FC2ブログ

薪ストーブアイテムなど


本当にもう、
夏がいつ終わったのかわからないままズンズンと秋も深まり、
日も短くなり最低気温も1ケタまで下がり始め、 
薪ストーブユーザーにプレッシャーを与えてくれます。。

もう。


今年は天候が優れなかったので準備が進まなかった方々も多いでしょう。
仕事や時間以上に、チェンソーや薪割りは太陽さんの影響を受けます。
無理をせずに楽しみに変えて作業することが、
長い先々までこの自然の燃料作りを続けていける秘訣であります。 
と、言い訳ながら本心であることが分かる方も多い筈。
共有できる土場計画を、本当に来年は進めたいなあ。。

そろそろ薪ストーブ利用を始められた家庭も多いことでしょう。
今年の薪は、半分購入、半分自己手配くらいかな。
来年に向けて、これから準備を進めて行きたいですよ。
出てくる間伐や建築木っ端の情報は集め始めています。


そんな気持ちを前向きにさせてくれるのが、薪ストーブアイテムです。
カタログやwebを眺めているだけで、心が暖かくなってきます。

NCM_8067.jpg

NCM_8068.jpg

情報のおさらいも兼ねてURLをまとめておきます。
それぞれの説明は割愛。 見て感じて、そのままに。

METOS(メトス) http://www.metos.co.jp/
アクセサリーページ ・ファイヤーセットや斧、グローブなどなど。
クッキングページ ・南部鉄器、ストウブなどなど。
ウッドラックが雰囲気あっていいなあ。
メトスオンラインショップ お得なのあるかな?
同級生の 光興産小池君 の所で大体の商品取り扱いができます。


metosさんでも扱いありますが、日本の南部鉄器の
OIGEN 及源鋳造株式会社 http://oigen.jp/
製品一覧 
薪ストーブでピザ焼ける おやじの鉄板焼きや、丸鍋、鉄瓶、
鉄の急須などなど、魅力ある製品が多いです。
南部鉄の特徴やお手入れ方法などもこちらのページから。


ファイヤーサイド http://www.firesidestove.com/
ストーブアクセサリー ・グレンスフォッシュの斧がお勧め!
   クッキングやスチーマー、ログラックや本なども充実。
森からの便り このページが好き。リンクもしてます。


ダッチウエスト http://www.dutchwest.co.jp/
アクセサリー・グッズ ・ここからそれぞれのページへ。
越乃火巧 久八 (こしのかしょう きゅうはち) 日本の火の道具、
ちょっとシビれるなあ。いいなあ。
ログギャラリー 室外から薪運ぶアイテムやログラックも。


あとは、取り扱い商品は被ってきたりしますが、

長野総商さん http://www.naganosohsyo.co.jp/

京阪エンジニアリング http://www.handinhandjp.com/accessories/

ホンマ製作所 http://www.honma-seisakusyo.jp/

DLDさん http://www.dld.co.jp/

ストーブ工房 三林舎 http://www.stoveya.jp/

KEIDAN  http://www.keidan.co.jp/original 中村好文デザイン

参考に、
石窯キットの種類とつくり方


ええと、他思い出したら追加しておきます。


10154031_589248274504895_3400838213913256334_n_20141013085927f8b.jpg




人気ブログランキングへ
愉しいなあ。(現実逃避中)

みなさまコメントや相談ありがとうございます。結構嬉しいものです。
幸いそれぞれの関わりある友人知人が多いものですから、
出来る事がありましたらお繋ぎとお手伝いします。
高所伐採、ピザ窯作成だけはしばらく職人の手があかずごめんなさい。
限りがありますがお知り合いさん用薪はある程度確保してありますよ。
薪割りチェンソー講座はもう少しだけお待ち下さいな。
グレンスフォッシュの斧がやはりお勧めです。

ではでは。

夏も冬も使えるサーキュレーター


色々と教えて頂ける方のお宅にお邪魔した時、

あ、いいな。 と思ったこういうもの。


7071_652364648193257_312785455819444577_n.jpg

夏は扇風機、
冬は薪ストーブの暖気を撹拌させるサーキュレーター。

アイテムひとつの選び方で、
空間が豊かになるなあと改めて覚えたメモメモ。



人気ブログランキングへ

薪ストーブ日和でした。


肌寒く、霧に覆われた昨夜。
懸念された台風の影響はさほどなく、夕暮れ時には雨が止みました。

不快さはない程度のしっとりと涼やかな空気。
薪ストーブ日和でした。


お呼ばれして、楽しく嬉しい時間を過ごしているうちに、
薪ストーブの点火式をどうしてもやりたくなってしまい、
建築破材と薪を使って 建物の心臓部に炎を灯しました。

10500254_645856085510780_6076902985335386946_n_2014081110032720d.jpg

いまだに写真を撮るのは照れてしまうので欲しい姿まで待てない・・
雰囲気のをお届けと言い訳しながら、分かる方々の想像の翼を広げる
きっかけになれれば程度の写真をこれからも気楽に続けていきます。

10606369_645856158844106_1198715310996504257_n.jpg

吸気の調整で炎を操る。 とろ~んとオーロラに。
動画の載せ方どうやるんだっけ・・

10534102_645856252177430_7731329559907221651_n.jpg


改めて、世代を超えたお立場ある方々とも、気兼ねなくお付き合いさせて
もらえている今の自分の姿に ふと不思議に思ったり、嬉しく光栄だったり、
恐縮だったりが一巡し、
そのままの姿で居させてもらえる関係に やっぱり嬉しく思っています。
18、20歳頃の燻っていた自分に ちょっとだけ自慢してやりたい心境です。
自らの山荘取得と再生、別荘ライフも役立っていてこれも嬉しい。。

幸せですよ。みなさま ありがとうございます



人気ブログランキングへ

さすがにこの時期やることおおくていそがしい。 
けど、きせつの愉しい記憶をふやさなきゃ。 ぜひぜひ。

まだまだ薪ストーブ


昨夜から朝方は冷えましたね。
事前の予報では正午から3時まで雪マークでした。
夕方から冷たい空気が流れ肌寒く、それはあす午前まで
続きそうです。 天気予報↓
http://www.mapion.co.jp/weather/admi/20/20321.html

乾燥しすぎたり冷たく潤ったり、まだまだ落ち着きのない
天候が続きますので体調管理されてくださいね。


昨夜は久々に薪ストーブを。

10154031_589248274504895_3400838213913256334_n.jpg 10153075_589248297838226_4054319182347457466_n.jpg

冷たい空気をまろやか~に優しく暖めてくれます。
GW中にも寒い日には重宝しますし、梅雨時の湿気も飛ばして
くれるので6月辺りまで火を入れる機会はありますよ。
別荘では夏の夜に火を入れることもあります。良いものです


人気ブログランキングへ

薪ストーブカテゴリ。未掲載メーカーなどの情報もどこかで更新します。
http://sakuraikaruizawa.blog33.fc2.com/blog-category-19.html

薪ストーブの選び方。



NCM_4866.jpg

NCM_4859.jpg

NCM_4861.jpg

NCM_4858.jpg

NCM_4860.jpg

薪ストーブ・・ 奥が深いです。

相談を受けるようになりちょびっとだけ助言させてもらっていますが、
何がベストという明確な答えはないものだなあとつくづく思っています。
それでも、その家その家族に合ったストーブはなんだろうというものが
少しづつ分かってきて、それはきっと、バランスと相性なのだなあと。

冬の薪ストーブは主役級の感動を与えてくれますが、
まず、本体なのか、炎なのか。
メインなのか、補助なのか。
主張的で良いのか、控えめが良いのか。
置かれる位置、その空間、
建物の雰囲気、家族構成、利用頻度、、
他もいろんな要素によって、お勧めのストーブが異なります。

でも、まあ、 そんなに難しく考えるものでもないなあと。
行き着くところは割とシンプルで、
ちょびっと理由がついて、想いと合って、予算もなんとか合って、
後で、「これでよかったなあ。」って思えるバランスのとれたストーブを
ご参考になるように勧めてみようとおもいます。

Iさん
いよいよ建築がはじまりますね。 先日の地鎮祭は出会いから着工に
至るまでの時間や思いが重なって、また良い風景と天気に恵まれまして
ちょっとジン・・ときておりました。
建築計画も、プランをそのまま欲しい位好みの空間です。楽しみですね!

カテゴリ内で以前少し種類を紹介してみました。

http://sakuraikaruizawa.blog33.fc2.com/blog-category-19.html


2段下がったリビングのソファーから眺める晩秋~初夏までの薪ストーブ。
視線を少し上げると外の風景が2面に抜ける位置ですから、
コーナーであることと外との連動性なども考えて行きますと、
少し奥行が薄く、窓の大きめで落ち着いたデザインのもの。
伝統的で優しさと丸みをほんのり帯びているものが良いと思いますよ。

建物全体の雰囲気と合わせていきますと、
感覚的にヨツールのクラシックラインが浮かんできました。
http://www.jotul.co.jp/cnt/products_01.html

左側が、F400のゴシックアーチがないもの。 右がF3 です。
NCM_4867.jpg

NCM_4856.jpg

NCM_4863.jpg

f400_03[1] f400_04[1]

F400はゴシックアーチが特徴のひとつでもありますので
あるタイプも素敵に落ち着くかと思いますが、 目線が一つ高い
あちらの敷地で、ストーブ後ろにFix窓が広がっているコーナーへの
ご計画でしたら、写真のアーチのないモデルが合うように思います。

スキャンの こちらのCL-10モデル も合いそうですが、
建物との調和から見てヨツールの方が少しだけ溶け込んで見えるかなと。
コーナーなので観音開きタイプは中央が重なってしまうこと、
またドブレ640やダッチウエストのものは奥行があり出っ張るため、
オフシーズンのことも考えますと薄手のモデルが収まりが良さそうです。

お値段もストーブ屋さんにお願いしてみますので、
ご参考にしてみてくださいね。



人気ブログランキングへ
この、昭和レトロなTVみたいな ドブレヴィンテージ も可愛いなあ。

薪ストーブで焼いたお肉は美味しい。



NCM_4837.jpg

NCM_4838.jpg


NCM_4839.jpg

先日、旨いものを頂きました。
冬の薪ストーブで焼かれた串焼きのお肉ちゃん。

改めて、薪ストーブや暖炉は軽井沢のマストアイテムです。
炎を視覚で、暖を触覚や感覚で、
パチパチと爆ぜる音、炎の揺らめく音を聴覚で、
ほんのりと煙る薪の香り煙を嗅覚で。

ストーブは鋳物(や蓄熱レンガ)の本体も十分に熱を帯びますから
輻射熱を利用したクッキングも広く楽しめます。
炭火とはまた一味違った、キッチンでは再現できない味が生まれます。
均一でない火の入り方がまた良くって、香ばしくカリッと焼けた部分と
レア寄りな部分。自然に生まれた状態を、有り難く美味しく頂きます。

格別な味覚も含め、五感で楽しむ薪ストーブ・・・
やっぱり、いいですよね。

楽しみをおすそ分けしていくつもりが、
実際は随分とみなさんから楽しみや工夫や知恵を分けてもらっています。
有難いありがたい

楽しみをおすそ分けできるように色々と覚えていきますよ。
良いストーブの使い方やメニューなど見つけましたら共有したいです。
面白いものがあったらみなさんも教えてくださいね。



人気ブログランキングへ
サクラやリンゴの薪を使うとまた一段と香りが良くなります。
お宝となる枝や丸太も集めておきましょう。

薪ストーブの季節。



482447_516260715136985_1386138555_n[1]


1470345_516260781803645_1976346558_n[2]

チリチリ ポッポッ と、あったかい。
いい季節になりました。



人気ブログランキングへ
2枚目の写真が偶然ファイヤーネコチャン。

薪ストーブ選び3 ドブレ/ピキャン


ええと、別記事を挟もうかと思いましたが
一気に続けてしまいましょう。

ではでは。


 【 Dovre 】 (ドブレ・ベルギー) 
 http://metos.co.jp/products/kamin/stove/dovre/ 
 代理店: メトス
  
 “ 炎が主役 ” というコンセプトが気持ち良い。飾りのない大きな
 フロントウインドウが印象的な、ドブレの薪ストーブです。
 鋳物の質も高く、ほんのりグレーがかった風合いを生かした精度の
 高い薪ストーブ製品は鋳物専用メーカーだからこそ実現できたもの。
 ベルギー環境省から承認を受けた独自のクリーンバーン燃焼技術も
 特徴のひとつです。

 ◆ドブレ640CB 
 img_main_dovre640cb[1]
 最大熱出量:9,460kcal 暖房面積:20坪表記だけどもっと快適。
 燃焼効率:79% 薪長さ:50cm 重量:190kg 鋳鉄製
 燃焼方式:複合式(輻射・対流)
 本体価格:320,000円+Tax   760CB:390,000円+tax

 「薪ストーブの代名詞」とも言われているドブレの名品です。
 クラシック感と最新技術のバランスの良さ、そして特に他の商品と
 比べても定価32万円という費用対効果の高さは特筆だと思います。
 炎が主役。建物雰囲気を邪魔しない控えめなフォルムは、和風でも
 北欧でも欧米建築にもログハウスにも違和感なく馴染みます。
 小ぶりな500G、ひとまわり大きな760CBなども人気。それぞれが
 バラせるメンテナンス性の高さも愛好家の評判を得ている要因です。
 トロンと滑らかな炎の揺らめきを眺めているだけで幸せになれます。
 
 ドブレストーブのラインナップ
 http://metos.co.jp/products/kamin/stove/dovre/

 我が家に導入したモデルは350CBSCという、ソープストーンの
 シールドがついた小ぶりなモデル。小ぶりな家なのと雰囲気的に
 縦型の収まりがよかったのです。 決め手の一番は・・メトスの
 代理店でもあります佐久の光興産の小池くんが同級生で、 
 ショールームにあった在庫品を超格安で譲ってくださったから。
 定価を見るとおののくモデルで売れていないようなのですが、
 実際日常で使ってみると優れものですよ! 放熱を石が吸収する
 ので瞬発的な強い熱はないですが、炎が消えても朝まで湯たんぽ
 のような暖かさが続いてくれます。 本当にありがとう! 

 579514_409045419191849_588795838_n.jpg まだまだ6月まで使います。
 

 では続いてのお勧めを。


 【 Pecan 】 (ピキャン・オーストラリア) 
 http://metos.co.jp/products/kamin/stove/pecan/
 代理店: メトス

 南半球のオーストラリアにストーブメーカーが?
 最初は産地を聞き驚きました。かつては森林に覆われていた大陸で
 したが、いまでは当時の8%程度の森林が残るのみとなってしまった
 ようです。 その中で残ったユーカリの森林が、オーストラリアの薪
 ストーブの発展に関わってきました。
 ハードウッドで火力が強く長時間燃える燃料なものですから、北欧や
 欧米のストーブ技術とは全く異質な薪ストーブが出来上がりました。

 ◆マーク2ネクター 

 img_main_2nector_lg[1]
 最大熱出量:18,920kcal! 最大暖房面積:570立米
 燃焼効率: 薪長さ:50cm 重量:120kg 鋼板製
 燃焼方式:輻射式
 価格:270,000円+Tax   

 今まで紹介してきたものとは根本的に作りが違います。
 大きくは鋳鉄製(鋳物)ではなく分厚い鋼板製です。重量も軽い!
 そして、2万kcal近い出力と、価格面。。本当に優れものです。
 火力の高いハードウッドを燃料に想定した作りにつき非常にタフです。
 薪だけでなく石炭なんかまで燃料に使えます。

 軽井沢では、油分が強く鋳物のストーブは高温になりすぎて痛めて
 しまうなどと言われている(実際は使い方でそんなことないのですが)
 「カラマツ」の薪ですが、この機種でしたら遠慮なくガンガン使えます。
 横長に美しく揺らめく窓からの炎も美しいですよ。
 同僚宅のペンションライラックにも設置されましたがとても素敵です。
 
 個人的には、中古別荘を増築する際は特にお勧めなモデルだと思っています。
 設置場所の補強工事も要らない重さであること、熱量が高く吹き抜けのある
 大空間なども一気に暖めることができますからね。
 鋼板製は蓄熱性は低いので、本体近くにレンガのステージなどを置いて
 そちらに熱を蓄えさせられれば十分解決します。
 
 img_main_nector15[1] 

img_main_pecanoven[1]

 小さくて高熱量のネクター15
 楽しみが広がるピキャンオーブンもお勧めです。

 ピキャン商品ラインナップ
 http://metos.co.jp/products/kamin/stove/pecan/

  
また、メトスはオーダーメイド暖炉やサウナなども扱っている大手です。
アクセサリー  や クッキング  
の取り扱いもしていますので覗いてみてくださいね。
南部鉄器のピアットセット いいなあ。。


薪ストーブ本体価格の相場というのは、概ね定価の1割前後までの
値引きが目安のようです。今回紹介でそれぞれ代理店を入れたのは、
ストーブ業者経由でなくエンドユーザーが直に取引できれば、 
多少なりともご自身の負担を軽減できる意味合いで記載しました。

施主支給となりますので状況によっては保証や諸々で建設業者さんが
嫌がるケースもありますので、十分に相談をされてからご検討下さい。
ちなみ代理店である光興産の小池くんのところでは メトスの商品 
でしたらもう少しよい利率で卸してくれますよ。
同級生ということ差し置いても、非常に顧客志向で情に厚いよい職人
であり会社です。軽井沢の別荘建築の3割以上は彼の所経由での設置
という程に実績と信頼があります。

必要ありましたらお繋ぎしますのでご相談くださいね。
メトス以外のストーブも幅広く扱っています。メンテナンスも行ってます。
http://www.metos.co.jp/company/franchise/hikari/


お勧め6選(7選になっちゃった)の他に、
軽井沢で見かけたり関わったことのあるストーブにつきまして
また改めて一覧でご紹介しますね。
御代田にあります長野総商さん が代理店の ハースストーン社
のものも特徴があって良いです。またの機会にゆっくりと。


ではでは、ご参考にどうぞ

 
人気ブログランキングへ

薪ストーブ選び2 ヨツール/モルソー/スキャン


続きまして、北欧製のストーブ紹介です。
鋳鉄工場などからの開業ですので、鋳物の質がとても高い事と
飽きのこないモダンシンプルさが北欧製品の特徴でもあります。

では。


 【 JOTUL 】 (ヨツール・ノルウェー)
 http://www.jotul.co.jp/ 
 代理店:いろいろ

 ノルウェーでも最も古い生産工場から誕生した、1853年創業の
 ストーブ界の老舗メーカーです。
 また老舗ではありますがここ10数年で国際的なネットワークを
 再構築され、アメリカ・フランス・イギリスに子会社を置き、
 世界40カ国に輸入業者のネットワークを構築されています。
 スタンダードシンプルなデザインの商品を扱いつつ、時代に沿った
 デザインにも特化した新しい商品開発にも積極的。革新的フォルム
 の縦型ストーブのラインナップも充実しています。

 ◆クラシックライン F400 
 f400_01.jpg
 最大熱出量:9030kcal 最大暖房面積:115平米(35坪)
 燃焼効率:84% 薪長さ:50cm 重量:170kg 鋳鉄製
 燃焼方式:輻射式
 価格:430,000円+Tax エナメルは50万と、55万円

 このクラシックラインは 90kgのF100から、200kgのF600まで
 暖房面積やお部屋の雰囲気に合わせラインナップされています。
 少しリビング広めの家ではF500もお勧めですよ。
 ゴシックアーチのガラス扉が特徴。近年オーロラの炎を楽しむ
 ために格子の外れたタイプも出てきていますが、やっぱりこの
 アーチをみてヨツールだなあと感じますのであるタイプの方が
 何となく好きです。

 「 寿命の長い製品で、世代を問わず皆に愛される製品を 」
 との基本理念のもと、作り込みすぎずスマートでかっこいい。
 商品一覧はこちらです。モダンもクラシックもいいですね。
 http://www.jotul.co.jp/cnt/products_01.html

 6種類の暖かさ も頷けます。
 北欧デザインにはよくマッチするお勧めのストーブです。
 


 【 morso 】 (モルソー・デンマーク)
 http://www.shingu-shoko.co.jp/~adrsn-stove/products/morso/
 代理店:新宮商行

 こちらも150年以上の歴史を誇るストーブメーカーです。
 19世紀から20世紀の節目の頃、モルソーは教会や学校、鉄道や
 省庁など公共建築物に精力的に暖房システムを供給し始めました。
 1969年にはデンマーク王室御用達に格上げされる等、国を代表
 する国民に愛されるメーカーであります。

 ◆3600シリーズ 
 img_01.jpg
 最大熱出量:12,040kcal 最大暖房面積:210平米(63.5坪)
 燃焼効率:75.6% 薪長さ:58cm 重量:195kg 鋳鉄製
 燃焼方式:輻射式
 価格:530,000円+tax 

 このタイプは北米市場向けに開発された最大燃焼室ストーブです。
 最小の燃焼技術が採用されているほか、観音開きの正面以外にも
 側面から60cmまでの薪を投入できるサイドローディングドアも
 日常使いには便利ですね。 全体的には小降りのタイプが多い
 モルソーのなかではやや特徴が薄らぐフォルムかもしれませんが
 熱量・暖房面積の大きさからも実用性良いモデルと言えます。


 ◆2100シリーズ 
 img_02.jpg (2140CB)
 最大熱出量:6,880kcal 最大暖房面積:120平米(36坪)
 燃焼効率:76% 薪長さ:40cm 重量:135kg 鋳鉄製
 燃焼方式:輻射式の対流タイプ(複合と呼んでいいのでは)
 価格:350,000円+Tax

 観音開き姿と側面の栗鼠とオークの葉のレリーフが象徴で、
 モルソーらしいモデルだと思います。
 デンマークのメーカーですが、このシリーズはイギリスの
 QueensburyHuntLevien社がデザインされた創作品となります。
 サイズの割に燃焼室が広く、長めの薪が投入できる実用性と共に
 「クッキング」が楽しめるのも魅力です。
 ゴトクを置いてパエリアパンを置けばピザも焼けますし、お肉や
 ホイルの蒸し焼きなんかも十分楽しめましたよ。


 小振りなストーブ情報としては、同カテゴリ内のこちらで以前紹介
 していますのでそちらも参考にしてみて下さいね。
 http://sakuraikaruizawa.blog33.fc2.com/blog-entry-663.html

ーーー

もうひとつ追加

 【 SCAN 】 (スキャン・デンマーク) 
 http://www.shingu-shoko.co.jp/~adrsn-stove/products/scan/
 代理店:新宮商行
 
 1978年創業のスキャン。シンプルでなめらかなフォルムはデザイン性と 
 機能性に優れたデニッシュモダンのしるしであります。
 デザイン性に富みつつ機能性であるという印象ですね。

 ◆CI-10GLCB 
 img_01[1]
 最大熱出量:9,460kcal 最大暖房面積:150平米(45坪)
 燃焼効率:79% 薪長さ:50cm 重量:140kg 鋳鉄製
 燃焼方式:輻射式
 価格:390,000円+Tax 

 親しい友人宅、お客さんだった方の新居にもこちらが入っていました。
 前面ガラスが大きく美しい炎のゆらめきを楽しめる観賞用&実用性の
 バランスの良いモデルです。「ヒーティングファニチャー」を最も意識
 した眺める要素が高いモデルにつき、奥行がやや浅く寝る前などに多
 く詰め込んで朝まで起き火がチラチラという使い方には向きませんが、
 洗練されたデザインの建物にはよく合うと思います。

 スキャンのラインナップ一覧です。
 http://www.shingu-shoko.co.jp/~adrsn-stove/products/scan/list/
 縦型デザインのものも、サブストーブとしてセカンドリビングや寝室に
 置いてみては如何でしょうか。

  
ではでは、次回に続きます。 


人気ブログランキングへ
個人的には次に紹介しますドブレがわずかの差で好きです。
ピキャンも具体的に検討していましたのでお勧めしたいです。 

薪ストーブ選び1 ダッチウエスト/バーモンドキャスティング


こんにちは。
この春から建築の着工を始められている方も多いと思われます。
建築の設備面につきましては、まだまだ中後半まで選択できますが
おおまかな方向性は早めに絞れておいた方がよいですね。

薪ストーブについての相談がとても多かったので、
個人的及び建築側からのお勧めをまとめていますので紹介します。

ちなみに モデルの詳細につきましては割愛しますので
各HPよりご覧くださいね。

では。


【 DUTCHWEST 】 (ダッチウエスト・アメリカ) 
 http://www.dutchwest.co.jp/ 
 代理店:ダッチウエストジャパン

 北海道帯広出身のオーナーがダッチウエストジャパンを立ち上げ既に
 日本で30数年の歴史となりました。北海道の厳寒に耐える人々の
 ために性能良い薪ストーブ販売を開始したのが始まりで、今では
 多くの 薪ストーブアクセサリー も代理店として取り扱っています。

 ダッチウエスト社の下記2モデルを推す工務店や建設会社が結構多く、
 軽井沢の建築でも随分とみかけます。身近なところでも結構に。

 ◆フェデラルコンベクション 

 fcheater.gif (ラージ)
 最大熱出量:10,100kcal 最大暖房面積:144平米(43坪)
 燃焼効率:75.1% 薪長さ:55cm 重量:197kg 鋳鉄製
 燃焼方式:複合式(輻射・対流)
 価格:本体370,000円+Tax
 
 本体表面に小石で打ったようなザラつきがあります。これにより
 表面積が40%アップし放熱性を高めています。
 薪ストーブから放熱する輻射熱とともに離れた場所まで暖める
 対流熱も生む複合型システムを開発し採用したモデルです。
 やや堅めなデザインと少しメンテナンス手間がかかりますが、
 自身で行えたりストーブ屋さんが面倒見てくれるのでしたら
 とても良い機種ですね。 着火性や暖房範囲の広さも選ばれる
 理由となっているようです。
 特に3-4年前の建築に随分導入されていた印象が残っています。


 ◆エンライト 

 enlight.gif (ミディアム)
 最大熱出量:13,100kcal 最大暖房面積:149平米(45坪)
 燃焼効率:72% 薪長さ:56cm 重量:191kg 鋳鉄製
 燃焼方式:複合式(輻射・対流)
 価格:420,000円+Tax
 
 最新の「リーンバーン燃焼」システムを採用した次世代ストーブ
 というのが売りらしいです。少ない燃料で最大の熱エネルギーを
 発する低燃費で経済的なのもよい。全面のガラスにエアカーテン
 ができて曇らないのも魅力ですね。先ほどのコンベクションよりも
 何となく角が取れた優しい雰囲気も個人的に好みです。
 耐火セメント等での接着もなく分解できるメンテナンス性の良さも
 特徴です。ここ、結構大事だと思います。

 ほかにも多くのモデルがありますが、
 http://www.dutchwest.co.jp/stove/products/stove/index.html
 ダッチウエスト社からは2モデルを厳選してお勧めしました。

 あと、こういったファンページの提供も姿勢が伺えていいですね。
 http://www.dutchwest.co.jp/stove/recipe/
 ストーブ料理やブログ、メーカーの物語などを拝見すると、また
 ぐぐっと薪ストーブオーナーとしての気持ちが膨らみます。
 ご参考にどうぞ。
 


【 Vermont Castings 】(バーモンドキャスティングス・アメリカ) 
 http://www.firesidestove.com/index.html 
 代理店:ファイヤーサイド社

 ファイヤーサイド社が日本に薪ストーブを輸入し始め四半世紀以上
 が経過しました。バーモンドキャスティング社の扱いをメインに、
 充実な 薪ストーブアクセサリーや斧なども 多く取り扱っています。
 ボクがお勧めしている スエーデン・グレンスフォッシュの斧 も
 ファイヤーサイドさんの取り扱いです。
 
 ここでのお勧め機種は、なんといってもこちらです。

 ◆アンコール 

exsmile_encore-bk).jpeg vermont_encore2.jpg

 最大熱出量:11,750kcal 最大暖房面積:177平米(54坪)
 燃焼効率:76.7% 薪長さ:50cm 重量:159kg 鋳鉄製
 燃焼方式:輻射式
 価格:520,000円+Tax レッド、マジョリカブラウンは60万円 

 このバーモンドキャスティング社のアンコールは1986年に誕生し、
 以来クッキングストーブとしても評価され世界中で愛されてきました。
 炉内で熱を加えるピザやパン、ローストビーフなどのオーブン料理の
 ほか、広いストーブトップ(鉄製の天板)での煮込みや焼き物、炊飯
 までこなせる機能性の高さ。暖を満たすとともに、美味しい楽しみも
 広げてくれて寒冷地での暮らしを豊かにしてくれる優れたストーブに
 なります。
 
 本体自体も高気密設計と流体システム、優れた燃焼方式で燃費も
 よく経済的です。 8割近い燃焼効率からも性能の良さが伺えます。
 観音開きの正面と別に、トップローディングドアと呼ばれる開く天板
 も特徴ですね。燃焼中にこちらを開けても煙が広がらないのですよ。
 薪を足すにも楽ですし、グリルのように魚を焼くこともできます。
 リンクしてあります 軽井沢暮らし+Bow-wowさん が、
 こちらのアンコールを使った薪ストーブ料理をたくさん試されていま
 すので是非覗いてみて下さいね。

 また、ファイヤーサイドさんもファンページが充実です。
 http://www.firesidestove.com/knowledge/
 ストーブのメンテナンスや薪、使い方、Q&A も親切ですし、
 こちらの別ページ 「森からの便り」 は愛読させてもらっていてリンク
 もしてあります。それぞれ更新も多くて楽しみにしています。
 

 今回紹介の2社は ともにアメリカ製。
 生産される国柄の特徴も薪ストーブには出てきます。
 多少、北欧と比べるとアメリカンな造り(大らかとかとか)との評価も
 たまに聞きますが、細かなメンテナンスなどは導入下さるストーブ屋さん
 が対応してくれますし教えてもらいながら覚えれば難しいことはないと
 思います。
 お建てになる建物に合ったデザインであるかどうか、ライフスタイルに
 合っているか、 予算に合っているかどうか。
 たぶん、最終的にはどちらのストーブを選ばれても ごく大きな差は 
 生じてこないと思いますよ。 
 車選びと似ているかもしれませんね。

 次回は、北欧方面のストーブを紹介します。



人気ブログランキングへ
6選として ヨツール、モルソー、ドブレ、ピキャンを紹介する予定です。
 

優れた着火材 『文化たきつけ』


文化焚付2

以前もご紹介したことがありますが、
薪ストーブやBBQの炭への着火剤として重宝しているのが
ツルヤさん向かいのコメリで販売している 『文化たきつけ』 です。

海外製のかっこいい着火剤もホームセンターや各所で売っていますが、
着火性・火持ち、何よりコストパフォーマンスが群を抜いて優れているのも
重宝の理由です。

昨年12月頃からかな? 98円 に値下がりしました!
素晴らしい・・ちょっとした感動です。

文化焚付

慣れればなくても着火できるようになりますが、
腕前というよりも、薪や着火用の枝等々の状況にもよりますので
割り切って1本、たまに折って半分に、火付悪い時は2、3本くらい
遠慮なく使えるお値段です。

写真のように、コメリのレジのところの棚にありますよ
ぜひぜひご利用ください。

点火はこんな感じで行います。ご参考にどうぞ。

http://sakuraikaruizawa.blog33.fc2.com/blog-entry-440.html
http://sakuraikaruizawa.blog33.fc2.com/blog-entry-258.html
http://sakuraikaruizawa.blog33.fc2.com/blog-entry-104.html



人気ブログランキングへ
枯れ枝も、着火用にたくさん集めとけばよかったなー
次のシーズンの課題にします。松ぼっくりもよく燃えるよ!

薪ストーブが入りました。


NCM_1880.jpg

65030_356607371102321_29545503_n.jpg

ついた。

556927_356711374425254_185796689_n.jpg

NCM_1883.jpg

軽井沢町内の建築に 御代田の長野総商さんと並び
多く設置している 佐久の 光興産さん 

どちらかというと、業者さん向きの位置づけですが、
施工者からの信頼やアフターメンテナンスの良さなどで
随分と多くの建築に 薪ストーブや暖炉を設置されています。

なんと佐久の同級生。 再会は4,5年前かなあ。
まさか軽井沢でこう繋がると思わなかったのと、
自分のお客さんだったお宅にかなり設置をしてくれていたことが
分かり何とも嬉しいものでありました。

設置の姿、着火テストを一緒に見ていて、
幸せな仕事だねえ と言ってみた。
寒さが長い軽井沢に、暖を届けてくれる仕事。
その暖は、室内や人体を温めてくれるだけでなく
心までもとろーんと暖めてくれます。

そういう話もテレる間柄ではあるけれど、
素直にそう言えてしまった。

同じくらい、自分が携わっている仕事も 幸せです。
暮らす人が喜んでくれるきっかけになれる、
幸せな仕事です。

あ、メトスの代理店  でもありますので、
ドブレや コンツーラ、ピキャン等などは
どこよりも安く提供できますよ。
他のものも相場よりも抑え気味に。



533483_357011834395208_7894374_n.jpg NCM_1896.jpg

楽しそうに薪をいじっていると、寄ってきます。
暑いからさわっちゃだめだよー というと、
近づいて熱が伝わる所で止まって あっちっ て言います。

きっと皆さんの所のように 割った薪を運んでくれたり
手伝ってくれるようになるでしょう。楽しみです。

ちなみに柵が届くまでベビーベット改を代用中。

いろいろと、薪ストーブの活用法や情報をお届けしていきますね。



人気ブログランキングへ

ライラックの薪ストーブ



別荘naviのブログを 華やかに可愛らしく更新してくれている
カメラな同僚さんのおうち 【 ペンションライラック軽井沢 】

昨日、薪ストーブが設置されました 

P3194108-1[1]
(よい写真 お借りします)

設置の姿も少し覗かせてもらい、
1本キレイに天井に抜けて行く煙突姿にも感動。
建て物の風合いに合ったレンガの台に、ピキャンのネクターが良く似合います。

窓がおおきくって、炎の揺らめきがかっこいい!
パチパチと爆ぜる火の子の姿も素敵です。
そして・・薪ストーブ特有の、あのじんわりと熱が伝わる暖気が心地よい
あらためて、冬の軽井沢には薪ストーブは必需だな~ と思いました。

ライラック軽井沢のオフィシャルブログ 
http://www.lilac-karuizawa.com/blog/?p=877


個人的には、薪集め仲間ができたことも嬉しい
別の同僚も薪ストーブライフが始まった事ですし、
別荘Naviスタッフの薪ストーブ設置率(私はまだ山荘のみですが)が
ぐぐぐんと高くなったことで 今年は薪集め薪割りを一緒に愉しむ事が
できるでしょう。

もちろん、
ライラックさんで焚かれる薪集めも優先的にお手伝いしますよー


NCM_0347.jpg

薪ストーブの前に陣取ってしまうと・・
数時間 離れられなくなります。

きっと、そんなお客さんも増えちゃうことでしょう

別荘見学や観光の拠点に、どうぞご利用くださいませ。
http://www.lilac-karuizawa.com/pension/index.html



人気ブログランキングへ
今年は我が家も薪ストーブ導入出来るように・・がんばらないと

薪ストーブ関連はこちらのカテゴリに。
http://sakuraikaruizawa.blog33.fc2.com/blog-category-19.html

薪ストーブクッキングのご参考に!


炎


こんにちは。

薪ストーブが暖かく有り難い季節の真っただ中。
暖をとるだけではなく薪ストーブや炎をもっともっと楽しみたい!
という方も多いと思います。

私もストーブ料理やダッチオーブンはまだまだ初心者。
料理もざっくりとした男料理のみの調理初心者ですが、
いつもの料理には出せない、非日常感あるワイルド且つ大胆な
料理が楽しめるのも薪ストーブや炎を使ったアウトドア料理です。
要は・・ごまかせるというか、その雰囲気を楽しむ事が重要なのかと。
楽しみながら完成度を高めたり レシピを広げていって下さいね


ダッチオーブンクッキングの風景やレシピのあるページを揃えてみました。
ご参考にしてみてください。

◇薪ストーブでおうちごはん
http://fireside-essay.jp/modules/suzuki/
アウトドア料理コーディネーターの鈴木道代さんが教えてくれる
「おうちごはん」レシピです。

◇火のあるお料理とクックウエア探検
http://fireside-essay.jp/modules/takahashi/
ストーブクッキングアドバイザーの高橋みなさんのレシピ!

リンクもさせて頂いている
◇薪ストーブ 店長日記 さん。
http://hearth2.blog.so-net.ne.jp/archive/c5373288-1

◇薪ストーブのある暮らし ストーブ専門店Sollysさん
http://stovelife.seesaa.net/category/1663767-1.html

◇クックストーブ料理レシピ
http://www.handinhandjp.com/recipe/

◇メトス名古屋さんのPick Upページも参考になりますね
http://metos.co.jp/nagoya/pickup/index.html

薪ストーブ料理レシピ 画像集 

薪ストーブでももちろん作れる、
クックパッドさんのストーブクッキングレシピ 


軽井沢に移住をされ、ワンちゃんとともに薪ストーブや軽井沢ライフを
めいっぱい楽しまれているお客さんのブログも紹介させて下さい。
◇軽井沢暮らし+Bow-wow
http://cwqqs.blog75.fc2.com/ 
薪ストーブや薪作りのことはこちらのカテゴリに
改めて・・凄いなあ。 楽しまれている姿がとても嬉しいです^^

私のへっぽこ料理もこちらのカテゴリにあります。
http://sakuraikaruizawa.blog33.fc2.com/category19-1.html

懐かしいなあ・・ こんな鍋放り込み料理が驚くほど旨くなりました。
CA391013-0001[1]


薪ストーブを扱っているお店では、薪ストーブアイテムと共に
ダッチオーブンや鉄瓶といったものも取り扱いがあります。

こちらの、南部鉄器の piatto 特にお勧めです!

南部鉄器ピザ
南部鉄器 ストーブクッキング
http://www.metos.co.jp/products/kamin/stovecooking/nanbutekki.html

ストーブ屋さんの友人のオフィスで紹介を受けた時、衝撃が走りました。
シンプルで機能的、その美しさに惚れました
もちろんダッチオーブンのスキレットやパエリアパンなどでも十分にピザは
焼けるのですが、このアイテムがあれば薪ストーブで焼くピザがより楽しく
美味しく感じるのだろうと、焼きたい頻度が高まりそうだなーと思いました。

定価より少し安く取り寄せもできますので、
薪ストーブアイテムにご興味ある方は気軽にご相談下さい。
お繋ぎするだけですが取り寄せてお渡しする事も可能ですよー



 編集中


≪ Viva! 薪ストーブクッキング ≫

cookbook02.jpg
日本で初めて出版された薪ストーブの料理本です。

『 薪ストーブで料理が美味しくなるのは、薪の熱エネルギーのおかげです。
それは何でも美味しくしてしまう魔法の力 。 』

嗚呼、何とも素晴らしい言葉ですね。
ハルニレテラスの丸山珈琲さんにも置いて頂いていた筈。
ぜひぜひお求めの上、薪ストーブクッキングをお楽しみください!


この薪ストーブクッキング、 
夏場は焚き火を使ったアウトドアクッキングにも応用が利きます。
日常の生活では出来ない 『 炎のある別荘ライフ 』  
軽井沢ならではの滞在魅力を広げて行きましょう 


もうひとつご参考に、焚き火料理 も少しだけ。

◇アウトドア料理のススメ http://www.mapple.net/camp/recipe/
◇焚き火料理 http://www.tenpukutai.com/takibi.html
焚き火の鉄人 
アウトドア料理 道具類の使い方

アウトドア料理 リンク集 
焚き火料理 画像集

火の始末はしっかりと気を付けて下さいね
ではでは!


人気ブログランキングへ

小振りな薪ストーブ選び


薪ストーブ入れ替えのご検討、コンパクトなタイプで探しています。
ちょっと情報の記録として こちらに残してみます。

・・・編集、修正したのに更新前にデータが消えてしまった 再作成中・・・


○○さん
薪ストーブご相談の件、現在の建物のバランスに合うものを探しています。
ストーブも多種多様ですが、背面に壁のない窓面となりますので、設置時の
収まりバランスをみながら幾つか候補をあげてみますね。


◆ morso (デンマーク) 
 http://www.shingu-shoko.co.jp/~stove/morso/
 
 1412cb.jpg
 1412CB  小型輻射熱モデルのベストセラーです。椅子にかけながら炎を
 眺めるのに良いサイズですね。 側面のレリーフも絵になります。
 薪サイズの小ささや燃焼カロリーからも、熱源よりは炎を楽しむモデルです。
 
 2140cb.jpg
 2140CB 一回り大きい中型対流熱タイプ。 炎が美しいです。
 先々実用性が高まればこのサイズは楽しみが広がりますが、設置位置が
 窓面であることを考慮すると一回り小さい片開きタイプが良いかなと感じます。


◆JOTUL (ノルウェー)
 http://jotul.co.jp/
 http://jotul.co.jp/cnt/products_01.html (ストーブ本体)
 
 f373.jpg
 F373 インテリア性の高い縦型のストーブです。窓面から少し話して設置しても
 お部屋に違和感なく落ち着くと思います。側面からも炎が見れるのは良いですね

 f273.jpg
 F273 こちらのコンパクトサイズの方が、カーテンと窓をオープンにした際に
 風景に煩わしさがなくて良いかなと感じています。
 
 縦型ではもうひとつ代表的なメーカー ◆Contura (スウェーデン)もあります。
 いいお値段してしまうなあ・・・。


◆ SCAN (デンマーク)
 http://www.shingu-shoko.co.jp/~stove/scan/index.html

 57cb.jpg
 57CB  JOTUL F373に対しての横置きバージョン。
 液晶TVのような水槽のような・・ 窓面に近づけても空間デザインはフィット
 するかと思います。横幅がもう少し狭くても良いかなと、他も探しています。
 
 scan.jpg
 CI-4GL こちらも二層構造対流式で窓に近づけて設置が可能です。
 33cmの薪が入りますのでいまある薪はそのままで使えそうです。


◆ hergon (スペイン)
 http://www.naganosohsyo.co.jp/html/hergom_top.html
comet.jpg
 COMET  チェアーから目線を下げる低い位置の縦型。ご参考程度に。


◆ Pecan (オーストラリア)
 http://metos.co.jp/products/kamin/stove/pecan/ 
 個人的には好みなメーカーです。(サイズ的にも費用的にも)

 pecan.jpg

 pican7d.jpg nectre15ped.jpg 
ネクター15 Pad  
コンパクトながら高出力のモデル。冬期の熱源として十分に活用できます。
二重構造で壁や窓からの距離を小さくできますし、この1本足のPadタイプなら
室内から外を眺めてもスッキリと収まりそうです。
薪サイズ30cmとありますが、最大38cm迄(斜めにしてかな)入るそうですから
この手のコンパクト縦型のなかでは実利用し易いモデルです。

建築雑誌などでもよく見かけますので窓面に設置されたイメージ画を探して
いるのですが・・ 雰囲気のよいカットが見つかりましたら差し入れますね。
 

あとは、上記ご提案のものとは方向性が異なりますが、
現在設置されている ≪ シガータイプ ≫ (奥行きのある細長タイプ)の
コンパクトながら高さがあり窓面が大きいタイプを紹介します。
薪も投入し易く独特の炎を楽しめます。 現在ご利用モデルの姿のまま
ボックス内部(燃焼室)が広がった

◇ Dutchwest(アメリカ)  http://www.dutchwest.co.jp/stove/
 モデル左: ベセル    モデル右: プリマス
dwv dwp.jpg

◇Vermont Castings (アメリカ) http://www.firesidestove.com/
 モデル: アスペン
 aspen.jpg

◇ SCAN CI-1G CB
「みにくいアヒルの子」の愛称で親しまれてきたロングセラーモデル。
スマートでシンプルながら懐かしさと温かみが感じられます。
CI1CB

薪ストーブは選択肢が広いですね。
設置場所、ご利用頻度や用途、デザイン、費用面・・・
何を基準に選ばれるかによりますが、 
こういう嗜好品は直感で選ばれても良いかもしれません。

もう少し情報やご利用レビューを集めておきますね
ではでは。


---
山林舎さん http://www.stoveya.jp/
オーダーメイドストーブ。
いいなあ・・制作例にあるキューブ型の炎が楽しめるストーブがかっこいい。

アドヴァンさん取扱のラインナップ
http://www.advanstove.com/index.html うむうむ。


ps:リビング設置の 中型~大型タイプの薪ストーブ情報も
 改めてご紹介していきます。


人気ブログランキングへ

温かい・・・


とあるお呼ばれで 夕食をご馳走になった。

嬉しそうに、薪ストーブへホイルにくるんだものを運び、詰め込む。

会話を楽しみ、お酒を頂き、 目の前に運ばれたホイルの塊。

表面がほんのりスモークされ よい雰囲気。 期待大。

開けて みる

・・・

CA3F0529.jpg
 
わあ、想像すらしたことのない ホイル焼きの中の美しい姿。

この姿をみるだけで 薪ストーブのある山荘暮らしを楽しんでいる姿と、
私たちに対しての 「楽しいきっかけを ありがとう。」
が伝わってくるようで・・・  泣きかけた(笑)

あっ 書いている今も鼻と目の奥がツンとしてくる。

ストーブのある暮らしって温かい。
こういう暮らしを叶えてくださった方々の 心も温かい。

お世話しているようで、
お世話になりっぱなし、学びっぱなしのサクライです。

本当に皆様に感謝!!


寒い冬 心の温かさが素直に沁みわたります。。


ありがとう。



人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

冬こそ焼き芋・焼き玉ねぎ!

CA3F0377.jpg


CA3F0378.jpg

CA3F0379.jpg

CA3F0380.jpg

先日 お客さん宅で頂いてきたご馳走たち


この秋の落ち葉焚き焼き芋 如何でしたか?

冬の寒い軽井沢ですが、
薪ストーブの別荘では これからが暖かく美味しい思いのできるベストシーズンかも。

トンボの湯の温泉とともに
レンジでは到底できない美味しいごちそうを作りに食べに
冬の軽井沢にも足をお運びくださいな。

本当においしかった
より、そう想えるシチュエーションがこの町にはあります。



人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへたまーーにくりっく

薪ストーブ焼き芋


本日はご褒美のような青空ですね
明日は雪マークは消えたものの、寒波の影響で明日は冷え込みます。
いま晴れの10℃。 明日のこの時間は雲の2℃
まあ数字でみれば寒いのですが、その分暖の温かみがわかるってもんです。

日曜も割と冷え込みましたので、本格的にストーブに火を入れ始めました。
とはいっても、夏仕様の通気性のよい我が家ですので完全に定住できる建物ではなく
週数日程度の滞在なのですが(冬場は家が凍らないよう滞在頻度高まります・笑)
それでも寒い部屋で薪ストーブの暖かさに包まれると 幸せな気分に浸れます。

その幸せをより膨らませてくれるのが 「焼き芋」 です。

遠赤外線効果で芯までホクホクに火が通る薪ストーブでの焼き芋は 旨いです
理屈なく、味だけでない旨さがストーブから取り出してきたお芋ちゃん達にはあります。


準備と焼き加減に集中するあまり、
あの割った瞬間のほわわ~~んと湯気たちのぼる黄金の芋肌を撮影そびれてしまった・・

色気のない写真ですが、サイドメニューのじゃがいも焼きの姿。
ストーブ10.24-1

中軽井沢のJAファーム で買った馬鈴薯。1袋30個位入って108円!
オリーブとバターを一緒にくるんで焼くと、おこげが揚げたてポテチみたいに
香ばしくて旨いです 岩塩とバターで絶品に

スローフード スローライフ・・・
いつのまにかありあわせで夕食に突入。

ストーブ10.24-2
飲みほしちゃったけど お勧めチタンシェラカップには いも焼酎が。
温燗熱燗自由自在ですよー

ストーブ10.24-3
こっちも割って(ほどいてという表現が似合う)岩塩バター
これもJAファームでうめさん栽培の土付きさつまいも。安かったのにすごく旨い!
本当にこのまんまでスイーツですよ 甘いもの好きにはたまりませんねえ

薪ストーブのあるお宅はどうぞお試しください
デリケートなことなく水で浸した新聞をアルミホイルでくるんで放り投げておけば
だいたいの感覚で取り出しても旨んまいですよ 加減を操るのもまた楽し


人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ
次は旨そうに見える焼き芋も写真に収めておかないと・・・。
プロフィール

さくらい・かるいざわ

Author:さくらい・かるいざわ

ようこそ 『軽井沢に暮らす~遊楽山荘~』へ。
ココは軽井沢の別荘で暮らしてきた自分の体験から 遊びや楽しみと町の今を知る 「きっかけ」 位になれればと、緩く発信を続けています。
離れた地からも今の軽井沢を身近に感じてもらえるよう、風景や普通の日常姿を届けていきます。

お客さんだった方々との、しごとの先の軽井沢友人知人としての付き合い用に始めたのがきっかです。さらっと読み流せる位のものを。
備忘録も兼ねているので緩いものが多いですがご容赦下さいね。

ちょっと遊びの楽しみが足りないなー時間つくらなきゃ。。
サードプレイスになろうかな。

それではどうぞ、宜しくお願いします。

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ゴルフ掲示板
リンク
Twitter on FC2
QRコード
QRコード