今年一番の冷え込みでしたね


こんにちは。

昨日はマイナス15.8℃
今朝はどうだったのかな マイナス12℃超えていたかな

日中 日差しが差し込んでいても真冬日だったりと、
寒波の影響もあり冷え込んでいます。


空気が澄んでいます。

星が綺麗で、
遠景が綺麗で。


601997_397160840380307_342217818_n_20130226175352.jpg

昨日の朝、御代田の某所での写真。
逆光でしたので確認せずピント合っていませんが、
蓼科山・八ヶ岳方面まですっきりと美しく見えました。

北アルプスも、いつも見える山々の奥から津波のように
重なって見えました。

寒いけど、寒い朝にお目見えするカッコイイ風景があります。

もうちょっとだけ、寒いのも我慢して楽しく乗り越えましょう



人気ブログランキングへ
忙しくなってきたぞーー
スポンサーサイト

いちごの季節


482451_396173187145739_1232333989_n.jpg

ハルニレテラス イル・ソーニョさん  の、湯上りバルメニュー。


春を感じさせてくれる爽やかさもあって
とても美味しかった! 

軽井沢ガーデンファームさん   のいちごを使用。
美味しいはずです。

湯上りバルメニュー? 明日まで?
しばらく食べられるのかな。

お勧めです。召し上がってみてくださいな



人気ブログランキングへ

軽井沢ガーデンファームさんのいちご狩り もいいですねえ。
イル・ソーニョさんのベジタブル料理教室も ご利用ください。

2.22 朝ノフウケイ


前回15日のものが 寒々しい風景だったので日々変わっていますよ
を伝えないとと思い、週末を前に撮影してきました。


DSCN7968.jpg

今朝ほどはマイナス12℃程まで下がった模様。
ダイアモンドダストがかっこよく見れたようですね。見逃しちゃった。。

DSCN7971.jpg

ニョキッ

DSCN7974.jpg

アイカワラズカッコイイ!

日当たりの良い別荘地内は積雪10cm前後です。 
表面が溶けて、また凍ったので 歩くとザクザクした感じが気持ち良い。
この感触は童心に還ってしまいます。 ざくざく気持ち良い!


別荘地の道路はテッカテカです。
氷の上を走っている状況。
日中表面が溶け出すと更に滑りますので遠回りでも主要道を走りましょう。
1000m林道もザクザクツルツルでしたよ。

星野別荘地も日陰の道路はツルツルです。
主要道路は除雪と塩カルである程度良い状況に。

DSCN7980.jpg

DSCN7983.jpg

トンボの湯・・ 気持ちよくて蕩けてしまいそうです。
平日のほとんどをお世話になっています。


DSCN7979.jpg

星野エリア入口です。
積雪と道路状況はこんな感じです。

滑りますが、静かな白銀世界をゆったりと楽しめるのもあとわずか。
3月は卒業旅行客や滑り納めの方々と、春の気配で意外とバタバタと
過ぎ去ってしまうものです。

ご予定合えば、別荘にもいらしてくださいね。



人気ブログランキングへ

焼肉 「一龍」 へ。


こんにちは。

軽井沢に暮らし働いていても、
別荘客や観光客をメインターゲットとしている高級店には
そうそう行く機会は無いものです。

観光ガイドマップなどに掲載されているフレンチやイタリアン、
欧風料理や和食、焼肉店、数々のレストラン、
別荘の方々に聞かれてご紹介はしていましたが、 
正直殆ど行ったことがないなあ。
きっと落ち着かないなあ。

というような話を以前仕事の雑談でしていたところ、
オーナーと20年来の付き合いだという仕事繋がりの地元の方が
宣伝してやってよと、急遽、一龍さんにお誘いくださいました。

ずいぶん前の雑談で記憶になかったことと、
食あたりにあい4日程おかゆやうどん生活から明けかけのタイミング
だったので、 「 嗚呼勿体ない、是非またの機会に~ 」
と言いたかったのですが、
ご縁のものですのでご一緒させて頂きました。


NCM_2229.jpg

【 一龍 軽井沢 】
http://www.ichiryu-karuizawa.com/

アクセスはこちら。  18号バイパス南原入口です。

別荘族御用達だという一龍さんの評判はよく伺っていました。
でも、外観からみても何というか、構えた感じの高級店の気配がないもの
ですから、本当のところどうだろうと想いつつ いつも通過しておりました。

建物は元々ペンションだったものを改装されたそうです。
オープンして25年位になるとおっしゃってたかな?
室内は外観のイメージの延長上で飾り気なくとてもシンプルで、
床は木目調のCF、壁も白のクロス貼り、でも衛生的に手が入っています。
東京時代に少し触れた高級店の趣とは方向性が全く違い驚きがありました。

まったく普通のオフシーズン平日ながら、7時頃は結構席が埋まっています。
そして出迎えてくださったママさんがとても素敵。
とても失礼な表現かもですが、 「嗚呼、わかっていらしゃる」 という心地良さ。
特殊な町であります軽井沢で、長らく接客の最前線にいらっしゃった大先輩の
さり気なく自然な間合いや立ち振る舞いに食べる前から感動していました。

今回は脂身の控えめなものを適量チョイス下さいました。

541594_386935868069471_2134497152_n.jpg

531689_386935931402798_1351499569_n.jpg

ごめんなさい また気配程度で。。

成る程、何より素材の良さが素晴らしいのですね。
良くわかっていませんが、 A5という最高ランクの黒毛和牛を厳選して
取り揃えられています。 回転率の低いであろうオフシーズンの2月に
こんな美味しいお肉に出会えたことも驚きでした。

250204_06_w[1]
Tさん 1枚お借りします)

旨い、美味しいです。。。

凄く驚いたのが、 美味しさは勿論なのですが、
弱った身体に染み渡っていくかのように、元気が漲っていくという
非常に分かり易い現象が起こったことでした。
「スタミナつけるために肉食べなきゃ~」 という話はよく聞きますが、
こうも効果があるものなのかと(あるように感じるものなのかと)
体内のスタミナメーターが上昇していくイメージが見えるほどに
結構に弱っていた胃腸と体調が 回復した感がありました。
良いお肉を適量 っていいのですね。

600506_386936004736124_590501181_n.jpg

良い写真でなくて申し訳ないのですが、
ダメ押しで頂いたサンゲタンがまた美味すぎでした。
これは・・頑張った自分へのご褒美に、頑張った時だけ食べに来たい感じ。
ごろごろしたニンニクや高麗人参の塊や何か身体に良いもの達が
優しく煮込まれ調和していました。 身体に染み入って、いきました。

体調面やシチュエーションで感じ方が膨らんでいた部分もあったかと
思いますが、
それにしたって素敵な体験をさせて頂きました。
高いお肉屋さんは高い店構え、という誤った感覚も抜き去ってもらい、
厳選された高品質の食材が主役、
お店や空間はその引立て役に控えめにそれでいて居心地よく、
看板のママさんが素晴らしい。

わかる方に永く愛されてきているお店であることを
いろんな出会いを通じて 経験させていただいてきました。
素晴らしかったです。御馳走様でした。

前回の伍合さん同様に、
地元の方にも別荘の方々にも 一龍さん お勧めですよ。
機会がありましたら一度是非。




人気ブログランキングへ
焼き魚の美味しいお店も紹介していきたいです。
伍合さん いけださん 他、お勧めありますか?

中軽井沢の 旬彩 伍合


ふと、カテゴリ分けをしながら
伍合さんの紹介をしていなかったことに気がついた。
そんな折にお誘いを受け、久々に行ってきました。


【 旬彩 伍合 】

場所:このあたり。
紹介:このへんとか このへんとか このへんとか。

なんとなく、気づいていまして、
あんまり紹介したくない いい〜お店なのです。
2010年の春にオープンし、HPもなくおおきな宣伝もせず
ゆるゆると口コミで広がればとの店主のお人柄のまま、
早い段階から地元客始め、わかる別荘の方々に愛用される
隠れ家人気店となってしまいました。

場所も中部小通り沿いの住宅地
店構え、価格帯も いわゆる「軽井沢での商売」を選んだものとは異質です。
でも建物に足を踏み入れてみて 
控えめな着物で迎えてくれる奥様のキャラと
すべて畳敷きの落ち着いた個室メインの建物内と
びっくりする品々の質と安心できる価格を体感してしまうと・・
なるほど、虜になる常連さんが増えるのもうなづけます。

軽井沢ですが、いろんな意味で軽井沢を意識せず安心できる 
いい お店です。


同業の集まりや
お客さんだった軽井沢友人さんとたびたび利用させてもらいますが、
写真の履歴がほとんどない。

良い仲間と楽しく旨い酒の席に 
都度シャシャっと撮影するのは無粋な感じがしてしまって、
こちらの伍合さんでは撮る気がおきないほどにゆったりと楽しませて
もらっていたのだと 改めて気がつきました。


NCM_2318.jpg


NCM_2319.jpg

NCM_2320.jpg

もう、この程度が限界(笑)
どれを選んでも間違いないし、旬のお勧めは頼んでみてください。

銀座のどこぞで修行をされてきた腕のよい店主さん。
素人が評価するのもおこがましいですが、
ボヤけない凛とした 品のいい美味しさです。
主張しすぎずさりげなく、顧客とのよい距離を保ちながらの
心地よい食事と空間、空気感に包まれています。

移住された方とか、通年軽井沢を愉しまれる方に知ってほしい、
いい〜 お店です。


ぜひ、訪れてみて下さいね

伝わりやすいご紹介は こちらに^^

ps:喫煙可なお部屋ですが、煙がこもらずに浄化されるのも吸わない
  ものにとって安心できるのがうれしいです。


人気ブログランキングへ
頭数足りないなーのときはお誘いくださいね

佐久のベーカリー TETE (テテ)


たまには別荘の方々にも訪れやすい情報も混ぜて行かないと。。


軽井沢には レベルの高いパン屋さんがいっぱいです。
中軽井沢の銀亭さんが昨年末クローズしてしまったのは残念ですが、

・ハルニレテラスのベーカリー&レストラン沢村 さんはじめ、
・中軽井沢駅近くの ハルタ軽井沢店 さん、 
・三井の森から役場へ抜ける道沿いにある レイヨンヴェール さん、
・ツルヤ軽井沢店のパンだって美味しいし、
・都心部への出店も行っている ブランシェ浅野屋 さん、
・ジョン・レノンも愛した フランスベーカリー さん、
・昔ながらのパンも扱っている意外な穴場店 柏屋製菓 さん、
・御代田の ココラデ さんも評判があがっていますね。
・追分文化村界隈にも隠れがパン屋さんの存在が。

ほかにもレストランなどで出されるパンもおいしいものがいっぱいです。

軽井沢界隈からは、以前 小諸の香色 さんも紹介しましたね。
地域が異なるため客層が変わり、お値段も軽井沢と比べてリーズナブル。
パンの質自体は遜色ない、とてもとてもおいしいパンやさんでした。

香色さんとともに、地元客から軽井沢の別荘客・移住者にも人気なお店が
ベーカリー TETE(テテ) さんです。

http://www.nao-magazine.jp/uwasa/archive/000934.html 
http://hanatete.naganoblog.jp/ 

NCM_2213.jpg

NCM_2214.jpg

佐久ICから岩村田商店街へ向かう途中にあります。
パン屋さん?な、ヘアサロンとも間違えられそうな立地と外観ですが、
いつも目的客さんで溢れかえる繁盛店です。

どうしても撮影は恥ずかしいのでシャシャっと。。

NCM_2215.jpg

NCM_2216.jpg

次々に商品がお客さんのトングに摘まれて行き、
また次々に「焼きたてですよー」 と並ばれて行きます。

至ってシンプルな店舗、そこに並ばれて行く美味しそうなパン達。
個人的にですが、軽井沢の価格を見慣れてしまっていると、
感動するほど控えめながら美味しいパンに感じてしまいます。
実際、どれも軽井沢のお店と遜色ないほどにおいしいんですよ。

NCM_2217.jpg

NCM_2218.jpg

昼過ぎは随分と品数が減ってしまいます。
早めからお昼前あたりがお勧めでしょうか。

佐久方面へお出かけの際は、ぜひ立ち寄ってみて下さいね。


ベーカリー テテ 地図 



人気ブログランキングへ
あんぱんとクリームパンがいまだに好き。

2.15ノ フウケイ


DSCN7927.jpg

予報が珍しくぴたっと当たり、今朝からゆっくりと雪が舞い始めました。
朝方は気温が低いため粉雪でしたが、9時半をまわった辺りから徐々に
フェザーのようなふうわりとしたボタゆきが、ゆっくり舞い降りてきました。

徐々に加速して、 結構な雪景色に変わりました。


DSCN7947.jpg

DSCN7948.jpg


DSCN7944.jpg

ハルニレテラスはじめ、星野エリア界隈は20センチ弱程の積雪です。
やっぱり雪質が変わって、ポテっとした雪景色は可愛らしいです。

DSCN7937.jpg

DSCN7931.jpg

DSCN7933.jpg

一番の厳寒期を超えて、随分と日も延びて、
本格的な冬はあとひと月程度という感度感からでしょうか
この時期からのポテっとした雪には名残惜しさも感じます。
雪かきは大変ですが、あとちょっとですから 風景を楽しみましょう。

DSCN7928.jpg
オフィスへ向かうウッドチップの散策路もこんな感じ。


DSCN7952.jpg

トンボの湯雪景色

この週末は冷え込む予報なので   
木々に付着した雪も残り、かっこいい雪見ぶろを堪能できそうですよ。
やや疲れもたまっているので、今日は雪見ぶろで長湯して帰ります。
はーー 贅沢ですなあ 軽井沢暮らしの特権です

別荘の方々も、この週末は雪遊びが楽しめますよー
温泉とともにどうぞ。

ーーー

65965_392751027487955_1214759252_n.jpg

563058_392751117487946_1164520795_n.jpg


560547_392751044154620_1241171436_n.jpg

6時ころホテルブレストンコートに寄ったら、綺麗でした。
色気ないボケた写メでごめんなさい。 現地は十数倍、素敵です。



人気ブログランキングへ
この週末は、バルを楽しんだ後の酔い醒ましぶろが良さそうかな。

軽井沢酒場放浪記 【 かしばみ 】


ワイン・ビア・お酒イベントカテゴリでよいのか迷いましたが、
まあいいや。

一時期、 吉田類の酒場放浪記   が妙に好きでした。

かっこいいお店じゃなく、居酒屋じゃなく、「酒場」。
なんとも心地よい響き、酒好きが集まる酒好きのための憩いの場な
雰囲気が、華やかなお店が多い軽井沢にいると妙に恋しく感じたの
でしょうか、ヘンな憧れ心が芽生えていました。

このぶ、ブログ(と呼ぶに今だ抵抗あり)を意識する前に、
借宿の「万咲(まんさく)」と、
追分の「追分食堂」に行ったことがあり、
その雰囲気が 酒場だな〜 と妙にうれしく感じていたのです。
その頃から意識していたのが、 先ほど紹介の玉川食堂の隣にある

【 かしばみ 】 でありました。


NCM_2194.jpg
 
HPもちゃんとあります。「かしばみ」 

建物は昭和40年代後半といったレトロな感じです。
創業は1984年、HPは創業20年となってますが、29年も地元で愛され
続いているお店なのですね。
ここも(たましょく)同様、☆のスタッフでファンが多く、よく噂では
聞いていたのですが、一見さんには何となく敷居の高さを勝手に感じて
しまっていて、8年越しでの初潜入となりました。

NCM_2195.jpg

わあ、酒場だ!
常連さんらしき方々が 既にカウンターに座っています。
ここに来れば飲み仲間がいる といった馴染んだ雰囲気です。
吉田類がいても違和感ありません。隣の座敷席に座りながら、
悟られぬよう店内を見渡し雰囲気を味わいます。
壁にカブトガニの剥製が・・壁のすすけ具合も味わいあって素敵。

NCM_2198.jpg

ああ、酒場だ。
メニューが妙に安いです。 300円 400円 500円のものが多い。
やきとりも100円 豚バラ串も手羽先も、100円。
懐への優しさも、長く愛される理由でしょう。
一気に軽井沢にいることを忘れ、当てもない旅先で出逢った憩いの酒場、
なんて雰囲気で同業の友人とゆっくりと飲み始めました。
呑み、の字が似合いますね 呑みにしよう。

NCM_2197.jpg


NCM_2199.jpg

NCM_2202.jpg

肉厚で脂も良い感じに乗った焼きシャケも400円。旨いなあ
雰囲気から、寒竹の熱燗に変えて2回戦気分。

NCM_2205.jpg

NCM_2208.jpg

それぞれに、結構なボリュームがあります。
焼きそばなんて、昼食に食べたい良い感じの量と味でしたよ。

昭和レトロな空間は、時が緩やかに流れていました。
深呼吸くらいがちょうど良いくらい、妙に落ち着いた空間で、
ゆっくりチビチビと、仕事の話や他愛もない話をしながら
うまい酒と肴を楽しんできました。

軽井沢にはレベルの高いお店もいっぱいです。
ちょっと良いお店に疲れたかな、自宅でのんびり気分で、
あまりお金かけずちょびっと旨いものつまみたいな。
なんて気分のときには、けっこうお勧めのお店です。
こういうお店に馴染めると、嗚呼軽井沢人になれたな、って
地域に密着できた感情が芽生えてくるかもですよ。
一度、ご利用くださいな



人気ブログランキングへ
「万咲」「追分食堂」「あすなろ」もどこかで紹介したいです。
ほか、酒場っぽいお店ありますか?

お勧めの居酒屋も別で紹介していきます。「伍合」未紹介でした。

「たましょく」と、しらいと。


2月3月は昨年に続きまして
ちょっとディープな地元向けお店情報を更新していきましょう。


【 玉川食堂 】 (通称たましょく)
http://tabelog.com/nagano/A2003/A200301/20005241/ 

NCM_0278.jpg

中軽井沢146号沿い、セブンイレブンのはす向かいにあります老舗の大衆食堂です。
ここの特徴は、「味がしっかりしている」こと。 
もっと雑にいうと、しょっぱ目の濃い味付けな品々です。

☆のスタッフも愛用のお店。ホテルブレストンコートからの近さもありますが、
サービススタッフにとっては、この味付けの濃さ(塩分)が、過酷な労働の中で
どんなにも救いになっているか・・ 
ボクも東京時代から星のに至るまでバンケットの仕事を随分してきました。
時には戦場のような激しさ熱気、体内の水分も汗とともに奪われていきます。
嗚呼、、塩舐めたい。。ソースをぺろっとしたい・・なんて本気で思うことが
しばしば。(今の方々はどうかわかりませんが。)体力勝負でもありますし、
いざ出陣!という仕事の際には、濃いめのガッツリしたものを体内に取り込んで
仕事に向かいたい時もあるのです。宴席1,2本には十分と耐えられる味付けです。

と、この写真も昨年3月の雪かき後に駆け込んだものでした。

NCM_0273.jpg

NCM_0276.jpg

迷いましたが、スタミナ丼とラーメンのセットを。
ラーメンは支那そば系のあっさりした美味しいもの。
スタミナ丼は・・チューブのニンニクと生姜をスバッと入れて炒めたような
何とも濃いガツンとくるお味でした。
雪かきで抜けた水分と塩分を補うには十分すぎるほど、でも、おばちゃんや
店主のあたたかな人柄と落ち着く室内空間に、すっかりと疲労から解放されて
充電でき仕事に戻れました。

NCM_0274.jpg

舌代 というのもいいな。

駐車場がありませんで、お店前にぴたっと止めるか近隣から歩いていくか、
ちょっと濃いめの食事を接種したい気持ちの時、どうぞ利用してみて下さいね。
カツ丼親子丼などもお勧めみたいですよ。


もうひとつ。

【 しらいと 】
http://www.lococom.jp/tt/22030174231/

ちょっと情報に乏しいお店、地図は違ってて千ヶ滝温泉入り口の西側です。

NCM_2322.jpg

NCM_2323.jpg

職場からも近いのでずーーっと気になってまして、
今日の昼に、同業の友達と初潜入してきました。

NCM_2326.jpg

NCM_2327.jpg

何とも落ち着いたレトロ空間。系統としては丸屋食堂(まるしょく)ととても
似た感じでした。
早めに行ってみましたが、常連さんが朝からビールを飲んでいる姿が微笑ましい。
メニューの通り、手頃な価格帯です。
珍しい「かつみそラーメン」を頼んでみました。 友人は山菜定食を。

NCM_2328.jpg

NCM_2331.jpg

優しい薄味のみそラーメンと、カツの深い味わいが意外と合います。
山菜の時期には早いようでおでんがついてきました。
シーズンは職人さん達がよく通う大衆食堂。ごはんの盛りも多く、
食べて飽きない胃袋をしっかり満たすに重宝する老舗のお店でした。

バレンタインだからと、ちょこいただきました。
どうもごちそうさまでした。

NCM_2332.jpg



人気ブログランキングへ

好きな 建築の人たち


昨年あたりから、建築の相談が増えています。
土地をお求めいただいた方には無償でコーディネートしています。
この建築についても土地同様、こちらが進めたい先ではなく、
買主さんでありお施主さまになられるお客さんの意向に合わせて、
相性と予算感をみながら 公平にお繋ぎしています。

家と車は、その人その家族が反映されると感じています。
家を見ると、どんな人がオーナーさんなのか、なんとなく分かります。
いや、わかる感じがありますかな。
飼い主さんに似てくるワンちゃんのように、お施主さんと良い関係が
築けてできたおうちは、なんとなく雰囲気が似てくるものです。

8年半いますけど、不動産のトレンドは毎年異なります。
建築の要望についてもやや連動していて、
景気の良い時はゆとりのある建築が増え、
景気が良くない時は、実質のある身の丈にあった家が増えます。

長く家のお手伝いもしていると、
いろいろなものが見えてきます。
繋がりが深まっていくと、信頼関係が生まれて、
選んでくださったお客さんが喜んでくれる良いものが叶います。
たくさんの繋がりができましたが、
超個人的な気持ちとして、特に好きな建築の人たちが4人います。


竹花工業の現場監督・小林さん。
おっきな公共事業から、数万円程度のリフォーム修理まで幅広く仕事を
してくれる、☆のでもお世話になっている会社です。
著名建築家やデザイナーさんの軽井沢荘建築時には指名を受ける程
信頼の置かれている人なのですが、仕事の大小に関わらず、
名前のあるなしにも関わらず、「お施主さん」 のための建築を
考えて工夫して、叶えてくれるかっこいいひとです。
「家は我が子のようで、手がかかるほど可愛い。
 送り出したあともいつもいい姿でいてもらいたいから見て回るんだよ」
って、言葉だけでなく本当にケアして回ってくれます。
お施主さんからの熱い依頼によって個人で建物管理をうけてくれる案件も。
施工例をくっついて見せてもらうのですが、お施主さんとの距離感がとて
もとても絶妙で、すごく愛されている監督さんだなあと、嬉しくなります。
誠実すぎる会社につき、建築の相見積もり時にはよく負けちゃいます。
が、長い目でみたらやっぱり安心感が違います。小林さんに見てもらった
建築は幸せモノです。


好きな家造りびと 澤海(そうみ)さん。
以前も一度こちらで紹介しました。自分が関わった建築紹介で一番多く
お世話になったかっこいい人です。
以前の会社を離れ、八ヶ岳で起業されましたが、 お施主さんにも家にも
優しい、いいしごとを続けてくれていることでしょう。
落ち着いたら、軽井沢でもまたお仕事ご一緒したいな。
現場が分かり、お施主さんの心理もよく分かってくれる間に立てる貴重な人。
良い建築を叶えたくても、予算の限度はあります。
予算の限度はあっても、良い建築を叶えたいです。
ただ現実で妥協させるのでなく、減額案をすごく振り絞って考えてくれるし、
UPしてもそれ以上に見合う効果なんかもちゃんと理解してもらえる伝え方を
頑張ってしてくれました。やはりたくさんのお施主さんに愛されています。
そんな姿が微笑ましいし、そこに一緒にいられるボクも幸せです。
がんばってね澤海さん!
http://appreno.blogspot.jp/2013/02/blog-post_27.html


きらきらしている 川野さん。
東京での構造設計事務所を経て軽井沢に移住して9年。あ、ちょうどボクも
戻ってきた年とおんなじだ。
地元の設計施工の会社で40棟以上の建築をして、席が変わってフリーに
近い立場でいい家を創ってくれるカッコイイお兄さんです。
現場監督もできて現地に張り付きながら、資材素材の仕入れも見える人。
「フローリングも時価があってね、普段の流通だとこの位しちゃうのに、
 運良く在庫があるとこれが半額で仕入れられたりするんだよ。」 って、
良いものを叶えたいけど予算の上限があるお施主さんを想いながら、
工夫を重ねていいものを見つけてきてくれます。
結論から言えば、限りある予算の中で一番かっこよくて良いものを創れる
人だと思っています。 自分ちも川野さんにお願いしたい。
現場優先ですごく忙しい。自分も宅建の時に経験がありますがなかなか資格
試験のための時間ってとれないものです。建築士の有資格ではありませんが、
センス良い設計も意匠的なディテールも、パパッと出てくるコスト感も素晴ら
しいです。 同僚宅はじめお世話になっているお客さんも多く、数社引き合わ
せた中で選ばれるというのは、提案も然ることながら川野さんの人柄です。
各設備屋さん職人さんとの関係もとてもいい感じ。川野さんには恥かかせら
れないなって、期待以上の仕事をしてくれる方ばかりです。
アホなことを言い合う間柄ですが、じつは密かに尊敬しています。


アトリエ137の 鈴木さん。
ボクの建築家像を変えてくれた人。 作品を創る人たちだと思ってしまっていた
偏見を大きく変えてくれて、物腰柔らかな人柄でお施主さんの意向と雰囲気に
合わせたカッコイイ建築を叶えてくれる、カッコイイ設計士さんです。
先生と呼ばれるのをとても嫌がるので、素直に気軽に鈴木さんと呼んでます。
偶然にもボク経由で土地を選んでくれた方々が鈴木さんのところに繋がって、
小ぶりながら開放感ある素敵な建築をたくさん叶えられました。
20坪台前半半ばのミニマムな建築を、広々開放的にかっこよく創れるところに
ああ、工務店さんと違うな、建築家だなーと、関心と感動をさせてもらってます。
いろいろ見せてもらっていますが、常人には思いつかない発想で、でも違和感
なく調和した、包まれた優しさを感じるいい家を叶えてくれます。
建築事務所への依頼は、建築費用の他に10%~の設計料が発生します。
一般住宅よりもよい素材やデザインされたものを使いますし、建築家に依頼す
るなんて自分だったら勿体ない、なんて思っていまっていましたが、
鈴木さんとなら創るプロセスも楽しいだろうしウキウキする家が叶うなって、
費用以上のものがあるなって思わせてくれた最初のひとでした。
施工の進行具合も届けてくれています。 お繋ぎしながら叶わなかったプラン
もあって残念な思いもさせてしまいましたが、またタイミング合う頃に良い縁が
繋がる気がしていますので、その時はよろしくお願いしますです。


建築案件の相談が増えています。
本当は会社の方やこれからの人に届くところで情報をお送りしたほうが
良いのでしょうけれど、 自分の振り返りも含めてまた近々お付き合いの
ある建築関連の紹介を、こちらのカテゴリで更新してみますね。
良い建築を叶えてくれるしっかりした方々もいっぱいです。
では、また。



人気ブログランキングへ
建築関連の仕事は面白い。ふどうさんとともに暮らしに関われる
仕事って楽しいです!

aさんへ



DSCN7876.jpg


aさん

こんにちは。 いらしてますか?
先週末は小春日和に感じるほど暖かに気温があがりましたが
この3連休の週末は、気温はまたマイナス2ケタまで下がりましたね。
先週の気候が珍しかったくらいで、また通常に戻った感じです。

クリスマス前の冬至を超えて、徐々に日が延びてきた1月。
2月の節分あたりが厳寒期なんですが、それを超えると寒さも緩やいで
感じてきます。 
気温は1月と一緒なんですけどね、 寒さに慣れてきた頃なのと、
晴天と太陽の陽射しが心地よくって、真冬日だというのに嫌な寒さは
あまり感じないんです。

薪ストーブの薪の使用量も掴めてきて、「ああー春までなんとか持つな」
とか「床暖やヒーター類は止めて薪の熱だけで過ごしてみよう」とか、
長い冬の出口が見えてくる安堵感でしょうか、
気持ちの良い春へのワクワク感でしょうか、
すごく気持ちが上向く時期でもあるんですよ。

そして、この軽井沢で冬を越して迎える春のカッコ良さったら!!


・・
昨年は芽吹きの頃からご一緒しましたね。
GW前にいらして下さったとき、今年はなんだか違うなあと感じました。
今思えば、ですけど、既に居たのですね。
無意識に、良い計画を残さなきゃ、って、何か迫ったものを感じまして、
むむむーーとアドリブでひねり出せた未公開の情報が、
「見晴らし台」 になりました。
すごく気に入ってくれたのは嬉しかったんですけど、内心ドキドキでしたよ。
売主さん管理者さんの面接もありましたものね、今でもdさんと会うたびに
あのときのaさんの緊張な姿が思い浮かび、笑い話になりますよ。

本当に、素敵な縁になりましたね。
aさんとご家族のお人柄ですよ。
そこに関われてすごくさくらいも幸せでした。

たらのめ0512

芽吹きの春から軽井沢の味覚も風景も楽しんで頂けて、
本当に縁のある出会いだったと、運命を感じました。
写真もありがとうございます。笑顔と美味しさが伝わるようで嬉しかったー


201206191751106fa[1]

神さまの訪問も早かったですね!
ボクらだって、こんなに近くで見かけることはそうそう無いですよ。
しかも敷地に訪れてくれるなんて・・
受け入れられているなー歓迎されているなーーって、また嬉しかったです。


まだ家も建ってないのに(土地引渡しも終わってなかったのに・笑)
毎週末のように軽井沢にいらしていましたね。
3時間のドライブ、仕事もお忙しかったでしょうに良くだなーと
本当に好きなんだなーと いつも嬉しかったです。
そんなaさん一家をみて、dさんも粋な計らいをしてくださいました。
仮住まいでのお写真があまりに軽井沢の空気と自然に馴染んでいて、
ずーっといる、ずーっといた家族に見えました。素敵でしたよ。

よく連絡もくださいましたね。
ボクの余り使わないcメールには、aさんとのやりとりがいっぱいです。
日常のお立場からすればとても気を遣ってしまうところなのですが、
そうさせないふつーに付き合える空気で迎えてくれました。
出張の時も、「コーヒー飲みにおいでよ」って、結構驚いたんですけど、
素直に行きたいなーって思えて お邪魔しましたね。
他愛もない話をして、そこに自分がいる状況が、昔の自分が見たらどう
思うかなー 少しは立派になれたかな?なんて不思議に・嬉しく感じて
いたんですよ。 大げさでなくてほんとですよ。


結構早い段階で、aさん一家がすごく好きになっていました。
親族みたいな感覚で、軽井沢で待っていました。


夏に体調のことを伺ったとき、驚きました。
でも、これだけ軽井沢に縁のある方だもん、大丈夫だと思いました。
「やー危なかったよー さくらいさんがあのときココ紹介してくれなかったら
 気づかずに仕事中ポックリいってたかもしれないよー 」

なんて笑いながら、一緒に楽しく飲んでる姿だけ思い描きながら、
現地からの写真を毎回送っていたんですよ。
写真で満足しちゃうと心配だから、ここのブログのと一緒で構えずシャシャッと
撮影した日常の風景として、もうちょっとなものをお送りしていました。
「軽井沢いい季節だろうなー・・行かなきゃ!」って、思ってほしかったんです。
ボクもaさんと一緒に、四季の移ろいを楽しみました。
ここまで自然を追えたのは初めてのことで、よいきっかけをいただきましたよ。


気を遣ってくださったのですね。
進行に気がつかなくて、普段通りなままのメールと写真でごめんなさい。
悲報を聞いたとき、ぜんぜん入ってきませんでした。
理解はできて、現実もうっすら見えてきていたのですが、
なんていうのかな、なんでしょう、寂しいとか悲しいとか残念とか、
そういう感情が湧いてこなかったんです。
aさんのことを思い浮かべるとすぐに、屈託のない大きな笑顔が出迎えます。
すごく前向きで気持ちがよいaさんでしたから、
「なーにさくらいさんそんな顔して 見えないだけで今まで通り頼むよー
 BBQの焼き係もお願いね dさんとともにkとmのことも頼むよっ」

なんて、悲しませない空気のままお願いされた気がしましたよ。

あそこで軽井沢との縁がなかったら、
毎週3時間のドライブの疲労で背骨の検査をしなかったら、
違う人生だったかもって、いつも改めて振り返ります。
あそこで出逢えたから、見つかったタイミングも、乗り越えたい気持ちも、
家族で向かう心の拠り処も、これからのご計画も、最後まできっと、、。
責任を、なんて言葉は浮かびも使いもしないですよ。
とっくに身内のような感じですもの、今までと同じで、これからのことも
先に町にいるボクのほうでできることがあれば遠慮なく。
一緒に楽しみながらと思っていますから、安心してくださいね。


DSCN7716_20130210120603.jpg

そちらに上られて、ひと月が過ぎましたね。

今までよりも近くなって、上とご自宅とこちらを行き来しながら
「おおーこれこれ、この風景だよ〜」とにこやかに眺めている笑顔が
見えた気がしましたよ。 特に、式までの間は 来ていましたよね。

ああ、見えないんだけどいつもいるなー 一緒にこれからの計画も進めて
支えてくれるんだなって、本当にそう感じています。
完成しましたら席をあけておきますので 一緒に楽しみましょうね。
それまで、そちらからもご家族の計画をそっと支えてあげてくださいね。


DSCN7880.jpg

式に伺えてよかったです。
大切なお友達たちと一緒の会食席にしてもらい、色々とお聞きできて
また親近感が湧きました。
皆さんきっと、軽井沢にたくさん遊びにきてくれそうですね。


いろいろと整理や準備が山積みだとおもいます。
軽井沢は都心部よりも、春がひと月遅いです。
時計の進み方もゆっくりですから、
余りせかさずに、計画を支えていってくださいね。
設計士さんや施工監督さんへの下準備はばっちりですから、
必要なタイミングで、どうぞそっと、お知らせください。

また、見晴し台でお会いしましょう。


さくらい



人気ブログランキングへ

子ぎつねのお出迎え


先日の軽井沢ガイド中
道の向こうにきつねの姿が見えました。

あ、こぎつね!

先日の降雪により、深い白銀の世界の中での遭遇、神秘的。
もうちょっと姿をみたいなあと思っていたら
なんとなんと、車に近づいてくるではないですか。

そして、助手席側の下にちょこんと座って可愛い顔。
軽井沢できつねを間近でみかけたことがなかったのと、
およそ20年ぶりに軽井沢にいらした遠方からのゲストのもとへ
「 よーこそ冬の軽井沢へー 」 と、マスコットのように出迎えて
くれたような姿に しばし感激しておりました。

こぎつね
(Hさんの写真お借りしますね)

友人の言った「赤い手ぶくろ持っていそうな感じ」 が、
なんだかとても響いてます。
ほんとだなー 扉の隙間から間違って差し伸べたおててだ。

よーこそ冬の軽井沢へー

きっと冬の軽井沢の思い出に残るでしょう。
こんな素敵な遭遇をご一緒できて、うれしかったですよ。


ーーー
後日、ピッキオさんに伺ってみました。
本土のニホンキツネは警戒心が強く人に寄り添ってくることは
ないそうです。 ボクも仕事柄きつねの姿は見かけますが遠くで
気配を感じただけで森に逃げていってしまいます。
白糸の滝~旧三笠ホテルの散策路・登山道の辺りで、人馴れした
きつねの情報が寄せられていたようで、その子が鶴溜の奥の町道
まで散歩にきていたのだと思われます。
自然界に暮らす野生の動物への餌付けは良くないのですが、
それでも思わぬ素敵な出迎えに、軽井沢の生物までもホスピタリティ
があるなあなんて感激したできごとでした。



人気ブログランキングへ
 雪原をピョンピョンと鈍く走る 野うさぎの姿も可愛いですよ。
 皆さんのところにも嬉しい遭遇がありますように。

スノーシューで 「 雪原ピクニック 」


こんにちは。
先日の雪のおかげで、山の方の雪のコンディションは良さそうです。
今週末の3連休も、雪にまみれて楽しむことができるでしょう!

軽井沢にいらっしゃる方にこの時期おすすめなツアーを紹介します。

【 ピッキオ 雪原ピクニック 】 

雪に沈むことなくスイスイと歩ける西洋かんじきの「スノーシュー」。
ピッキオのガイドさんとともに白銀の世界の深いところまで楽しめます。

期間:~3月15日までですよ
時間:13:00~16:30分 おおいい時間。
料金:6000えんえん レンタルコミコミ
予約:当日の11時半までにご予約くだい。週末なら早めの予約がベスト。



ツアーの様子があまりに楽しそうだったので写真お借りしますね

DSCN1396[1]

DSCN1387[1]
(写真:ピッキオ)

ツアーの様子の詳細は、軽井沢野鳥の森ブログさんをご覧くださいな。
http://nwpicchio.blog38.fc2.com/blog-entry-684.html 

ではではー。



人気ブログランキングへ
昨日、鶴溜の山道で子ぎつねをみかけました。逃げるかなーと思ったら
車の助手席側に寄ってきて、ポーズとってすまし顔。
なんだなんだ、野生のきつねのこんな姿みたことないぞ、と感動しました。

2月の雪見ぶろは最高です。


NCM_2254.jpg

昨日の雪。 
町内で15センチ前後でしょうか、
予報よりは控えめと感じホッとしました。
この程度なら雪かきもまだまだ負担が少ない方です。

さて、雪かき後、少し早目に トンボの湯へ 向かいました。

本来は1月末から2月初旬が一番の厳寒期で冷え込みますが、
今年は寒さが早かったせいでしょうか、既にピークは超えて
雪質もやや湿り気を帯びた、「 ポテッ 」 とした雪に変わりました。

このポテッとした雪が、木々に装着すると なかなか良い絵になります。
まさに墨絵のような世界が広がっています。


雪見ぶろ

夕暮れ時の、雪見ぶろに出かけてきました。
なんだかいつもと違い、秘境の温泉宿に到着したような気分です。

雪見風呂2

内湯の大窓の向こうに、墨絵の世界がまたまた広がっていました。
ライトアップも始まっている時間帯で、それはそれは幻想的。
昨日ばかりは、内湯もそこそこに、
外の露天へ移動しました。


写真なしですが。。

でも、夕暮れ時の鈍く発する白銀と、
藍色に変わりゆく空色の元、オオヤマザクラに付着したポテっとした雪、
背景に広がる墨絵の世界が とてもとても 素晴らしかったです。
外気温も湯温もちょうどよく、藍色が深まっていく空を見上げながら
ゆっくりと浸かることができました。

息子は、つまんで見せた雪が気に入ったらしく
口にほおばってはしきりにおかわりを催促してきました。


2月の雪見ぶろは 最高です。

3月に入ってしまうとまた雰囲気が変わりますので、
2月のポテッっとした雪見ぶろを楽しみに、いらしてくださいね。



人気ブログランキングへ

暖かな数日。


DSCN7807.jpg

昨日朝9時の浅間山。
既に随分と溶けていました。


こんにちは。
週末から随分と温かい気候が続いていますね。
土曜日は出張で千葉都内数カ所を巡っていましたが、コートを置いて
きて正解でした。 20℃超え、上着を脱いでヒートテックとYシャツでも
暑かったなあ~ 一足早く春を感じてきました。

軽井沢も、13℃まで上がったようで 雪が溶けてびちゃびちゃ。
朝方にはまた凍り、日中表面から溶けツルツルに滑りやすい状況です。
いつも以上に歩行や運転に気を付けないといけませんね。

現在も既に7℃くらいあります。
週間予報も、厳寒期にしては冷え込みがゆるい感じですね
http://www.mapion.co.jp/weather/admi/20/20321.html

このまま春へ・・ とはいかないでしょうが、
寒さのピークを超えた感じですね。
日没も遅くなってきたし、
なんだか空気も変わってきたし、

なんでしょう 落ち着いてきています。


冬の出口が見えてくると、
改めて冬のうちに 冬を楽しんでおかないと!
という気持ちになりますね。

あれ、ちょっとボーッとしてる。。
しゃきっとさせて、仕事に戻ります。

ーーー

DSCN7812.jpg
わわ、本当に雨だ。
この時期としてはとても珍しいです。
濡れた氷はとても滑りやすいですから気をつけましょうね。



人気ブログランキングへ
2月はローカルな情報を更新していきます。

浜田シェフが国際コンクールで3位入賞!


今日はもう一つ。


昨日からの各ニュースや、今朝の信濃毎日新聞の1面でもご覧に
なられた方も多いかと思いますが、

星野リゾート・ホテルブレストンコートの総料理長であります
浜田シェフが 1月29、30日にフランスで開催されました 

【ボキューズ・ドール国際料理コンクール】  

の本戦において、日本人としては初となる3位入賞を果たしました!

フランス料理会のワールドカップとも称され最も権威ある大会です。 
国内予選を勝ち抜き、昨年6月のアジア大会準優勝を経ての本戦出場、 
24カ国で争われた「肉・魚料理」で世界3位・銅メダルを獲得という
快挙を成し遂げました。


ボキューズドール浜田さん

http://www.shinmai.co.jp/news/20130131/KT130131FSI090005000.php

http://www.asahi.com/national/update/0131/TKY201301310393.html

http://www.sankeibiz.jp/econome/news/130131/ecc1301311454001-n1.htm

報道の多さからも今回の結果がもの凄いことが伺い知れます。 
ニッポンフレンチが世界的に認められたこの度の結果、
日本人として同じ会社に属するスタッフとしてとても誇らしく嬉しく思います。 

改めまして、おめでとうございます!!

あまりの快挙と報道に、なんだか遠い存在に思えてしまうほどですが・・
浜田シェフが手がける ホテルブレストンコートユカワタン  
これからの予約はどうなってしまうのでしょうかね。
殺到しそうでちょっとだけ心配ですが、ぜひご予約の上ご利用くださいませ。
お繋ぎは、できるかなあ。。 ご相談ください。

嬉しいビックニュースに元気をもらいました。

ホテルブレストンコート お知らせ。
http://www.blestoncourt.com/event/hotel/?NEWS=32

ーーー

トラベルジャーナリストの寺田直子さんの現地レポート
http://blog.excite.co.jp/naoterada/19934096/
http://blog.excite.co.jp/naoterada/20018763/



人気ブログランキングへ

こんなインタビューもいいね。
http://www.i-cg.jp/cf/konro/cb-amo-80/talk_hamada/

2月の週末は 「湯上りバル」


photo[1]

2月に入りましたね。
今朝ほどはマイナス2ケタまで下がった軽井沢ですが、
日中はポカポカ晴れて、5℃くらいあります。
明日などは日中10℃まで上がる予報ですよ。
http://www.mapion.co.jp/weather/admi/20/20321.html

さて、そんな天候に恵まれた今週末から、
冬の軽井沢に暮らす方・滞在される別荘の方、
そして訪れてくださる方々に向けた
温かく美味しいイベントがありますのでご紹介を。


【 星野温泉 湯上りバル 】

http://www.hoshino-area.jp/harunire/backnumber/2013/01/25_1919.shtml 

今年初めての試みです。
厳寒期を越え、日照率も高く日も随分と伸びてきた2月ですが、
軽井沢の町は一番の落ち着きを迎えているオフシーズンとなります。
そんな静かで雪景色の美しい軽井沢にいらしてくれる地元の方別荘の方に、
冬の温かく美味しいイベントとして定着すると嬉しいなと始めてくださった
今回の企画、 けっこうお得ですよ。

■開催日   2月の毎週 金・土・日
■時間   10:00~22:00(各店舗により異なります。)
■チケット 入浴券1枚+各お店で使えるチケット3枚 セットで2800円
      チケット1枚で【各店舗自慢のあったか料理1品+1ドリンク】と交換

■チケット販売所    トンボの湯・村民食堂・ハルニレテラス各店舗
■チケット販売期間  2月1日~2月24日(金土日以外の日も購入可)
■問い合わせ     ハルニレテラス:0267-45-5853


HPからもダウンロードできるチラシをみていますが、
トンボの湯の入湯券(通常1,200円・トンボ会員様は平日で500円、
週末は16時まで700円、16時以降900円の通常料金)に、
チケット3枚がついてきてのお値段となります。
チケット1枚で各お店の1皿と1ドリンクがつくのですが、
お酒やソフトドリンク、あったか料理が選べるものですから
1皿と1ドリンクで通常1000えん以上はするでしょう。
それの×3 +トンボの湯の入湯券ですから
温泉はタダでついてきてそれぞれのお店でもお釣りがくる算段です。

いいなあ、川上庵さんの牛すじ持込と佐久の花の熱燗、
希須林さんの焼売や餃子に紹興酒を合わせてとか、
沢村のアンチョビブロッコリーですか、ビールに合いそう。
セルクルさんではホットワインとミネストローネとか、
イルソーニョで信州牛ソースの野菜のグラタンとグラスワイン
丸山珈琲ではケーキとカフェラテなどのティータイム、
村民食堂でもカフェハングリースポットでもご用意があります。
1つのお店でチケットを2枚分使って、別のお店で1つ楽しむとか
3店舗をはしごするとか、自由な楽しみが広がります。

photo_2[1]

普段は混んでいるからと敬遠している地元の方々
(特に不動産業界の同業お仲間の皆さま!!)
そうだ、冬の軽井沢って穏やかで豊かだったんだーを再認識できる
きっかけともなりますので ご利用くださいね。

別荘の方々も、比較的空いているこの時期のハルニレテラスを
温泉のあとに気軽にハシゴしてみてくださいね。

ではではどうぞ、宜しくお願いします。
参加された方はぜひ感想もきかせてくださいねー



人気ブログランキングへ
まずは、湯上りに川上庵で熱燗と牛すじ、追加でお蕎麦頼んで、
ぶらぶらした後に帰りがけセルクルでミネストローネとホットワインかなー
プロフィール

さくらい・かるいざわ

Author:さくらい・かるいざわ

ようこそ 『軽井沢に暮らす~遊楽山荘~』へ。
ここでは、軽井沢の別荘で暮らしてきた自分の体験から 遊びや楽しみ方美しさ素晴らしさを感じられる 「きっかけ」になれればと、 また離れた地からも身近に感じてもらえるよう 軽井沢のふつうの日常姿を気負わず緩めな発信で続けていきます。

仕事を通じて知り合った方々との、その後の繋がりを大切にしたい。 別荘ライフ軽井沢暮らしを始められた方々との交流の場にしたいと始めたものですから、気軽に相談やコメント頂けると嬉しいです。

それではどうぞ、宜しくお願い致します。

あ、過去の記事にも対応しますので気軽にコメント下さいね!さくらいが喜びます。

写真はサムネイルで見づらいのでクリックくださいませ 少しおおきくなります。

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カレンダー
01 | 2013/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ゴルフ掲示板
リンク
Twitter on FC2
QRコード
QRコード