FC2ブログ

小振りな薪ストーブ選び


薪ストーブ入れ替えのご検討、コンパクトなタイプで探しています。
ちょっと情報の記録として こちらに残してみます。

・・・編集、修正したのに更新前にデータが消えてしまった 再作成中・・・


○○さん
薪ストーブご相談の件、現在の建物のバランスに合うものを探しています。
ストーブも多種多様ですが、背面に壁のない窓面となりますので、設置時の
収まりバランスをみながら幾つか候補をあげてみますね。


◆ morso (デンマーク) 
 http://www.shingu-shoko.co.jp/~stove/morso/
 
 1412cb.jpg
 1412CB  小型輻射熱モデルのベストセラーです。椅子にかけながら炎を
 眺めるのに良いサイズですね。 側面のレリーフも絵になります。
 薪サイズの小ささや燃焼カロリーからも、熱源よりは炎を楽しむモデルです。
 
 2140cb.jpg
 2140CB 一回り大きい中型対流熱タイプ。 炎が美しいです。
 先々実用性が高まればこのサイズは楽しみが広がりますが、設置位置が
 窓面であることを考慮すると一回り小さい片開きタイプが良いかなと感じます。


◆JOTUL (ノルウェー)
 http://jotul.co.jp/
 http://jotul.co.jp/cnt/products_01.html (ストーブ本体)
 
 f373.jpg
 F373 インテリア性の高い縦型のストーブです。窓面から少し話して設置しても
 お部屋に違和感なく落ち着くと思います。側面からも炎が見れるのは良いですね

 f273.jpg
 F273 こちらのコンパクトサイズの方が、カーテンと窓をオープンにした際に
 風景に煩わしさがなくて良いかなと感じています。
 
 縦型ではもうひとつ代表的なメーカー ◆Contura (スウェーデン)もあります。
 いいお値段してしまうなあ・・・。


◆ SCAN (デンマーク)
 http://www.shingu-shoko.co.jp/~stove/scan/index.html

 57cb.jpg
 57CB  JOTUL F373に対しての横置きバージョン。
 液晶TVのような水槽のような・・ 窓面に近づけても空間デザインはフィット
 するかと思います。横幅がもう少し狭くても良いかなと、他も探しています。
 
 scan.jpg
 CI-4GL こちらも二層構造対流式で窓に近づけて設置が可能です。
 33cmの薪が入りますのでいまある薪はそのままで使えそうです。


◆ hergon (スペイン)
 http://www.naganosohsyo.co.jp/html/hergom_top.html
comet.jpg
 COMET  チェアーから目線を下げる低い位置の縦型。ご参考程度に。


◆ Pecan (オーストラリア)
 http://metos.co.jp/products/kamin/stove/pecan/ 
 個人的には好みなメーカーです。(サイズ的にも費用的にも)

 pecan.jpg

 pican7d.jpg nectre15ped.jpg 
ネクター15 Pad  
コンパクトながら高出力のモデル。冬期の熱源として十分に活用できます。
二重構造で壁や窓からの距離を小さくできますし、この1本足のPadタイプなら
室内から外を眺めてもスッキリと収まりそうです。
薪サイズ30cmとありますが、最大38cm迄(斜めにしてかな)入るそうですから
この手のコンパクト縦型のなかでは実利用し易いモデルです。

建築雑誌などでもよく見かけますので窓面に設置されたイメージ画を探して
いるのですが・・ 雰囲気のよいカットが見つかりましたら差し入れますね。
 

あとは、上記ご提案のものとは方向性が異なりますが、
現在設置されている ≪ シガータイプ ≫ (奥行きのある細長タイプ)の
コンパクトながら高さがあり窓面が大きいタイプを紹介します。
薪も投入し易く独特の炎を楽しめます。 現在ご利用モデルの姿のまま
ボックス内部(燃焼室)が広がった

◇ Dutchwest(アメリカ)  http://www.dutchwest.co.jp/stove/
 モデル左: ベセル    モデル右: プリマス
dwv dwp.jpg

◇Vermont Castings (アメリカ) http://www.firesidestove.com/
 モデル: アスペン
 aspen.jpg

◇ SCAN CI-1G CB
「みにくいアヒルの子」の愛称で親しまれてきたロングセラーモデル。
スマートでシンプルながら懐かしさと温かみが感じられます。
CI1CB

薪ストーブは選択肢が広いですね。
設置場所、ご利用頻度や用途、デザイン、費用面・・・
何を基準に選ばれるかによりますが、 
こういう嗜好品は直感で選ばれても良いかもしれません。

もう少し情報やご利用レビューを集めておきますね
ではでは。


---
山林舎さん http://www.stoveya.jp/
オーダーメイドストーブ。
いいなあ・・制作例にあるキューブ型の炎が楽しめるストーブがかっこいい。

アドヴァンさん取扱のラインナップ
http://www.advanstove.com/index.html うむうむ。


ps:リビング設置の 中型~大型タイプの薪ストーブ情報も
 改めてご紹介していきます。


人気ブログランキングへ

スポンサーサイト



さあ 薪割り!


昨年は あまり触れられなかったチェンソーや斧。
今年は、ちょっとヤル気がでてきています。

某所で間伐したものを伐り運ぶ手伝いをして熱が再燃したこと。
いまの住まいが  プロパンガスのファンヒーターと、電気式床暖房の設備で
ランニングコストがかかるため、来シーズンには薪ストーブを設置したいこと。
今年は、ピザ窯利用を再開したいことなどなどからも、薪の調達は必須です。

丸太の取得はし易い仕事にいますので、どんどん集めて少しおすそわけできる
仕組み作りを今期こそ考えて行きたいと思っています。

(古い写真ですが気分を高めるために・・)

CA3F0456[1] CA3F0382[1]

CA3F0290[1]

薪割り&チェンソー講座は こちらのカテゴリに 
http://sakuraikaruizawa.blog33.fc2.com/blog-category-13.html

karuizawaTVさんの 薪割り講座はここで 
http://sakuraikaruizawa.blog33.fc2.com/blog-entry-471.html

ビギナー代表として割ってます。
力は余り要りませんので、できるかな??の方は参考に覗いてみて下さい。


2010102215241135e[1]

懐かしの 2シーズン前お客さん宅着火式 の様子。 
今ではもうベテランの域で薪ストーブを操られています。
チェンソーでの玉伐りや薪割りも覚えられ、自前の薪ストックもたくさん。
ついつい丸太を入手すると敷地に置いていきたくなります。
こういう楽しみを覚えられるご家族が増えていくと嬉しいなー。

やっぱりいいなあ薪ストーブ・・・ 炎のある暮らし、お勧めです。
来年は安心(家計に)・快適な冬を迎えられるように
まずは丸太集めと薪割りにいそしみますよ。
こういうのって、仲間がいると俄然やる気が出ます!
ぜひ一緒に!という方 お声掛けください。

斧の体験貸し出しもしています 
まず試してみたい方は私の方へご連絡下さいね。

さあ、丸太を集めて薪を割ろうじゃないか!!


人気ブログランキングへ

プロフィール

さくらい・かるいざわ

Author:さくらい・かるいざわ
こんにちは。
ここは、仕事を通じて知り合えた方々との、しごとの先の繋がり用に2008年9月から個人で緩く続けているものです。
同じ町民として暮らしの楽しみや繋がりが広がるよう、また遠くにいても軽井沢の今を感じて頂けるよう、気取らぬ日常の風景と気配を控えめにお届けしてまいります。
4月からモリノワ株式会社と非営利の補助輪商会。もはじめますが、仕事は抑えて森暮らしもり遊びを愉しむようにします。お知り合いさんと会いやすくなれますように。
今後とも宜しくお願い致します。

櫻井貴弘

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カレンダー
12 | 2012/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ゴルフ掲示板
リンク
Twitter on FC2
QRコード
QRコード