シェラカップのススメ




091025_2122~0001

温泉とともに、薪ストーブの有り難い季節が到来です。

西部邸ストーブ 薪ストーブ料理。
写真のものは、今期導入した「ステンレスダッチオーブン」。
新しい同僚宅のストーブにも合いますねぇ。

昨年から「コンボクッカー」を使ったダッチオーブンを楽しんでいます。
器用なようでまったくの料理ベタなのですが、薪ストーブを使った
ダッチオーブン料理やアウトドア料理は楽しくって、冬期の山荘泊では
ほぼ9割、こんな感じのダッチオーブン鍋料理で過ごしています。

冬は鍋に限る! 鍋風のものしか作れないのもありますが・・
ストーブ兼 調理器具でもありますから、台所やガス台は最低限しか
使わない暮らしになります。 エコですね


個人的に、薪ストーブ暮らしの必須アイテムがありまして、
それを今回ご紹介してみます。


《シェラカップ》

シェラカップ

「シェラカップ」とは、
アメリカ最古の環境保護団体である『シェラクラブ』が、会員用に配った
ものが始まりと言われています。
その後、基金集めのために販売され、今での売りあげの一部は基金と
なっているようです。

今では各メーカーから互換製品が多く出ていますが、この形態の
カップを総じてシェラカップと呼ばせてもらっています。
オリジナルのシェラクラブ製のものにも惹かれますが、
いくつか試しましたが、個人的に一番好みにマッチしたのがコチラ↓


『スノーピークのチタンシェラカップ』
http://www.snowpeak.co.jp/catalog/products/detail/386

チタン製がよい
耐久性と耐熱性に優れた素材で、鉄やステンレス合金などと比べも軽量。
金属アレルギーがなく、金属臭のないものが主流になりつつありますね。

熱効率はよいが熱伝達が不均一とも言われていますが、
使ってて一番感心したのはアルミやステンレス製のもにはカップに熱が
伝わると、触れる唇がジュッと焼ける程熱いままなのに対して、
チタン製は1,2度軽くフーフーすると問題なく飲めるのです。
唇の触れ具合なども他の素材に比べて優しい感じがします。


もうひとつお勧めな理由が『用途のひろさ』にあります

・形状からも「カップ」に。
 ココに注ぐ珈琲をアウトドアで頂くと格別です。抹茶ラテも好き。
・お椀、皿、ボール的用途。
 非常に持ち易くバランスの良い形状の取っ手。取り皿にもなります。
・小鍋。
 そのままBBQグリルに載せて、煮込みの小鍋として使えます。
・飯ごう。
 1合のごはんが美味しく炊けます。(まだ試していないけど)
・フライパン。
 目玉焼きにちょうどいい!ソロツーリングではこれで野菜炒めなんかも
 作ったりしてました。ハムやソーセージ焼いたりも一人用なら事足ります。
・軽量カップ。
 中にメモリがあります。我が家は計量カップがないので、ピザ生地を
 作る時はシェラカップを頼ります。
・まな板
 ひっくり返して裏底面で野菜を切るキャンパーは多いです。
 ひっくりかえしてフライパンにして炒めます。茹でます。煮ます。
・洗面ボール
 ツーリング中は1回分の洗顔にちょうど良かった。バーナーですぐに
 お湯になるのも温かさがありがたかった。
・柄杓
 ひしゃくとして、水をすくって撒きます。登山で湧き水をすくって飲むに
 は最高です。キーンとした冷たさもカップに伝わり、旨い水が飲めます。
・熊鈴
 登山中にザックに吊るしておくと、カラカラと音がしてくま鈴になります。

・金魚すくい。
 永遠にすくい続けられます。

ええと、まだまだ羅列できるほどに用途が多いのですが、
1つのカップでこれだけ使えるんですから万能ですよね
特に野に出る際には「アウトドア~」であることを深く感じられる
ことのできるアイテムでしょう。

トレッキングのザック(バック)に吊るして登る姿も似合いますので
登山の際には同行させてあげてください。


img1f5dbacfzik9zj.jpeg 旨そうじゃない写真だけど・・
我が家では、「鍋椀」として、そしてもういっこを「自在熱燗」用として
ストーブ上で使っています。
日本酒を注ぎ足すだけで好みの燗に。絶妙の燗に出逢った時の喜びを、
体感いただきたいなあ。

勿論、ホットワインや ホットウイスキーなんかも全般にOKです。

なかなかないと思いますが、
こんな環境でいただく薪ストーブ鍋とシェラカップ酒
冬の楽しみの一つであります。

土間暮らし 土間花火



人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ
たまーにくりっく↑
スポンサーサイト

theme : 軽井沢の四季便り
genre : 地域情報

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

さくらい・かるいざわ

Author:さくらい・かるいざわ

ようこそ 『軽井沢に暮らす~遊楽山荘~』へ。
ここでは、軽井沢の別荘で暮らしてきた自分の体験から 遊びや楽しみ方美しさ素晴らしさを感じられる 「きっかけ」になれればと、 また離れた地からも身近に感じてもらえるよう 軽井沢のふつうの日常姿を気負わず緩めな発信で続けていきます。

仕事を通じて知り合った方々との、その後の繋がりを大切にしたい。 別荘ライフ軽井沢暮らしを始められた方々との交流の場にしたいと始めたものですから、気軽に相談やコメント頂けると嬉しいです。

それではどうぞ、宜しくお願い致します。

あ、過去の記事にも対応しますので気軽にコメント下さいね!さくらいが喜びます。

写真はサムネイルで見づらいのでクリックくださいませ 少しおおきくなります。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ゴルフ掲示板
リンク
Twitter on FC2
QRコード
QRコード