猛暑予報・貸し別荘を。


今年はどうやら、なかなかの猛暑となりそうですね。
ラニーニャさんの影響ですか、恐ろしい。。
http://40exchange.com/2016summer-2142
http://www.idobata.link/entry/%E7%8C%9B%E6%9A%91VS%E5%86%B7%E5%A4%8F

ここにきて、
すぐ使える別荘とか 貸し別荘の相談が増えました。
別荘地内(一低層)では公には1ヶ月からの募集しか現在は
行えないため、貸し別荘でもそのような募集になっていますが、
実際にはオーナーさんだって使いたいし、
借手さんだって1ヶ月も長くなくてよい、という感じがおおいです。

契約は1ヶ月とはなりますが、実際のご利用(1-2週とかとか)
の期間に合わせて家賃設定してもいいよ。 と仰って下さる
貸主さんもけっこういるかと思います。
互いの希望要望一致であれば、いいとおもうなー。

個人的にですが、
やはり利便性がよいところがお勧めし易いです。
シーズンは混みますし、経験上小さな町といっても利便性が
あるほうが、滞在が豊かになるとおもいます。


そして個人的に、この辺りを勧めたいなー。。

img_info_mv.jpg

http://vr.aricajapan.com/info_85.html
リノベーションの背景等はまた改めて。

http://vr.aricajapan.com/info_74.html
ミニマムなシンプル別荘のモデルハウス的使い方もしています。

http://vr.aricajapan.com/info_77.html
利便性抜群な場所。夏は借手がついたので初秋からぜひ。

http://vr.aricajapan.com/info_83.html
リノベーションを学びました。こちらは大人の方限定かな。

http://vr.aricajapan.com/info_69.html
こちらのシンプルリノベも楽しかった。星のエリア散歩圏の平坦地。

http://vr.aricajapan.com/info_62.html
ああ、色調の使い方を学びました。ステージングも。

http://vr.aricajapan.com/info_30.html
こちらのフルリノベは建築勉強初期だったので衝撃的でした。
古きよきの趣を残し生かした再生を、勧めたいです。。

http://vr.aricajapan.com/info_28.html
塩沢グルメ通り近くの築浅。デザイン。大人の静かな滞在を。

http://vr.aricajapan.com/info_03.html
上ノ原通り 素敵なカフェのゲストルームを。

img_info_mv.jpg


ほかも、ありますが、まずは分かり易く勧め易いところで。
直接相談をしてみることもできたりできなかったりですが、
あくまで個人的なつながりでのしごとでないものですから
できるはんいでのお繋ぎになります。

オーナーさんも貸すことで、in/outの清掃をアリカさんが
してくれるので綺麗な状態で自己利用できます。

諸々、
もろもろ別荘を貸すことにご意見お持ちの方もいるかもですが、
前もすこし触れましたが、マナー守れる貸し手借手のルールが
しっかりしていれば、別荘の環境維持の点から始まって未来へ
繋がる良い点もたくさんなのですよ。
逆に閉じてしまったほうが維持費捻出できず手入れできず
売れない稼動しないの懸念要素が多いこともしってほしいです。

徐々に、様子見しながら、でよいので、
昭和から続いていた別荘体験をしてもらえる制度が良い形で
動き出せるようになることを、茂みの中からひっそりと覗きながら
願い支援していきたいと 思っています。
実体験からの動機もまたいつか。



人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

やっぱり森暮らしの別荘体験を。


以前もご紹介した事がありましたが、
http://sakuraikaruizawa.blog33.fc2.com/blog-entry-1325.html


軽井沢の本当の良さを知っていただくには、
商業施設だけでなく、昭和初期から続く別荘文化に触れて
体験・体感頂きたいなあと改めて思っている次第です。

民泊、のくくりでは無いと個人的に思っています。
旅館業や生業や、理由付けすれば縛りのあることは理解して
いるのですが、、

別荘を使わない期間をお貸しして、
別荘の管理費や維持費、修繕費や庭木の伐採費用なんかに
充てられれば嬉しいなあ。。
という発想から、バケーションレンタルにエントリーされて
いる方が殆どだと思います。
自分たちも使える時は使って愉しみ、
貸せる時は貸してみたい。

http://vr.aricajapan.com/ 

img_about_mv_20160509141423c9e.jpg

http://vr.aricajapan.com/vr.html


「別荘持てる人はゆとりがあるんだから」

そんな言葉を聞くと、ちょっと嫌になります。
軽井沢町内だけで15500棟くらいあるのですが、
実際に毎年使われている、稼働している建物はどの位
あるかご存じないのでしょう。また、先代が築いた
別荘の維持に、次世代が出資できる世帯がどの位の
割合でいるものでしょう。。

なかなか我々のようなしごとをしていないと別荘地の
中を広く知ることはできないのかもしれませんが・・

・おじいさんの代が昭和30〜50年位に建てられ、
 子世代・孫世代が引き継いでいる別荘。
・昭和60年前後から平成4年位のバブル期に建てられ
 子世代が引き継いでいる別荘。

上の2つだけでも別荘建物の相当な割合となっています。
私が51年生まれで今年40ですから・・
常に住む家ならまだしも、たまにしか使って来なかった
古い別荘は、維持も売却もそう簡単ではありませんよ。

「借り手がつくなら、その家賃を充てに延びきった木々を
 間引いて日当り風通しをよくしたい。」
「貸せる状態にしておければ、自分たちや親族だってまた
 以前のように使えるはず。」
「兄弟親族で相続しているので売る事は出来ないけど、
 このまま痛んで朽ちていくのは忍びない。別荘が貸せて
 収益が出るのならリフォームをして3年で回収できるかも」

などなど、 
空き家の再活用に近い感覚で別荘を貸すことを、
なんとかお手伝いできないかなと、思い続けています。

という、、
別荘の稼働が高まり、建物や環境が維持されるメリットから
「貸すことと貸す準備」をお勧めしたい想いも強いのですが、


やーーーっぱり、
別荘で感じる 日常との時計の進み方の違い、
野鳥に起こされる爽やかな目覚め、
日が暮れたら夜になる。
日が出たら朝がくる。
空気も水もとても美味しい。
心身が癒され毒素が蒸発していくような・・

を体感して 軽井沢をもっと好きになってほしいです。


共感くださる方々も多く、
バケーションレンタルへのエントリーをはじめ、
リフォーム・リノベーションや諸々と、
もろもろ出来る事を考えながら助言やお繋ぎをしています。 
もっと知恵や方法がほしいところです。

1ヶ月単位からのリースでなければ合法ではないようですが、
実際は皆さん使いながら使わない時貸したいのですもん、
1週間単位でのウイークリーヴィラサービスを公に受付できる
ようになればとても理想なのですが。。


軽井沢は 大人の街です。
良識ある大人と、こどもにも「森暮らし・別荘のある日常」を
体験させたいというご家族が多いものですから、
いわゆる「隣の別荘が毎夜どんちゃん騒ぎ」というような心配は
皆さんのイメージよりも圧倒的に少ない筈です。
バケーションレンタルの友人も、開業当初は年数件クレームが
あったけど現在は無いとの事。無いというのはモラルを守れる良識
ある借り手にしか貸していないこと(=オーナーの希望が殆ど)
夜8時以降は外でのBBQを遠慮頂いたり、周囲の別荘の方々に
配慮したルールの元に、お貸しするお手伝いをされているのです。

勿論、生業として宿泊業旅館業をされている方々からの反対意見等も
あるかとは思いますが、
利用希望客の目的もサービスも価格帯も異なるものですから、
軽井沢の別荘環境の維持、別荘体験ができる街としての集客、
様々なメリットもあってのことですので、
共存共栄で良い方向に進んでいくことを心から願っておりまする。


ふー こういうこと書くのおっかないですが、
知ってもらう事でよくなることもありますもんね。
たまにだけ、こんなことも記しておきます。。



人気ブログランキングへ

http://i-morinoie.com/special/knock03.php
こういう感じの別荘ライフ いいなあと思います。

別荘体験をやっぱり勧めたい。


GW前あたりからタイミングを図っていたのですが、
なんか表現や立ち位置やらで後回しにしてしまっていたもの。
やはり、体感頂きたく勧めたいなと、書いてみます。


以前、ご紹介でお勧めした事もあります、
http://sakuraikaruizawa.blog33.fc2.com/blog-entry-566.html

バケーションレンタルという、不在時の別荘を短期間でリースする
とても合理的で良いサービスがありました。


ARICA バケーションレンタル http://vr.aricajapan.com/ 

img_serviceimage.gif

あ、今もあります。同業の友人が行っているサービスです。
過去形にしてしまったのは、 昨年のシーズンin前に目立った類似の
サービスが露出をし、指摘を受け、昭和の時代からあった軽井沢の
短期貸し別荘文化に制限がかかってしまったのです。
決して違法ではなく(白ではないのですが)駄目な訳ではない。
用途地域や旅館業法をクリアしているものは短期でも可。
1週でもダメ、とは言わないけど、1ヶ月単位であれば問題なし。

まあ、いろいろがいろいろで、勧める側も、理解のある方に限って
しまうのかなあというのが個人としての、なんかです。


サービスは違いますが、前職でリロケーション物件(転勤の間だけ
持ち家を貸す大家さんに)を扱う仕事をしていたので、
11年前にここでの仕事に就いたときに
「別荘使わない期間を貸したらいいのに」とすぐ思いました。
1シーズン貸すけど短期間のサービスはあまり無かったように
(気がつかなかっただけですが)思えまして、
どなたかやってくれたらいいのにと思っていた所、
アリカさんのサービスが始まり岩丸さんに繋がりました。
お客さんだった方々にもお勧めし、多くエントリーされています。

http://vr.aricajapan.com/info.html

ええと、どっち向いて話そう。
img_vr_mv.jpg
ご所有やこれから別荘を持たれたい方へ向くと、
別荘建物は使われないと痛み、使われ稼働通風されると元気に。
in/out時はお掃除されるので自分が使いたいとき大体綺麗な状態に。
これは所有の目的によりますから、自分の別荘をシェア感覚で使って
もらってもいいかな。建物にもよく、実質別荘の維持費はタダになり
少しお釣りが出れば今後の修繕費などにも充てられるし。
と考えられる方にお勧め。

これから、の方々には、
img_about_mv.jpg
やはり別荘滞在を通して、本当に求めたい環境や滞在スタイルを
想像してほしい。オーバースペックな贅沢なものになりすぎず、
維持しやすく滞在が程よく快適で、不便過ぎず便利すぎず。
森の木陰が良いか、実際は日当りもとても重要で・・というのは、
頭で考えたりwebで売りものや情報を得た表面的なものよりも
ずっと、能が感覚に訴えてくれると思います。


Airbnbさんのサービスだって良いと思います。
貸別荘というサービスも、リゾート地での滞在バリエーションと
して、泊まりたい方々に求められるのであれば提供してあげたい。
ホテル、民宿ペンションとは、
滞在環境的にもハード的にもサービスも異なりますし、
国際観光文化都市 であり、国際特別都市建設連盟 とやらにも
加盟し、欧米人アジア人観光者も急激に増えている昨今、
海外のそういった観光地リゾート地にある旅人にとって有り難い
サービスが、日本の法律だからだめだよーホテルとかペンション
だけですよーでは、 勿体ないなあと思います。

京都や葉山なども行政特区?として1週間単位が認められている
ようですし、2020年の東京五輪に向けて都内でもゲストハウス、
ドミトリーなどの簡易宿泊業範囲の宿も歓迎されている模様。

ええと、正直ココは主観はかかずに緩くさらりと続けているので
こういうことを公に言うのは怖いのですが、、

高原都市のこの町にとっても、将来の別荘地環境にとっても、
条件付きでも良いので、1週単位でのサービスが公に認められる
ようになると 先が明るくていいなと 嬉しく思います。


ARICAさんのバケーションレンタルサービス。
http://vr.aricajapan.com/info.html
1ヶ月単位の募集ではありますが、貸す方の都合としても借り手の
都合としても、滞在は1ヶ月欠ける場合も多くあるのでしょう。
実利用に対してで多少お家賃の調整が出来たりケースバイケース
でもあると思いますので、 もしサクライの顔の見える方々でしたら
私に相談ください。オーナーさんに直接聞いてお繋ぎみますよ。

単純に、経由して選んでくださった方々の稼働に貢献したいのも。
いい環境を選んで頂いたのですもの、これからの方に体感頂ければ
いいー環境選びのとても良い参考となると思いますから、
ちょっと、個人でできる範囲で勧めていきたいです。


ああー おっかない。
やはり主観を入れる記事は似合わないというか、
気を遣って疲れるなあ(苦笑)



人気ブログランキングへ

別荘体験3選


本来もっと早めにご紹介すべきでしたがごめんなさい。
夏の滞在及び 秋の滞在に、 建築の参考にご利用下さいませ。

数度ご紹介している バケーションレンタル から、今回 3選。
よく知っているからとういう理由だけの選出ですが、他の建物もぜひ
体感くださいね と先に言っていきます(笑)


1・ ロハス千ヶ滝。
 http://vr.aricajapan.com/info_30.html
 こちらの建物は、リフォームのビフォーアフターを覗かせていただいて
 いましたので、魅力をよーーく知っています。
 味わいのある古い別荘も、単に壊して建て替える 以外の選択肢も
 あるのだということを勉強させて頂いたお宅です。
 時が止まっているかのような 落ち着いて静かな雰囲気ながら、
 耐震補強も、床暖房も、質の高い珪藻土塗りも、水周りも・・
 快適に滞在を愉しむ機能が全て備わっているんです。
 単純に別荘ライフを体感頂くもよし、
 これから別荘ライフを検討されるに中古建物をリフォームして、
 と検討される素材としても お勧めです。


2・ 南原の家。
 http://vr.aricajapan.com/info_28.html
 塩沢通り(グルメ通り)から少し入った一角にあるデザイナーズ建築。
 オーナーのセンスが光るとても素敵な建物ですが、軽井沢を留守に
 する期間のみお貸し出しする形で登場しています。
 毎年ある貸し別荘ではありませんから、お借りできるタイミングにて
 別荘体験してみてくださいね。
 こちらも、新築を建てる上でとても参考になると思います。


3・ カフェのお隣のお部屋。
 http://vr.aricajapan.com/info_03.html
 こちらは本来もう少し早くご紹介したかったのですがごめんなさい。
 別荘の方はご存知の方も多いと思います。上ノ原のカフェサロン
 「 ザ・テラス・サクマ 」  さん
 http://tabelog.com/nagano/A2003/A200301/20005244/
 こちらはカフェ軽食だけでなく、1組限定ですが宿泊もできるのです。
 1LDKの約53㎡も広さがあり、スイートルームといった感じでしょうか、
 約16坪ですから、ご夫婦のミニマムで上質な山荘を計画されている方々の
 スケール感の体感にも宜しいと思いますよ。あともう1部屋足した2LDKで
 20坪台前半位でもよいかなというイメージを広げるにも参考になります。
  
 地図の場所がずれているページが多いですが 
 正しくはこちら: http://yahoo.jp/6DNQlU
 直接おつなぎもできますので、ご興味のある方はご相談下さいませ。
 カフェサロンにつきましても 改めてご紹介いたしますね
 長居したくなってしまうほど居心地のよい空間と奥様のお人柄です。
 カフェとしては町内でいちばん好きかも、お勧めです。

 ちなみに、2と3は偶然ですが シンケンチク さんの施工建築でした。
 質感良い建物を建てる設計施工の会社ですので、テラスサクマさんを
 ご利用になり雰囲気がお好きな方はご相談してみて下さいね。


改めて 貸し別荘体験、お勧めです。
ホテルなどとはちょっと違った、野鳥に起こされる寝覚めを体感下さい。
別荘や移住計画の方向性を検討するにとても効果的な滞在ができますよ。

ではでは、気持ちの良い軽井沢滞在を



人気ブログランキングへ

バケーションレンタルという別荘の維持


こんにちは。
たまには仕事というか、お役にたてればの話です。

別荘Naviに社内異動してから、あとひと月で 7年になります。
別荘の仕事に就いた当初、ある同業の営業の人たちから
「 3年で再販されるお客さんが多いですよ 」
という話をよく聞かされました。

そういうものなのかなあ、それは軽井沢暮らしをちゃんと楽しめる土地や
別荘とのお引き合わせをすれば、そんなことないんじゃないかなあ

そんな想いを胸に 暮らしに合った物件との良縁を心がけてきました。
今までの仕事を振り返ってみると、自分の携わったお客さんでも百数十組
にもなっていましたが、軽井沢を離れられた方は少ないようです。
軽井沢で過ごす時間を変わらず大切に楽しんで下さっているお客さん方に
恵まれとても幸せです 軽井沢でお会いできるのも嬉しい!
更新されるゼンリンの住宅地図を開くたびに、各ページにお知り合いさんが
いることの感動は何とも言えません。。


さてさて
そうは言いましても 震災や経済情勢、仕事やお子さんの事情などから
別荘のご利用頻度が下がったり、維持に少し煩わしさが出たり、、という
お話も伺ってきておりました。

ご売却のご事情は致し方ないです。良い方へお引き継ぎする手伝いを
精いっぱいさせていただきます

でも、思い入れもあるし、お子さんの受験が終わったり、仕事が定年を迎え
時間ができたらまた頻繁に使いたいんだなあ。。

もし、
いま手放されることにどこか抵抗がある方は こんな選択は如何でしょう。


img_about_mv[1]

【 バケーションレンタル 】
ARICA HP:  http://vr.aricajapan.com/index.html  

このバケーションレンタルシステムとは 
別荘オーナー様が滞在されない期間、貸してみては如何でしょう というもの。

利用していない期間を貸して 賃料を得られる というものです。
固定資産税や建物維持の補修費などに充てられ、建物も使われることによって
劣化が少なく (人が住まないと建物は痛みます) 建物にとっても良いのです。

ハワイや欧米の海外リゾートでも既に広く活用されています。
参考 http://santa.cside.com/hawaii/junbi-tehai.htm
    http://www.aquahawaii.com/
    http://jpn.vacationhomedirect.com/

私は東京の前職で、大手企業の転勤による留守宅のリロケーションサービスにも
携わっていましたので、稼働の低い別荘のリースもしくみ化できればと思い、動き
始めたことがあったのですが、、
別荘という 「ゆとりの空間」 を自身の動産を片づけてまで貸すこと、
家族の想い出空間に他人が入ることの懸念感から 実際難しさを感じたものでした。


それを軽井沢で形にしたのが こちらのARICA さんです。

・別荘オーナーさんにとっては、維持の負担を軽減でき収入にも繋がる。
・借り手にとっては、「別荘体験」が行え、ホテルと比べても安価に滞在できる。

そしてちょっと営業チックですけれど、我々にとっても別荘検討のお客さんが
別荘滞在の体験をされることで、軽井沢で迎える朝の爽快さや夜が更けていく
瞬間の感動、そして町内でもどのエリアがご家族のライフスタイルに合っている
のかをじっくり検証頂くこともできますので 有り難いサービスと思っています。

 現在の別荘ラインナップ
 http://vr.aricajapan.com/info.html
  
 (サイト非公開の情報もあるかもしれませんよ)

素敵な別荘も多いので、建築設計の参考や、寒冷地の気密性(冬の寒さ体験)
の確認などに活用してもよいと思います。


ああ、立ち位置が混ざってしまった・・

もし、別荘ご所有で こういうサービスを利用して貸しても良いかな、という
方がいらっしゃいましたら お知り合いさんでしたら私へご相談下さい。
1部屋をオーナーブロックとし、荷物を外に移さない貸し方もできます。
ARICAの軽井沢担当は 私櫻井の友人でもありますので、お引き合わせと
最初の立ち会いなどはご一緒いたしますよ。

こちらの記事をご覧になり興味をもたれた方がいらっしゃいましたら
ARICAさんに直接お問い合わせもどうぞ。 


これから検討の、多くの方々に軽井沢滞在の魅力が伝わり、
また縁あってご所有頂いた皆さんには、手放される以外の一つの選択肢として
このようなサービスも検討頂けると 携わったものとしても嬉しく思います。

気軽にご相談下さいね~


人気ブログランキングへ
プロフィール

さくらい・かるいざわ

Author:さくらい・かるいざわ

ようこそ 『軽井沢に暮らす~遊楽山荘~』へ。
ここでは、軽井沢の別荘で暮らしてきた自分の体験から 遊びや楽しみ方美しさ素晴らしさを感じられる 「きっかけ」になれればと、 また離れた地からも身近に感じてもらえるよう 軽井沢のふつうの日常姿を気負わず緩めな発信で続けていきます。

仕事を通じて知り合った方々との、その後の繋がりを大切にしたい。 別荘ライフ軽井沢暮らしを始められた方々との交流の場にしたいと始めたものですから、気軽に相談やコメント頂けると嬉しいです。

それではどうぞ、宜しくお願い致します。

あ、過去の記事にも対応しますので気軽にコメント下さいね!さくらいが喜びます。

写真はサムネイルで見づらいのでクリックくださいませ 少しおおきくなります。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ゴルフ掲示板
リンク
Twitter on FC2
QRコード
QRコード