軽井沢酒場放浪記 【 かしばみ 】


ワイン・ビア・お酒イベントカテゴリでよいのか迷いましたが、
まあいいや。

一時期、 吉田類の酒場放浪記   が妙に好きでした。

かっこいいお店じゃなく、居酒屋じゃなく、「酒場」。
なんとも心地よい響き、酒好きが集まる酒好きのための憩いの場な
雰囲気が、華やかなお店が多い軽井沢にいると妙に恋しく感じたの
でしょうか、ヘンな憧れ心が芽生えていました。

このぶ、ブログ(と呼ぶに今だ抵抗あり)を意識する前に、
借宿の「万咲(まんさく)」と、
追分の「追分食堂」に行ったことがあり、
その雰囲気が 酒場だな〜 と妙にうれしく感じていたのです。
その頃から意識していたのが、 先ほど紹介の玉川食堂の隣にある

【 かしばみ 】 でありました。


NCM_2194.jpg
 
HPもちゃんとあります。「かしばみ」 

建物は昭和40年代後半といったレトロな感じです。
創業は1984年、HPは創業20年となってますが、29年も地元で愛され
続いているお店なのですね。
ここも(たましょく)同様、☆のスタッフでファンが多く、よく噂では
聞いていたのですが、一見さんには何となく敷居の高さを勝手に感じて
しまっていて、8年越しでの初潜入となりました。

NCM_2195.jpg

わあ、酒場だ!
常連さんらしき方々が 既にカウンターに座っています。
ここに来れば飲み仲間がいる といった馴染んだ雰囲気です。
吉田類がいても違和感ありません。隣の座敷席に座りながら、
悟られぬよう店内を見渡し雰囲気を味わいます。
壁にカブトガニの剥製が・・壁のすすけ具合も味わいあって素敵。

NCM_2198.jpg

ああ、酒場だ。
メニューが妙に安いです。 300円 400円 500円のものが多い。
やきとりも100円 豚バラ串も手羽先も、100円。
懐への優しさも、長く愛される理由でしょう。
一気に軽井沢にいることを忘れ、当てもない旅先で出逢った憩いの酒場、
なんて雰囲気で同業の友人とゆっくりと飲み始めました。
呑み、の字が似合いますね 呑みにしよう。

NCM_2197.jpg


NCM_2199.jpg

NCM_2202.jpg

肉厚で脂も良い感じに乗った焼きシャケも400円。旨いなあ
雰囲気から、寒竹の熱燗に変えて2回戦気分。

NCM_2205.jpg

NCM_2208.jpg

それぞれに、結構なボリュームがあります。
焼きそばなんて、昼食に食べたい良い感じの量と味でしたよ。

昭和レトロな空間は、時が緩やかに流れていました。
深呼吸くらいがちょうど良いくらい、妙に落ち着いた空間で、
ゆっくりチビチビと、仕事の話や他愛もない話をしながら
うまい酒と肴を楽しんできました。

軽井沢にはレベルの高いお店もいっぱいです。
ちょっと良いお店に疲れたかな、自宅でのんびり気分で、
あまりお金かけずちょびっと旨いものつまみたいな。
なんて気分のときには、けっこうお勧めのお店です。
こういうお店に馴染めると、嗚呼軽井沢人になれたな、って
地域に密着できた感情が芽生えてくるかもですよ。
一度、ご利用くださいな



人気ブログランキングへ
「万咲」「追分食堂」「あすなろ」もどこかで紹介したいです。
ほか、酒場っぽいお店ありますか?

お勧めの居酒屋も別で紹介していきます。「伍合」未紹介でした。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

さくらい・かるいざわ

Author:さくらい・かるいざわ

ようこそ 『軽井沢に暮らす~遊楽山荘~』へ。
ここでは、軽井沢の別荘で暮らしてきた自分の体験から 遊びや楽しみ方美しさ素晴らしさを感じられる 「きっかけ」になれればと、 また離れた地からも身近に感じてもらえるよう 軽井沢のふつうの日常姿を気負わず緩めな発信で続けていきます。

仕事を通じて知り合った方々との、その後の繋がりを大切にしたい。 別荘ライフ軽井沢暮らしを始められた方々との交流の場にしたいと始めたものですから、気軽に相談やコメント頂けると嬉しいです。

それではどうぞ、宜しくお願い致します。

あ、過去の記事にも対応しますので気軽にコメント下さいね!さくらいが喜びます。

写真はサムネイルで見づらいのでクリックくださいませ 少しおおきくなります。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ゴルフ掲示板
リンク
Twitter on FC2
QRコード
QRコード