2017/02/post-40.php

軽井沢を、教育の場に選んでもらえたのがとても嬉しい。
きっと進学校ではないでしょうし、なんだろう、きっと優しくて
生命力のつよい、明るいいい子どもが育ってくれる気がします。
本城さんや小川さんがいるんだもん、そうなっちゃいます。
息子も預けたいくらい想っています。


ちらっとだけ。
サクライにも人生の転機が幾つかあり、軽井沢においては
2005年でした。
まだ今いるところも大きくはなく、先行きも立場も不透明で
東京に戻ることを準備しながら、今ある仕事を仕事として
しっかりやりながら模索していた所でした。仕事でした。
そんな折に偶然本城さんと出会えまして、
軽井沢に学校を作りたい。暮らしの拠点を移したいと。
他の地も広く検討され、行き着いた場所が軽井沢である
ことを聞き、あれ、自分は軽井沢の何を知っているのかな、
って思いました。
Uターン時に日本一周して郷土愛が深まり「お国自慢」が
したいと☆のの席でそれを実践していたつもりですが、
まだ仕事として表面の軽井沢しか知らずそれを勧めていた
にすぎなかったことに気付いてしまいました。

辞めるのはいつでもできるから、軽井沢と向き合わなきゃ。
住まわなきゃ! と、また縁あって追分のボロ山荘を取得でき、
半分DIY再生を経験しながら実家と別荘の近距離2地域居住を
体験してきました。 軽井沢に暮らす・森に暮らす自然に呼吸を
合わせる暮らしを通して、1年目2年目と、3年目からの視野の
広がりも知ることができました。禅の世界かと思っちゃった。

「仕事を超えないと。」 を意識し、別荘暮らしの実体験をしながら
再度別荘仲介業務と向き合うことで、経験値という大きな武器が
備わり仕事にも自信が持て興味が更に広がり・・・
2006年からは飛躍的に、人との出会いに恵まれていきました。
「報酬を得るまでが仕事でしょ?」と仰るお客さんの言葉が衝撃で、
出来るだけ契約を終えるまではきっちりと、その後は表情や言葉
を緩めて 「同じ森と町の住民なのですから頼ってください。」 と、
軽井沢に住んでる友人になれるようにと心がけました。
ココを9年近く続けられているのもそのつもりです。
とにかく、11年前に本城さんと出逢えてから、今に至るたくさんの
出会いときっかけに繋がってしまっていて・・友人ながら感謝と想い
が深く、テレてしまうのです。

この最初のぴっぴのときも一緒でした。 コドモノカタチ。
http://kodomonokatati.org/interview/010-2/


スミマセン全然さらりとでなく(笑)
出会いやきっかけの恩もありましたが、
すごく簡素に気持ちのよい性格にも惹かれています。
難しいことを難しくしないというか、得てして飾りたく
なってしまう言葉や表現もとても簡素にしてくれる。
飾る必要がないことも 本城さんから得ています。

そんな本城さんや小川さんたちが学校を作るんだもん、
すごくいい学校ができます。いい学校になります。
いい、先生も集まってくれるといいな。
若い先生でも、きっと飛び込んでいい場だと思います。
現実も大事だけど、こんな素敵な未来を一緒につくる
仲間になれるほうが、きっといいかもしれませんよ。

4月2日まで、1次選考をされているようです。
http://kazakoshi.jp/recruit
外のボクがいうのもなんですが、飛び込んでください!


また、お知らせします。
ありがとうございました。



人気ブログランキング

準備してから、経験積んでからじゃ遅い。
足りないままでOKなんだよ!
http://blog.onbetsu.net/mt/2017/02/13/post_585.html

春からもゆっくりリフォーム


再建築などで出てきたものを活用しながら
ゆっくり進んでいる山荘のリユースリノベーション。

冬にすべきことがぜんぜん手が付かず、
これからも大枠を終えるまでもうちょっとかかりそう。

でも、78のおじいちゃん大工の話を聞きながら、
家に語りかけながらどこをどうしたら応えてくれるかを
ここまで見れてきたので、ちょっと幸せです。

11年前に取得する前は、10年位空き家でカビカビでした。
自分で5年やってみて、ここ5年はお休みしていて、
これからのためにお金かけず工夫と再利用でもうちょっと
延命させてあげたいと思っていたけれど・・
心身癒され延命させてもらえるのはきっとこちら側だ。

17309273_1254816297948086_6989767360753676972_n.jpg

17203222_1254816291281420_4395591417556103622_n.jpg

薪ストーブも同級生の友人から中古を分けてもらう。
玄関扉も中古をいただけた。
人に勧められる手直しではないけれど、
自分の経験をもとにして、皆さんに協力できることを
増やしていきたいと思うておる次第でございます。

土地をお求め頂いて建築はまだもうちょっとのHさんや、
一旦軽井沢を離れられた友人知人たちにも気軽に使っ
て欲しいなあ。
素朴な山荘ですが、森暮らし体験のできる場になれば。
野鳥に起こされる朝とか、焚き火しながら迎える夕方とか。
ここでの経験がじぶんの武器となり、良さを臨場感もって
お伝えできるのが嬉しいです。 これからも。



人気ブログランキング

サードオフィス的な空間を。


こんにちは。
ちょっと感覚的なことをお尋ねしたく。

別荘と共に、
移住地探しと建築先引き合わせなどを多くしてきました。
都内ではなかなか叶わない、ホームオフィス的な書斎を
軽井沢で叶えられた家も多いのですが、
やはり労と住の共存には支障もあって(集中できないとか
気持ちのきりかえ)、
wifiの拾える☆のエリアや中軽井沢図書館、カフェなどで
しごとの一部をされる方も多いとお見受けしています。

都心部ではコワーキングスペースやシェアオフィスは多いですが、
軽井沢では KBCCさんのプチコワーキングスペース
塩沢のHUB緑友荘さんの機能も近いかな
佐久のコワーキングスペースiitoco さんもいってみたい。
あとは多少、類似環境があるようではありますが、
セカンドオフィスを在宅に、サードオフィス的な場があれば
嬉しいなあという声を 割とお聞きします。


人口も多い町ではありませんし、
事業として考えてしまえば採算など合わないと思います。
でも、別荘なり住居地域の空間なりで、どうせなら共有し
維持できればとお考えの方もいらっしゃる。
別荘地では公にはオフィスは難しいですが、
自然を感じ緑ある別荘こそ良い発想が生まれます。
アトリエ・工房・創作空間、打合せサロン、なんだろ。

大きい空間でなければ、
集まる人たちもある程度限らねばならないかと。
余り異業種に広げてもバランスが難しいですし、
知り合いの知り合いまでなのか、業種なのか、なんなのか。

ーー
コワーキングは独立して働きつつも価値観を共有する参加者同士の
グループ内で社交や懇親が図れる働き方であり[3]、コスト削減や
利便性といったメリットだけではなく、才能ある他の分野の人たち
と刺激し合い、仕事上での相乗効果が期待できるという面も持つ。
ーー

って。ふーん、ほうほう。


で、、

へんしゅうちゅう


お知りあいさんで、
興味ある方必要な方は連絡くださいな。



人気ブログランキング


草津から尻焼温泉へ。


16999035_1240729462690103_3684045423467896607_n.jpg

先日草津に泊まった翌日、
意外と家族連れで時間をつぶせるところがないなーと
テルメテルメ空き待ちで周囲をドライブしていたら、
ちょっと東にそれて見えてきたのが六合村(くにむら)。

この奥には、秘湯 「尻焼温泉」 があるのです。
冬はいけるのかな?お湯になっているのかな?
天気が良くドライブ日和でしたので、
行ってみることにしました。



細い道ですけど、信号のない空いた道路で20分位。
軽井沢からだと草津経由で80分くらい。
直行すると遠くに感じますが、草津の湯とあわせて
楽しめれば思いのほか近くに感じますよ。


17103505_1249054535190929_4844997350257987260_n.jpg

道中、赤褐色の川原が出現。
鉄分が多い赤い川の湯をドラム缶風呂にするだけでも
十分な温泉となりそうです。
釣りはできなそうだけど、生きられる未知なる魚類がいそうな。。

17190613_1249054365190946_1583584031512038325_n.jpg

到着。久々です。
この時点では誰もおらず貸切状態!
道路から、丸見えです。
(無料の混浴です)
この真ん中の段全体が、底から湧いている湯と川の水とが
混ざって40℃前後の適温となっているのですよ。

尻焼温泉 川原野天風呂
http://www.asahi-net.or.jp/~ue3t-cb/spa/siriyaki/siriyaki.htm
http://www.food-travel.jp/gunma/shiriyakionsen.html

17098509_1241675365928846_7000241119300742846_n.jpg

16939282_1241465519283164_1811452275010254852_n.jpg

ここはツーリングとドライブで3度目の訪問でしたが
過去最高の湯温コンディションでした。きてよかった!

冬中と数日前までは入れる程温かくなかったようですし、
自然環境そのままの湯なので、ぬるいことが多かったです。
広い場所でも熱めのとこ、ぬるいとこ、浅いとこ深いとこ、
バリエーションがあるので移動しながら すっかり長湯に
なりましたが、のぼせることなく爽快な気分に。
子どもはこういう所とても楽しいみたい、気に入ってくれた。
身に染入る草津の酸性湯とはまた違う、
心とアタマにも染入る開放的な秘湯でございました。

16998773_1241500302613019_5177135418082099706_n.jpg

川原わきか、ここで脱衣します。
雑多な感じがむしろありがたいです。
また温かくなったら行ってきます。
軽井沢を拠点にすこし遠出してみたい方も
草津と合わせてご検討下さいな。




人気ブログランキングへ

地獄谷温泉もまだ行ってない。
今月の旅でいけたらいきたいな。時間が欲しい・・・。

渋谷から高速バスで軽井沢草津へ。


どうやら、3月16日から、
渋谷マークシティから軽井沢まで高速バスで行けるみたい。
しかも、バス4社が往復1便ずつということはそれだけ乗れる
時間帯も増えるということに。

http://www.bus-navi.com/news/1392.pdf

仕事以外では旅気分を味わえるバス移動が好きなので、
これはぜひ利用したいです。
西武高速バスで池袋線を良く使いますが、
ちょっと値段高いけど、直行なのもいいな。
使い分けで、使います。

是非バスでの軽井沢入りもお試しくださいね。


雪山の小屋で遊ぶ。



16649410_1237655382997511_1326737302216535817_n.jpg

16939320_1237655442997505_4127660094324546043_n.jpg

16939593_1237655492997500_7018777145979202926_n.jpg

16999073_1237655549664161_3696453395669133087_n.jpg

先週末、
一緒に計画してきた仲間達とモリアソビの山小屋へ。

仕事後に駆けつけましたが、メンバーは楽しくほろ酔い。
ちょうどてんぷらの部が始まった所でした。
そういえばバーベキュー的遊びでのてんぷらは初めて。
おお、水気も飛ばずにホクホク甘く美味しいじゃないか!

トンボの湯の受付時間に合わせて健全に解散。
雪深い山奥ですが、裏ルートが開拓できたので
1,2分ほどの登山で到達できるようになりました。


16996105_1237672949662421_5650217675277701679_n.jpg

15355744_1237676822995367_2255949090129940587_n.jpg

春から、お繋ぎしていきたいなあ。
子どものいるファミリーもいいですし、
大人だけでもとてもよい。
ミーティングにもちょうどよい。
スッキリとシンプルに整理するのに
こういう場って、有難いんだなーと発見。

もりであそぼう。



ネオ三本締めと、オブザイヤー10周年とか。


個人的にとても好きで、
郷土力士を応援するかのように見守ってきたヤッホーさん。
カテゴリを分けた初期の頃からどんどん進化され大きくなり
http://sakuraikaruizawa.blog33.fc2.com/blog-category-37.html

最近ではすっかりメジャーに認知されていますが、
変わらずにアホなことを真面目に続けてくれている
「知的な変わり者」 がファンの心をがっちり掴んで逃がして
くれない所が嬉しいです。 ピープルズチャンピオンです。

アホなことをー と思っていたら、
突き抜けてかっこよくみえてきちゃって、覚えたくなります。

ネオ三本締め。 YouTube動画。
https://www.youtube.com/watch?v=H_cI2WXUdW8

こっちから、譜面音源や覚えられるよう小分けされた
チュートリアル動画が見れますよ。
http://yonasato.com/ec/sanbonjime_compe/

予告編から期待していて、公開されてすごいエンタメ感だけど
長いぞー!と思いましたが、これは覚えて輪に入りたいと。
音頭とって広めてやろうと思えるいいかっこ良さの楽しさでした。
ぜひぜひ見て覚えてね。


ネオ三本締めでおなかいっぱいのところ、
日々ニュース等でヤッホーブルーイングさんのネタが
流れついてきます。


「俺、演歌歌手だったわ!!」
に、井手てんちょらしさが詰まっていてしびれてしまいます(笑)
http://yonasato.com/ec/soy2016_main/

この10周年リサイタルを行えたのもてんちょはじめスタッフの
相当な日々の努力によるものなのでしょうけれど、そういった
裏を感じさせない明るいエネルギーでエールビールと幸せを
当たり前のように届け続けてくださるものですから、
快挙とか感慨深いものがーとかすら感じさせずに、ただただ
楽しく嬉しく活躍に共感し応援できることが素晴らしいです。

最近でも働き甲斐のある会社なんとかとか、
企業とのコラボとか5月の超宴とかとかネタいっぱい。
ちょびっと検索などしてみてくださいね。

ではでは。

http://yonasato.com/ec/





17190946_1249060868523629_4535185604075610765_n.jpg

カルテットおもしろい。


冬の軽井沢が舞台。

だけで満足していたのに、
内容が面白い。


TBSオンデマンドで。
http://www.tbs.co.jp/muryou-douga/quartet2017/006.html


16864505_1236468873116162_5635759992581844958_n.jpg

http://beauty.yahoo.co.jp/enta/articles/659569
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170304-00000005-pseven-ent

まとめ
https://matome.naver.jp/odai/2148469459085139601
https://matome.naver.jp/topic/1Mw3V
http://yakudati-jyouhoukan.com/2543.html



人気ブログランキングへ

ワインさん。


外で飲むことが少ないもので、
お酒カテゴリ を久しぶりに覗いてみて
セルクルさん以外の薄さと、、あすなろの濃さに
ちょっと苦笑してしまっていた所・・・

いつのまにかGooglephotoに携帯写真が被写体ごとに
分かれているサービスを発見しまして、
(誰がどんな作業で分けてくれるのでしょう)
ワインが意外とありまして、
振り返りと今後の勉強兼ねて、最近の少しを残してみようと
格好つけましてごめんなさい。

NCM_7629.jpg KIMG2979.jpg

NCM_7528.jpg KIMG3968.jpg

KIMG1759.jpg


KIMG0979_20170220172506a18.jpg KIMG0155.jpg

KIMG0208.jpg

KIMG0201.jpg

KIMG0803.jpg

昔は少し斜に構えて遠く眺めていたワインでしたが、
軽井沢に居てこのしごとを続けてこれたことで、
ご一緒に美味しく楽しく、素直に頂けるようになりました。

素人でも何となく稀少さがみえそうなものも頂いてきましたが、
その機会は何となく 茶道の亭主と正客の関係 にも思えまして、
好きな方がお気に入りを選んで下さった気持ちをありがたく 
受けながら 嬉しく楽しく飲んでしまっています。
他のお酒と違って、一期一会をとても感じるのがワインかと。
ちょっと大人気分に浸れるのも、素直に嬉しいものでございます。

NCM_1759.jpg

KIMG0800.jpg



人気ブログランキングへ

軽井沢シェフの、プロフェッショナル放送。


今日の夜 10:25分から放送される

NHK プロフェッショナル仕事の流儀  
http://www.nhk.or.jp/professional/ 

に、軽井沢にいらしたフレンチシェフさんが登場されます。

今は東京のど真ん中の日本旅館の料理長をされていますが、
フレンチらしい高級食材を組み合わせるのではなく、
和食材や端材の類にまで価値を見出し高級料理まで
昇華されていることが興味深いです。
美味しんぼの山岡士郎が好みそうなシェフです。


NIPPONキュイジーヌ。
http://www.hoshinoresort.com/mag/cuisine/01/

こちらも見てみてくださいね。

こちらのフレンチ、
食べたことないので気が利いたことが言えませんが、
ページやムービーからもシェフの心が伝わってくるようです。
素敵ですが格好や気取りでないのが何ともいいな。

プロフェッショナルと合わせて、どうぞ。


トレンドたまご



人気ブログランキングへ

星の子さんのディナーが凄かった。


ランチ時にひっそりと紹介していた穴場ランチの星の子さん。
http://sakuraikaruizawa.blog33.fc2.com/blog-entry-1244.html

いつか、このお手軽で旨いメニューに
グラスワインを合わせて昼からのんびりしたいなあと
想い焦がれておりましたが、
夜ならいいじゃないかと行ける機会をうかがっていました。

軽井沢でお肉。 と別荘の仲良しさんに相談を受けた際、
カウボーイハウスや一龍さん、他も幾つか定番の所は浮かぶ
のですが、 気軽に美味しいのを食べられる先の開拓として
夜の星の子さんを提案し、ご一緒してきました。

いやあ、良かったです。
何でもっと早く利用しなかったのだとちょびっと後悔しました。

このシーズンの平日は、流石に空いています。
ペンションの食堂と兼ねているので週末は宿泊客優先に
なりますが、事前の予約で空きがあれば利用できるのですよ。

16708650_1227050954057954_7624982628629263244_n.jpg


16708368_1227050897391293_1681512412959915778_n.jpg

焼肉やしゃぶしゃぶコースは、前日までに予約した方が良いです。
ステーキコースやアラカルトでのディナーは、 当日のランチ営業
時間までに予約できれば対応いただけるようです。
ランチ時にお馴染みのメニューからまず2品とサラダ、チーズを
頼み、イタリアのボトル(1500えん)と焼酎等でゆっくりとスタート。
空間やお皿、価格帯はカジュアルなのですが、肉の卸やさんが
行っているサービスにつき、値段を疑うほどの満足感なのです。

とても気軽。友人宅に招かれているような気軽さにつき、
どうしても料理一品一品を構えて撮影などできませぬ。
だいたいつまんで途中で気付いて、まあいいやって。
写真なんぞそっちのけで楽しんでしまいます。

16730283_1227050997391283_5016359151739212065_n.jpg

リブロース200ぐらむ、ランプ肉100ぐらむだったかな。
ランチ時とは量が違うので、肉肉しさが豪華です。
カットしてシェアしましたが、いい厚みいい旨み。
テーブルワインとも十分合います。
(ワインは他にもバリエーションがありましたよ)


レストランの質が高い軽井沢においては、
都心のレストランと遜色ないクオリティーの店が多いです。
お値段なりの上質な商品は選べますが、価格以上の
満足ってなかなか得られないのも質主体のこの町の
お店の特徴かもしれません。

そんな基準を持ってしまっていると、
星の子さんには本当に毎回驚かされます。
気軽に旨い肉をしっかり食べたいときの選択肢の一つに、
穴場好きな方はランチと共にディナーも利用してみて下さいね。
余り知られたくないけど知って欲しい情報は、個人のココ位が
ちょうどお勧めし易いです。 どうぞー。




人気ブログランキングへ

代行で、18号に出てトンボの湯までで1300えんでした。
スッと三井の森南の町道経由ならショートカットでもっと
お安いかも。

北向観音と、善光寺へ。


おお、もう2週も。。
引っ張るほどではないので、さらりと残しておきます。


前回の布引観音参拝と温泉後、
アートヴィレッジ方面経由で北向観音へ向かいました。
正月に逆ルートで行っていたこともあり、
好天のドライブ日和のなかで、滑るように到着できました。
軽井沢からも旅気分を味わえるちょうど良い距離ですよ。

別所温泉観光協会 http://www.bessho-spa.jp/acc.html
地図はこちらから。


16406632_1213621602067556_4710683313567803061_n.jpg

16299237_1213621585400891_696618349911371370_n.jpg

北向観音・常楽寺 http://www.kitamuki-kannon.com/

北向観音wiki にも記載されていますが、
北向観音という名称は堂が北向きに建つことに由来する。
これは「北斗七星が世界の依怙(よりどころ)となるように
我も又一切衆生のために常に依怙となって済度をなさん」
という観音の誓願によるものといわれている。
また、善光寺が来世の利益、北向観音が現世の利益を
もたらすということで善光寺のみの参拝では「片参り」に
なってしまうと言われる。
ーー
と、善光寺と合わせて参拝する意味のあるお寺だったのです。
1月末に、善光寺だけ行こうとしていた事を止められたような
思いでしたが、後でもう一つ意味があった事を知るのでした。

16426133_1213621612067555_3444489774837673336_n.jpg

16266305_1213621645400885_6758961273718251790_n.jpg

小銭財布しかない日でしたので、それでも500えんを賽銭箱に投げ
多めのお願いをし、別所温泉の大湯(150えん)に浸かって、腹を
空かせながら帰りました。


次の休みが偶然節分でしたよ。

16473970_1216698571759859_6004616478154344680_n.jpg

16473122_1216698601759856_2792095763012146417_n.jpg こういうお寺。庶民的で優しい。

16507933_1216698535093196_3965893389816594067_n.jpg

この時期は11:45分からの厄除けです。
https://www.zenkoji.jp/kuyo
3000、5000、10000えんとありましたがまんなかで。
この建物で30分前までに手続し、11時半に集まって説明を
受けながら本堂に移動します。

16508216_1216698521759864_3198268979942749172_n.jpg

やはり・・ いつ来ても、何かいいです。凄くいい。
それっぽい理由をつけるよりも、いいなあカッコイイなと
思えるだけで、シンプルに来た甲斐が感じられます。

信州善光寺 https://www.zenkoji.jp/

厄除け以外にも様々な祈願の方と合わせて20名くらいで
受けてきました。 思ったよりもさらりと終了しましたが、
ここでの行為だけではなくココを目指し今日来れて祓って
頂けたすべてに意味合いがあるのだと思いました。

そして節分ということもあって、
偶然福豆まきにも参戦してきました。

16299278_1216761471753569_3861340205847254788_n.jpg

真田丸ご出演の、草刈さんが主役のご様子。
42年ぶりにここに戻ってきたけど、第二の故郷だと
なかなかのリップサービスでございました。
豆、このくらいの参加者だとなかなか取れないものですね。
3人分の確保を狙っていましたが、ちいさなお菓子を1こ
キャッチできたのみで失礼しました。


節分。
し、知っていたようで良く知っていなかった節分ですが、
季節を分ける、とは単に春に~ということだけでなく、
立春を迎える前日、大晦日の意味合いもあったのですね。
節分の日に邪気を祓い、新年をスッキリとして迎えられる
追儺(ついな) の行事であったとは。

厄年を迎えたにあたり、善光寺と対の北向観音、縁あった
布引観音を巡れた後、ちょうど大晦日にあたる節分にこの
善光寺で厄を祓い、行事に参加できたものですから、、
良い1年を必ず迎えられることでしょう。
ちょっと心して、過ごす1年にしてまいります。

厄年は、役年。
と教えて下さった建築仲間さんもいてちょっと救われもしました。
今年はその役、縁を繋ぐ役割などなどを感じていた所でも
あったものですから、
厄を祓われた今、役を全うできるよう尽くしてまいりたいと
思う所存でございまする。

どうぞ 宜しくお願い致します。


櫻井貴弘




人気ブログランキングへ

日本カーリング選手権 男女とも軽井沢が優勝!


日本カーリング協会さんのHPより。
http://www.curling.or.jp/
http://www.curling.or.jp/result/jcc/jcc2017/jcc2017-top.html

あとニュース。
http://match-result.blog.so-net.ne.jp/curling2017japan-championship
https://plus.google.com/+NHK/posts/ebiur9GPtSZ
http://sports-storm.com/?p=1552

おめでとうございます。
地元軽井沢の男女チームが優勝し、
来年の冬季オリンピック代表に一歩近づいたのは
とても嬉しいことでございます。


元カーラーとしても嬉しいぞー と言いたかったので、
数年ぶりに、軽井沢町長杯が行われているアイスパークに、
我がチーム(生意気)へ助っ人のつもりで行ってきました。

16507962_1222788091150907_5122865044531524316_n.jpg

・・・思いのほか真面目に闘っており、構って頂けなかったので
端っこで練習をさせてもらいました。

16708213_1222787907817592_4495867387192955679_n.jpg

16507959_1222838091145907_8818001115906371480_n.jpg
(顔ぼかしています)

ええ、確実に、練習です。
チームメイトが転んだらすぐ駆けつけ交代する位の気持ちで、
ブルペンの投球練習のつもりで・・・(あそんできました)

この、レジャー・スポーツカテゴリの下のほうに
http://sakuraikaruizawa.blog33.fc2.com/blog-category-22.html
頑張っていた頃の様子やルール等が残っていますので覗いて
みてくださいな。
2010年2月デビューだったなんて、キャリア7年か。。
(ほぼ幽霊部員でしたが)

ほんのちょびっとだけカーリングをかじっていると、
日本選手権や国際大会を見ているだけで結構面白いです。
当初お遊びのように見えてしまっていたものの、やりだすと
緻密な頭脳戦であり、多様なゲーム性に引き込まれます。
上手くなくったって未経験だって、楽しめますよ。


ボーリングの要領でストーンを目的場所へ押し投げ、
ダーツの感覚で狙い、
ビリヤードの要領で敵の石をはじき、
掃除感覚で氷を磨いてすべりを良くする。

入り口はその位の感覚から体験頂き、
徐々にはまって頂けたらと思います。

軽井沢アイスパークHP
http://kazakoshi-park.jp/ice-park/
カーリング体験60
http://www.kazakoshi-park.jp/news/ice-park/2017/02/60-2016-17.html

1人2360円で、60分みっちりとレッスンを受けられます。
ブラシとシューズレンタル、利用料、保険等もコミコミ!
3月末まで受け付けていますので、ぜひどうぞ。



人気ブログランキングへ

優勝の記事が淡白になってしまった・・・

みはらしの湯で


佐久平PA直結の、
パラダ内にできた 平尾温泉みはらしの湯。

先日初めて施設内でごはん食べました。
さっと浸かってさっぱりしてからごはんして、
一休みしてもう一度ゆっくーり入るのが各温泉での
習慣になっています。
あぐりの湯やプラザ21でもそれが気持ちいい。

いつも写真構成も色合いも気にせずの絵ですみませんが、
実際はもっときらきらとオーラをまとっているのですよ。

16649062_1223606481069068_7590928956917549993_n.jpg

16684379_1223606507735732_4825042418104325828_n.jpg

食事メニュー http://www.hiraoonsen.jp/meal/

お子さまランチ550えん、唐揚げ定食880えん。
温浴施設で、この価格帯でいただくごはんとしては
けっこうレベルが高くかなり旨かったですよ。
お味噌汁も出汁の味でした。

お子様ランチ・・お酒のおつまみになりそう。
エビフライ食べちゃったけどトロリとして美味しかった。
別メニューもまた攻めてみます。



人気ブログランキングへ

2月の夜は。


旧正月の賑わいも落ち着いた2月の平日の夜。
今週は4日間、橙湯がありました。

16508643_1222707304492319_5443152101280012578_n.jpg

16473462_1222707334492316_7282617251745872443_n.jpg

固いミカンのような橙。
ゆずよりも形が崩れず、色彩はワイルド、個性あります。
甘酸っぱいほのかな香りが何とも良かったです。
それにしても・・・ 夕方の雪景色のここは綺麗。
暮らす我々にとっては 「日常。」の場所ですが、
先程までのしごとのことをスッと忘れられる非日常性。
緩んで、温まりました。


16388288_1221923804570669_7700213705441777197_n.jpg

別日ですが、別荘の仲良しさんと夕食を希須林さんで。
2月は年間で一番の閑散期、一番静かな季節なのですが、
一番ゆっくり、冬の美しさと向き合える時期でもあります。

冬仕様の別荘を建てられた方もけっこう来られます。
地元の我々も、移住者も優先して使えるような時期。
しんとした夜のハルニレテラスもかっこよい。

皆、トンボの湯にいくのですから、
ここにもさっと寄って温まって岐路につくような
そんな何かがあればいいなーと思いながら
ちょっとボーーっとしてみておりました。

お酒じゃなくてもいいですからね、
なんだろう、うどんするする、湯豆腐はふはふ程度な
おふろとココで胃が活性化して
おうち戻って夕食してもちょうどよいくらいな。

春シーズンまでは多く使わせてもらって
またかんがえてみよっと。



人気ブログランキングへ
プロフィール

さくらい・かるいざわ

Author:さくらい・かるいざわ

ようこそ 『軽井沢に暮らす~遊楽山荘~』へ。
ここでは、軽井沢の別荘で暮らしてきた自分の体験から 遊びや楽しみ方美しさ素晴らしさを感じられる 「きっかけ」になれればと、 また離れた地からも身近に感じてもらえるよう 軽井沢のふつうの日常姿を気負わず緩めな発信で続けていきます。

仕事を通じて知り合った方々との、その後の繋がりを大切にしたい。 別荘ライフ軽井沢暮らしを始められた方々との交流の場にしたいと始めたものですから、気軽に相談やコメント頂けると嬉しいです。

それではどうぞ、宜しくお願い致します。

あ、過去の記事にも対応しますので気軽にコメント下さいね!さくらいが喜びます。

写真はサムネイルで見づらいのでクリックくださいませ 少しおおきくなります。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ゴルフ掲示板
リンク
Twitter on FC2
QRコード
QRコード