浅間山の深呼吸・微噴火

こんにちは 櫻井です。
浅間山噴火情報を知り心配されている方も多いかと思います。
軽井沢町役場の駐車場には各社の報道車がたくさん!大事かと錯覚してしまい
ましたが、11時頃には雲も晴れ快晴に。ただいま至って平和に昼休みを過ごして
おります。

各報道のとおりですが、状況をお伝えしておきます。(一部引用)
ーーー
気象庁は2日、群馬・長野県境の浅間山(2568メートル)で同日午前1時51分頃
に小規模な噴火が発生し、同8時ごろまで火山灰の噴出が続いたと発表した。
同庁の観測によると、噴煙は噴火まもなく約2000メートルの高さまで達し、
噴石が山頂から約1キロ離れた地点まで飛んでいるのを確認。2日朝の段階では、
噴煙が低くなるなど、活発な活動はみられていない。大規模な噴火が
今後起きる可能性は少なく、居住地域には危険は及ばないとみられている。

 噴火は、ごく小規模の噴火があった昨年8月以来。平成16年には9~11月に
かけて中規模の噴火が4回あり、降灰により周辺のキャベツなどの農作物に被害が
出たほか、噴石が最長2・7キロ飛んだのが確認されている。16年の噴火時には、
軽井沢測候所で約200パスカル(圧力の単位)を超える空振を観測したが、今回
の噴火では約7パスカルだった。
ーーー

090202asama3.jpg
090202asama2.jpg
おぉ、ゼブラ浅間。
少し南に煙が降り、そのまま東南側に流れたんですね。

午前中に各別荘地内も巡ってきましたが、国道18号線は問題なく、
草津嬬恋方面に抜ける国道146号線が、三井の森入り口手前あたりから
ごく薄らと降灰が確認されました。すこし埃っぽい感じ程度でした。

今回は小規模噴火と言うよりも微噴火。
活火山である浅間の 深呼吸といった感じでしょうか。
また、一度こうして軽い噴火をすると暫く落ち着きますから、
溜めないように定期的に出してくれたほうがなんだか安心できますね。


「子供の頃からよく噴火してたっけな パーンと空から音がすると
 浅間を見る習慣がついてるよ そのくらい頻繁に噴火していたから
 驚かないけど、最近は報道のされ方に驚くよ」

とは、佐久と臼田育ちの両親の言葉。
佐久育ちのぼくも、もうもうと高く上がる噴煙を日常的に見ていたので
「生きてる浅間なら当たり前じゃん」くらいの感覚でおります。

姿稜線の美しさのみならず、大自然の生命力を強く感じられる浅間山には
やはり特別な想いがあり大好きです。噴煙があがらない浅間山は、ただの
風景の一部として映ってしまうかな?きっと、物足りなさを感じてしまう
かもしれません。

とまあ、軽井沢の大自然とともに生きる浅間山ですから、
噴火を恐ろしいものと捉えないで受け入れて頂けると嬉しく思います。
また大きな動きがありましたら更新していきますね。


・軽井沢町HP 火山の状況に関する解説情報
 http://www.town.karuizawa.nagano.jp/
・浅間山ネット http://www.asamayama.net/
・浅間山・火山ハザードマップ
 http://www.ktr.mlit.go.jp/kyoku/region/ikiiki/gunma/asama_hazardmap.htm

090202-asama1.jpg

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ
浅間山も生きていると思うと 景色の見え方が変わってきませんか?
スポンサーサイト

theme : 軽井沢の四季便り
genre : 地域情報

comment

管理者にだけメッセージを送る

エネルギー

セロさんこんにちは。
こちらも同様に、随分と心配のお電話とメールをもらいましたよ。
物件下見の延期などなど、徐々に風評の影響が出てきそうでして
過剰な報道を見てしまうと致し方ないのかなぁ・・と
少し寂しくもあります。毎度の事ながら誇張されすぎなんですよね。

2004年の中規模噴火の時は、地元の人々は
「20年毎に起こす 浅間のくしゃみ」と表していました。
今回の規模は、やはり浅間の深呼吸と呼ばれていますが
私などは最初「鼻息」と表して微妙な反応をもらいました(笑)

生マグマを拝見しましたかー。
そうですよね、何の疑いもなく「生きてるなー」と感じられる
力強い大自然の光景からは、生命のエネルギーが充電される
思いがします。良い環境で働けていることにも感謝です。

力強い浅間の姿、改めてカッコいいですね!
http://mainichi.jp/select/wadai/graph/20090202/

No title

追加情報、ありがとうございます。住んでいる者にとっては毎日噴煙も見ているし、日常の一コマなんですが、やや過剰な報道のみを見ている親族関係からは多くの電話をもらいました(笑)。

「浅間山の深呼吸」、とっても詩的で美しい表現ですね。その通りだと思います。なんせ現役バリバリの活火山ですから、たまにはね。

マグマですが、ハワイ島で見ました。lavaというのですが、その溶岩が海に流れ込むところが見たくて1時間半ほど歩きましたが、上からは直射日光、下はまだ熱い溶岩のサンドイッチで断念。それでも岩陰の暗い所に流れ込んでいる溶岩が赤々としている姿はウォッチしてきました。あー生きてるなーと感じました。

降灰範囲が広かったですね。

仕事及び生活圏の中軽井沢・追分エリアでは殆ど影響なく穏やかに過ごしていましたが、東部小のある旧軽井沢方面や南軽井沢のプリンス通り方面にはこちらより降灰があったようですね。微噴火→小噴火に認識を引き上げておきます。

昔から、夜の暗闇に浮かぶマグマの噴火映像を生で見たい!という願望が強くありました。小規模とはいえそうそうあるものではありませんが、また起こるようだったら安全な場所から見物してみたいものです。
昔は星野温泉でも、噴火があると「たまやー」とスイカを振る舞って見物したそうですよ。

降灰エリア
http://www.jiji.com/jc/v?p=ve_soc_asama090202j-01-w250&rel=y&g=soc

ピッキオくまチームの記事 http://npopicchio.blog95.fc2.com/
冬眠中のくまの変化はなさそうです。
プロフィール

さくらい・かるいざわ

Author:さくらい・かるいざわ

ようこそ 『軽井沢に暮らす~遊楽山荘~』へ。
ここでは、軽井沢の別荘で暮らしてきた自分の体験から 遊びや楽しみ方美しさ素晴らしさを感じられる 「きっかけ」になれればと、 また離れた地からも身近に感じてもらえるよう 軽井沢のふつうの日常姿を気負わず緩めな発信で続けていきます。

仕事を通じて知り合った方々との、その後の繋がりを大切にしたい。 別荘ライフ軽井沢暮らしを始められた方々との交流の場にしたいと始めたものですから、気軽に相談やコメント頂けると嬉しいです。

それではどうぞ、宜しくお願い致します。

あ、過去の記事にも対応しますので気軽にコメント下さいね!さくらいが喜びます。

写真はサムネイルで見づらいのでクリックくださいませ 少しおおきくなります。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ゴルフ掲示板
リンク
Twitter on FC2
QRコード
QRコード