FC2ブログ

aさんへ



DSCN7876.jpg


aさん

こんにちは。 いらしてますか?
先週末は小春日和に感じるほど暖かに気温があがりましたが
この3連休の週末は、気温はまたマイナス2ケタまで下がりましたね。
先週の気候が珍しかったくらいで、また通常に戻った感じです。

クリスマス前の冬至を超えて、徐々に日が延びてきた1月。
2月の節分あたりが厳寒期なんですが、それを超えると寒さも緩やいで
感じてきます。 
気温は1月と一緒なんですけどね、 寒さに慣れてきた頃なのと、
晴天と太陽の陽射しが心地よくって、真冬日だというのに嫌な寒さは
あまり感じないんです。

薪ストーブの薪の使用量も掴めてきて、「ああー春までなんとか持つな」
とか「床暖やヒーター類は止めて薪の熱だけで過ごしてみよう」とか、
長い冬の出口が見えてくる安堵感でしょうか、
気持ちの良い春へのワクワク感でしょうか、
すごく気持ちが上向く時期でもあるんですよ。

そして、この軽井沢で冬を越して迎える春のカッコ良さったら!!


・・
昨年は芽吹きの頃からご一緒しましたね。
GW前にいらして下さったとき、今年はなんだか違うなあと感じました。
今思えば、ですけど、既に居たのですね。
無意識に、良い計画を残さなきゃ、って、何か迫ったものを感じまして、
むむむーーとアドリブでひねり出せた未公開の情報が、
「見晴らし台」 になりました。
すごく気に入ってくれたのは嬉しかったんですけど、内心ドキドキでしたよ。
売主さん管理者さんの面接もありましたものね、今でもdさんと会うたびに
あのときのaさんの緊張な姿が思い浮かび、笑い話になりますよ。

本当に、素敵な縁になりましたね。
aさんとご家族のお人柄ですよ。
そこに関われてすごくさくらいも幸せでした。

たらのめ0512

芽吹きの春から軽井沢の味覚も風景も楽しんで頂けて、
本当に縁のある出会いだったと、運命を感じました。
写真もありがとうございます。笑顔と美味しさが伝わるようで嬉しかったー


201206191751106fa[1]

神さまの訪問も早かったですね!
ボクらだって、こんなに近くで見かけることはそうそう無いですよ。
しかも敷地に訪れてくれるなんて・・
受け入れられているなー歓迎されているなーーって、また嬉しかったです。


まだ家も建ってないのに(土地引渡しも終わってなかったのに・笑)
毎週末のように軽井沢にいらしていましたね。
3時間のドライブ、仕事もお忙しかったでしょうに良くだなーと
本当に好きなんだなーと いつも嬉しかったです。
そんなaさん一家をみて、dさんも粋な計らいをしてくださいました。
仮住まいでのお写真があまりに軽井沢の空気と自然に馴染んでいて、
ずーっといる、ずーっといた家族に見えました。素敵でしたよ。

よく連絡もくださいましたね。
ボクの余り使わないcメールには、aさんとのやりとりがいっぱいです。
日常のお立場からすればとても気を遣ってしまうところなのですが、
そうさせないふつーに付き合える空気で迎えてくれました。
出張の時も、「コーヒー飲みにおいでよ」って、結構驚いたんですけど、
素直に行きたいなーって思えて お邪魔しましたね。
他愛もない話をして、そこに自分がいる状況が、昔の自分が見たらどう
思うかなー 少しは立派になれたかな?なんて不思議に・嬉しく感じて
いたんですよ。 大げさでなくてほんとですよ。


結構早い段階で、aさん一家がすごく好きになっていました。
親族みたいな感覚で、軽井沢で待っていました。


夏に体調のことを伺ったとき、驚きました。
でも、これだけ軽井沢に縁のある方だもん、大丈夫だと思いました。
「やー危なかったよー さくらいさんがあのときココ紹介してくれなかったら
 気づかずに仕事中ポックリいってたかもしれないよー 」

なんて笑いながら、一緒に楽しく飲んでる姿だけ思い描きながら、
現地からの写真を毎回送っていたんですよ。
写真で満足しちゃうと心配だから、ここのブログのと一緒で構えずシャシャッと
撮影した日常の風景として、もうちょっとなものをお送りしていました。
「軽井沢いい季節だろうなー・・行かなきゃ!」って、思ってほしかったんです。
ボクもaさんと一緒に、四季の移ろいを楽しみました。
ここまで自然を追えたのは初めてのことで、よいきっかけをいただきましたよ。


気を遣ってくださったのですね。
進行に気がつかなくて、普段通りなままのメールと写真でごめんなさい。
悲報を聞いたとき、ぜんぜん入ってきませんでした。
理解はできて、現実もうっすら見えてきていたのですが、
なんていうのかな、なんでしょう、寂しいとか悲しいとか残念とか、
そういう感情が湧いてこなかったんです。
aさんのことを思い浮かべるとすぐに、屈託のない大きな笑顔が出迎えます。
すごく前向きで気持ちがよいaさんでしたから、
「なーにさくらいさんそんな顔して 見えないだけで今まで通り頼むよー
 BBQの焼き係もお願いね dさんとともにkとmのことも頼むよっ」

なんて、悲しませない空気のままお願いされた気がしましたよ。

あそこで軽井沢との縁がなかったら、
毎週3時間のドライブの疲労で背骨の検査をしなかったら、
違う人生だったかもって、いつも改めて振り返ります。
あそこで出逢えたから、見つかったタイミングも、乗り越えたい気持ちも、
家族で向かう心の拠り処も、これからのご計画も、最後まできっと、、。
責任を、なんて言葉は浮かびも使いもしないですよ。
とっくに身内のような感じですもの、今までと同じで、これからのことも
先に町にいるボクのほうでできることがあれば遠慮なく。
一緒に楽しみながらと思っていますから、安心してくださいね。


DSCN7716_20130210120603.jpg

そちらに上られて、ひと月が過ぎましたね。

今までよりも近くなって、上とご自宅とこちらを行き来しながら
「おおーこれこれ、この風景だよ〜」とにこやかに眺めている笑顔が
見えた気がしましたよ。 特に、式までの間は 来ていましたよね。

ああ、見えないんだけどいつもいるなー 一緒にこれからの計画も進めて
支えてくれるんだなって、本当にそう感じています。
完成しましたら席をあけておきますので 一緒に楽しみましょうね。
それまで、そちらからもご家族の計画をそっと支えてあげてくださいね。


DSCN7880.jpg

式に伺えてよかったです。
大切なお友達たちと一緒の会食席にしてもらい、色々とお聞きできて
また親近感が湧きました。
皆さんきっと、軽井沢にたくさん遊びにきてくれそうですね。


いろいろと整理や準備が山積みだとおもいます。
軽井沢は都心部よりも、春がひと月遅いです。
時計の進み方もゆっくりですから、
余りせかさずに、計画を支えていってくださいね。
設計士さんや施工監督さんへの下準備はばっちりですから、
必要なタイミングで、どうぞそっと、お知らせください。

また、見晴し台でお会いしましょう。


さくらい



人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

さくらい・かるいざわ

Author:さくらい・かるいざわ

ようこそ 『軽井沢に暮らす~遊楽山荘~』へ。
ココは軽井沢の別荘で暮らしてきた自分の体験から 遊びや楽しみと町の今を知る 「きっかけ」 位になれればと、緩く発信を続けています。
離れた地からも今の軽井沢を身近に感じてもらえるよう、風景や普通の日常姿を届けていきます。

お客さんだった方々との、しごとの先の軽井沢友人知人としての付き合い用に始めたのがきっかです。さらっと読み流せる位のものを。
備忘録も兼ねているので緩いものが多いですがご容赦下さいね。

ちょっと遊びの楽しみが足りないなー時間つくらなきゃ。。
サードプレイスになろうかな。

それではどうぞ、宜しくお願いします。

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ゴルフ掲示板
リンク
Twitter on FC2
QRコード
QRコード