もみじの種が 飛び立ちはじめました


以前 5月下旬にもみじの花の記事を載せました。
http://sakuraikaruizawa.blog33.fc2.com/blog-entry-917.html

NCM_3066[1]

その花が枯れ、後から種が育っています。

あ、モミジといっても本当に多種多様で、
カエデ科に属するので、総称としてはカエデなんだろうな。
カエデ属の多種多様っぷりは こちらも参考に。

種類が多いので、全てのカエデに種が付くわけでは無いのかも
しれませんが、 この時期のモミジを下から見上げると、ほんのり
赤みを帯びている樹種を目撃する事もあるかと思います。

覗きこんでみると―・・

虫がいっぱい!

NCM_3193.jpg

の、ように見えてしまいますが、
羽をまとった モミジの種たちの姿なのです。

NCM_3259.jpg

NCM_3200.jpg

NCM_3262.jpg

この写真は、トンボの湯手前のもみじのもの。

NCM_3258.jpg
受付に向かう前に、葉の裏側を覗きこんでみて下さいね


NCM_3192.jpg

NCM_3264.jpg

種が垂れ下がっていないカエデ系もたくさんありますね。
このコたちはどうやって繁殖をしているのだろう。
種をつけるまで成長してからなのかな 桃栗3年柿8年みたいな。


森や別荘地などでふと足元を見つめると、
落ちている種に気がついたり。
あ、花の名残もくっついてる 貴重な姿かな?

NCM_3257.jpg

知らない自然の姿を知ると ちょっと嬉しくなります。

自然界の四季のサイクルの 一瞬の姿。
んんー。 まだまだ軽井沢の自然は奥深いです。
意識して、いろんなことを知りたいとおもいます。

---

あ、飛び立つ姿に触れていませんでしたね

タケコプター じゃなかった、竹トンボみたいな姿が特徴ですが、
まさに竹トンボを飛ばしたように くるくるくるる~~ と、
スクリューしながら飛びだって行きます。
(落ちていくというのが正解でしょうか)

綿毛ではありませんのでそう遠くへ飛ばないと思いますが、
背の高いモミジから飛びたって、くるくるしながら舞いおりていく姿は
妙な愛らしさが感じられますよ。

これからの時期、そんなタイミングに出逢えますので
☆のエリアやトンボの湯のもみじにも会いに来てくださいな。



人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

さくらい・かるいざわ

Author:さくらい・かるいざわ

ようこそ 『軽井沢に暮らす~遊楽山荘~』へ。
ここでは、軽井沢の別荘で暮らしてきた自分の体験から 遊びや楽しみ方美しさ素晴らしさを感じられる 「きっかけ」になれればと、 また離れた地からも身近に感じてもらえるよう 軽井沢のふつうの日常姿を気負わず緩めな発信で続けていきます。

仕事を通じて知り合った方々との、その後の繋がりを大切にしたい。 別荘ライフ軽井沢暮らしを始められた方々との交流の場にしたいと始めたものですから、気軽に相談やコメント頂けると嬉しいです。

それではどうぞ、宜しくお願い致します。

あ、過去の記事にも対応しますので気軽にコメント下さいね!さくらいが喜びます。

写真はサムネイルで見づらいのでクリックくださいませ 少しおおきくなります。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ゴルフ掲示板
リンク
Twitter on FC2
QRコード
QRコード