FC2ブログ

いなごの佃煮


黄金色に染まった佐久平の田園風景。
この週末辺りから、各所で稲刈りが始まりました。

稲刈りの頃になると想い出すのが、
小学校時代の「いなごとり集会」という行事です。

年に1回か2回位だったかなあ・・
住まいの地域ごとに班が分かれ、小6と小1、小5と小2、
小4と小3でペアを組んで、稲刈り前の田んぼに入りながら
いなごを手づかみで捕まえるのです。

日本手ぬぐいで作られた袋の口にブレスレット位のリングを
つけて、その下をぐっと握る。形状はお酒のとっくりみたいな
感じで、捕まえてはひょいひょいと袋に入れていきます。
全校で捕まえたいなごは業者さんが買ってくれるのかな?
そのお金で図書館の本が増え、「いなご文庫」だったか
「いなごとり文庫」だったか、コーナーに新たに本が増えていく
のを見ていました。

親が姪っ子たちと近所の田んぼで久々に捕まえてきたそうで、
いなごの佃煮を作ってくれました。

いなごの佃煮 

日本酒と砂糖、醤油で煮詰めていきます。
うちのはベトベトしない大学芋風な、かりっと食感の良いものに
仕上がりました。 良い写真でないのですが・・・

1374737_490828501013540_2138552034_n[1]

1237572_490828531013537_134659025_n[1]

まあ、バッタですから抵抗ある方も多いかもしれません。
でも味は佃煮ですし、食感は、小エビ桜エビのような、
柔らかい殻の香ばしい食感です。炒って煮詰めるからかな。

山間部の農村地帯では貴重なタンパク源だったのですよ。
慣れ親しんでいるものありますので抵抗なく美味しく頂きました。
買ったりお店で食べるようなものでもありませんから、
このいなごの佃煮も、初秋の田舎の味覚でございます。




人気ブログランキングへ

あ、ツルヤさん辺りでもたまに売ります。
プロの味付けは商品になりますから、見かけたらお試し
下さいね。

スポンサーサイト



comment

管理者にだけメッセージを送る

とるよー

いもむしさん

こんちは。コメントありがとうー
いなごの足は、やはり取りますよ。小骨みたいにひっかかるから、後ろ足は左右揃えてひざ下をむしりとります。 今思えばナカナカな作業でしたね(笑) 
姪っ子が手抜きでむしれなかった足が今回多少残っていたような気がします。気にせず食べちゃいましたが。。

いもむしさんのところでは蒸すのですね。炒ったり茹でたり、多少地域差があるのも面白いですね。

No title

いつも楽しく拝見させていただいております。
さくーさんちは、イナゴの後ろ足は取らないんですね~^^
うちは蒸した後、後ろ足を手作業でとっていく工程があって子供ながらに抵抗ありました^^;

後ろ足が口に残るという理由でしたw
すごく手間で時間がかかるので、足つきの方が良いですね~♪
プロフィール

さくらい・かるいざわ

Author:さくらい・かるいざわ

ようこそ 『軽井沢に暮らす~遊楽山荘~』へ。
ココは軽井沢の別荘で暮らしてきた自分の体験から 遊びや楽しみと町の今を知る 「きっかけ」 位になれればと、緩く発信を続けています。
離れた地からも今の軽井沢を身近に感じてもらえるよう、風景や普通の日常姿を届けていきます。

お客さんだった方々との、しごとの先の軽井沢友人知人としての付き合い用に始めたのがきっかです。さらっと読み流せる位のものを。
備忘録も兼ねているので緩いものが多いですがご容赦下さいね。

ちょっと遊びの楽しみが足りないなー時間つくらなきゃ。。
サードプレイスになろうかな。

それではどうぞ、宜しくお願いします。

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ゴルフ掲示板
リンク
Twitter on FC2
QRコード
QRコード