10.28 朝の紅葉


昨年夏に取引を終え、秋のリフォーム時に庭の伸びきった
カラマツ・アカマツを間伐した別荘があります。
10数年 日陰でくすぶっていたモミジたちが、
昨年やっとこ日の目を見て綺麗な紅葉姿で楽しませてくれた。
ちょっと、感動しました。

今年は10数年の反動か、春から横枝をぐんぐんと広げて伸ばし
間伐して透いた空間を見事に埋めていきました。
喜びすぎだよ! と、訪れる度に突っ込むほど成長していました。

そしてその紅葉。
台風の影響で先陣は落葉が進みましたが、
まだまだ美しい姿を披露してくれていましたのでちょびっとこちらに
貼らせてもらいますね。


DSCF2008_20131029185106a67.jpg


DSCF2010.jpg


DSCF2011.jpg

DSCF2013.jpg


DSCF2014.jpg

秋はこんな素敵な姿を愉しみ、
次の冬を 迎えていきます。

四季に合わせて暮らしていると、
1年なんてあっという間ですね。

毎年毎年、未だに発見や感動があります。
軽井沢、飽きないです。


今週末の3連休が、軽井沢の紅葉ビークとなりそうですね。
樹種や場所によってはまだまだ中旬まで楽しめそうですが、
タイミングがありましたら、紅葉の軽井沢を楽しみに
いらしてくださいね。

週間天気予報  お、週末まで大丈夫そう。

雲場池や町内の紅葉スポットまで全然で向けていませんが、
仕事のついでに寄れるところがあれば撮影してきますね。

ではでは




人気ブログランキングへ
落ち葉焚きの焼き芋も~
スポンサーサイト

10.27 朝ノフウケイ


懸念された台風が大きくそれてくれたお陰で、
今日はとても美しい紅葉風景に包まれています。

軽井沢リゾートマラソン(秋のハーフマラソン)も無事開催。
http://www.sanspo-jigyo.com/karuizawa2013/
(わ、猫ひろしも来てるんだ。)
皆さん絶好の紅葉ランを楽しまれていることでしょう。
例年、早めにゴールを済ませた方々から続々とトンボの湯に
集まられます。11時半頃から14時頃かな、少々星野エリアが
混雑となります。
軽井沢観光協会FBページ 

久々に爽やかな陽射しのあった今朝の界隈の雰囲気を。


NCM_4484_2013102710325578d.jpg

NCM_4486.jpg


NCM_4487.jpg
別荘Naviに続く散策路も良い感じです。


NCM_4496.jpg

NCM_4488.jpg
涼やかな日陰の水辺の紅葉はまだまだこれから。

NCM_4489.jpg


NCM_4490.jpg
くりっくですこしおおきく。

NCM_4491.jpg
秋の軽井沢マルシェ、今日までですよ。


NCM_4492.jpg

NCM_4493.jpg


自分に反省がありまして、
今年は序盤の天候不順から葉のくすみや焼が目立ち、紅葉は不作かなーと
思ってしまっておりました。
昨年は素晴らしかったし、本当に美しい姿も知ってしまっているから。
でも、それなんて見る側の都合でであって、130年の軽井沢避暑地の歴史
からみたら同じ姿なんで一度もなかったこと。毎年異なる気候自然環境の中で、
この週末をこんなにも素晴らしい風景で出迎えてくれている事を 
もっと素直に受けないとーと気持ちを改めてみた次第です。
一期一会な風景との出会いですものね。

茶道からしばらく離れているのもいけないなあ。
またここのオフィスで息抜きに練習始めよかな。

紅葉の軽井沢 お出かけくださいね


ーーー
もうちょっと。
1394207_504941652935558_2108700762_n.jpg

1184753_504941276268929_2077876684_n.jpg


1377069_504941599602230_1227475547_n.jpg

1385719_504941779602212_722863057_n.jpg
染まりかけの姿もいいなあ。
こういうリアルな姿も覗いてみて下さいね。



人気ブログランキングへ
今日はピッキオ下のオフィスでお留守番しています。
トンボの湯ついでにお立寄りくださいね。

軽井沢ぐるっとバル 今日明日ですよ。


guruttobar[1] くりっくでおおきく。


軽井沢ぐるっとバル 
http://gurutto-bar.com/
 

懸念された天候も、14時半の時点で晴れ間が随分と広がり、
軽井沢の紅葉を美しく照らし始めました。


26、27日。今週末ですよ。
18~23時でぐるっと町内無料循環バスで巡ってくださいな!

---

小雨交じりの、昨日のトンボ池のモミジです。
日に日に染まりが進んでいきます。

NCM_4468_20131026144610c9f.jpg

NCM_4470.jpg

NCM_4471.jpg

今日は14時半頃から時折陽が差して、透けた紅葉が見事ですよ。
明日は周辺の紅葉をすこし撮影しておこうかな。

軽井沢ハーフマラソンもありますね。
参加のみなさんも台風がそれて安心されたことでしょう。
気持ちの良い紅葉のランを楽しんでくださいね。
その後のトンボの湯も、格別ですよ



人気ブログランキングへ

薪の情報・1


薪ストーブが活躍する季節が近づいてきました。

今年は5月下旬に早々と梅雨入りした影響もあって、
薪準備が遅れたユーザーさんも多かったと思います。

ええ、おもいっきり、遅れました。

夏が過ぎ、秋から忙しくなるに沿って、ソワソワし始めます。
今から準備をしても乾燥期間が必要ですから、即戦力となる薪の
情報が必要ですね。

カインズやD2などでも薪販売が始まりましたが、例年このくらいの
お値段がしてしまいます。

NCM_4311.jpg

NCM_4312.jpg

ちょっとの利用なら良いですが、量がかさむと勿体無い。。
薪ストーブの使用量が多いお宅は、ある程度まとめて安価での買い方
をお勧めします。


今年の夏の終わりに、気になっていた薪を買ってみました。
18号バイパスの塩沢信号脇の、薪が山積みになっているあそこです。

長野サイコンさん。

早々と今年の薪販売は終了してしまいいました。。
次回は1月中旬頃少し販売できるそうです。
相場の参考に、通常の販売価格は

★軽トラ満載
・針葉樹のみ 8,000円 
・針葉樹、広葉樹の混載 10,000円(半々)
・広葉樹のみ 18000円
・針葉樹、ナラの混載 18,000円(半々)
・広葉樹、ナラの混載 24,000円(半々)
・ナラのみ 35,000円

★2トン車満載
・針葉樹のみ 20,000円
・針葉樹、広葉樹の混載 22000円(半々)
・広葉樹のみ 44,000円
・針葉樹、ナラの混載 38,000円(半々)
・広葉樹、ナラの混載 55,000円(半々)
・ナラのみ 75,000円

軽井沢町内でしたら送料無料ですので比較的良心的だと思います。
難点は、十分に乾いた薪でないことと、ガガガっと積み卸した状態での
引渡しとなりますので自身で積み直しや移動が必要なことです。
大体トラックでの購入はこのスタイルですね。

NCM_4455.jpg

針葉樹(カラマツ・アカマツ・モミ)8000円分。
軽トラック目一杯。大ぶりに割ってあります。町内在住の薪ストーブ
ユーザーなら、「 わざわざカラマツ買うの?」 と思われる方も多いかも
しれませんが、これだけの量をチェンソーで切って割って運んでを考えれば
時は金なりだなあと、子育て世代となると尚更感じるわけです。
今シーズン割ったものが殆どにつき、井桁状に積み直し日あたり良い場所
で乾燥をはじめて、来年の2~3月に一部使えてあとは来年用かなあ。
カラマツもよく乾けば燃えやすく火力も上がりますから、広葉樹やナラ等と
混ぜながら使えば効果的だと個人的には思っています。


あと、町内で配達してくれて安価なところは、
南軽井沢の某所の重機やさんが、結束線でくくった薪を軽トラで30束~
運んでくれます。 軽トラいっぱいだと60束まで運んでくれました。
元が伐採業なども行っているので現場で出たものを割って括って販売して
くれるのです。
薪屋さんに卸す先でもあるので余り大体的にご紹介できませんが、
昨年は同僚が軽トラ満載で60束の広葉樹薪を、18000円くらいで購入でき
ました。こちらも完全に乾いているのは多くはないので購入後に日あたりの
よい場所に置くか次のシーズン用に早めに仕入れておくかの使い方をお勧
めしますよ。
連絡先は、私の知り合いさんにはお知らせか手配をしますので連絡下さいな。


自身で安くてよい薪を佐久まで取りに行ける方にはこちらがお勧め。
先年度のチラシですが、値段で見れば破格です。

美笹薪
(お、縦に貼れないなんでだろう)

佐久・美笹高原という、追分駅から裏道で軽トラ45分位で行ける場所に、
大量の薪を販売しているところがあります。
オフシーズンの早めであればトラックでの宅配(別途配達料かかる)をして
くれるのですが、佐久の美笹から軽井沢というのは結構遠いのと、降雪が
始まるとあまり積極的な薪配達はしてくださらないですが、自身で取りに
行き選びながら必要量を安価に購入できるのはメリットですね。
軽井沢界隈でもこちらにお世話になる方も割といると聞いています。

以前もご紹介しましたが、 軽トラの貸出もしていますので 
社内友人や、お知り合いさんは必要な時に声かけてくださいね。
数日前にアポイントいただけると助かります。

薪運んだり、貯木場に取り入ったり、木々や苗を運ぶにも重宝しますが
買って保有するほど実際に使わないのがが軽トラックです。
セカンドカーで日常使いや通勤する方にはお勧めですけどね。

NCM_4454.jpg


昨年同様に、少しお手伝いしていることと、
ストーブ屋さんのほうで手配してくれる方法もありますので
それはまた次回、紹介しましょう。



人気ブログランキングへ
薪いっぱいあると、冬を迎えるのに心のゆとりが生まれます。
カッコイイ軽井沢の冬を暖かく迎えましょう。

10.22 ノフウケイ


携帯を随分と落としてしまい、カメラ機能が低下しています。
そろそろチェンジが必要なのですが、14年くらい続けて選んでいる
auのカシオ製携帯が、どうやら前回のGzOneタイプLをもって終了
してしまうようで、Lに機種変を迷っているうちに在庫切れとなって
しまいオロオロしています。中古でも良いからタイプLを探します。。

一瞬晴れ間が覗きましたが、霧に覆われた1日となりました。
雨に照らされ霧に包まれる軽井沢の紅葉は、
幻想的でなんともかっこ良いです。

そんな写真は撮りそびれましたが、雰囲気のおすそわけを。


NCM_4421_201310221621089f1.jpg

NCM_4422.jpg

NCM_4423.jpg

NCM_4424.jpg

この時間帯は太陽が射して、色素の抜けつつある黄緑が美しかった。
平日ながら多くの方が訪れていて、秋の風景を楽しまれていましたよ。

NCM_4425.jpg

NCM_4427.jpg


NCM_4426.jpg

ハルニレテラス内は、ヤマザクラやハルニレといった紅葉黄葉の早い
種類の樹種と、湯川と国道146号の風の通り道ということもあって、
紅葉の進み具合は例年早めです。

湯川にかかる木々たちも、ゆっくりと紅葉が始まりました。

NCM_4428.jpg

NCM_4429.jpg

トンボの湯。
露天風呂にも落葉が浮くようになりました。
オオモミジや全体の紅葉はまだまだこれからです。
明るい内から夜への変化を楽しめる、17時前後位からの入浴がお勧め。
しょっちゅう言葉にしていますが、夜の気温が下がってくるこの時期から
のトンボの湯の存在は、改めて本当に有り難く感じます。
家族で週5はお世話になっています。スタッフの皆さん有難う。

まだまだ11月上旬まで紅葉も楽しめそうです。
また、おすそわけを届けていきますね。



人気ブログランキングへ

福岡長崎、山陰を抜けて。。 03年バイク旅


風景が日々変化していく秋を届けようと思うと、
自分のどうでもよいことは後回しになってしまいます。
でも、10月の連休を過ぎるといつも思い出すのが旅中の北海道滞在。
ちょっと間は割愛しながら、一回追いついておきます。


前回まで。旅カテゴリ 

27日。
前日に引き続き、ひたすらに船の上。
海も穏やかでずーーーっと、水平線が広がっている。変わり映えない風景。旅仲間らしき人の気配が今回はなく、ひたすらに睡眠。。なんだか昔の夢を見たり、人生を振り返る暇移動時間となりました。なんかの予兆かな?
12:38分 博多港へ到着。

9-27-5.jpg
わ、街が違う、文化的というか密度が違い開けた地方都市感が漂う。名古屋に近い印象だ。 とんこつらーめん博多濃麻呂 が目に入り1発目の博多を食す。癖なく旨みありスープが美味しかった。博多ばい。 船から見えた福岡ドームのあたりをバイクを停めて散歩し、ダイエーどうなっちゃうを考えながら次の目的地もボーっと考えます。 長崎に行こう。

R202号の唐津街道を走っていると海沿いの道に出て玄界灘に出くわした。夕方出会えたら綺麗だったろうな・・唐津手前に虹の松原 という日本三大松原があるらしく寄る予定だったのだけどうっかり忘れて通過してしまう。。 道の駅伊万里 で焼き物いっぱいみて梨食べて(試食のみ)、有田に入る。この202号は焼き物街道でしょうか。はなわの佐賀県がブレイクしている頃でした。
佐世保市に入る。県道213号を使うとハウステンボスにつくらしく、高校の修学旅行の少ない記憶の上書きをしたくなって向かってみた。節約のため入らずに建物近くまでいってバイクとともに記念撮影。有料道路のパールラインを使って長崎市へ向かうことに。
18:45分 長崎駅到着。 目的は、ちゃんぽんと夜景です。 予備知識なく飛び込んだ1軒目は失敗だ。灰色スープでまずかった。。夜景で気を取り直そうと稲佐山へ向かう。ここは、神戸函館と並ぶ日本三大夜景のひとつなのでした。
長崎ロープウェーで頂上へ。 かっこいい夜景だ。(いつのまにか世界新三大夜景になったらしい) 確かに素晴らしく綺麗だったのだけど、夜景マニアな自分には思いのほか響かなかった心境を今でも覚えています。当時の気持ちの問題かな? もう一度訪れたい場所になりました。

9-27-9.jpg

9-27-11.jpg
下山しバイクで街をぐるぐるし、繁華街の思案橋へ。 おお、なんかちょっと、ピンクだ。 健全にラーメンともういっこをハシゴして雰囲気を楽しんで、今日の寝床を探す。 閉店後の店の外ベンチを見付けて野宿をするも蚊と格闘して2時間で撤退、、コンビニ巡りで体を温めて、暗いうちに平和記念公園へと移動して再度ベンチで寝直す野宿となりました。 ここも、超早朝散歩や動物に起こされて寝れなかったなあ。

28日。
仮眠程度ながら身体が少し休まって、こちらも修学旅行以来の長崎を、ちょっとぶらぶらと楽しみました。

9-28-1.jpg
9-28-2.jpg
公園からオランダ坂、グラバー園、大浦〜をバイクで巡る。ひっそりとひと気ないシャッターの閉じた商店街から漂う空気感、歴史ある街だと少し時間の遡った風景が脳裏に浮かんできます。いいなあ・・良い雰囲気。 空いていたので禁区域も少し静かにドライブできました。 次の眠気の波が押し寄せてきて、長崎港の待合室で3時間ほど仮眠。旅で気づいたけど港はよく眠れるスポットです。 繁華街の会楽園で改めてチャンポンを食べ満足して次の町を目指そう。
11:30長崎を出発。 R34号で無駄な干拓地・諫早湾沿いを走る。R207で鹿島、R444号でむつごろう広域農道という気持ちのよい一直線堂を走り、R442号の工事中な山間のくねくね道を飛ばし、今日の目的地 「黒川温泉」に15時頃到着した。

9-28-7黒川温泉
熊本阿蘇の黒川温泉。 ツーリングマップルでも勧められている情緒ある山間の温泉郷。25の旅館から成り立ち、入浴手形 1200円を購入すると3ヶ所自由にはしごできるお得な企画。 やまびこ旅館 の赴きあるおっきな露天で久々のんびりとした雰囲気で明るいうちから温泉を楽しみました。50円の温泉卵も旨かったなあ・・ 日が暮れてきてから次の温泉探し。あ、混浴だ。洞窟風呂だ。神明館へ。 下心は別としても纏う雰囲気やおもてなしの演出が心地よく、人気なのが頷けました。温泉郷に灯る行灯の明かりがまたよいのです。時が遡ったかのような、懐かしく心地よい風景。古い木造建築が幻想的に浮かんでいました。最高に、リラックスできました。
お財布的に、ここには泊まれないなあと悟り、今宵黒川温泉を出る事を決める。コンビニで軽食を済ませて移動。一度通過した道の駅小国 から呼ばれているような気がして戻り、茶屋のオープンテラスの椅子に横たわりシュラフに潜り込み就寝。 周りは霧めいていて魔界のようです。木々を抜ける風の音がリアル。そんな環境ながら温泉効果かリラックスして20時には寝付いていました。



29日。
夜中、寒くて目が覚める。奇麗な障害者用トイレに段ボールを敷き再び眠り、明るくなってきた6時台に眠い目をこすりながらエンジンに火を入れ動き出す。 R442号でやまなみハイウエーに入り、来る時と別ルートを駆けたくてR40号へ。曇った山間の道は体感温度がみるみる下がっていきます。寒い、寒い。偶然ルート上で 「筋湯温泉」を見つけ温もり欲しさに寄ってみるとー・・大正解! 黒川温泉とは趣がまた異なり、派手さは無いのですが心に響く感じの共同浴場がいくつかあり、それぞれが素晴らしいです。空間の真ん中に湯船のみの潔さの薬師の湯。もうもうと立ち上る湯気が、体内の気管支を潤し埃を押し流してくれる。神経も緩やかにリラックス。あ、豪快な打たせ湯だ。 シチュエーションが演出してくれたのもありますが、今思い出しても日本一周で出逢った温泉の中で三指に入るほど気に入った温泉となりました。嗚呼、気持ちよかったなあ。。貧乏ライダーに優しく、温泉浴に特化したシンプルな温泉、嗚呼、気持ちよかった。2回も書いちゃうほど、良い印象が残りました。 ゆっくーりと過ごし、9:20分出発。
静かな山間を駆ける。R40号から四季彩ロード、R387号とつなぎ、道の駅いんないに寄り、宇佐からR10号。道の駅豊前おこしかけを見学し、フェリー到着の福岡へ戻ってきたぞ。 そのまま下関へ抜けるも良いが、お世話になった九州をさらっと通過するのが忍びなくて、まだ明るいし小倉城へ寄ってみよう。 

9-29-1小倉城
市街を迷いつつ,15:30頃到着。 小倉城は、大河ドラマの武蔵にも縁のある城らしい。 演じた市川新之助に似ていると言われ、何か運命めいたもの勝手に感じながら城脇の公園を散歩した。ちっこく可愛い城だった。
移動をし、ツーリングマップルお勧めのめかり公園近くの ちゃんぽんを食べに向かうもタッチの差で閉店に。諦めきれずに界隈をうろうろすると、「おでん弁当」なるものを見つけて夕暮れの公園で関門海峡のうずまきを眺めながら九州を振りかえりつつほおばりました。温かかったなあ。
さあ、このあとどうしよう。下関のふぐには貧乏的では手が届かぬし、未練も膨らむから通過してしまおう。150円払い関門トンネル を抜け山口に入り、R34号を内陸に進む。夜の道は怖いので海沿いの平坦なR191号北浦街道を響灘沿いに走ります。美しい夕暮れの水平線が続きます。。浮かぶ島々、白波、足を止めて飽きるまで眺めていたいほど美しい・・地元の人は幸せだなあと羨ましく思いつつ、豊浦、豊北、長門を通過する頃には真っ暗に。ネグラを探すも明かりの大きな町はなさそう。一気に萩までいこう。 黒川温泉から萩だもの結構なロングランとなり疲れてしまった。
20:30分 萩市街へ。
既に寝静まっている夜の城下町をゆっくりとバイクで静かに巡る。昔の町並みが大切に保存され、住む皆さんが町を大切にしながら現代を生きている。かっこいい・・。 長距離ランで疲れが溜まり眠いのだけど寝床やお風呂が見つからない。閉まった商店街のアーケードのベンチで寝てしまおうと横になるも、またしても蚊の襲来にあい退散。先ほど目星をつけておいたショッピングセンターのコインランドリーに戻り、妙に温かく快適な待合場でそのまま横たわって就寝。。



30日。
早く目覚めるもひと気が無く安心して2度寝。太陽が昇った8時頃から久々の良い寝覚めで動き出す。ここでも太陽の光に有り難さを感じ感謝。気持ちを穏やかにしてもらいました。 さあ、萩といえば、松陰神社・松下村塾。 陽を浴びた古き良き町並みの散歩とともに、明治維新活動の地の碑、神社内松下村塾を見学する。妙に清々しく、何か迷いが抜けたような錯覚があったのを覚えています。
今日の目的地は広島に。 数日山奥で夜を迎えたので久々に文明と人に触れたい心境だった。R191号の海沿いを駆け益田を越え、美都温泉湯元館 へ立寄り冷えた身体を労りました。 ちなみにここに寄ったのは、この山陰地方?で販売されているのかな 「温泉博士」という温泉ガイド本に、大量に温泉クーポンがついていたから。当時390円のこの本を買うと、数千円分の温泉無料クーポンがついているという変態っぷり。1回で元がとれた有り難い本との出会いに感謝です。今でも、温泉博士1冊もって湯巡りツーリングに出たいなあと空想することがありますよ。
スッキリして三段峡,戸河内を通過。布というところからR38号にて広島市街を目指し、17時に広島駅前着。おー広島だ。まだほんのり明るいので、先ほどの無料クーポンにあった竹原のバンブー温泉(健康ランド) へ名前につられて行ってみる事に。 ディフォルメされた地図にだまされた、50kmも先じゃないか!随分進んでから気がついて、引き返そうか迷うも「戻る」という意識がもうこの旅の中ではなくって、近い尾道を目指してしまう。嗚呼,お好み焼きや活気ある町との触れ合いは先延ばし。。しかも尾道が結構遠くてマップルを見てもユースホステルが無い。町がなければネットカフェも無い。この日はどうしても布団で寝たかったのと、広島を通過してしまった引け目からか、遠回りをしたいと思い 瀬戸内のしまなみ海道のユースへ向かう事にした。いきあたりばったり旅の醍醐味だ。
ユースに電話すると受け付けてくれて、三原→瀬戸田のフェリーを教えてもらった。 20時の最終便に間に合った! 真っ暗の島を迷いながら走り、20:40分 瀬戸田しまなみユースホステル に滑り込みました。
古いな・・8帖間に1人っきり、でっかい紫のクモがいる、風呂もくもやムカデがいるぞーー おっかないけど島だから仕方ないと気持ち入れ替えてそのままの環境に浸る事に。順応性順応性、4日ぶりの布団で、爆睡zzz。。

10/1日。
朝食付き3150円のユース泊、元を取ろうと朝から久々に白米をおもいっきり詰め込んだ。節約旅生活の中ではこんなことでも幸せに感じる。食によって生かされているのだなあと改めて思う。荷物を詰め直して旅支度を済ませ、9:10分出発です。
昨日は暗く見えなかった島をぐるっと走り、バイク込み155円のフェリーで隣の因島へ渡る。瀬戸内海の島々を眺めながらのラン、爽快だ。 小さな島々にも学校があり暮らしがある。昔を思うと資材運搬とか本土に渡るのも大変だったろうにと振り返る。中略。 向島へ渡るのは高速のようなしまなみ街道を使い、尾道にはもういちど船で渡ろうとするも、いつのまにか西瀬戸尾道ICまで通過してしまった。。短い滞在ながらも 瀬戸内しまなみ街道 は旅の5指に入る爽快なツーリングルートに記憶されました。

10-1-8.jpg

尾道。大林監督の作品が多い映画の町。情緒ある港と坂のかっこいい町。商店街と映画撮影スポットを巡り、尾道ラーメンを食べ、海を眺めながら心地よいひとときを過ごして、次の町へ。 R2号を福山、笠岡と抜けて倉敷へ。福山に入って久々に旅ライダーと出会い旅情報を交換する。嬉しいなあ生きた情報。40キロ位並走して市街手前でホーンを鳴らし別れる。 美観地区の倉敷を少し走り、好みの町ながら今回は先へ進む事にして、15:30分岡山城へ到着。

10-2-1.jpg
戦争で焼かれ、1966年にコンクリート造で再建されたがちょっと作り物感があっていまいちだなあ。公園で食事をとり少し過ごし、「温泉博士」をもとに岡山の温泉を巡る事にする。 ベタな名前の 桃太郎温泉に到着。なんというか古い健康ランドを自力でいじった感のあるイマイチな所だったが、その後18時半から行われた観劇にちょっと感激してしまったよ。 旅一座のような舞踊ショー、家族や小さな団体で各地を巡っているのかここ専属かわからないけど艶っぽくうまくプロでした。報われてほしいと思ってしまった。 入浴とショーを見てクーポンでタダとはすごいな温泉博士。
次に田園風景の奥にぽつんとそびえ立つ 湯迫温泉白雲閣 に到着。かなり立派な温泉旅館だ。ちょっと昔にタイムスリップしたかのような雰囲気、温泉も空間も良いし、またもこんな感じの芝居と舞踊ショーが。 岡山の温泉では舞踊ショーはセットな文化なのだろうか。桃太郎温泉よりもプロな感じだった。ありがたいクーポンのただ湯を楽しみ、広間のソファーで寛いで、夜10時に岡山市街に戻った。ちょっとのぼせ気味だ。 宿となる所を探すも時間も遅かったしヘンな刺激が欲しくて、岡山駅ロータリー左手に並んだホテルの壁の、ちょうど陰になる平たい所に横たわり、そのまま寝てみました。タクシーとか見える位置。まだ人の動きがある。ボイラーの暖かい風が送られるのと緊張の中の妙な安心感に包まれて、予想外に快適に就寝。。

10/2日。
人に起こされる事も無く安心な快眠、こんな経験は中々できないだろうとニヤニヤして起きる。何かに守られていた気もした。
7:00出発。ややどんよりした空を気にしながらR53号を進む。津山を越えR181号に入り久米、久世で大山道(だいせんみち)の熊でそうな心細い山道を前進し、やっと湯原町へ入った。 目的地は、温泉番付の 西の露天横綱らしい湯原温泉だ。 混浴だから選んだんだ!(笑)それにしてもこんなにも立派な温泉が無料とは凄いなあ。平日の10時頃だったのでおじいちゃんおばあちゃん?がたくさんだ。エロでなく湯の下に平等、のんびりを共有できる混浴文化は素晴らしいじゃないか。心地よくのんびり過ごし、さて次はどこへ向かおうとマップルをみると鳥取県に触れずに通過してしまう所だった事に気がついて、温泉つながりで三朝温泉へ。 おお、HPの地図をみているとけっこう上に下に走り巡っていたのだなあ。。 河原の湯という 河原脇の無料温泉(混浴)に到着すると、橋からも丸見えじゃないか!ちょっと半笑いとなったが、人も少ないし知らない土地だからいいやと開放的になり堂々と入浴。じいさんと2人の河原湯入浴を楽しんで出発。
10-2-5.jpg

さあ移動だ。岡山県に戻りまたもクーポン利用できる 奥津温泉花美人の里 へ。デザインされた和の近代的な温泉施設、内湯も露天も敷地内もとにかく立派だ。390円で買った温泉博士のクーポンで、ただでこんな快適な入浴をしてよいのか心配になったくらいだ。貸し切りに近かったし。自分の中で岡山は客人をもてなす温泉県というイメージができちゃった。好きだなー岡山。
リラックスして過ごし15:00発。R179号をひたすら走り、R373号、R5号に乗って龍野経由R2に合流、夕暮れの姫路城には18:20分到着。さすがにもう暗い、ライトアップの国宝を遠くに眺めながら記念撮影。またくるよと誓い、行ける所まで進もうとバイクへまたがり、
夜景を眺めながら明石を通過し、数度バイクで走った馴染みのルートを兵庫・神戸・三ノ宮・灘・芦屋と通過し、甲子園を越えた辺りで猛烈に腹が減り、TVで見た事のあるびっくりラーメン一番(現在はなくなっちゃったフランチャイズ店)に飛び込んだ。 凄いぞ!本当にラーメンが180円で、300円のセットでごはんおかわり無料だった。ちょっと感動してしまい、グビグビと飲み込むように白米をかけこみスープで流すという、高度成長期の日本の風景(数日前に読んだ美味しんぼの影響大。)さながらに胃袋を満たしました。あの日の300円らーめんと白米は、旨かったなあ。。感動は記憶に深く残っています。
10:45分 梅田到着。久々に都会の夜だ。バイクを止めしばらく散歩するもちょっと落ち着かず、なんば道頓堀へと移動してネットカフェを見つけてぶらぶらした後就寝。 

3日。
気が張っていてか余り寝れずに7:30には出発。道頓堀に停めたバイクも無事だ、良かった。
今日はもう、ひたすらに帰る日だ。市街からR1号に出て京都を目指し、久御山で有料の京滋バイパスに乗り宇治、大津を越え名神高速へ出た。エンジンを労るためにこまめにSA・PAで小休止をとりながら進み、岐阜、名古屋を越え中央自動車道に。 


そのまま進み 恵那峡、中津川、飯田、駒ヶ根、そして15:40分伊那で降りる。 高遠を通過して、旅のスタートルートを懐かしく逆走に。茅野からR192、R152号の大門街道、17:05分白樺湖通過、この時が、、ガッチガチに寒くて温度も一桁息が白い。次に北海道に向かう旅第二弾の厳しさを分からせるかのような、そんな仕打ちにも思えたラン。 望月を越えてR142に入り、使い慣れた道を懐かしく感じながら、18:07分、無事実家に到着。

ひと月弱の旅だったのに、確実に季節は変わっていました。



人気ブログランキングへ
次の北海道は、紅葉綺麗だったなあ。2日目には雪に降られたっけ。。

みよたファミリークリニックさん


今月2日、
みよたの雪窓公園近く、ミネベアさんの向かいに
新しいクリニックがオープンしました。

以前は佐々木小児科内科医院として開院されていた場所に、
縁あった若い先生ご夫婦に 引き継いで頂くことができました。

NCM_4262.jpg

NCM_4263.jpg

あ、まだ居住空間リフォーム中の写真だった。
元々がレイモンド設計事務所がデザインされた、重厚なイングランド調
建築でしたが、 この度もう少し患者さんを気軽にお迎えした想いから
床と腰壁、照明の色をちょびっと明るく変えました。
それだけで随分とソフトに、落ち着く空間に変化しましてびっくり。
待合空間でも不安がちょっと緩むような落ち着きがありました。

今年の上半期に、引き継ぎのお手伝いをさせて頂きました。
「 ご縁のもの 」 という言葉につきるのですが、そのご縁を繋ぐ裏方の
役割として、必要とする人のためにも地域医療のためにも、流れては
いけない案件だという意識で取り組んできました。
時間はかかりましたが、無事にお繋ぎすることができ達成感と思い出の
大きいご縁となりました。

みよたファミリークリニックさん HPはこちらです。
http://miyota-family.com/#anchorNews

FBページもどうぞ。 

NCM_4264.jpg

耳鼻咽喉科・皮膚科・内科になります。
工業団地に接していますから待ち望まれた方々も多いでしょう。
花粉症の方もこれで安心ですね。
インフルエンザワクチン摂取も昨日15日から可能となりましたので
お近くの方、軽井沢の方もどうぞご利用くださいね。

場所はこちらになります。





人気ブログランキングへ
これで安心して風邪ひけます。我慢せず通院できます^^

2013年秋の3連休あれこれ


軽井沢三大混雑のひとつ、10月の3連休も無事通過していきました。

こどもの日のGW海の日の7月3連休 と並んで局地的に町の混雑が
集中する3連休、澄んだ空、始まった紅葉と絶好の行楽日和に包まれて
別荘や観光の方々で町内が賑わっておりました。
でも、夏のエネルギッシュな賑わいとは違って、 どことなく落ち着きの
感じられる、大人なモードな軽井沢でしょうか。
カッコイイ軽井沢の姿が連休中改めて感じられました。

割と予定が詰まっており、裏道を駆使して旧軽・中軽北・追分、はみ出して
ちょこっと御代田へ。

精度の落ちてきた携帯カメラ記録ですが 
自分の軽井沢の日常目線でふつうにつらつらと。


1377579_497104340385956_1243194589_n[2]
改めて 秋のトンボの湯も素晴らしいなあ。
10月いっぱい 週末に軽井沢マルシェ開催中です。
信州の秋の幸、旨いですよ。 きのこも美味です。

1374864_497104403719283_1782208962_n[1]


1381431_497226987040358_477727733_n[1]

1378195_497227017040355_1876674154_n[1]
懐かしく居心地のよいアトリエ空間準備中。
トランシップ 上ノ原 「煙の家」。
別荘利用もできますよー。

NCM_4319.jpg
この連休中、何故か裏道ついでに大日向を訪れることが多かった。
このエリアからの浅間山も圧巻です。

1382823_497359180360472_480939511_n[1]
秋の焚き火。最高のひととき。
仕事後、別荘友人宅で楽しい構想妄想を語らいました。
実現、させましょう! 場の提供をしたいのです。

1379590_497852636977793_131278118_n[1]

NCM_4327.jpg

1385347_498162626946794_1154491152_n[1]
ありさん のちほど。

1391729_498474246915632_443143881_n[1]

1382910_498474383582285_67293562_n[1]

1380596_497852663644457_1549317374_n[1]

1384184_498474316915625_998295248_n[1]
abnの取材も。
今日の夕方6時台にちょびっと放送されますよ。
→随分と長めに放送されました。ニコニコ、ニヤニヤしながら
素敵映像を眺めておりましたよ。


558462_498474426915614_1498749892_n[1]
朝の旧軽井沢は適度に空いていて、苔庭の風景にトラディショナルな
軽井沢らしさの魅力を改めて感じます。周辺環境も選び方としては大事。
周囲に馴染んだ建築の多い所には、同じ価値観のオーナー様がいらっしゃる
という安心感があります。ゴテゴテしちゃっていたら気を付けないと。


写真撮り忘れたけど、この連休もピッキオさんは大賑わいでした。
最終日のオフィスでの事務仕事中、空間を共用しているピッキオさんの
ムササビウォッチングのガイドが始まりました。見に行く前にムササビの
正体や生体を楽しく説明してくれます。井上たいちょーがこの日の係。
仕事が手につかないほど井上さんの説明に聞き入ってしまい、いろんな
新たな知識を得られました。
「ムササビのうんちは正露丸・・」
ほかも言いたい情報がたくさんでしたが、ムササビをもっと知りたい方は
一度ご参加くださいね。我々の生息地の近くに暮らしている動物です。
あ、ムササビウォッチングはこちらから
開催時間が異なるのにはワケがあります。それは・・・ 

夜 記念にセルクルへ。

1383497_498468873582836_2099372503_n[1]

そして、連休の疲れを癒しにトンボの湯へ。。


紅葉は、まだまだこれからです。
これから、まだまだ。

おまちしていますよ。



人気ブログランキングへ

けろけろキッチン10周年!


今日 10月10日は、 旧体育の日であるとともに、
中軽井沢駅前 けろけろキッチンさんの 開業日でもありました。

2003年秋にオープンされて丸10年。
繁閑の差がものすごく大きな軽井沢で、飲食の業態で10年も続いて
きたというのは並大抵なことではありません。

じわじわとファンが増え、
軽井沢の別荘滞在にはツルヤとトンボの湯とけろけろさんがセットに
なっているよとお聞きしたことも幾度かありました。
地元で働く我々にも有り難く、
別荘の方々の軽井沢の日常使いや、晴れの日のお弁当やBBQセット。
この町にとって必要な存在になっちゃっています。

さー10周年。
けろけろ愛好家の我々が何もしないわけには行きません。
某Mさんと結託して入念な下打ち合わせをし、
ちょうど水曜で定休となるけろけろ夫妻の予定を抑えるべく記念の登山に
連れ出すことに成功。同行したいところをグッとこらえて二人をM山さんに
託し、 その間に某所の庭をパーティー会場に設営しました。
白駒の池の紅葉を楽しまれ戻られた某所にはー・・・

けろけろさんのお仲間が集まってサプライズなお祝いの席に!

ふふふ 驚かれていましたが、喜んでいただけた
その後は夜な夜な楽しいお酒の席が続きました。
なんとも幸せで、嬉しい空気に包まれて、、
けろけろ歴9年3ヶ月の間の間のことを、ついこないだのように感じながら
ちょびっと思い出に浸っておりました。


1374317_495726897190367_1522048668_n[1]

改めまして 10周年おめでとうございます!
まだまだ折り返し地点どころか通過点ですよ。
これからも、どうぞどうぞ宜しくお願いします。


おふたりの姿はこちらから 

---
せっかくですから 雰囲気をご一緒しましょう

NCM_4289.jpg


NCM_4297.jpg

NCM_4302.jpg

NCM_4308.jpg
信州らしく、万歳三唱。
素晴らしい夜でした。




人気ブログランキングへ

ふふふ 見事にはめられていました(笑)いい顔していましたよー
Mさんはじめ皆さんも ごくろうさまでした!
また記念日抜きでも楽しみましょう~

朝の全体清掃


☆のエリア内を、毎週水曜の朝、スタッフが掃除をしていました。
今年のグリーンシーズンは水曜休みが多く、またバタバタしてて
留守番役で数度しか参加できなかったのですが、
久々に今朝から参加してきました。

今日は落ち葉清掃が主なお仕事。
紅葉はまだまだこれからが最盛期に向かうタイミングですが、
サクラを中心に、早々と紅葉が進み落葉が始まっている樹種も
けっこうあるのです。


NCM_4271.jpg

NCM_4272.jpg

NCM_4273.jpg

サクラの落ち葉の脇にいるモミジはまだ青々。
1時間弱で、トラックめいっぱいの落ち葉を清掃できました。

そういえば、もうちょっと紅葉が進んだら、トンボの湯前の
もみの木広場に 【 落ち葉のプール 】 が登場予定ですよ。
サクサクふわふわした枯葉の上に、クッションのように寝そべったり
ダイブするのは大人でも楽しくなります。
まだ案内出てないけど HPをチェックくださいね。 


NCM_4274.jpg

NCM_4276.jpg

季節が移ろいで行きます。
軽井沢の秋、カッコイイです。




人気ブログランキングへ

あ、本日日中トンボの湯のメンテナンスがあります。
夕方からは入れますのでご安心を。

NCM_4275.jpg

必要な 息抜き。


どうしても案件が重なってくると、
心の容量が埋まってしまいます。

でも、これから迎える方々の準備もあるし、
引渡しを終えたり引渡し準備と同時進行で建物のお手伝いを
するものもあるし、ご紹介もあるし、 先回りしないといけない
こともあるし、 使命を持って何とか纏めたいものもあるし。。
年々仕事が丁寧になってくると、キャパ不足に悩みます。

そんなとき、良かったところをたくさん思い出し、
そこに戻りたくなって、戻れると、充電されます。

余分なものが抜けてシンプルに整理できて、
また余力が生まれて次への気持ちへ前向きに。
そんな時間を共有できると嬉しくて、ちょっと頼りたくなり、
仕事のついでだったり、仕事をついでにしたりして、
立ち寄らせてもらっています。


NCM_4228.jpg

いい、タイミングで、
ぷはーーと 気分転換させてもらえました。

ちょっとの時間で十分です。
必要な息抜き、 効果のほどは今年は絶大です。

もうひと踏ん張りしていくためにも、
バランスは取りながら、もうちょっとうまく息抜きして、
頑張るでございます。




人気ブログランキングへ
紅葉のうちに、皆さんの所にも寄らせてもらいたいです。
ご滞在予定をお知らせくださいね

10.6 の風景


しっとりとした朝方かと思ったら、
時折陽が射して初秋を照らす爽やかな自然が広がったり、
また影となって灰がかった空色とマッドな紅葉黄葉、黄緑とが
絶妙に相まったり、同じ風景を見ていても飽きないのがこの時期の
軽井沢の風景です。

昨日は肌寒い小雨霧雨の影響もあってか、町が落ち着いている印象
だったのですが、今朝はハルニレテラス界隈も随分とひとが集まって
いましたよ。
来週の連休を避けた、分かっていらっしゃる方々の軽井沢滞在。
なんだかそういうのも嬉しいものです。

所用でハルニレテラスへちょこっと寄りました。

NCM_4222.jpg

NCM_4223.jpg

NCM_4224.jpg

10月の毎週土日は、ここで軽井沢マルシェ開催しています。
http://www.hoshino-area.jp/marche/ 

信州の秋の山の幸満載。
秋野菜秋のきのこ、新米などなど 会いに来て下さいね。

NCM_4226.jpg

NCM_4227.jpg

トンボの湯広場、もみの木ひろばでもマルシェ中。
キッチンカーも来ていますし、その脇で、焼き芋焼いてました。

NCM_4232.jpg

NCM_4231.jpg

旨いに決まってます!
これからもう少し気温が下がってきたら、この中で焚き火を起こして
その中にホイルに包んだ芋を焼いたら・・もっと美味く感じるでしょうね。
いいなあ、焼き芋も旨い季節到来です。


NCM_4235.jpg

NCM_4234.jpg

トンボ池の 脇のモミジも美しく変化中。
ここのモミジは毎年見事です。

紅葉落葉とともに楽しむ 秋のネイチャーウォッチング もいいですね。
冬鳥が渡ってきたらバードウォッチングシーズンも到来です。
ピッキオさんのHPからも 秋の軽井沢を身近に感じて下さいね。

ふー・・ ほんとうに、カレンダーの進行が早いなあ。
日々の変化を受け入れながら、楽しく暮らしていきましょう。




人気ブログランキングへ
栗拾いも絶好のタイミングですよ

10.3ノフウケイ


近場ですが。。

NCM_4207.jpg


NCM_4209.jpg

NCM_4210.jpg

NCM_4211.jpg

ハルニレテラスは、湯川の風が抜けるので紅葉の進行が早いですが
このトンボの湯界隈は、これから徐々に染まっていく感じです。


NCM_4212.jpg

NCM_4213.jpg

早めに落ち始めた栗たちも、既に土色。
雪に覆われて越冬し、分解され、土に還っていきます。

ふつうの 風景。




人気ブログランキングへ

昨日から土曜日まで、トンボの湯はリンゴ湯ですよー
お出かけ下さいな。
http://www.hoshino-area.jp/tonbo/backnumber/2013/09/25_1630.shtml

中軽井沢駅前の 大窪さん


「 大窪さんいったら? 」

中軽井沢で疲れがピークに達した時、
コリや筋肉痛、ガチガチに身体が固まった状態の時、
そんな時の合言葉となっている大窪接骨院針灸院さん。

同僚始め町の友人たちがこぞって通うここに、
何故だか通うことを拒む自分がいましたが、
ここ数週のガチガチ具合に耐えきれず
昨日、大窪さんデビューしてきました。

NCM_4197.jpg

なんだよー もっと早くから通えば良かったじゃん!!
そう帰りの車中で叫んでしまった程、素晴らしかったです。

10年前までの東京時代は格闘技の真似ごとをしていたりしてて、
良い接骨院には通っていました。 こちらに戻ってきて生活リズム
が随分と変わり、筋力の低下と共に体幹がずれて左右の足の太さと
長さが違ってきたりと困っていたのですが、まずは矯正が先かなと
だらだら探し続けて今に至ってしまっていました。

大窪さんでは一瞬で見透かされ、骨盤の前に筋肉だよと。
ずれたバランスのままガチっとついちゃった筋肉を緩めないと
引っ張られて戻ってしまうことを指摘され、そーなんですよ、そう
したかったのですよーと 心を開いて身をゆだねられました。

吸盤キュウキューして、電気っぽいものして、針をトントン。
おお、アメフトの防具を身に着けていたかのような肩首のガチガチが
ちょっと解れていく。しびれが出て暫く上がらなかった右肩が動く。
おお、ピッチングフォームをしても肩がまわるじゃないか!
びっくりです。驚きです。

場所はこちら。
http://www.mapion.co.jp/phonebook/M09010/20321/0267462153-001/

けろけろキッチンさんの、となりのとなりのとなり位ですよ。

コミュニケーションも安心感があって、いいなあ。
安易な自己判断せず、一度ちゃんと治る迄通おうと思います。
お勧めですよ 辛い時は、ぜひ。




人気ブログランキングへ
これでやっと薪割りが再開できるぞーー
プロフィール

さくらい・かるいざわ

Author:さくらい・かるいざわ

ようこそ 『軽井沢に暮らす~遊楽美感~』 のブログへ。
ここでは、軽井沢の別荘で暮らしてきた自分の体験から 遊びや楽しみ方美しさ素晴らしさを感じられる 「きっかけ」になれればと、 また離れた地からも身近に感じてもらえるよう 軽井沢のふつうの日常姿を気負わず緩めな発信で続けていきます。

仕事を通じて知り合った方々との、その後の繋がりを大切にしたい。 別荘ライフ軽井沢暮らしを始められた方々との交流の場にしたいと始めたものですから、気軽に相談やコメント頂けると嬉しいです。

それではどうぞ、宜しくお願い致します。

あ、過去の記事にも対応しますので気軽にコメント下さいね!さくらいが喜びます。

写真はサムネイルで見づらいのでクリックくださいませ 少しおおきくなります。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
09 | 2013/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ゴルフ掲示板
リンク
Twitter on FC2
QRコード
QRコード