FC2ブログ

'09年 軽井沢花歴 ホタルブクロと 蛍の里

お昼休みにこんにちは。
今日は暑いですね 30℃には届きませんが、標高1000mと天に近い
軽井沢は、涼しい反面少々日中日差しが強くもあります。
日が傾いてくるとスー・・ッと温度が引いて行くので、寝苦しい夜なんて
まずありません。 エアコンの要らない町であります。


では早速。

◆ノバラ (バラ科) 撮影6/17

090617ノバラ

090617ノバラ2

◇花言葉 「詩情」「才能」「天才」「痛手からの回復」

「ノバラ」、いわゆるバラの原種の一つだそうです。
花には全く面影がありませんね。普通に勝手にニョキニョキと自生
してきますので、どこでもみることができます。

トゲ、凄いです。その特性を生かして、柵の代わりに植栽されている
ケースも多いようですね。


◆ウツボグサ (シソ科) 撮影6/18

090618ウツボグサ2

090618ウツボグサ4

この撮影の頃は、花穂の下のほうに花がついていますが、
だんだんと上に上がってくるそうです。
「ウツボ」とは、靫(ウツボ)という弓矢を入れる道具に花穂が似ている
ところから、そう呼ばれるそうですよ。


◆ヤマボウシ (ミズキ科) 撮影6/19

090619ヤマボウシ2


090620ヤマボウシ1

090620ヤマボウシ3

◇花言葉 「友情」

昔からボクは「手裏剣花」と勝手に呼んでいました。
樹木のなかでは最後のほうに遅く咲く花で、写真のように独特な姿を
していますから、開花するとすぐに分かりますね。
本当は、真ん中にあるポチポチのひとつづつが花なのだそうです!

以前、ミズキの回でも触れて頂きましたが、
このヤマボウシとハナミズキは仲間です。
「ヤマボウシ」は在来種ですが、なんと「ハナミズキ」は、
その昔日本がアメリカにサクラを送った返礼として日本に
渡って来た種のようです。 ああ、なんか聞いたことがあったような。
ハナミズキは別名「アメリカヤマボウシ」と言います。

ヤマボウシの実は食べることもできます。
昨年の秋には、エコちびキャンプでも「やまぼうしジャム」を作ってました。
真っ赤に熟されるんですよね。
木にあるものをそのままかじってみましたが・・ 
・・。 お試しください(笑)
秋の紅葉も楽しみな木であります。


◆シラカバ (カバノキ科)撮影6/22

090622シラカバ2

090622シラカバ3

「シラカバ」は長野県の木です。
別荘の庭先にもよく植樹されていますね。あまり太くなる木ではない
ことと、根が浅いようで、背の高くなった木は台風や大雨などで傾くこと
も多いので、建物から離れて景色として映る場所に植えるのがベストです。

何かと長野県や軽井沢と繋がりのある皇后美智子さまですが、
美智子さまの「お印(おしるし)」はこのシラカバだそうです。
また「白木華子(白樺子)」という名を使って、身分を隠したこともあった
ようで、相当シラカバがお好きのようですね。

シラカバの樹皮は白くて横縞ですが、もっと標高の高い所では、
姿がそっくりで樹皮が赤茶色の「ダケカンバ」という仲間がいます。
登山で見かけるカバ系は、このダケカンバが多いでしょう。


◆ユキノシタ (ユキノシタ科)撮影6/23

090623ユキノシタ2

090623ユキノシタ3

◇花言葉 「愛情」「好感」「切実な愛情」「軽口」「無駄」
 ずいぶん開きのある花言葉ですな・・

こちらは昨年の秋に星のや内に植えたものだそうで、
珍しい常緑(冬でも葉が緑)の草だそうです。

その名の由来は、「雪の下でも葉が緑」とか、
「花を降る雪に例えてその下に葉があるから」とか、
「花を雪の舌に見立てた」とか諸説あるそうです。

葉はてんぷらやおひたしにもするそうです。
また、やけどなどに効く民間薬としても用いられるそうですよ。
役立つ野草なのですね!


◆ホタルブクロ (キキョウ科) 撮影6/25

090625ホタルブクロ1

090625ホタルブクロ2

◇花言葉 「正義」「貞節」「愛らしさ」「忠実」

この「ホタルブクロ」、雑草並みの繁殖力ですのでどこにでもあると
言っていいと思います。しかもこの姿ですから、歓迎ですね。
村民食堂のアプローチにも咲いています。

名前の由来は、花に蛍を入れて遊んだことからとか、
昔は「提灯(ちょうちん)」のことを「火垂(ほたる)」と呼んでいて。
その姿から呼ばれたなどなどあるそうです。

これからのシーズンが見頃なホタルブクロですが、満開になると、
自分の花の重さに耐えられず、倒れてしまう所が残念です。
ちょっと面白い


さてさて、ホタルブクロが出たところで、
軽井沢の「蛍の名所」を紹介しなくてはなりません。

軽井沢 発地 ホタルの里 HP
http://www.dia.janis.or.jp/~hotaru/

hotaruh160620-.jpg

軽井沢の発地地区に広がる田園地帯に生息する、
ゲンジホタル(6月下旬あたり)とヘイケホタル(7月~)を見ることが
できる希少な場所であります。

ホタル最新情報 にて、ホタルの発生状況が確認出来ますので、情報を便りに
訪れてみては如何でしょうか。

昨年は、一昨年秋の大型台風の影響もあって発生数は少なかったのですが、
今年はどうでしょうか、ちょっと期待したいと思ってます。
一昨日はたくさん見れて幻想的だったなぁ・・・

このホタルも、気候天候によって毎年毎日発生状況が違いますし
シーズンもごく限られています。
大発生に出会えるかもご縁ですから、夏を迎えるこの梅雨時期の
お楽しみとして訪れてみてくださいね。

ではでは。



人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



theme : 軽井沢の四季便り
genre : 地域情報

comment

管理者にだけメッセージを送る

おお!ムササビ

kenjiさん

ムササビツアーありがとうございます!
スタッフも喜んでいると思います^^

蛍は今年はちょっと少なめな気配らしいですが、
気温や条件が揃えば暗闇を乱舞する蛍光がお楽しみ
頂けますよ。

夜なら暇になってきましたから、日時があえばガイド
(道案内くらいだけど)させてくださいね~

夜も楽しいことがいっぱいな町です。
春も夏も、秋冬も楽しい発見がある町ですよ!

ではでは。

今年こそ~

こんにちは~
今年こそ、蛍を観に行きたいものだと
ピッキオのツアーに申し込もうと思っていろいろ聞いたら
星野エリアからここまで来るんだそうな。
じゃあ蛍は自前で行くことにしよう、と思いなおし
代わりにムササビツアーに申し込みました。
軽井沢は夜も楽しいことがいっぱいですねえ。
プロフィール

さくらい・かるいざわ

Author:さくらい・かるいざわ

ようこそ 『軽井沢に暮らす~遊楽山荘~』へ。
ココは軽井沢の別荘で暮らしてきた自分の体験から 遊びや楽しみと町の今を知る 「きっかけ」 位になれればと、緩く発信を続けています。
離れた地からも今の軽井沢を身近に感じてもらえるよう、風景や普通の日常姿を届けていきます。

お客さんだった方々との、しごとの先の軽井沢友人知人としての付き合い用に始めたのがきっかです。さらっと読み流せる位のものを。
備忘録も兼ねているので緩いものが多いですがご容赦下さいね。

ちょっと遊びの楽しみが足りないなー時間つくらなきゃ。。
サードプレイスになろうかな。

それではどうぞ、宜しくお願いします。

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ゴルフ掲示板
リンク
Twitter on FC2
QRコード
QRコード