佐久の小鮒


1234000_484321248330932_578635485_n.jpg

軽井沢のとなり、佐久地方は、
鯉を食べる習慣と共に、小鮒も食べる習慣があります。

海から遠い佐久では貴重なタンパク源であったことと、
稲作の田んぼに放し飼いにすることで雑草が育たない除草の
役割もあって、界隈では無農薬米が当たり前に採れていました。

ちびっこの頃はこの9月半ばに入ると知り合いの田んぼにズボンを
めくった裸足で入り、田んぼの水抜きと共に小鮒ちゃんを排水溝へ
と追いやる役割が楽しいものでした。

ふなと言っても、金魚となんら変わりない容姿の印象で、
たまに赤い姿や金色に輝くフナなんかもいましたねえ。
小学校の水槽や池に放して飼ったりもしていました。

写真のように甘露煮にされる際は、 生きたまま熱湯へ滑りこまれ
煮られてしまうので幼少期は切なくて見ないようにしていました。 
でも、出来あがると美味しいので忘れちゃいます。

ワタも取らずそのまま煮ますが、それがほんのりとほろ苦く、
甘めの味付けと相まってとてもご飯が進む逸品となります。
骨も全然気にならなくて、佃煮のような感じですよ。

信光ふーどさん さんから頂きました。いつも季節の味覚をありがとう!
先日のハヤのから揚げも日本酒のつまみにぴったりでした。


ケンミンショー 2010年10月
スーパーでピチピチ生きたフナを買う!? 



人気ブログランキングへ
淡水魚の秋の味覚でした。

今日は佐久の大花火大会


557914_197886907044876_1355857137_n.jpg

終戦記念日の今日。
同じく毎年8月15日は、地元佐久の大花火大会の日でもあります。

界隈では比較的規模が大きく、佐久の中込と野沢をまたぐ千曲川から
打ち上げられるこの花火は、佐久市内広い範囲から眺めることができます。
高速道路の佐久平PA辺りからも遠くに見え、そこから近づいて進む辺りが
田園風景越しに夜空に広がる花火を楽しめる穴場スポット。
ちょうど新しくできた 佐久総合運動公園 あたりからの眺めが良さそう。

小学校の頃から・・この花火大会が終わるとお盆休みも終わっちゃう。
2学期が始まっちゃう(この辺りでは8/18日前後までしか夏休みがないのです)
という名残惜しみの花火でした。

軽井沢から車で35分ほどで花火大会界隈までいけますよ。
お時間ある方は 出かけてみて下さいね。



人気ブログランキングへ
天気もってくれると良いですねえ
http://www.mapion.co.jp/weather/admi/20/20217.html

軽井沢入りは、佐久平PA・SAをお使い下さい。


こんにちは。

先週の梅雨明け後の1週間は なかなかの猛暑でしたね。
気候の影響もあり、例年混雑が集中する3連休という事もあり、
また軽井沢の小さな祇園祭や花火の影響もあって、
とにかく町内の混雑が予想されます。

高速道路も混んでるんじゃないかな?

あれ、今現在そんなでもなさそうです。
高速道路渋滞 http://www.jartic.or.jp/


混雑時に備えて、こんな情報もありますので知っておくと良いですよ。
ドラぷら 
http://www.driveplaza.com/travel/area/kanto/congestion.html

混雑の連休や夏の時期は、碓氷軽井沢ICは降りる際の渋滞と、
降りてからの渋滞がなかなか凄いものですから、
日中高速道路で軽井沢に向かわれる方は、
一つ先の 佐久平PA及び佐久平IC から
上る形でのアクセスをおすすめします。

map01[1]

佐久平スマートICアクセスマップ 

高速道路が混むということは、軽井沢町内の道路も混んでいるということ。

アウトレットやツルヤさんはじめ、お買い物に出かけるには苦労しますので、
量販店も多く物価の安い佐久平で買いだめをして、渋滞を避けてスイスイと
別荘まで上ってきて下さいな。

佐久や御代田・小諸や東御市、
界隈にも魅力的なお店やスポットはいっぱいです。

軽井沢町ともに、信州の夏をお愉しみくださいませ



人気ブログランキングへ

星野エリア界隈から 中軽井沢駅方面への抜け道


昨年夏に、抜け道情報を紹介しています。

http://sakuraikaruizawa.blog33.fc2.com/blog-entry-758.html

この道は、国道146号線及び、国道18号線に出ずに 
中軽井沢駅や南原、塩沢、南軽井沢方面に抜ける事ができる
我々も重宝しているルートです。

星野別荘地経由で三井の森を抜けてここに出れば、
星野エリア界隈の渋滞も避けられます。

どうぞご利用くださいな。



人気ブログランキングへ

秋の味覚(変わり種)

秋を迎えると、 同業の友人が  
毎年貴重なものをおすそわけくださいます。
今年もいろいろと頂きました。

NCM_1361.jpg

あけび です。
刈り払われてしまう運命だったあけびのつるを、自身の畑にせっせと
移植をし、たくさんの収穫となりました。

佐久出身の私は、幼少期になるとたまにいただいて食していました。
ふしぎな食べ物だなあという印象は昔と変わっていませんが、
スイカの種を残すような感じで、熟れたバナナのようなキウイのような、
じゅるっとかぶりついてモゴモゴ実の旨みを吸って、種をペッと出します。
友人は「和菓子のよう」となかなか良いコメントをくれました。
秋の自然の味覚 有り難くいただきました。
(トンボの湯受付に飾ってあったあけびに気がつきましたか?)


続いて恒例の はちのこごはん
先に昨年のレポートを。
http://sakuraikaruizawa.blog33.fc2.com/blog-entry-625.html

海原雄山のくだりを読みつつ・・ ご覧下さい。

NCM_1420.jpg

昔はこんな・・・という目で見ていて嫌いでしたが、
大人になって、貴重なタンパク源だったことや採集の大変さ、そして
炊き込みご飯にした際の意外な美味しさにハマり秋の好物に。
今年は蜂がとても少なく 地蜂の巣が捕れないみたいですね
もし見かけたら ご連絡ください。
今年もごちそうさまでした!

ふしぎな蜂の巣 はちみつを頂きました。
土内に巣を作った みつばちの巣らしいです。

NCM_1413.jpg

蜜蝋で固めた繭状の形、初めて見ました。
なんだか 「バーバパパ」 の作った家みたい。

蜜の入った繭をつまみ、ちゅーっとつまむと 蜜が出てきます。
NCM_1414.jpg

NCM_1415.jpg

ぺろっと 頂いてみます。
おお、意外です。 あまり旨くない(笑)
はちみつそのまんまの味を想像してしまっていましたが、
ちょっと酸味があり、酸っぱめのブドウの余韻のような、発酵した
何かのような、とにかく甘味というよりも薄い酸味、でした。
たまたまなのかもしれません。こちらも貴重な味をいただきました。

ペピーノ というアンデス地方原産のナス科の植物も育てていて
おすそわけいただきました。熟れた実はうまかったですよ。

いつもありがとうございます。
地蜂をみつけたら、すぐに報告しますね 信光さん。



人気ブログランキングへ

信濃追分文化磁場 油やさん


2_sepia_500[1]

追分宿の中にひっそりと佇んでいた油屋旅館
中山道・追分宿で脇本陣をつとめたとても由緒ある旅館でした。

堀辰夫・立原道造はじめ、多くの文豪に愛され執筆に利用された
宿でもあり、多くの作品の舞台としてご記憶のファンも多いと
思われます。


2007年春から(だったかな?)休業中でありましたが、

2012年夏、新たな想いを吹き込まれ 
        なんとも素敵に再生されております。


【 信濃追分文化磁場 油や 】
http://aburaya-project.com/ 

先日、接客中に お客さんと共に覗かせていただきました。

嗚呼、外観撮影するの 忘れちゃった。

雰囲気のみ 一部だけ。


NCM_1030.jpg

NCM_1031.jpg

NCM_1033.jpg

NCM_1035.jpg

NCM_1029.jpg

NCM_1037.jpg

「 油や回廊 」
 http://aburaya-project.com/kairou/

10のスペースと猫町珈琲店。
なんというか、空間に深みを感じる分、作品に魂が宿ったかのような
存在感があったように・・思えてしまいました。
いや、あったのでしょう。
そして猫町珈琲店の雰囲気の良さったら。
望月のYushi-Cafe 
に通づるような 新しいのだけど古く、日本人の郷里に響くような
懐かしくも心地よい そんな空間に映りました。
週末限定らしいのですが、オープンの際にまた訪れてみたいです。

写真は控えましたが、
2階にあります 宿泊のできる5室の客室と
「 聖地 」 とファンに呼ばれている 堀辰夫・立原道造の部屋も拝見。

350年を超える大変に歴史ある建築なのですが、風水学も取り入れた
であろう建物内は 留まらない濁らない 何とも良い空気が自然と流れ、
そのまま昭和の時間すらもゆっくりと流してくれるかのような
ノスタルジックな そして居心地の良い空気に包まれておりました。

なんだろうなあ 本物感 なのでしょうか。
客人の旅の疲れを癒してきた歴史が沁みついた宿ですもの、
立派な柱や部材からも 何かリラックスをさせてくれる力が優しく
にじみ出ているような気さえ していました。


この油やさんの再生に尽力くださった方々の 「 油やプロジェクト 」
歴史ある油屋旅館の保全・有効活用をすることで追分地区の町おこし
となることを使命とした社会的な活動のようです。
文化的活動の拠点、さまざまな文化事業を通じての大人の町・軽井沢
の新たな掘り起こしにも取り組まれるとのこと、
軽井沢の中でも特に文化的な地域でありますので、
追分地区の魅力増加をとても期待しています。
出来ることがありましたら協力していきたいと思います。


追分地区は比較的混雑が緩和されています。
まだまだ穴場なこちらの油やさん、
追分宿の散策と共に 訪れてみて下さいね



人気ブログランキングへ
素泊まり5250円 
この雰囲気を宿場町ごと味わうにはとても魅力的。

夏休みのけろけろさんへの行き方 (裏道情報)

本当は、

【 国道18号、146号を避けた中軽井沢駅への裏道情報 】

なのですが、
なんか堅いので目的のそのままでいいやというタイトルです(笑)


軽井沢も、もっとも人口が膨れ上がるお盆休みに入りました。
別荘オーナー様方の多くがこの時期は滞在され、
また涼を求めていらっしゃる観光客の賑わいもエネルギッシュです。
道路の渋滞は避けられない所ですが・・
国道を避け、裏道を効果的に使うと意外なほどすいすいと移動が
できてしまいます。

今回は 星野エリア → 国道を避け中軽井沢駅へ の移動ルートを
ご紹介します。

まずはトンボの湯の駐車場から、南側に、あ、ええと、
あまり別荘地内の道が混んでもいけませんのでポイントをここではお伝え
していきましょう。 

<

・・むむむ、地図の短縮URLが出なくなる症状になるのですが
何が原因なんだろう。。

では方法を変えて、地図と共に目印となる風景を貼っていきます。
こんな感じのルートとなります。
(ちゃんと地図でルート案内できるソフトが欲しいなあ)





三井の森別荘地の管理事務所さんの前を通過し、
軽井沢町役場や病院に抜ける町道を利用します。

NCM_1081.jpg
左手にある≪蕎麦処みの里≫さんを通過し、右手に映っています
今リノベーションをかけ新たにオープンしそうな日本旅館風建物
(何になるんだろうね)に沿った形で右折(南へ向かう)します。

そのままつきあたりの長倉神社まで進み右折し、
敷地に沿う形で湯川にまたがる小さな橋を渡ります。

NCM_1083.jpg

NCM_1085.jpg
ここでコツがあり、細い道で対向車がくると大変なので
クラクションを短くプッとならしこちらの存在を知らせます。

道なりにすすみつきあたりを左折。
湯川に沿った視界の先に18号線が見えてきます。
空いていればそのまま18号を渡ってしまっても良いのですが
ここでは裏道として、
写真の左手 車があがってきた道?を 
湯川に向かって落ちていきます。
湯川の脇を走り、国道18号線を くぐるのです。

NCM_1086.jpg

NCM_1087.jpg
高さは2mの制限がありますのでご注意を。
車高の低いスポーツカーは走れない川沿い未舗装の道?です。

ちなみに、ここでは川遊びを楽しむ風景が広がっています。
川も浅く安心に涼やかに過ごすひととき、想い出になりそうです。

NCM_1097.jpg


18号をまたぎ、湯川の堤防沿いの道にもどります。
左折し進むと、すぐにしなの鉄道が見えてきます。

NCM_1088.jpg

NCM_1089.jpg
鉄道をくぐらずに手前を右折。 駅の改装工事で少し広くなったこちらの
道をのぼっていくと、左手に新しくなった中軽井沢駅が見えて来ます。

NCM_1094.jpg
で、中軽井沢駅へは到着です
仮設駅が取り除かれましたね 

NCM_1090.jpg

NCM_1093.jpg
お向かいのけろけろさんで 好きなものを詰めてお買い物をし、
もと来た道を渋滞にはまらずもどりましてー・・

NCM_1096.jpg
オフィスに戻って、ゆっくりお昼にありつくのです。

外食1000円以上してしまうこの町で美味しく安価に、
しかもこの時期はお店も駐車場空きも待たずにテイクアウトが
できるけろけろさんは とても重宝します。
夕方は一気に混み合うようですが、昼頃は渋滞の影響もあって
意外と混雑が多くないようですよ ランチの確保に一安心。


中軽井沢方面へ抜ける裏道と、夏休みのお食事に
ご参考下さいませ



人気ブログランキングへ
日中から清々しい夏晴れにかわりました。
気持ちが良いなあ~

小林農園さん


軽井沢の夏野菜 旨いです。 うまいです。

中軽井沢駅南側に位置します、
JA佐久浅間の【 軽井沢直売所 】
http://www.ja-sakuasama.iijan.or.jp/directsales/
こちらも新鮮野菜や採れたてトウモロコシを求めて連日行列が
できていますね。
以前ご紹介した記事はこちら。
http://sakuraikaruizawa.blog33.fc2.com/blog-entry-407.html
バザーのような活気で新鮮野菜がどんどん棚から消えていきます。
でも、お勧め。ぜひ訪れてみて下さいね。


この時期はちょっと混むからなー な方々に
ちょっとした穴場のお知らせです。

追分から浅間サンラインに乗り、御代田を通過して 小諸市へ。
しばらくすると左手に見えてきますのが 【 小林農園 】 さんです。

NCM_0907.jpg

モグラのロゴと、こちらの建て物の記憶がある方もおおいでしょう。
地元の新鮮土つき野菜の直売所 なのですよ。

小林農園 浅間サンライン直売店 

NCM_0908.jpg

NCM_0909.jpg

NCM_0911.jpg

NCM_0912.jpg

なんといいますか、妙に落ち着く売り場で好きなんです。

洗練されていない自然さがいい。 
うりますぞー という感じでは無くて、
旬を迎えた自然の姿の野菜や果物たちがごく自然に買い手を待っていて、
必要とする方々が ごく自然に連れて帰る。。

ふぞろいや変形のもの、きずものなどが安くなっていたり
「無料でお持ち帰り下さい」な野菜があったり、
おばさま方の人情にも触れ、なんだか温かな気分になれるのです。
物価も軽井沢界隈と比べるとお安くてよいですよ
お出かけついでに、寄ってみて下さいね。


小林農園さんのHPです。
http://www.asamana-farm.com/ 

お、News&Topics も頻繁に更新されていて
入荷情報が分かります。 幸水なしも入荷ですか!

またいかなくては。



人気ブログランキングへ
堅いももが好き。シャリッとした歯ごたえと甘みがたまらんです。

新しい中軽井沢駅


昨年の3月末まで 中軽井沢の駅舎内に居りました。
http://sakuraikaruizawa.blog33.fc2.com/blog-entry-526.html

中軽井沢駅周辺の、都市再生整備計画 により星野エリアに移りましたが、
7年も通っていた場所でしたので、その後の変貌にも興味があり
けろけろキッチンさんへ出かけがてら 工事状況を覗いていました。

嗚呼・・ 旧駅舎のデータが どっかいってしまった。
引越時の懐かしい撮影を どこかに保管しておいたのだけど・・

wikiから 1枚 お借りします。

800px-Naka-Karuizawa_sta.jpg

懐かしい。。


先週末新しい中軽井沢駅が完成しました。
仮設駅も閉鎖し、 真新しい駅から学生さんが下りてきます。

NCM_0953.jpg

NCM_0955.jpg
なんという立派な・・・


NCM_0954.jpg
地域交流施設の完成はもう少し先です。
なんと立派な・・・


ボクは小学校時代
スピードスケートで軽井沢スケートセンターに通っていました。
練習を終えバスで佐久へ帰る際、146号線を下り、
中軽井沢駅舎が見えて18号へ右折すると
安心してコテンと眠りに入っていました。
帰るよーの合図のような あの旧駅舎の存在でした。

時代は変わっていく
そんな印象が深く刻まれた 駅の再開発でした。

もちろん良い事もいっぱい待っています。
現実を受け入れながら 魅力あるまちづくりに期待します。

NCM_0956.jpg

駅向かいの けろけろさんは変わらず営業中。
あ、進化しながら営業中 です



人気ブログランキングへ
図書館の機能にも期待をしています。

はちのこごはん


食でないカテゴリに一応いれておこう。


ただいま、遅い昼ごはん中です。
昨日友人の会社から頂いた、はちのこごはんを食べています。

CIMG1139.jpg


「うう、うわーー」 な方はスルーして下さいね。

でも、ボクも幼少期は大嫌いでしたが、
8年前にUターンでこちらに戻って来てからは、
激レアなソウルフードとして見方を変えてみて、今では旬の味覚として
おいしく有り難く頂いています。


はちのこ

ジャンバラヤみたい(笑)

地バチも年々減っているようですし、はちのこごはんを提供してくれる店なんて
ほとんどないでしょう。 美味しく焚いてくれる方も今ではどの位いるでしょう。

ちなみに、日本トップクラスの高級珍味です。
缶づめでも売っていますが結構高いんですよ。

昭和天皇も好物のひとつで、長野県諏訪市の蜂の子の缶詰は宮内庁にも納入され
ているようですよ。 手術後にも蜂の子を食されて新聞でも話題にあがったり
ということもあったようです。 大変豊富な栄養源なのです!


くどいようですが、
『 美味しんぼ 』 の海原雄山氏も はちのこごはんに対してこう申されています。

---
(雄山がしゃべり始める)
「蜂の子飯を見た目で気持ち悪がって食べようとしないとは
 審査員の皆さんの見識を疑わざるを得ないですな。」
「蜂の姿が気持ち悪いなら、エビなどはもっと気持ち悪い姿をしている 
 蜂の幼虫よりナマコのほうが色も形もすごいが、皆さん喜んで食べるでしょう」

「単に 食べ慣れないというだけで気持ち悪いというようであれば、
 郷土料理の極意は味わえない。 ーーーーーーー。」

(雄山のいうとおりやと とにかく味をみようやないか。)


懐かしい記事、 続きのくだりはこちらをご覧くださいませー 
http://sakuraikaruizawa.blog33.fc2.com/blog-entry-27.html 


美味しく頂きました。
ごちそうさまでした


ps: 地バチとりとハチノコごはんの様子を、頂いた友人の会社のブログを
 リンクさせてもらいます。 社長の姿がかっこいい!

http://sinkouf.cocolog-nifty.com/blog/2011/10/post-1ec2.html
http://sinkouf.cocolog-nifty.com/blog/2011/10/post-fc0f.html


人気ブログランキングへ

木漏れ陽の里に行きます。

komorebi_01.jpg木漏れ日の里
(写真:木漏れ日の里)

1月中旬から2月上旬、軽井沢は厳寒期を迎えます。
新しい家は大丈夫ですが、別荘として建てられた建築の殆どは、
室内温度がマイナスまで下がります。
冷蔵庫の方が温かい。 凍結防止の「保温庫」となります。

薪ストーブ導入後、以前より快適に滞在できるようになった我が山荘ですが、
冬に常住に耐えられるスペックを備えていないので週1,2日程度の滞在です。
なので厳寒期は基本毎回水抜きをしています。

凍結防止帯を巻いているものの、蛇口付近が凍ってしまうために熱湯をかけて
復旧、という作業をしますが、寝に帰るようなものなので手間。
なので厳寒期は山荘に滞在する時は いつも 「トンボの湯」 でありがた~く
芯まで温まってから 帰ります。

そのトンボの湯、 今週来週と、平日がメンテナンス休暇です。
http://www.hoshino-area.jp/info/article/2011/01/05_1620.shtml
必要な作業ですから致し方ないですが、、痛い!

そんな時は気分を変えて、追分地区にありますこちらに行くようにしています。
(前置きが長い・笑)


軽井沢町保健福祉複合施設 『木漏れ陽の里』
http://www.town.karuizawa.nagano.jp/ctg/00708005/00708005.html

ご存じの方も多いとは思いますが、、確かに行政の「ハコモノ」です。
諸々意見もおありかと思いますし私もありましたが、
1利用者となってみると、 これがまたなかなか有り難いものでもあるんです。

・運動トレーニング室
・水中運動室
・浴室


利用料金は、一般で300円! 
町民に限った施設ではありませんので別荘の方々も利用できます。

諸々の力を注がれた立派な施設だけあって、快適です。
ただ、まだまだ諸々の(主観を抑えたブログにつきお察し下さい)余地は
あると思います。

それも、住民や別荘の方々に知って頂いて利用してもらって、ですから、
せっかくのこれだけの施設 認知度利用度が上がり有効活用してほしいと
近所に住む住民としても思っております。


アクセスはこちら。
しなの追分駅の南に隣接していますので御代田小諸からの利用もできますよ。

ということで 久々ですけど仕事後に行ってきまーす



人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ
あまり認知されていないのが勿体ない。 使ってみましょう~

さく市元気祭り!


■さく市元気祭り!■
かつてないスケール!佐久の330企業が大集合!!


http://www.slow-style.com/event/detail.cfm?event_id=193

今日明日と、佐久創造館・駒場公園内にて開催されます。
WEBでの情報が少ないですが、信濃毎日新聞などに大々的に広告されて
いましたね。 老若男女楽しめる、お祭りと言うよりは催しです。
昔は佐久工業展、なんて言われてたような・・

毎年名前が変わりますが(昨年までは いか座やら座さく市)
今回はなんともシンプルでわんぱくな感じのネーミングに!


わ!本当に 「日本三大ケーキのまち」 としての紹介もしてて
このさく市元気祭り!で表彰があるんだ・・。
 http://www.sakucci.or.jp/home/news.html


さらりとご紹介。
お時間ありましたら佐久へも足を延ばしてみて下さいね


人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

コスモス祭り どうですか?


090909-1[1]


http://sakuraikaruizawa.blog33.fc2.com/blog-entry-237.html
↑昨年の様子


今年は残暑の影響で 開花が遅いとか咲きがいまいちとかお聞きしていましたが

まだ近付けておりませぬ。。


大コスモス園 大好きな場所です。
今年行かれた方いらっしゃいますか??


人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ


http://www.shinkou-saku.or.jp/arafune/facilities/02.html
行きます!

春スキーと 春theバーゲン開催。

100319_1214~01

100319_1125~01

100319_1130~01

100319_1130~02

昨日は、やっ・・・っと、 滑りにいってこれました。実質初滑り。
先日のクロスカントリースキーハイキング の際、プリンスのアウトレットで
パンツを新調したら、くじで1日リフト券があたっていたのです。もう少しよいとこで
運を使いたいものですが 有り難いですね。
昨夜の降雪をみて、「今日が最後のチャンス!」 と、行ってきました。


【軽井沢プリンスホテルスキー場】
http://ski.princehotels.co.jp/karuizawa/
4月4日の日曜までオープンです。この時期は春スキー料金でリフト券がお得ですので、
天候を見ながら滑り収めをお楽しみください
ちなみに・・連休明けの23~25日は、なんと3日続けて「雪予報」です。
http://www.mapion.co.jp/weather/admi/20/20321.html
初滑り&滑り収めのつもりでしたが、今回の雪のコンディションはよくなかったので
もう一度、いい雪の想い出のままシーズンを終え、春を迎えたいものであります。
いけるかな? 休めるかな??

---
21日15時半現在で、27日の土曜まで雪模様。まだまだ冷えますね


さて、昨日19日より、
【 軽井沢・春theバーゲン 】 が始まりましたね。
http://www.princehotels.co.jp/shopping/karuizawa/

アウトレットでは主にアウトドア系のお店でお世話になっています。
「アウトレットというほど安くない」と言われた時代もあったようですが、
まあ物によりますが、 すごくお得な商品も多くてバーゲン時は特に重宝しています。
侮れないですよー 軽井沢のアウトレットは。

食に買い物にレジャーにと、バランスのよいモールですので半日、一日楽しめます。
ピッキオの「ネイチャーキッズ 森の家」 や、
お子さんを預かってくれる「森のキッズルーム」 なども良いサービスですね

さまざまな声は聞きますが、軽井沢の通年型リゾート化には、プリンスさんの存在は
欠かせません。 軽井沢の魅力のひとつとして認知されていますからね。

アウトレットの良さ、楽しさにも触れ、 また別荘文化発祥の旧軽井沢方面や、
野鳥の森や教会、源泉温泉など軽井沢らしさが集約した中軽井沢方面にも触れて頂き、
軽井沢全体を楽しんで下さる方々が増えますと、町にも地域にもよいですよね。
微力ながら、軽井沢の良さを知る“きっかけ”となります発信を心がけてまいります。


プリンスショッピングプラザのテナント情報などはこちらも参照下さい。
嗚呼流石!という興味を惹く記事でご紹介下さっています。

【山口路子のMODEな軽井沢】 
http://blog.princehotels.co.jp/karuizawa-mode/


ーーー

記事のボリュームがでたのでタイトル変えてプリンスさんのみに編集。
春の軽井沢情報は、また随時アップしていきます。



人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ
たまーにくりっく↑
星野エリアのイベント情報も更新されていますのでご一緒にどうぞ
http://www.hoshino-area.jp/

Karuizawa TV

ktv.jpg


軽井沢の友人 が 本日より「軽井沢の新しいメディア」の発信を始めました。

【 Karuizawa TV 】  http://www.karuizawa-tv.com/


「軽井沢ライフを楽しくする」 ひとたち。
この友人の会社は、わたしもこのブログや地域交流始め個人で行ってきた事の方向性が
一緒であり、心強く非常に頼もしい存在となりました。 
こんなサービス欲しかった!というか、こんなサービスが提供できればなあ でしたので。

軽井沢の、洗練された上品の声 などは誌面を通じて知りうることはできますが、
「軽井沢の、生の声」 って、あまり知る機会がありませんよね。
軽井沢に暮らし、働き、楽しむ方々の気取らない生の声が聞ける貴重な場となりますね。

今日からの On Air ですので明日からゆっくり(これから出張です)拝見させて頂きますが、
知っている顔も多くて どんなことを語っているのか楽しみです


・・かくいうわたしもインタビューを受けておりました。
いち友人として住人として受けたつもりなのでボヤボヤした顔で緩くしゃべっていますが(笑)
みなさんと会う時のいつもどーりの姿で何かしゃべっていましたので、
興味がすこしある方は Karuizawa TVさん のカテゴライズから探して覗いてみてください。

あー・・ 京都生活で絞れた3kg分のシャープ感が全く戻ってしまっているなあ
なんだか丸い顔してます(笑)


取材依頼等も受け付けていらっしゃいますので、

「軽井沢に移り住んでよかったー!」
「別荘ライフがこんなに素敵だなんて!」 等々

これから軽井沢を求めてくださる方々に伝えたい言葉や情報などがありましたら
ぜひ依頼の上 声を届けてくださいね。

今後の展開も楽しみにしています。


 櫻井貴弘


人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ
たまーにくりっく↑
金曜から山男生活を再開します。打倒花粉症&丸太達!

信州初詣


1400102212_220.jpg 1400102212_17.jpg

水曜の夕方、善光寺へ行ってきました。

京都の各寺院で詣はおこなってきましたが、
やはり信州で暮らす1年を祈願するには、善光寺をおいて他ありません。
京都は仮詣。失礼だったかな??


善光寺

ここにくると謙虚な気持ちになれます。
初心に帰れるような。


今年は行いたいことが多いので、ちょっと計画的に活動したいことと
軽井沢のよい交流を広げられるよう 手を合わせてきました。

改めまして本年の軽井沢も、宜しくお願いします。



さて?

自転車で長距離をはしってみる きっかけともなった

「牛に引かれて善光寺まいり」 ならぬ、 「チャリに引かれて善光寺まいり」。

Uターンの翌年(もう5年前だ・・)にふつうのレジャー自転車を買い、
実家から7キロ先の佐久のカインズホームへ試し走りしてみたところ、、、

小諸・・上田・・戸倉・・ と本当に訳のわからない勢いがついてしまい、
手ぶらながら善光寺まで到達してしまった! なんてことがありました。

信州人としての血なのでしょうか。。


画像がどこかに消えてしまったので、メモのみ。

・9時半頃 佐久・野沢の実家発
・勢いがついて R18号に乗ってしまう。
・11時半 上田入り
・13:20分 更埴のあんずの里アグリパークに偶然到着。
・近くの温泉に入り、14:20分出発

・15時半 善光寺到着。

 帰りは雨、自転車を折りたたんでウインドブレーカーで覆い隠し、
 しなの鉄道にて小諸経由中込駅まで戻り、自転車で帰宅。1020+210円。
 元気だったのですね~(笑)


何かと縁のある善光寺。
そういえば来週からは 『善光寺灯明まつり2010』  が開催されます。

オリンピックの開催を記念して始まったお祭りで、ちょうど本年は五輪イヤーでも
あるものですから、冬の祭典と共にこちらの平和の灯にも注目が集まると嬉しいです。
2月6~14日と、期間が短いので機会がありましたらぜひ。

長野や善光寺も、軽井沢から圏内だと捉えて頂ければ幸いかと



灯明人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ 

theme : 軽井沢の四季便り
genre : 地域情報

紅葉の見頃を迎える週末のイベント情報 他

こんにちは。流星観れましたか?

紅葉も進み、ちょうどこの週末あたりにピークを迎えそうです
一部モミジの葉が「クシュクシュっ」とちぢれてきた姿も目にする
ようになってきました。
葉も落ち始め、空の見通しが良くなってきましたね。
明日、週末前の紅葉状況をこちらで更新します。

今日は この週末から月末にかけての目についた情報をアップします。
毎度ながら、詰め込んでしまいバランスが悪くて申し訳ないですが
どうかご容赦くださいませ。


では。

軽井沢 紅葉まつり2009

紅葉まつりも終盤にさしかかってきましたね。
軽井沢観光協会のHPには 紅葉状況なども更新されています。
お、軽井沢美術館・観光循環バスも運行していたのですね。
11/3日までですので、紅葉とともに是非。

25日の日曜日には、
「ホリデーウォークin軽井沢2009」が開催されます。
募集申込のご案内が間に合いませんでしたが、
(1)旧軽井沢散策コース (2)旧碓氷峠見晴台コース と
紅葉のシャワーのなかをゆっくりとお楽しみ頂けるコースです。

この週末は まずますの天気予報ですので、雲場池などとともに
見晴し台方面まで足をのばしてみては如何でしょうか。
見晴し台西から眺める浅間山の稜線は本当に美しいですよ
紅葉時期は、町が朱に染まる夕暮れ時が特にお勧めです!



◆◇◇
第4回 チャリティー軽井沢新そばまつり

軽井沢そばの会(0267-45-2399)主催。
そば打ち講習会、クラフト作品の販売、軽井沢の新鮮野菜の直売等。

●「もりそば」「かけそば」500円
●持ち帰り用2人前800円(そばつゆ付き)

◇10/25日 午前10時~午後3時◇
 軽井沢中央公民館駐車場にて

昨年ももちろん参加してきました。 今年も行きます。早めに行って、
ゆっくりと2店舗(今年もあるのかな?)ハシゴします。
もりとかけをそれぞれ頂いてきます!チャリティーで町の社会福祉
協議会へ寄付されるのも良い試みですよね。

ーーー
091025_1150~0001

091025_1146~0001
行ってきました。なかなか上出来な蕎麦でしたよ。 
かき揚げ用の柚子皮にも 喜んでもらいたい姿勢が伺えました。



◆◇◇
軽井沢からもほど近いワイナリーにてちょっと嬉しい収穫祭が

マンズワイン 小諸ワイナリー

「小諸ワイナリー 収穫祭」 のお知らせ
日時 : 2009年10月24日(土)、25日(日) 9時~16時

◇ 主な内容
・ グラスを500円でお買上げいただくと、お祭り広場でワインとジュースを
 心ゆくまで楽しんでいただけます。
・ 普段は非公開の地下セラーにて、ソラリスを中心にした有料試飲会。
・ ワイナリー内の本格的なお茶室でのお点前。
・ お祭りステージでのミニコンサートや大ジャンケン大会。
・ お祭り広場には、焼肉やチーズおそばなどの販売店も多数。

* ご来場のお客様にはもれなくプレゼント進呈いたします。

 オンラインショップ
 http://www.mannswine-shop.com/winery/komoro/index.htm


週末なかなか休めない、サービス業の我々にはなんとも羨ましく、羨ましく
羨ましい(しつこい 行きたい)収穫祭です。行けない代わりにどなたか
レポート下さると嬉しいですよ。
あ、お茶席でお点前まであるなんて!昼休みに行けないものだろうか



◆◇◇
軽井沢高原教会 では、
より一層秋をお楽しみいただけますよう、
今年から光のミストによる紅葉のライトアップを行っています。

木々が浮かび上がるように幻想的に照らし出された中庭をご散策ください。

ハープjpg 週末には
秋の夜長をお楽しみいただける ハープコンサートも開催されています。

「紅葉の落ち葉でしおり作り」も期間中毎日開催されていますので
ご家族ご一緒にどうぞ。

軽井沢高原教会 星野エリア



◆◇◇
回鍋肉-thumb-260xauto-579写真:希須林)

週末用の情報ではありませんが、なんと!
待望の 平日限定 希須林週替わりランチが始まりました!

いやあ、平日ランチの登場を待ちわびていた地域の方々も多いのでは
ないでしょうか。ボクもそのひとりです。嬉しい

今週のメニューは「回鍋肉」と「納豆炒飯」のランチですって。
どちらもメインの料理に加えてアスパラの春巻き、スープ(回鍋肉はご飯も)付き。
「回鍋肉」と「納豆炒飯」は今週の金曜日(23日)までの限定メニューですので
お早めにどうぞ。 価格も980円とお得ですよ。
また来週以降も新しいランチメニューが続々と登場しますのでぜひご期待ください!

と、更新されていて土日限定ランチコースも登場です!
にくいなあ・・このおもてなし感。
2100円でデザートまでついてたっぷりと。 ぜひどうぞ^^



軽井沢でのランチと言えば、我々も毎回悩んでしまいます。
だいたいいつも 『けろけろキッチンさんのお弁当』にお世話になるのですが、
それでも町のことを知らないと お客さん方にお伝えしていくことが出来ません。
以前の村民食堂の週替わり1000円ランチは好評だったんですけど、
ハルニレ テラスに触発されて良いラインナップで再開してくれないかな。

週1、2回ほどづつランチに出かけ始めましたので、来週以降にアップをして
いきましょう。


ランチ情報といえば・・・
同業の友人の会社にて『軽井沢ランチ日記』を紹介しています。
このランチ情報は本当にありがたい
女性目線のセレクトであることも、お客さんに紹介する上では大切ですね。
ぜひご参考にブックマークしてみてください。



◆◇◇
d0152142_2034020.jpg d0152142_20333174.jpg
(aricafe)

ありんこ菓子店さんの秋の新メンバーなスイーツさん達。
11月は連休付近あたりのみの営業のようですので、
なんだか早くも年内カウントダウンの気配が。
幻のようなお店は開いているうちにどうぞ。

北軽井沢の『麦小舎』さんとともに(?)どうぞ。



◆◇◇
ええと、まだ何かありました。
思い出しましたら更新します。 何だったかな?
何かお勧めなイベントありましたらお知らせ下さい。

なんだったっけな

ーーー

10/24日(土)
第18回軽井沢吹奏楽祭
http://www.town.karuizawa.nagano.jp/index_o.asp
出 演 軽井沢東部小学校金管クラブ、軽井沢中部小学校吹奏楽部、軽井沢西部小学校吹奏楽クラブ、軽井沢中学校吹奏楽部、軽井沢吹奏楽団
・曲 目 未定
・開 演 13:30
・料 金 入場無料
・問合せ ・軽井沢吹奏楽祭実行委員会 tel.090-8813-1520(土屋)

無料イベントです。まだ大賀ホール未経験の方はこの機会に如何ですか?


Karuizawa webさんのイベントスケジュール
http://www.karuizawa.co.jp/event_list.html

お隣の佐久市では「平尾山もみじ祭り」も。
http://www.sakudaira.jp/event-joho.html

ーーーー

思い出しました。収穫祭です!

軽井沢高原教会よりお知らせです。

明日は秋の恒例行事 『収穫感謝祭』 の日です。


秋の実りに感謝するキリスト教伝統のお祭りです。
通常は11月第4日曜日に行われますが、
軽井沢高原教会では紅葉の盛りであることも踏まえこの時期に行います。

主な内容は下記の通りです。
◆収穫感謝特別礼拝 13:30~14:15
  両教会のライスシャワーで使っているお米を作ってくださっている「永井農場」の皆様
  もお招きして、1年の実りに感謝を捧げる礼拝をいたします。
  いつもの日曜礼拝同様、どなたさまもご自由にご参加していただけます。

◆ティーパーティー 14:15~
  礼拝後は秋の実りをご参加いただいた皆さんと味わい、収穫の喜びを共有します。  
  永井農場さんの牛乳を使った甘味などもご用意いたします。

◆稲わらリース作り  18:00まで
  この時期はクリスマスのための準備の時期でもあります。
  クリスマスに飾るリース作りも収穫祭の恒例行事です。
  永井農場さんの稲と秋の素材を使って、オリジナルリース作りが楽しめます。
  今年は高原教会に飾るためのリースもお客様にお手伝いいただき作成しようと考えております。
  

いずれもご参加自由・無料です。

ぜひどうぞ^^




人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

theme : 軽井沢の四季便り
genre : 地域情報

佐久の プルーン

090919_1047~0001

幼少の頃から、秋の味覚のひとつとして必ず食卓にありました。

「太陽の果実 プルーン」。


当たり前にありすぎて余り有り難みを感じず、人気者なのは秋にも
食べられる梨や、硬めながら甘く美味しい筆柿、名産の林檎、また、
南の方の甘い果物ばかりに目がいっていました。

上京時にも気になった記憶がありません。
見かけたことあったかな? ミキプルーン位なものでしょうか。

コチラにUターンで戻ってきてからも この時期には実家で普通に
食べていましたが、3年前の山荘暮らし(と実家の行き来)開始から
季節感というものに目覚めまして、
嗚呼・・なんと郷土らしい、旨い果物なんだと改めて評価しだした
次第であります


このプルーン、実は佐久が国内の栽培発祥の地らしく、
全国出荷量の20%以上を占めているそうです。
(これは最近まで全く知らなかった)

てっきり全国区の果物と思っていましたが、馴染みのないスタッフ
やお客さんが多いことにも驚きました。 こんなに旨いのに。


090919_1047~0002


白くうっすらとしたものが付着していて、よくTシャツにゴシゴシして
そのまま口にほおばったものです。
と、書きながらもYシャツ・・は避けてティッシュで拭きながら
皮ごと口にほおばっています。

若いものはほんのり甘酸っぱい感じがとても良く、
良く熟れた新鮮なプルーンはデザートの様にやわらかで甘くって、

んー 美味しい郷土の果物であります(2回言っちゃった)


出荷期間があまり広くないものだったと記憶していまして、
美味しく頂けるのは月末あたりまでかな?
もし、ツルヤや農産物直売所などで見かけたら、
この機会にぜひぜひお試し下さい!

生産者によって出来の差もあるでしょうから、ん??と思った方は
別のプルーンも食してみてくださいね。



人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ
たまーにくりっく↑
コスモスの季節の果物です。

theme : 軽井沢の四季便り
genre : 地域情報

プロフィール

さくらい・かるいざわ

Author:さくらい・かるいざわ

ようこそ 『軽井沢に暮らす~遊楽山荘~』へ。
ここでは、軽井沢の別荘で暮らしてきた自分の体験から 遊びや楽しみ方美しさ素晴らしさを感じられる 「きっかけ」になれればと、 また離れた地からも身近に感じてもらえるよう 軽井沢のふつうの日常姿を気負わず緩めな発信で続けていきます。

仕事を通じて知り合った方々との、その後の繋がりを大切にしたい。 別荘ライフ軽井沢暮らしを始められた方々との交流の場にしたいと始めたものですから、気軽に相談やコメント頂けると嬉しいです。

それではどうぞ、宜しくお願い致します。

あ、過去の記事にも対応しますので気軽にコメント下さいね!さくらいが喜びます。

写真はサムネイルで見づらいのでクリックくださいませ 少しおおきくなります。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ゴルフ掲示板
リンク
Twitter on FC2
QRコード
QRコード