『軽井沢ツキノワグマ日記』

どうもこんばんは。
昨日の新聞などで、軽井沢でのくまのニュースを目にした方も多いと思います。

皆さんの くまの印象は如何でしょう。 ヒグマの印象が強いと思いますが、
軽井沢に生息する 「ツキノワグマ」 についてはどのくらいご存知でしょうか。
私も、以前はヒグマやグリズリーのイメージが強くて大きく獰猛な同種と勘違い
をしていました。 それは 恥ずかしい間違いでした。
幸いなことに、社内に くまのスペシャリストが揃う環境におります関係で、
早い時期にツキノワグマという動物について深く知ることができました。

最初に驚いたのが、「サイズ」です。
大人のくまでも、体調が100~140センチ程度、体重も60~80キロ程度が
多いそうで、先日雲場池界隈に出没したくまも133センチでした。
小さいですよね 大型犬サイズなんですよ。
 
なにをたべますか?
植物を中心とした雑食性です。生きた生物を狩りをして食べることはありません。
春には芽吹きの木の芽、6月頃はアリや蜂蜜を、夏はサクランボやクワの実、
イチゴ類などを実りに合わせて食べ、秋は山の果実やどんぐり、ブナや栗などを
冬眠に備えて大量に食べます。

せいかくは?
温厚かつとても臆病。人を避けているので、ほとんど人目に触れることはありま
せん。人間がくまを怖がる以上に、くまだって人が怖いのです。
おそうの? 殆どの攻撃行動は、クマが自分の身を守るためのものですから
短時間で終わります。仕留めるためではなく、その場から逃げるための威嚇の
意味が強いんじゃないかな?


そんな温厚なくまがどうして町へ?
それは、まだまだぼくの言葉で説明するには足りません。
野生生物保護管理事業を行っているNPO法人ピッキオのホームページや、
下に紹介するページから、知っていただきたいと思います。


「わたしたちの心がけひとつで、くまの問題は解決します。」

開発が、、などと安易に結びつけるのは良くないと思います。
ですが、人が排出したゴミによってくまが下りてきたのも事実です。
今、そしてこれからの心がけで環境を変えていくことはできるのですから
くまのこと ピッキオの活動などに興味を持ってもらえると幸いです。

ぼくもまだまだ認識不足ですが、軽井沢に暮らし、人と軽井沢を結ぶ仕事に
就いている身としてあらためて「くまと人との平和共存」について知識を得、
協力していきたいと思います。


20081119175737.jpg
《写真提供ピッキオ》 ベアドックのブレット。逞しくなったなー


『軽井沢ツキノワグマ日記』
 http://npopicchio.blog95.fc2.com/
ピッキオ保全事業スタッフの日々の活動やくま情報です。

『ツキノワグマと共に暮らすための安全ガイド』
http://npo.picchio.jp/management/kumaguide/tukinowaguma.pdf
プリントお勧めします。

軽井沢のクマ状況
http://npo.picchio.jp/management/06.html

NPO法人ピッキオ http://npo.picchio.jp/


軽井沢町HP 野生生物ページ
http://www.town.karuizawa.nagano.jp/ctg/C85/85.html

CA390861-0001.jpg CA390862-0001.jpg

ピッキオビジターセンター内にて くまの実物サイズやくまのことを身近で
知ることができます。スタッフにも気軽に声をかけて話を伺ってみてくださいね。


人気ブログランキングへ
過剰にくまのこと 怖がらないでね
スポンサーサイト

theme : 軽井沢の四季便り
genre : 地域情報

comment

管理者にだけメッセージを送る

11/30日の

くまのこと 更新されています
ぜひ状況をご確認くださいませ。

http://npopicchio.blog95.fc2.com/

お!おおえさん

ピッキオの保全事業スタッフの紅一点、大江さんじゃないですか!
(宣伝しちゃお http://picchio.co.jp/sp/2007/05/post_56.html) 
書き込みありがとうございました。

いえいえ、同じフィールドにいながら ぼくらもまだまだ認識が浅いです。
知りながらそれを、これから軽井沢を求める方々に正しく伝えて行って
協力して頂けるような説明が出来るようになりたいと思います。

軽井沢の不動産業界にとっても、ピッキオさんの保全事業活動には
とても救われています。  誤ったイメージが先行していた時期もあった
ようですが、ベアドックとともに毎日調査活動行っていることが顧客に
伝わり、みな安心して別荘を求め使って下さるようになったという話も
聞きます。ありがたいことですよ

これからも、おさるさんやくまのことも扱っていきますので、
助言下さいね。我々でお手伝い協力できることがありましたら
力になりますので気軽にお誘いください。

ピッキオさんのブログも楽しみにしています^^
ではでは~




こんにちは。

さくらいさん こんにちは。
ピッキオのおおえです。

正確にツキノワグマの紹介をしてくださって、ありがとうございます。
本当は私たちがしっかり伝えていかなければならないことなのですが・・・。追いついていなくてごめんなさい。
なので、こうやって紹介していただけるのは、本当にありがたいです。

現在、なぜ11月という季節に、あの場所に、あの時間に!
クマが出没する、という事態になったのか、調査を進めています。

実はツキノワグマの生態については、学術的にもまだわかっていないことも多く、一朝一夕に原因究明できるとは限りません。

それでも二度と事故が起きないように、対策を進めたいと思います。

でも、実際に対策を実行するときには、ピッキオだけでは出来ないことが多いです。
たとえばゴミの管理などは、住んでいる方、遊びにいらっしゃる方、すべての方に協力していただけなければ、どうにもなりません・・・。

ぜひ皆様のご協力をいただけると助かります!
よろしくお願いいたします!!

ちなみに、「ゴミの管理って具体的にどうしたらいいの?」など、ご質問がありましたら、ピッキオまでお気軽にお問い合わせください。(ゴミは夜間は屋内に保管。が最良です。)
直接お伺いしてアドバイスもさせていただきます。

自然豊かな軽井沢で、人も野生動物も植物も幸せに暮らすために・・・

これからもどうぞよろしくお願いします。




くま

セロさんコメントありがとうございます。
くまだけではなく、国設野鳥の森第一号があることや、豊かな自然のあるこの軽井沢町のことをもっと知ってもらえるとうれしいです。
森のことを語る上でピッキオさんの存在は大きいですから、
ブログやHPの更新を興味深く楽しみにしています。

とてもわかりやすかったです。

拙ブログでも機会あるごとにクマについての考察を進めており、今回の事件もまた掘り下げていくつもりでいます。取り立ててクマだけの保護を進めているわけではなく、対象は広く自然環境と健全な生態系の維持に向いていますが、クマは人間と並び日本の生態系の頂点に君臨する大型獣です。それだけにクマが生きていける環境かどうかは、生態系が正常に作用しているかどうかを問うリトマス試験紙的な役割を果たしています。それでクマを重視するわけです。

さくらいさんのおっしゃる通り、いたずらに恐れることなく正しい認識を持って、なるべく遭遇することのないようにするために発信し続けていきたいと思っています。

参考 クマは警告する 宮沢正義/著
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/30523695

学問のみのお偉い先生ではなく、実際にクマと共存してきた生粋のお百姓さんが書いているだけにすごく説得力があり、実践的です。深く人間の在り方を考えさせられます。
プロフィール

さくらい・かるいざわ

Author:さくらい・かるいざわ

ようこそ 『軽井沢に暮らす~遊楽山荘~』へ。
ここでは、軽井沢の別荘で暮らしてきた自分の体験から 遊びや楽しみ方美しさ素晴らしさを感じられる 「きっかけ」になれればと、 また離れた地からも身近に感じてもらえるよう 軽井沢のふつうの日常姿を気負わず緩めな発信で続けていきます。

仕事を通じて知り合った方々との、その後の繋がりを大切にしたい。 別荘ライフ軽井沢暮らしを始められた方々との交流の場にしたいと始めたものですから、気軽に相談やコメント頂けると嬉しいです。

それではどうぞ、宜しくお願い致します。

あ、過去の記事にも対応しますので気軽にコメント下さいね!さくらいが喜びます。

写真はサムネイルで見づらいのでクリックくださいませ 少しおおきくなります。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ゴルフ掲示板
リンク
Twitter on FC2
QRコード
QRコード