蜂の子ごはん


蜂の子ごはん。。

まずはこちらを。
「美味しんぼ」日本全国味巡り山梨編より

ーーーー

(お茶碗に入った蜂の子ご飯登場)

「ぎゃあ」
「虫だ!虫が入っているぞ!」
「わわわ  ひゃあ!」

(蜂の子ご飯の説明)

「と、言われたって・・・」
「き、気持ちが悪い・・・」
「幼虫は虫の形そのものだし・・・
 これを食べろやなんて・・・」

(予期しない事態 食べない事にはどうしようもない)

(雄山がしゃべり始める)
「蜂の子飯を見た目で気持ち悪がって食べようとしないとは
 審査員の皆さんの見識を疑わざるを得ないですな。」
「蜂の姿が気持ち悪いなら、エビなどはもっと気持ち悪い姿をしている 
 蜂の幼虫よりナマコのほうが色も形もすごいが、皆さん喜んで食べるでしょう」

「単に 食べ慣れないというだけで気持ち悪いというようであれば、
 郷土料理の極意は味わえない。 ーーーーーーー。」

(雄山のいうとおりやと とにかく味をみようやないか。)


「これは驚いた!!」
「こってりとした濃厚な味、ちょっと鰻の蒲焼きを思い出させる味じゃないか!!
 とても上品な味だ!!」
「土地の人が夢中になって蜂の巣探しをする理由がよくわかりますよ!」
「今まで味わったことのない美味だ!」

ーーーー

こう、評価されます、たいへんなご馳走なのであります。

かくいう私も、小学校の頃にたまーに祖母方から届くこの山の珍味が
とても気持ち悪く大嫌いでした。まったく好き嫌いのない自分の、
初めての天敵でした。 見た目での反応は、しょうがないですよね。

イナゴなどともに貴重な山のタンパク源であり、
また生命力豊かな蜂からの贈り物ですから、体に悪いわけありません。
日常食でなく、ほんとうにごく希な状況でしか口にすることが出来ない
大変貴重な山の幸であり郷土料理ですから、
そういった背景が浮かんでくると、とてもおいしいご馳走になります。


蜂の子ごはん


同業の友人が届けてくださいました。
収穫の様子などは こちらから。http://sinkouf.cocolog-nifty.com/
虫大丈夫な方はどうぞ覗いてみてください。

Kさんありがとう。こんどまた地蜂とり誘ってくださいね!

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

theme : 避暑地軽井沢
genre : 地域情報

秋遊びの準備

引き続きこんにちは。

日没がだんだんと早くなり、
これからは夕暮れ時もずいぶんと寒く感じてくる頃でしょう。
まだまだ紅葉を楽しむのはこれから! ですが、
落葉の11月には「おち葉そうじ」が待ち構えています。

僕はこの作業、好きなんです。
竹ぼうきや熊の手(という落葉かき集めの道具)でかき集める
乾燥した葉っぱのカサカサした音がなんとも風流。
一カ所に集めてそのクッションのような上にダイブしたりと、
秋らしい感触を確かめる作業が 冬を迎える前の儀式のように
勝手に大切なものにしています。 ・・ヘンですか?(笑)

もっと楽しみなのが、そのあとの「落葉焚き」での焼き芋!

最近は進化してきまして、落葉焚きから焚き火、バーベキューと
日が暮れるまで庭の火の側に陣取ってしまい、脱出のタイミングが
掴めずに日を跨いでしまうこともありましたが・・それほどにも
寒い軽井沢で迎える火の温もりというのはーー良いものでございます。


話が飛びましたが、面倒と思いがちな「落葉そうじ」を楽しみに
変えるべく、庭にこんなものをつくってみては如何でしょう??
ピザ窯ほど大げさではなく、でもあれば別荘暮らしの楽しみが
ぐぐーんと広がると思います。


『アウトドア囲炉裏

アウトドア囲炉裏

なかなか雰囲気ありますでしょう!
本当は石炉というんですが、こう呼んだほうが雰囲気でますね。
作り方は簡単です。

・地面に適当な大きさ(直径80センチ前後 自由で良いです)
 を円形にくりぬく。
・浅間石を拾ってきて淵をかこむ(ちょっと掘って固定させる)
・枯れ枝(生木の方が燃えにくいかも)を3本用意
・上部を針金でくくり、足の部分を斜めにカットして地面に刺します。
・チェーンとS字フック2つを用意し、針金でくくった上部にかけ、
 長さを調整しながら鍋やダッチオーブン、やかんをぶら下げます。


これがあると、落葉焚きや小枝の焚き火が楽しくなりますよ。
やはり火を使うものですから、大掛かりな火遊びというのは
別荘地内においても適切ではありませんが、
こういった敷地内掃除の焚き火は許容されています。
風の流れ道での遊びを避け、沈火用の水や火消し壷を用意して
充分な注意をもって秋遊びをお楽しみ下さい。

町の防災火災を防ぐこころがけ

こんなこともできますよ!
心まで温まります。親子の想い出にも是非
10月中旬になったら、どこかの庭に作りますので
その過程も記録して掲載しますね。

芋煮会 囲炉裏魚焼き

人気ブログランキングへ

theme : 避暑地軽井沢
genre : 地域情報

初秋の植物たち


「秋らしく」なってきたと感じていたのも束の間、
ず、ずいぶんと最低気温が下がってきました。

朝方などは一ケタの日もありますし、日中夕方で10℃とか、
東京から物件見学に来られたお客様は随分と驚かれていましたよ。
我々でも寒いと思うのですから・・と、温泉のご案内を致しましたが
紅葉始まりの露天風呂をお楽しみ頂けましたでしょうか。
寒暖の差が激しいからこそ、軽井沢らしい「燃えあがるような紅葉」
が生まれ、魅了させてくれるのです。

今年は当たり年になってくれるといいですね。
同じように映る紅葉も、毎年違うんですよ。
2度と同じもののない、その瞬間の美しさを追って、
毎年訪れてくださる方々も実に多くいらっしゃいます。
僕も(ここでは僕と統一させてくださいね)今シーズンは
雲場池や各スポットに積極的に出向く予定ですので
それぞれの場所からレポート致しますね。


予報ではしばらく気温の下がる日が続くようです。
勢い良く開花していた秋の植物も、ちょっと力が抜けてきています。
咲いていたもので姿に収めた花を記録しておきます。

◆シラネセンキュウ  セリ科
 背が高くすらっと細い茎ぶりです。白い花の集まりが20~40も
 集まり傘のような形になります。
 主に湿った林の中や水辺に見られるようでして、うちの環境には
 適している花のようです。 セリ科・・食べられるのかな?

シラネセンキュウ


似ている花で、
◆ヤマゼリ  セリ科
 あぁ、ヤマゼリかー  ←撮影時は名前分かりませんので
 セリ科の仲間はみなそっくりなので、花がでないとわかりづらいのです。
 と言う私も、「セリらしき葉っぱ」はもの凄く多く、春先や夏などには
 若葉を積んでサラダやお浸しにして食しているのですが、花が咲いて
 こう種類があることを後から知ると、「食べてよかった葉っぱかな?」と
 少々心配になってきています・・ まあ大丈夫なんでしょうね(笑)
 和セリもクレソンもふんだんに取れるので、来季はご希望の方に
 おすそ分けをいたしましょう。その頃またお知らせします。

ヤマセリ


◆イヌタデ
 先日の画像残し忘れたものです。
 本当に素朴でどこにでもあるものなのですが、僕の心をつかみました。
 この素朴さが他の花を引き立てる、茶花の「草」(カゴに5種ほどを生けます)
 の生けをするときに重要な役割をはたしてくれました。
 もうずいぶんと楠んで色がとれてきてしまいましたが、名前も覚えたし
 来年迎えるのが楽しみになりました。

イヌタデ


◆ホトトギス  ユリ科
 花びらの斑点が、鳥のホトトギスの胸の模様に似ているからついたのだと。
 この花は完全に開ききらずに斜め上を向いている姿で全開らしいです。
 頭の王冠のようなくるんとした姿もかわいいですね 
 こう逆からアップで見てみると、南国の海の生き物のようにも見えます(笑)
 華やかな色合いですけど観賞用でなく自然な姿なのにも驚きでした。

ホトトギス1 ホトトギス2


 あとはおまけで「実」を2つ。

◇イチイの木の実です。
 軽井沢に限った木ではありませんけれど、
 子供の頃いちどは口に含んだことありませんでしたか?
 やや青臭いその奥の甘みにハマって口一杯にほおばった記憶があります。
 お猿さんも好きな実のようなので、別荘の生け垣には場所によっては
 避けたほうが良いかもしれません。

イチイの実

◇ヤマボウシの実
 初期のご案内で載せたものが熟されてきました。
 まだ、、なんだか躊躇してしまって口に含んでおりません(笑)
 
 と、書いた時点で引きたくない性格がおきてきまして・・
 いま外に出て かじってきました
 味はですねぇ、、熟しすぎだったのかな?「ラフランス」のような
 甘い香りのあとに、青い臭みが追いかけてきました(笑)
 フルーティーではありましたけど、ツルヤに並んでいないところを
 みると、食用ではないみたいですね。 ご注意ください

やまぼうし1 やまぼうし2


もう少し「実」のものがあるんですが、まとまったらご紹介します。
食べれる「実」のほうが 興味ありますよねぇ。

・・次は 栗 かな!


人気ブログランキングへ

theme : 避暑地軽井沢
genre : 地域情報

秋らしく。

随分と 「空気」 が秋らしくなってきたと感じます。
言葉では表現が難しいのですが、
なんというか、粒子が細かく澄んでいるような、
肌さわりが「秋」らしいのです。

冷たいというだけではないんですけどね、
空気で秋を感じられるようになると ちょっと、いい感じです

昨日某所での仕事場にあったススキを、
ちょっとだけいじってみました。

CA390649-0001.jpg

こういうのをスッ・・・ と美しく生けれるように
なれるといいですよね  教わりたいなあ。


紅葉が進んできています。
街全体が徐々に、、という染まり方ではないんですね。
なんでここがこう?というような、
道路沿いに並ぶツツジの真ん中から後ろ半分だけ燃えるように赤く
前の方はまだ青々とか、
隣は青々、モミジが半分赤々などなど、
この変化の過程を見て追えるのもまた面白いのです。

もみじ1 もみじ2

写メサイズに抑えてしまうとなんだか全体は伝わりませんね
物件調査の途中で美しい姿に出会ったら撮影してアップしていきましょう。
もみじ3


あと皆さんアクセスありがとうございます^^
当面は、姿のわかる皆さんに向けた発信を続けていきますが、
これから軽井沢を求める方々や お持ちの方の楽しみの参考に
(というにはピザ窯等マニアックですが)なれば嬉しいです。

拍手も特に分析などに使えるものではないみたいですけど
ちょっと嬉しいですね励みになります。
何かリクエストなどありましたら遠慮なくご連絡下さいね。
ではでは。


人気ブログランキングへ





theme : 避暑地軽井沢
genre : 地域情報

野鳥の観察

1974年に日本で最初に指定された、国設軽井沢野鳥の森。
広さは約100ヘクタール(100万平米というと大きさが伝わりますね)
森の中には約3キロほどの遊歩道があり、自由に散策頂けます。
80種もの野鳥が見れるようで、まさに野鳥の宝庫ですね。

今月の野鳥の森(9月) おお、種類の説明もあるとは親切ですね

薄黄色の柔らかな葉の色、燃えるような赤、オーロラのような金色、
本当に色とりどりの自然美を楽しめる場所であります。
私も毎日開催のネイチャーウォッチングに(月2、3回くらいは・・)
参加して報告していきますね。 野生動植物の宝庫でもあります。



さてさて、野鳥の森にまで足を伸ばさなくても
町内至る所で野鳥の姿を目にする事ができます。
とはいいましても小さく素早い野鳥を身近で凝視できる機会は
なかなかありませんよね。
私もうるさいほどの野鳥のさえずりに起こされる環境におりますが
なかなか、姿をじっくり観察出来る機会はありませんでした。
なので姿と名前が未だに一致せず・・ 詳しくありません。


一昨年に中軽井沢の南に移住をされたYさん。
土地のご紹介と建築のお手伝いをさせて頂きました。
土地のご紹介時には手つかずのモジャモジャ雑木林の姿でしたが
その奥に接する小さな谷のある環境に、
自然豊かで良い土地に育つ予感がしました。

私よりもYさん家族のほうがそのポテンシャルに早く気がついていた
ようですが(笑)お客さんの目線より学ぶことも多いのです

谷を望むような開放的で素晴らしい建物が建ちました。
完成してすぐに迎えた冬、
薪ストーブの煙突から、野鳥が迷い込んで落ちてきたそうです。
早々入り込めるような構造ではないでしょうから、
小さな野鳥といえども随分と傷ついて弱ったことでしょう。
手厚く介抱して外へと逃がしてあげると、
まだ新築の建物で鳥が警戒しているような環境のなか、
その救われた鳥が(たぶん)連れ合いを連れて挨拶に来られる
ようになったそうです。

それに連れられるように様々な鳥たちが目と鼻の先まで
遊びにきてくれるようになり、その模様をYさんは写真に収めて
ギャラリーにしてくれています。

somni バードギャラリー
まだまだ私も野鳥に関しては不勉強ですが、お客さん宅を訪れる
鳥のお客さんの名前くらいは覚えなければ と、
拝見しながら名前と姿を一致させています。


somni.jpg


今日もお昼にお邪魔しましたが、デッキのまわりに野鳥がいっぱい!
とても安心して過ごせる場所なんですね。

植物もそうですが、名前を覚えてくると 視界がかわります。
あぁそうだ、ピッキオさんと山にいくのが楽しいのは、植物や生物の事を
山の中で教えてくれるからだ。
今度はぼくが、その役割を担えるようにがんばります。

軽井沢を 楽しみましょう!!


人気ブログランキングへ


theme : 避暑地軽井沢
genre : 地域情報

軽井沢 紅葉まつりのご案内


軽井沢の紅葉まつりが来月4日から始まります。

軽井沢 紅葉祭り

お祭り騒ぎがつづく、というものではありませんが
軽井沢らしさが感じられる、
素晴らしい紅葉をお楽しみ頂ける季節ですので、
どうぞ足をお運び下さいませ。

紅葉の便りもそろそろ掲載していきますね。
これから出かけてしまうため、ちょっと薄くて申し訳ありません。
詳細や昨年迄の模様なども載せて行きましょう!


秋の軽井沢も 素晴らしいですよ。
あ、落葉で焼き芋の季節もそろそろですね
楽しみいっぱいです。

theme : 避暑地軽井沢
genre : 地域情報

ピザ窯つくり5 ピザ窯ライフ

「ねえ、ピザ窯どうなの?楽しいの??」
「完成までの姿が想像できない 大変なんじゃないの??」

という声が聞こえてきそうでして・・
もう少し完成までの行程説明がかかりそうですので、
もったいぶらずにいちおうの完成形(実は今現在も化粧部分が未完)
の一部と、焼き姿を先に掲載してみますね。
見れた方が行程の進行具合を追うのが楽しいんじゃないかと


では。

imgd0553908zikfzj.jpeg
じゃん

img222d95d5zik7zj.jpeg imgacf68ac1zik8zj.jpeg

ジャジャン
漆黒の中での炎とはなんてかっこいいんでしょう!


昨年はお師匠が同僚宅のを2つつくり、それを手伝いながら
9割方自分で完成させました。当時の僕にとっては〈つくらされた感〉
があり、もっと手伝ってほしかったのが本音だったのですが・・
自分で創り上げることにより愛着がおおきく増し 自身もつき、
またこれからの人に伝えていく事もできるわけですね。
それを見越してのお師匠の優しさだったのだと、完成が近づくに
つれて気がつきました。 窯開き、嬉しかったなー。

img57b57290zikczj.jpeg


3基それぞれの姿が違うんです。
また行程とともにそちらもご紹介致しましょう!


img20e36232zikbzj.jpeg
初期の頃の具だくさんピザです。
自作の生地も徐々にうまくなってきましたので、今は具を乗せすぎない
シンプルなものを好んでいます。
でも自由に好きなだけトッピングできるなんて贅沢ですよね
原価もさほどかかりませんし、好きなだけ焼けます。

imgd4c942a5zikazj.jpeg
2時間予熱した窯に直に放り込みます。
始めは鉄板プレートを入れたりしていましたが、
高熱なので灰も付着せずパリッ!!と香ばしく焼き上がります。

imgc6cfdfa5zikfzj.jpeg

火の状態が最高ですと、ものの1~2分ほどで焼き上がってしまうんですね!
薪で焼くのではなくオーブンの余熱で焼くものですから、
多少温度が下がっていても焼き具合を覗きながら時間で調整出来ます。
1枚目よりも2枚目、そして3枚目と、
数をこなすごとに出来映えが上達していくのがわかります。
結果、苦しいほどにおなかいっぱいです(笑)
お店だったらこんなにも食べられないでしょう、自分でつくって自分で焼いて
その焼きたてをみんなで食すんですから、
おいしくない訳がないですよね!

良いものをつくりました^^
ピザ以外にも活用できますから、楽しみを増やして行きたいです。
では、行程も早めに更新していきますね。




theme : 避暑地軽井沢
genre : 地域情報

茶花にも宜しい山野草

つづき。

◆アキチョウジ  シソ科
 おそらく「セキヤノアキチョウジ」だと思います。
 茶会で詳しい方が、こちらの地方名で呼んでいたような記憶がありますので
 もしかしたら別名があるかもしれません。
 これを見なければ秋は越せない!という多くのファンが恋いこがれる花の
 ようですが 素人の私でも惹かれるほどに爽やかで優しげな姿をしています。
 近くで見つけられたら嬉しいですね。僕も庭先をもう一度探してみます。
 
080921アキチョウジ


◆オオケタデ  タデ科
 先日紹介した「ミズヒキ」もそうですが、イヌタデとかサクラタデとかとか
 稲穂のような花のつき方をしているものの多くがタデ科のようです。
 肝心な写真にはよくわからない映り方をしているので、、また改めて撮影
 しなおしてきます。 素朴な赤みが、茶花にいいなと感じて気に入りました。
 背景の白くモショモショした小さな花も調べてきます

 080921オオケタデ


他にも 注意してみればみるほどに多種多様な花が見れるものですね。
見逃していればすぐに散って葉の緑に戻ってしまいますし、
永遠に見れるものではない「旬」に出会えると、その年の季節の想い出が
鮮明に残りますよね。  スゴいな自然って。

ーーーー

私事ながら、茶道のお稽古に通っています。
自らやっているなどと言うこと自体おこがましく未熟なのですが、
お茶というものに触れてから 見え方接し方考え方の良い変化が見え
多少なりにも皆さんのお役にたてられました部分があったかと思います。
よく「ご縁」という言葉を使わせて頂いておりましたが
どこかが違っていれば出会わなかった広がらなかったことを意識して
みますと、やはりご縁というものを有り難く感じるものです。
こうして「旬」の開花した山野草の姿に出会えることも ご縁ですよ。

その四季の一瞬一旬を茶花や茶道具、お菓子などで表現をし、愉しむ。
お茶を通じて季節の楽しみ方(当初はお菓子ばかりでしたが・笑)を
覚えていくと、次の季節・次の年・またその次の年を迎えるのが待ち遠しく
楽しみに感じられます。寒さが厳しい軽井沢ですが、寒い時期だからこその
ご褒美のような光景にも出会えますからね

花の魅力をこのタイミングで知り得たのもまたご縁です。
その姿を、縁のあったみなさまにもおすそわけしていきますね^^


080921庭の山野草
生けたつもりの庭から積みあげた茶花素材。 
茶花の生け方についてはまたの機会に。。

家元講習会


茶会の初着物

元気でやっております(笑)
どうぞ駅の事務所にも気軽にお立ち寄りください。



theme : 避暑地軽井沢
genre : 地域情報

雑草にも華が咲く。

いやースミマセン天気予報がよく外れますね
今日もシトシトと・・ 昼迄の雨予報ではあります。
昨日も一日雨でしたね。お休みを頂き、某所へ出かけてきましたので
その模様もまた後ほど。


軽井沢山荘暮らしを始めて3シーズン目の秋を迎えました。
通年利用できる状態の家ではまだまだないものですから、実家半分
山荘半分という利用状況なのです。両親にも週末を中心に利用してもらい
割と、庭は気に入ってくれています。始めはブーブー言ってたのに。

仕事において、土地の木の植生ですとか陽のあたり風通し気の流れ湿気・・
といった点からの見方が出来るようになり、より専門的な知識を身につけるべく
樹木や山野草を知りたいと思い始めたものの、
永遠にある姿ではない、特に山野草については興味が薄かったのも事実です。
アッ、と気がついて余韻が残りながらも、知ろうと思った頃には花が散って
葉っぱだけの緑の姿になっている、、という状況の繰り返しでした。
皆さんもお好きな方は詳しいでしょうけど、なかなか機会がないと覚えませんよね
私も実は、その機会を待っているだけの住民でした。

社内のSさんの植物だよりが始まったのが大きなきっかけになりました。
そして便りが待ち通しく楽しみに拝見していましたが、
秋に入り意識していなかった「雑草」に、見事な花が咲き始めているのに気づき、
これは花素人な僕目線で皆さんに便りが出せたら・・・と思うようになりました。

あとは、お茶の茶花とタイミングが一緒だったのも良かったです。

前置きはこのくらいにしてご案内を。


「雑草」とくくってしまうのは失礼でしたね。
奇麗な花を咲かせてくれています。

◆サラシナショウマ  キンポウゲ科
 図鑑をみると、このショウマ系はけっこう種類があります。
 姿そっくりで葉っぱが大きい「オオバショウマ」とか、
 白に紅紫色を帯びた「イヌショウマ」とか、まだ覚えてないですけど
 他にもきっと。 花はほんのり甘い匂いがするそうですよ
 背丈の程に大きく伸びます。花の穂だけでも20~30センチくらい。
 穂は小さな花の集まりなんですが、遠目で見ても近くで見ても
 この白さは自然に映えてかっこいいですよ。うちの庭で撮影しました。

080921サラシナショウマ 080921サラシナショウマ2


◆オタカラコウ  キク科
 えーと、たぶんオタカラコウだと思います。
 購入したフィールド図鑑が秋の項なので紹介されていませんでしたが、
 夏の山野草で・・あ、こちらでは紹介していませんでしたね。続いて紹介します。

080913オタカラコウ

◇メタカラコウ  キク科 
メタカラコウのメは、雌(メス)の意味で、
一回り大きいものは、雄(オス)の意味でオタカラコウ。
タカラコウとは「竜脳香」というお香のことで、
根茎の香りがそれに似ているそうです ほーう。

080801メタカラコウ


◆ツリフネソウ  ツリフネソウ科
 船のような形をした赤紫な花をいくつもぶらさげています。水辺などに多く、
 僕の庭にはめいっぱい繁殖しています。この花が咲く迄はほんとうに鬱陶しく
 イタチごっこのように通路や水辺の草を刈り取っていましたが、
 まさかあの雑草がこんなにも辺り一面を紫のジュータンに染めてくれるとは・・
 本当に嬉しい驚きでした。 来年も、邪魔なところは刈り払っていきますけどね。
 あ、花のおくのクルリとなっているところには昆虫を呼び寄せるおいしい蜜が
 入っているみたいです。帰ったら舐めてみよう。

080921ツリブネソウ


◆アキノキリンソウ  キク科
 たぶんキリンソウで良いと思います。間違っていたら指摘下さいね。
 陽当たりよいところと日陰のものとではずいぶん性質が変わるようです。
 雨露に照らされたレモンイエローの小さな花が、なんとも可愛らしく映ります。
 裏の葉っぱは「ギボウシ」の葉ですね。すこーしずつ、葉っぱでも覚えて
 これるようになりました。

080921キリンソウ


続きます。



theme : 避暑地軽井沢
genre : 地域情報

軽井沢の木のご案内

こんにちは。
懸念されていました台風の影響もまったくなく、
昼頃には過ごし易い秋晴れが広がっておりました。
町内の小学校全てで運動会が行われる日でしたから
延期にならなくてよかったですね
夕方から少し雨のようですが、今夜の雨が過ぎればしばらく
天気の心配はなさそうです。 いまのうちに薪割らなきゃ・・。


さてさて、皆さんから木についてのお問い合わせを頂きましたので、
自分のおさらいも兼ね掲載していきます。


◆アカマツ  マツ科 
 写真の通り、樹皮が赤いのでアカマツです。
 アカマツに対してクロマツというのがありますが、クロマツは
 海岸線に多いので信州では見られません。
 アカマツは、まず間違いなく実生(自然に生えたもの)です。
 カラマツは、ほぼ植林されたものです。
 ↑私はアカマツも植樹と間違えていましたスミマセン。群生が
  伸びてよく見かける景観に育ったんですね 

 アカマツと言えばマツタケ!ですが、残念ながら軽井沢産松茸は
 見かけたことありません。
 アカマツ林の地主になれれば恩恵に預かることも・・??
 木材としては、梁(ハリ)など住宅建材としても使われています。

080901アカマツ1


◆カラマツ  マツ科
 日本に自生する針葉樹の中で唯一の落葉樹です。
 また、カラマツのほとんどは戦後に植林されたものです。
 軽井沢はA.C.ショーによって別荘地としての歴史が始まりました頃は
 あたり一面の草原だったんですよ。
 成長が早く住宅建材にも使えるカラマツの植林が進みましたが、
 間伐などの手入れが必要であったことを、昨年の台風時に実感しました。。

 カラマツは、落ち葉が雨どいにたまったり屋根や車を痛めたりと
 少々やっかい者のレッテルもはられていますが、
 春先のモショモショと柔らかな新緑や、これから紅葉が進むと
 黄金色のオーロラのような黄葉を堪能することもできる大切な
 木でもあります。真っすぐ空へ向かって育ちますので、ムササビの
 発射地点でもあり、松ぼっくりはリスなどの食料源にもなっています。

 個人的には・・ピザ窯用や薪ストーブの燃料としてはいまいちですが、
 火力も上がり入手もし易いので焚き火やドラム缶風呂用として好きです。
 切った丸太状態ものを「アウトドア囲炉裏」のイスとして利用しています。

080910カラマツ2


◆シオジ  モクセイ科 
 どうやら群馬県側に多く分布している木のようで、軽井沢でこれだけの
 シオジはあまり見られません。星のや内に1本の木です。
 このシオジ、その材は家具に最適らしいですよ シオジ製のテーブルとか、
 家具をみる際にも材が最近気になるようになってきました

080903シオジ


山野草の本も用意したことだし、そちらの更新も進めていきます。
正体不明の山野草など見つけましたら、どうぞ写メでも写真でも結構ですから
こちらに送ってくださいね。分かる範囲でお調べしていきます。

theme : 避暑地軽井沢
genre : 地域情報

嵐を待つ浅間山?

本日の午前中は小雨がぱらつく程度で薄明るい空色でした。

昼過ぎあたりに 「ハッ」 とするほど浅間の姿がくっきりと浮かび上がる
時間帯がありまして、珍しくて眺望ポイントまで確認に移動したのですが
携帯を忘れて・・・。
オフィスに戻り再度ポイントに到着すると、ずいぶんと雲に覆われた後でした。


asama0919.jpg


動じない浅間、かっこいいです。

さてさて、今現在は予報でも落ち着いていますね
降水量は少ないようなので、台風一過の初秋の晴れ空が楽しめるのではと
ひそかに期待しております。 コスモス街道もまだ行けていないですし。



全くの別件ですが、そして私事ですが、
日曜に 「茶花」 を生ける講習がありまして、、
慌てて秋の花の図鑑を買いに行ってきました。

CA390618-0001.jpg

類似した色合い・姿ごとに分けられていてとても見易い!
庭で見かけた雑草類の花が一通り掲載されていましたので、
旬のうちに撮影してお届けしていきますね。

私事についても週明けあたりに。。

人気ブログランキングへ

theme : 避暑地軽井沢
genre : 地域情報

ピザ窯つくり4 窯の背面

前回の記事で、重要なことが抜けてました。
モルタルと接着させる耐熱レンガですが、これは接着させる前に
よーーく水に浸す必要性がありました。
できれば作業前1、2時間くらい。
浸さずに接着させてしまうと、硬化して乾いた時に剥離してしまったり
熱を通したときに同じく接着面が剥離してしまいます。
水分を十分に吸っている状態でモルタルと合わせると、細かな粒子が
奥のほうまで浸透して強固に接着してくれるのですね
この点は重要ですから、よーく浸してから作業くださいね Kさん。

さてさて、続きです。

ーーーー

まず敷き詰めたレンガの下、コンクリート基礎部分を作った際のロノ字型木枠を、
ネジ抜いて枠を剥ぎ取りバリをカナヅチでパンパン割って取り外しました。
2ヶ月近く固定してましたが、外した瞬間に、次の工程への加速がつく予感がした。

斜面に作っている窯ながら、高さを取っているために後ろ側は盛らなければならない。
耐熱レンガがもったいないので、同じような蓄熱効果が期待できる「浅間石」を 
うまーく組み込んでいき、隙間に砂と砂利を敷き詰めその上にモルタルを被せてみた。
そうすると雨の時に水が隙間から浸透して外に流れてくれるような気がするので・・
たぶんうまくいってるでしょう

img7a979c01zikazj.jpeg

レンガと同じレベルまで後ろを合わせたところで モルタルを硬めに練って
浅間石の平たいところを内側に揃えて組みあげていきます。 
形は違えどテトリスのような感じで、隙間を最小限にしてモルタルを詰めて、
窯の入り口から覗き込んだときに
「おぉーいいんじゃん??」って 雰囲気出るように組んだつもり。
さーそうなるでしょうか 石についたモルタルはブラシで落とすべきだったかな?

img44e91a07zik3zj.jpeg

その後、耐熱レンガ面を「とぎ石」で磨いた。
基本的には同僚の窯開きみたいに鉄プレートで焼くつもりだけど、
よくあるスコップの先みたいなヘラで サッ・・ と放り込み、
数分で スッ・・ と引き出してアツアツをテーブルのお皿に運ぶやつ 
あれをやりたいので引っかからないように均してみた。手触りも上々です

表面を濡れタオルでふき取ってから 先日完成した内枠を置いてみる。 
ここで判明したのは、、サイズがちょっと大きかった・・。
脇に並べるレンガが半分くらいしか乗らずに安定が悪いので、
急遽木枠を張ってコンクリートで基礎部分を少し広げることに。
乾いた頃には安定してレンガを組み上げていけます。

ーーー

次は、しばらく置いてから内側の「木枠」づくりを更新します。
まさかレンガを切ることになるなんて・・・

ピザ窯つくり3 耐熱レンガ登場!

前回のつづきです。

型枠を外すとき、「自家製チーズケーキを型からはずす」時のイメージでしたが、
結果的には
ガンガン木枠の角をカナヅチで叩いて剥ぎ取るように外しました。。

お師匠がコメリで手配下さった、耐熱レンガ(確かフランスレンガのレオパルド)
を軽トラにプレートごと載せ、自宅の駐車スペースから足場の悪い下り階段を
10数往復したのを覚えています。割ったらおおごとだと思ってたので慎重に!

ーーーー

今日は窯の底部分を組む。
大事な行程で、指示を仰ごうと待っていた作業だったのだけど、なんて事なく
モルタルの上にレンガ並べて 板をのせてゴムハンマーでトントンと水平をとった。
ほんとは目地(ブロックとの間)を9mmくらいに板などを挟んで均等に並べれば
よいのだけど、
男の窯・との判断からか案外適当に並べてトントンしてました お師匠さま…
その後バトンを受け、手のひらで表面を撫でながらゴムハンマーでトントン均しました。

img9f991e0ezik7zj.jpeg

奇麗に見えるようで、けっこう荒い仕上がりです。
ここは表面に出ないところだからと励まされ(?)次の「目地埋め」に進みます。

imgf3c6a06dzik7zj.jpeg

耐熱モルタル節約のために、目地の2/3をふつうのモルタルで埋めてしまう。
適当に並べちゃったから、目地埋めの幅が細くてやりずらかったので注意下さい

で、できた。
乾いたら耐熱モルタルで仕上げます。

ーーーー
写真撮り忘れていたので、お師匠作の2号窯である同僚宅のピザ窯を
載せておきます。。
ーーーー

img8b4f3251zik5zj.jpeg

※注 同僚宅の見本です。
 レンガの向きなどは自由で良いです。


続きます。
記事が飛び飛びだと見づらいので、同類の記事は2度ほど続けてUPしていく
ように致しましょう。


theme : 避暑地軽井沢
genre : 地域情報

どんぐりと 秋の実のなる樹木

最近は日中好天がつづいています軽井沢。
青空をみている分には秋の気配を一時忘れさせてくれますが、
先日のコスモスや、ちょっと立ち止まって足下をよーく見てみますと
「あぁ、確実に秋なのだね」 と 気づかされます。

今の時期は青々とした落ちたてのどんぐりがいっぱい!
種類も多いんですね。どのどんぐりがどの木からというのを解明していきましょう。

080916どんぐり


では。

◆オニグルミ  クルミ科
 僕の家の周りのも鬼ぐるみがいっぱいで、夜な夜な屋根に「ボコ ボコッ」と
 落ちてきて驚かせてくれます。3つ4つ続けて落ちると、ケモノが屋根をつたう
 足音のようにも聞こえるんですね。心臓の鼓動が高まることしばしば・・

 実も食べられます。
 実を拾って掘った土にひとかたまりにして埋めて実が朽ちてきた頃に掘り起こし
 干して食べるとか。 クルミの中身は生でも味わい深い・・と思ってます。
 今期もう少し毒味してから改めてご案内いたしましょう

080901オニグルミ1


◆ミズキ  ミズキ科
 こんな栄養不足のブドウのようなものが落ちていたら、それはミズキの木です。

080905ミズキ1

 名の由来は、水分を多く含んでいるからで、ミズキを切ったり傷つけたりすると、
 どんどん樹液が出てきます。伐採後の切株は、生ビールの泡のよう らしいですよ。

 ヤマボウシやハナミズキはミズキの仲間。ですのでミズキもなかなかの花をつけます。
 が、高いところで葉の上に上向きに咲くため余程でない限り気がつきません。
 ちなみに、ハナミズキ(軽井沢エリアにはありません)は、日本がアメリカにサクラ
 (ソメイヨシノ)を贈った際、アメリカからお返しに贈られたものです。
 ハナミズキの別名は、「アメリカヤマボウシ」。
 どうですか、ためになったでしょう(そうでもないかな)。
 ↑ためになりました!自分の言葉のように使わせてもらいます(笑)

080905ミズキ2 080905ミズキ3


◆クリ  ブナ科
 クリにはたくさんの種類・品種がありますが、星野エリアにあるのは、
 いわゆるヤマグリという山に自生しているクリです。
 みなさんが思い浮かべるクリより実が小さく、甘栗くらいの大きさです。
 いつまで待ってもそれ以上大きくならないので、見つけたら、早く取りましょう。
 ただ今落ちているイガには実は入っていないのでもうしばらくお待ち下さい。

 また、クリは木材としても利用されていて、堅くて腐りにくいという特性から、
 家の土台や鉄道の枕木などに利用されています。 ー枕木もクリだったんですね!

080908くりー


◆コナラ、ミズナラ  ブナ科
 今日は、コナラとミズナラです。
 コナラは、薪材としては最高のものです。火力と火持ちを兼ね備えています。
 写真のように、ともにドングリがなります。二つを見分けるのは少々難しいですね。
 簡単に言うと、コナラの葉よりもミズナラの葉のほうが大きいのですが
 (ミズナラは別名オオナラ)二つが同時に手元にあれば見分けるのは簡単ですが、
 一本しかなければ、大きいも小さいもわからないと思います。

 コナラ(写真上)とミズナラ(写真下)の違いとして、
 標高の低いところにはコナラ、高いところにはミズナラが分布しています。
 佐久に下ればミズナラはないが、浅間に登れば、ミズナラしかないのです。
 そういう意味では、星野エリアはちょうど分布の境界線辺りに位置するのかも
 しれません。
 もし、お客様にこのドングリの木の名前は?と尋ねられたら、
 「ナラ」です、と答えるのが無難だと思います。 ーはい、そう答えます。

080909コナラ

080909ミズナラ
080909ミズナラ4


最初の画像の、和菓子のような木の実が何者かわかりますか?
分かる方がいらっしゃったら教えて下さい。。
(2日あいたら調べます


theme : 避暑地軽井沢
genre : 地域情報

9月上旬の植物たち

こんにちは 櫻井です。
ただいま、過去の成約ファイルを開いて当時を思い出しながら、
1件1件少しずつこちらのブログの案内を始めさせて頂いてます。
不動産部門に移動となり、いつのまにか4年も経過しておりました。
(独り身である環境は変わりませんが

皆さんからの反響が思いのほか多く、嬉しいお言葉も頂きました。
これからも、離れた地からも軽井沢を身近に感じられるものに、
また、軽井沢に足が向く動機となるような情報をお届けして行けますよう
更新していきたいと思います。
気になる情報などなど、リクエストございましたらコメントでもメールでも
結構ですので、どうぞお気軽にご連絡下さい。

そして、こういう植物だよりには、開花の旬があるわけですね。
事後報告となってしまうようだと、見に来れないのだと気がつきました。
これからは、旬の最初の便りを心がけますね

それでは。

◆ススキ  イネ科
 七草の中では「オバナ」という名で呼ばれます。ーお、七草なのか。
 他の物に比べてススキに秋を感じるのは、やはりお月見のせいでは
 ないでしょうか。
 ちなみにススキとは「すくすく育ち、萌え出る(キ)」ところから
 そう呼ばれるようになったそうです。 
 ススキの風景は風情があっていいですね 

080903ススキ1


そして、秋の象徴 「コスモス」です。

080913こすもす 080913こすもす2

私の出身であり、軽井沢の隣町佐久市の市花でもあります。
私の幼少の頃の記憶では、敬老の日の15日から秋分の日の23日が
見頃のピークとなり、コスモス街道や内山牧場(佐久高原)にも
よく連れて行ってもらいました。
市の至る所で毎年必ず見れるため余り有り難みが感じられませんでしたが、
学生として上京してからは妙に郷愁にかられる存在であったことに気づき、
毎秋にツーリングや何かと理由をつけて帰郷して会いに行っておりました。。


そういえば・・一昨年の秋に仕事でちょっと疲れたことがあり、
追分に移住されたTさんのご両親をお誘いして、気分転換に
コスモス街道と内山牧場の大コスモス園にドライブに出かけました。
霧の流れるのがよーく見える日でして、
日が射してぱーっと明るい時間が一瞬あったかと思うと、
雲のような深い霧に一瞬にして覆われたりと
同じ場所で様々な風景を楽しめたことを思い出しました。
あのときのご両親の笑顔が目に焼き付いています・・
今年も行かれましたか??

img89e10499srilbk.jpeg


現在は軽井沢町内も至る所で咲き誇っています。
来週の連休も充分お楽しみ頂けると思いますし、
足が伸びるようでしたら、是非佐久方面にもお出かけ下さい。

コスモス街道 http://www.sakudaira.jp/cosmos.html

内山牧場の 大コスモス園 http://sinanozi.hp.infoseek.co.jp/utiyama2.htm



次回は、個人的に待望でした「木」のシリーズが続きます。
木の見分けはなかなか覚えれませんから、別荘の土地ご案内時に
「これはミズナラですね どんぐりの・・」
「あ、これはシオジ、珍しいですね!」
なんてご説明ができると、、いいですよね
がんばりましょう。

theme : 避暑地軽井沢
genre : 地域情報

なんでしょう??

933141209_130.jpg





気がつかれた方は・・



良い夜を過ごされましたね^^



いつでも同じにある訳ではない姿を
その一時に出会って それに気がついた時に
じんわーりと喜びがこみあがってくるような
そんな感じが、
都会よりも素直に得られる軽井沢です。


一期一会

旬の初めをお届け出来るように更新していきますね。



theme : 避暑地軽井沢
genre : 地域情報

ドラム缶風呂をつくる・2 完成!

結局夏は、何もやらずじまいでした・・ リゾート地の、サービス業ですから。
お仲間もみんな忙しく、あっという間に夏過ぎる。盆が過ぎると秋なのが軽井沢。
盆を過ぎると夕日が急に黄色く感じます。秋色の夕焼けを、まだ受け入れたくないなぁ

ちょうど先週は盆以降久々の快晴が続いてくれたため、夏のご苦労さん会&
新スタッフの歓迎会も兼ねてうちの庭でピザバーベキューを行うことに。
さあ大変です、雑草が容赦なくボウボウですから、前日の休みの半日を費やし準備し、
当日も早めにあがらせてもらって設営です。

ドラム缶風呂自体は設置場所と足場の準備だけは前回出来上がっていました。
地面からの湿気を防ぐ為にトタンの雨戸を敷き、上にどこからかもらってきていた
U字溝(コンクリート)を2つひっくり返し、その上にドラム缶を置きました。
うちは斜面のきつい谷下なんですが、沢に接しているので川の水&地中からの
湧き水が汲み上げられるのです。灯油用の電動ポンプにホースをつなげ、
湧き水から吸い上げながらバケツで川の水をドラム缶に注いでいきます。

その作業と平行して 、
脱衣所をけろけろさんとピッキオの山ちゃんが工夫してくれている。
その間ぼくはピザ窯と焚き火とアウトドア囲炉裏に日をおこして全体の準備を。
共同作業でつくりあげる宴って感じがして、嬉しいなぁ。

CA390592-0001.jpg  CA390593-0001.jpg

人数がそろったところで乾杯とピザバーベキューはスタートです。
この日ばかりは、男衆(あれ、一部だったかも)の興味はドラム缶に。
徐々にいい具合に温まっていきます。

CA390601-0001.jpg

徐々に日が暮れていき、谷から望む山間にに6分月(と呼ぶのだろうか)
が浮かんできた頃にちょうど良い湯加減となりました。
企画者のけろけろさんに一番風呂を馳走したく始めたドラム缶風呂計画。
もちろん一番に使ってもらい、歓喜の声が! ・・ジーンとする。

そして2番風呂を頂くことに。

こんな感じで台とキャンドルとよなよなエール。

CA390596-0001.jpg

人生初のドラム缶風呂体験は、もう、最高でした
空でのシミュレーションよりも浮力のお陰でよっぽど快適で、
缶の底のほうのふちも全く熱くないのです! 
底には押し入れのスノコをきったものを引いたけど、それで充分。
その隙間からチラチラと暖かな湯が心地よく上ってきます。

もうひとつ良かったのは、泉質が抜群だったこと!
ちょうど大雨続きで地中の養分や鉄分が谷に流れおりてきたせいか
河原の石が赤茶色に染まっていたほどで、これも立派な鉱泉でしょう。
湯が何とも滑らかで、湯上がりも保温効果が高くて、月夜の演出も抜群で、
ビール片手に浸かれるなんて・・・言葉がありません。。


感無量な、贅沢な夜を体感致しました
こういう遊び方もあるよってこと、教えて行きたいと思いました。

CA390605-0001-0001.jpg
(写真はエコちびリーダーのやまちゃん いい姿だ)


ひっくりかえして錆びないようにし、次回を待つドラム缶風呂。
もうちょっと脱衣スペースとか工夫して、おもてなしの準備をします。

imgf412fe0ezikfzj.jpeg

theme : 避暑地軽井沢
genre : 地域情報

ドラム缶風呂をつくりたい・1

話題が飛び飛びで申し訳ないですが、
お客さんからのドラム缶風呂についての反響問い合わせが
思いのほか多かったので、設置までの過程を記載してみます。
場所もそんなにとらないですから、火の用心だけしっかりすれば
皆さんのお庭でもできると思いますよ

ーーー

幼少の頃より「ドラム缶風呂」というものに人一倍憧れと幻想を抱いていました。
なんというか‥極論を言うと「ドラム缶風呂こそがキャンプだ!」
という、ちょっと偏りつつも純粋なる想いでいつの日か出逢えることを心待ちに… 
たぶんアウトドアアイテムで一番の憧れです。

昨年秋のピザ窯開きバーベキュー時に、けろけろさんから
 「来年は庭でお風呂だね」 というリクエストが。
実はそのときは現実感がなかったんです。
ピザ窯という大物を造りあげたくせになんだか壮大な計画に思えて。

この春はちょっとバタバタで天候もよろしくなくて、
庭いじりは池をつくってニジマスを放流したくらい。(後に大雨で流された・・)
それでも夏の始めに形だけはつくっておきたいなーと、
ドラム缶をさがしてみることにしました。


ドラム缶

ーー縁あって2つ、手頃なところで譲っていただけました。
もともとは重油や油を入れる為のドラム缶(200L)ですから、
そのままではベッタベタで使い物になりません。
1缶に対して10Lの灯油を使いって洗浄してもらいます。

受け取って気がつく、「あ、フタがとれないじゃん」

「ち、ちびっこ達が安心して入れるような蓋の開いているやつが欲しいんですけど。。」
ちょっと駄々をこねてみたんですけど、
そもそもドラム缶はオイルを大量に運ぶ屈強な造りで出来ているから、
蓋がぱかって空くようなものは無いんだよ、とのこと。 そりゃそうだ。

「ではどうやって蓋をあけるの?」

「板金やでエアで空けてもらいなよ みんな加工して使ってるんだよ」

とのご解答。
エアで鋼鉄が切れるのか、、費用は?そもそもやってくれるのか?と、
急にドラム缶風呂計画が遠いものに感じました。 正直、秋かな?とも。

全くの別件で、マイカーの修理に自動車屋さんに行ったときに、
思い切って相談してみました。

「うーん、手間なんだよな。ウチにはエアのないし。
 ああそうだ、タガネで自分で切りなよ。」

た、たがめですか? ・・タガネ(鏨)でした。
鋼鉄のノミのような、カナヅチでがんがん打ちつけていくヤツです。
親切にも貸してくださったので、うーむむと唸りながらも持ち帰って試します。

img2fc80146zik5zj.jpeg

まずは庭に仮置きして、浸かっている極楽気分を強くイメージ。

縦にガンガンと撃ちつけなんとか穴を空け、その後は缶詰を切るような軌道で
タガネを斜めに打ち付けていき、少しずつ少しずつ切り進んで行きます。

img63b7d04czik6zj.jpeg

すんごい硬いし厚い。支えている左手への振動がすごくて手が痛い。
でも切り進んで、休み休み1時間ちかくかけてこんな状態に。
でっけー缶詰みたいだ(笑) 中が綺麗なんですね

img8f349766zik9zj.jpeg

切れたはいいけど、縁が鋭くて指ををざっくり切ってしまいそうだ。
自分でやれることは・・・ 考えるより試せで、グラインダーで
バリを削ってみる事にした。 家にあったこの歯でよかったんだろうか、、
もっと削り用のものがあるのだと思います。

火の粉が実際はものすごかったのと、鐘の内側のような効果なのか、
音がものすごく大きく反響して鼓膜と脳がどうにかなっちゃうんじゃないかと
言うほどに響くのだ。しかも熱い 。  こんな感じに。

img9d1ac671zikfzj.jpeg

さすがにつるつるにまでは加工ができず、できるだけ滑らかな状態にしたので
あとは何だろう、コーキング材とかシリコンとかパテとか、熱と水に強いものを
塗り固めてみようか。まずは調べてみよう 。


で、気分だけ浸かってみる

img3ba38e17zik8zj.jpeg

僕の背がほどほどにでかいせいかジャストフィットじゃないんですが、
底のほうはどこまで熱くなるんだろう。 すのこも押し入れ用のものを切って
作ってみたし、池の近くにドラム缶風呂会場を仮置きしてみた。
 はー なんともいい眺めだ 

img942d3f68zikczj.jpeg

出来るんじゃないかとワクワクしていた梅雨明けの頃でした。

つづく

theme : 避暑地軽井沢
genre : 地域情報

リバイバル信州号走る。

リバイバル信州号


今日は通勤中に線路沿いにずいぶん人がいるなあと感じ、
職場のある中軽井沢駅に着くと、ホームにカメラをもった人が大勢。
なにごと??と思っているところで、別荘のお客さんから
「今日駅でなんかやってるよねぇ、何?」とのお問い合わせが。

駅のKさんに訪ねると、どうやら今日は懐かしの列車が期間限定で
走る日の初日らしい。 しなの鉄道のパンフレットもらいました。

佐久に生まれ育った僕にとって、旧信越本線はほんとうに数える程しか
利用したことがない。  佐久だと小海線利用で小諸に出れますが、
地方は車社会なので列車に乗る機会なんでそうそうありませんでした。
なので記憶もすごく薄いのですが、記憶の奥に、
確かこんな色の列車にのって、
途中のホームで釜飯とプラ急須の緑茶を買ってきてくれた
おばあちゃんの姿が残ってます。
いつのことだか全く思い出せませんけど、
その列車の窓辺におもちゃのようなプラ急須姿のフィルター越しの
山の姿が、妙に昭和チックに記憶に残って懐かしい。

とおもうと、乗ってみたくなってきました。

9月はあと明日の14日、
10月は11~13日、
11月は22~24日。
臨時列車で本数少ないですからHPから確認してみて下さいね


『旧信越本線120周年。
 懐かしの列車、駅弁がよみがえる!!』

湘南色の169系が往年の姿でよみがえる、
期間限定の臨時列車  快速リバイバル信州号

しなの鉄道HP http://www.shinanorailway.co.jp/

theme : 避暑地軽井沢
genre : 地域情報

中秋の名月イベント

おはようございます。櫻井です。
昨日あたりから、お客様(固いので今後ここではお客さんと統一させて下さい)
にも案内をさせて頂いています。
住まいながらもほんの一部にしか触れられていなかった軽井沢の姿に、

お住まいの方々にはより身近で変化や魅力に気づいてもらえるきっかけに
別荘利用の方々には離れた地からも軽井沢を感じて頂ける場に

育てていきたいと思っております。

連絡帳・掲示板・意見交換・相談先・談話室・サロン(あれいくつか意味被ってるな)
などとしても・・ 私や私共とも距離も身近に感じていただけると嬉しいです。
軽井沢に足が向くきかっけにもなると尚嬉しいです^^


さて、最初の日記にも書きましたが、
私の身近に軽井沢の魅力を良ーく知る専門家がいっぱいいます。
なかなか他部署との交流というのは社内でも勤務時間や休みが合わない為
難しいと勝手に思っていましたが、小さなきっかけから交流がどんどんと
広がってきています。本当にありがたい!まだまだ知らない軽井沢がいっぱいでした。

ここを営業的に使うつもりはありませんが、
軽井沢を遊ぶ楽しむ美しさ魅力に感じられるきっかけとなりそうなことは
どんどんご案内していきますね。
この連休に軽井沢滞在の方やお住まいの方、無料イベントもありますから
ご予定が合いましたらどうぞお気軽にご参加くださいね

ーーーー

■お月見会

中秋の名月、澄んだ空気と虫の声を背に、明るく美しい月を望遠鏡
で観察します。

 ●9月12・14日 
 ●19:00~19:20(20分間)
 ●トンボ前芝生広場にて
 ●参加無料


■ナイトハイク

ムササビとコウモリの観察をしましょう。
闇夜の中を歩きながら、動物たちの気配に感覚を研ぎ澄まします。

 ●9月13~15日 
 ●18:00~19:40
 ●3000円(小学生以上。小学生は保護者同伴)
 ●要予約


■自然教室 「聞いてびっくり!ツキノワグマ」

 ●9月13日 
 ●19:00~19:40
 ●カフェハングリースポットにて
 ●参加無料 

theme : 避暑地軽井沢
genre : 地域情報

8月下旬の植物たち

8月下旬です。20日頃から月末までを掲載します。


◆ノコギリソウ  キク科
 葉っぱがのこぎりのようにギザギザしているのでノコギリソウ。
 葉っぱは、、来年みつけましょうか。まだみれるんじゃないかな?

080820ノコギリソウ2


◆スギゴケ  スギゴケ科
 スギの葉に似ているから、スギゴケです。
 名前はスギゴケ科のコケの総称で、細かい分類はよくわからないそうです。
 しっとりしたコケがあれば、こういった植物ちっくなコケもあり。深いですね

080821スギゴケ2


◆ムクゲ  アオイ科
 この花は、朝咲いて夕方にはしぼんでしまう一日花だそうです。
 いつも咲いているようでも毎日たくさん咲いて、たくさん散っているのです。
 中国原産で、韓国の国花です。渡来したのは、平安時代ということで、
 松尾芭蕉や小林一茶の俳句に登場したりと日本人にもなじみ深いようですよ。

080822ムクゲ2


◆ミズヒキ  タデ科 
 花を上から見ると赤、下から見ると白なのでのし袋の水引に見立てたようです。
 以前のキンミズヒキとは全く別の種類です。名前一緒なのに、というのが多いですね
 タデ科ということですが、「タデ食う虫も好き好き」のタデです。
 昔から茶室の庭に好んで植えられていたようです。
 ・・おお、庭先にたくさん生えてるので、野点ポイントに少し移植しておこう。
 それにしても、改めてこういう情報は嬉しいなあ。 ありがとうSさん!

080825ミズヒキ


◆アサマフウロ  フウロソウ科
 浅間山の冠をつけた植物、実は数が激減しており絶滅危惧種に指定されて
 いるそうです。大変希少な種なのですね

080825アサマフクロ1
080825アサマフクロ2


◆ハギ  マメ科
 秋の七草のひとつです。七草と言いながら、ハギは草ではなく木です。
 日本人とのかかわりは古く、万葉集では、ハギを詠み込んだ歌が142首あるそうです。
 木なのにマメ科なんですねぇ あ、仙台の萩の月って豆餡じゃなかったかな?
 記憶がとびとびですので気がついたら訂正しますです。

080828ハギ1


◆ウド(ヤマウド)  ウコギ科 
 思い浮かべるウドは真っ白だと思いますが、あれは日陰でモヤシ状に育てたものらしく、
 自然界では、こうなるそうです。 ーおお!
 春には山菜として食べることもできるので、春には同じ場所から出るらしいから
 今年度のうちにマーキングをしておいて来年収穫したいですな。
 この時期のは硬くて食べられないらしく、この状態がまさに「ウドの大木」なのです。
 ーおお、sさん!なるほどー。

080828ヤマウド1
080828ヤマウド2


ここで、8月のは終わりです。
9月もいつのまにか中旬ですけど、これからはリアルタイムかつ、
自分の撮影と言葉も織り交ぜて残していきたいと思います。
ピッキオさんのとこで図鑑買ってこよ。

theme : 避暑地軽井沢
genre : 地域情報

8月中旬の植物たち


8月の中旬です。早く追いつかなくては・・。

◆ノコンギク  キク科
 野菊と呼ばれるものの一種で紺色をしている(特につぼみの時)
 のでノコンギクというそうです。 これも秋の花。早いな

080811ノコンギク1


□木の実の紹介

1.ヤマボウシ  ミズキ科
 この時期は花が終わってこんな実がつくんですね。初めて注目して見ました。
080813ヤマボウシ 実

2.コブシ  モクレン科
 この実の形が子供の拳に似ているからその名になったとか。
 コブシの白い華は春先の楽しみでもありますが、その花からこんな
 ボコボコした大きな実がなるなんて、これも知りませんでした。
080813コブシ 実

3.ツリバナ  ニシキギ科
 この状態から熟すと、くす玉のように殻が割れて中からポロンと赤い種?
 実かな?がぶら下がります。僕が植物の食べられない実で初めて興味をもった
 可愛らしい姿でした。うちにもあるので秋に撮影してアップしますね
080813ツリバナ 実


次は 木です。

◆カシワ  ブナ科
 秋にはドングリがなります。いろんな木からドングリがなるんですね
 落葉樹で秋に葉は枯れるのですが、冬の間も木に枯れ葉がついたままの状態で
 新芽を保護しているようなのです。そう聞くと、見て確認したくなりますね。

080813カシワ 1


□8月18日頃咲いていた花のおさらいです。遅くてスミマセン・・

1 エゾミソハギ  ミソハギ科
 開花時期のばらつきが大きいため永く見れるそうですが、もう見れないかな?
080818エゾミソハギ

2 キキョウ  キキョウ科
 この薄紫と花の形、好きだなぁ。
080818キキョウ

3 レンゲショウマ  キンポウゲ科
 前のより色が変わってなんだか重たそうに頭を垂れていますね
 花を楽しむには支柱をしたほうがいいそうですよ
080818レンゲショウマ

4  ギボウシ(オオバギボウシ)  ユリ科 
 おおギボウシ!うちの庭でも今年はたくさん咲きました。
 かぶを1箇所に集めてみたので、増えたら来年移植しましょう。
080819ギボウシ

5 オミナエシ  オミナエシ科
 この時期に黄色い花をつけるのは、このオミナエシ位らしいので判り易い。
 キキョウとともに秋の七草のひとつです。 あれ、これ、おかゆで食べるの?
080818オミナエシ

6 ノコンギク  キク科 
 写真で見るより青が強いとのこと。今期は見たような見ないような・・
080819ノコンギク


ぷはぁ 記録することより 
記憶に残して来年を待ちわびなくてはもったいないなあ。
もっと早く始められればよかったな。

つづきます。

theme : 避暑地軽井沢
genre : 地域情報

ピザ窯つくり2

ピザ窯の重要な 基礎つくりです。

今更ですが、この時までコンクリートなんぞ練ったことはなく、
どういう原理で何をどのくらい混ぜたらああいうカチコチなものになるのか
まったく検討つかない状態でした。
水を入れて緩くなるとトロトロですし、水が少ないとパサパサで接着しそうな
気配が感じられないというか・・ そもそも、接着させようとするもの自体を
よーく水分を浸しておかないと強固につかない(粒子に浸透しないということ?)
ことも、始めた後に教えてもらいました。  ええ、無謀でした(笑)

ーーーー

前回の下地づくりに誤りがあって、湿気ブロックのプチプチシート類の上に
“10センチ位の砕石”を入れなきゃなんなかったようなのだ。
しょうがないので一旦砂利とシートを取り出して、土を7センチ削って外に掃きだし、
平坦にレベルを採った上にシートを敷きなおした。

その後の作業

・シート上に荒い砕石をあるだけ敷く
・拾い物のレンガ破片を砕きに砕いて上に敷き詰める
(レンガが蓄熱しそうなのと空気層ができるため)

imgfb314fe5zikdzj.jpeg

業者さんから砕石と砂を購入・運搬 (荷台に一人スコップで延々と積み込む・・)

imgcf078dedzikczj.jpeg

・砕石、レンガ層の上に厚く細かな砂利を敷き詰め踏み固める

まずはそんな感じ。
軽トラって、あんま重たいの載せられないようだ
800kgまで積載可能と表示はしてあるものの、エンジン負荷がかかり
坂道発進がやばかったほどほどにスリム化してから運びなおしました 。

市販品買い揃えなくてよかった!安く揃えてのセルフビルドでないと意味がないもん、
恵まれた環境に感謝です。

つづき

・砂利を敷き詰めたところに木枠を水平をとりながら固定。

・補強の針金を組んでいく。ジョイント部分には細い針金状
 のものを器具を使ってクルクルッと固定し網状に。

imga548ff59zikczj.jpeg

・セメント1:浅間黒砂2:を良く撹拌した後に、
 砂利を3の割合で水を足しながらよーく撹拌してトロトロに。

img85e78dffzik0zj.jpeg

・ぶわわーっと流し込む。
 セメント作って流し込みの作業は、小さめの船(コンクリ
 練る桶みたいなやつ)で5杯分練って流し込んだ。

img0b51597fzik2zj.jpeg

・明日が雨らしいのでブルーシート被せて1週間ほど放置。

たぶん、なんでしょうね この木枠をそっと外すときには
お手製チーズケーキを型から取り外した時のような感覚に
なるんだろうな
昔親がよく作ってくれたのは 底に砕いたクラッカーを
敷き詰めてたやつだっけ・・ 

土台ができて素材が揃えば、あとは作業も早い筈だ

梅雨前になんとか完成させなくては 
タープ張って作業しよかな

ーーーー

theme : 避暑地軽井沢
genre : 地域情報

プロフィール

さくらい・かるいざわ

Author:さくらい・かるいざわ

ようこそ 『軽井沢に暮らす~遊楽山荘~』へ。
ここでは、軽井沢の別荘で暮らしてきた自分の体験から 遊びや楽しみ方美しさ素晴らしさを感じられる 「きっかけ」になれればと、 また離れた地からも身近に感じてもらえるよう 軽井沢のふつうの日常姿を気負わず緩めな発信で続けていきます。

仕事を通じて知り合った方々との、その後の繋がりを大切にしたい。 別荘ライフ軽井沢暮らしを始められた方々との交流の場にしたいと始めたものですから、気軽に相談やコメント頂けると嬉しいです。

それではどうぞ、宜しくお願い致します。

あ、過去の記事にも対応しますので気軽にコメント下さいね!さくらいが喜びます。

写真はサムネイルで見づらいのでクリックくださいませ 少しおおきくなります。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
08 | 2008/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ゴルフ掲示板
リンク
Twitter on FC2
QRコード
QRコード