よりみち びーる



18033093_1298540646908984_8776679982981266356_n.jpg

ふーー

よりみちも 必要です。
そんな気分でいっぷく。

もうちょっとだけ ごめんなさい。



人気ブログランキング

http://sakuraikaruizawa.blog33.fc2.com/category40-1.html
去年の春からの植物おいかけっこをといりそぎ。。
スポンサーサイト

ネオ三本締めと、オブザイヤー10周年とか。


個人的にとても好きで、
郷土力士を応援するかのように見守ってきたヤッホーさん。
カテゴリを分けた初期の頃からどんどん進化され大きくなり
http://sakuraikaruizawa.blog33.fc2.com/blog-category-37.html

最近ではすっかりメジャーに認知されていますが、
変わらずにアホなことを真面目に続けてくれている
「知的な変わり者」 がファンの心をがっちり掴んで逃がして
くれない所が嬉しいです。 ピープルズチャンピオンです。

アホなことをー と思っていたら、
突き抜けてかっこよくみえてきちゃって、覚えたくなります。

ネオ三本締め。 YouTube動画。
https://www.youtube.com/watch?v=H_cI2WXUdW8

こっちから、譜面音源や覚えられるよう小分けされた
チュートリアル動画が見れますよ。
http://yonasato.com/ec/sanbonjime_compe/

予告編から期待していて、公開されてすごいエンタメ感だけど
長いぞー!と思いましたが、これは覚えて輪に入りたいと。
音頭とって広めてやろうと思えるいいかっこ良さの楽しさでした。
ぜひぜひ見て覚えてね。


ネオ三本締めでおなかいっぱいのところ、
日々ニュース等でヤッホーブルーイングさんのネタが
流れついてきます。


「俺、演歌歌手だったわ!!」
に、井手てんちょらしさが詰まっていてしびれてしまいます(笑)
http://yonasato.com/ec/soy2016_main/

この10周年リサイタルを行えたのもてんちょはじめスタッフの
相当な日々の努力によるものなのでしょうけれど、そういった
裏を感じさせない明るいエネルギーでエールビールと幸せを
当たり前のように届け続けてくださるものですから、
快挙とか感慨深いものがーとかすら感じさせずに、ただただ
楽しく嬉しく活躍に共感し応援できることが素晴らしいです。

最近でも働き甲斐のある会社なんとかとか、
企業とのコラボとか5月の超宴とかとかネタいっぱい。
ちょびっと検索などしてみてくださいね。

ではでは。

http://yonasato.com/ec/





17190946_1249060868523629_4535185604075610765_n.jpg

ヤッホーブルーイングさんに!


どんどんファンが増えすっかり認知され
皆に愛されるようになったのヤッホーブルーイングさん。

歴史を振り返りたくてカテゴリまでひっそりと分けてまして、
http://sakuraikaruizawa.blog33.fc2.com/blog-category-37.html

本当に個人的な思い込みですが、
ゼロ年代はヤッホーさんと軽井沢高原ビールとともに切磋琢磨
したつもりで今のしごとと役割に励んできました。

今でははるか遥かに大きくなりましたが、
井手てんちょの想いは変わらないのがとても嬉しい。
三木谷さん星野社長がまだ今の存在になる遥か前から
近くにいて大きくなっていくのを見ていた事で、
(はたからみれば)大きくなった井手てんちょは、
「ぼくだってなれたんだから、皆さんもなれるんだよ。」
という事を、著書や講演、楽天大学等で伝えてくれています。

よなよな愛の伝道師でもあり、
経営者の夢と可能性をうんと広げてくれる伝道師でもありました。

15078907_1139510509478666_429517237843706137_n.jpg

どこでも買えるようになりましたね。
ウマミIPAも好き!いっぱい買っちゃった。

別荘にお呼ばれするときは極力ヤッホー商品をお土産に。
そして、頂き物で一番嬉しいのも、ヤッホーさんの商品なのです。

気を遣わない 「軽井沢の友人」 と 思って皆さんにお付き合い
頂くのがいつも嬉しく心地よく、そして入社以来ヤッホーブルーイング
及び井手てんちょとの関係を知ってくれている別荘友人さん達が、
美味しいよね。 って、ニコッとか にやっとしながら内側の僕に
よなよなエールとヤッホーの商品を下さる気持ちが、
いい関係だなあと、しみじみ嬉しくなるのです。


もう、9年も続けて楽天さんのショップ・オブ・ザ・イヤー
https://award.rakuten.co.jp/?menu=top&s=100064

に選ばれているのですねえ。
もう、初期の頃は 「郷土力士を応援するかのような」 気持ちで
授賞式でのサービス精神溢れる姿を応援し楽しんでいました。
9年目の昨年でも、こんな姿で。。笑
http://yonasato.com/ec/soy2015_main/ 

好きだから、
10年目も見たいです。
ボクと同じく好きな人、
この店長に投票!と、ショップにも。

をご一緒してくださいな。

ショップオブザイヤー2016のページ
おお、明日の締め切りでした。


話はもどりますが、先日ウマミIPAを抱えて伺った先で、
ご主人の絶品鉄板焼きとお好み焼きを頂いてきました。

15055711_1139510582811992_4292035720148167652_n.jpg

声をかけて頂いたときに、「絶対 粉ものに合うだろう!」
と思っていたのです。
ボクでも正直、かつおだしのウマミを強くは感じられていませんが、
インドの青鬼や歴代好みなんて聞いてないぜSorryとか各種ビールと
比べましても、格段に 「冬の日本食にあわせて飲むと旨い!」
と相性の良さを感じましたよ。

いつまで販売されるか分かりませんので、
まずは年末とお正月用に確保くださいな。


いつもヤッホーさんの話になると長くそして反れちゃいますが、

「バラエティーに富んだ美味しいエールビールと幸せをありがとう。」

という気持ちに尽きます。


ありがとうです

ーー

日経BizGateさんの記事が、
すごく分かり易くヤッホーさんの魅力を伝えています。
「ブランドは、こんなにお客さんに愛してもらうことができるのか!」
http://bizgate.nikkei.co.jp/article/121181913.html

古参ファンとしては、どん底から這い上がる姿がプロレス的で
惹きつけられ感情移入し好きが膨らみましたが、
読んでいただければ熱狂的ファンになる気持ちもよくわかるなあと
感心しました。 いいね!!




人気ブログランキングへ

軽井沢高原ビールの夏8缶セットがかっこいい!


個人的な・・・ 宣伝です!

軽井沢高原ビールシーズナル缶暦が、社歴でもあります。
歴代シーズナル。http://karuizawa-kogen-beer.com/story.html
カテゴリわけちゃってた。好き。
http://sakuraikaruizawa.blog33.fc2.com/blog-category-37.html

NCM_4674_20131113183148da1_201608110926360d0.jpg

未知だったエールビールの種類も、2004年の登場から随分と
愉しませてもらいました。 個人的には2006年のピート薫る
スコティッシュエールが衝撃でした。2年前くらいに夏の限定で
復活していたのが嬉し旨かったです。また飲みたいぞ。
2011年のベルジャンホワイトは、好評を得て水曜日のネコに
なりましたね。IPA(インディアペールエール)もインドの青鬼と
18世紀の~とは深い苦みの違いも楽しめました。
僕ビール、君ビールやそのよりみち。や、ヤッホーブルーイング
さんの提供してくれるバラエティー豊かな薫るエールビールの
お陰で本当にビールの愉しみ方、飲み方、つまみの合わせ方、
ビールの概念を変えてもらっちゃいました。

ええと、、、 割愛。またながくなっちゃう・・


ヤッホーブルーイング・軽井沢高原ビールページに
とても自分好みな姿がありましたのでお借りします。

13876499_1036428993079293_3595799089805353117_n.jpg

缶デザインだってコレクションになっちゃうこのビール、
家型のパッケージに詰める辺りもヤッホーさんらしく好きです。
軽井沢定番のワイルドフォレスト(ブロンドエール)
ナショナルトラスト(ポーター・黒ビール)
シーズナル(今年はベルジャンゴールドエールだ!)
ベルジャンホワイトの軽井沢高原ビール版まである。
のほかにも、この夏限定のセッションIPAやオーガニックビール
まで詰め込まれたこのセットは、缶を眺めて飲んでる姿を想像
するだけで、なんだか緊張がほぐれほろ酔い気分に浸れるような・・
気までしてきます。

ツルヤさんはじめ、町内各所でお求めいただけますが、
この軽井沢高原ビールは、基本軽井沢限定での販売なのです。
ヤッホーさんページ。南仏てんちょバージョン。
http://yonasato.com/ec/201608_krset/
(あ、送料無料だ、500セット限定で)

見かけましたら、
お土産に自飲用にも・・ どうぞ!!


軽井沢高原ビールFBページ。
https://www.facebook.com/karuizawakogenbeer/

そうだ、まだ行けていないけど
星空ビアテラスもトンボの湯の横で開催されています。
http://www.hoshino-area.jp/hungryspot/backnumber/2016/07/21_1639.shtml

13690707_1021738101215049_5505473147645705085_n.jpg

行きたいなあ、、行きましょう!
夏の間に、ぜひお誘い下さい。




人気ブログランキングへ

赤坂アークヒルズでも
恒例となりました よなよなビアガーデン 9/4まで開催ですよ。
こちらも今年はいきたいなあ。
http://www.arkhills.com/event/7402.html

よなよなエールと 井手てんちょ


んーと、
むかし数度書きかけては濃すぎ!と消したり軽くしたりを
繰り返してきた、 
思い入れの強すぎるヤッホーブルーイングと井手てんちょのこと。

カテゴリを分けながらおとなのじじょう?で自粛してましたが、
すこし見返していると、昔からずっと好きだったことを想い出します。。
http://sakuraikaruizawa.blog33.fc2.com/blog-category-37.html


ざっくりいうと、

・☆のを知る前によなよなエールを旧星野温泉の入り口で飲んで
 旨さに驚愕した。(よもぎっぽい香りが凄いと思った) 2000 年かな。
・Uターンで佐久に戻ることを決め、3ヶ月バイクで日本一周して郷土愛
 が深まり地域社会に貢献できるしごとをしなくちゃと決意。2003年晩秋。
・☆のにバイトから入る。 最初の職場で夜のハングリースポットの担当
 となり、ヤッホーブルーイングのビールたちと再会。提供する側になり
 地ビール講座を受け勉強する。バーレーワインの旨さにまた驚愕。
 リアルエールのハンドポンプが誰よりも上手いと錯覚。2004年初夏迄。
・今の席に異動。 当時は今と想像できない程に諸々がモロモロで、
 今のしごとをしながら度々前の職場でも夜な夜な働き将来に不安を。
 そんな折に井手てんちょと出逢う。2004秋だったなあ。。
・離脱を決めかけていた時の不思議な飲み会で、井手兄さんの深い
 悲しみと苦労を知ったような瞳と頷きに無言で勇気つけられる。
 甘かったと悟り、自分の居場所は自分で創りはじめる。
・地元佐久にあるヤッホーブルーイングに一瞬惹かれるも、自分の
 役割はこっちだと。別荘の方々に「飛び道具」的な位置で宣伝や
 愛情を伝えていこうと決意。佐久の会社ということも改めて大きい。
・その後も社の誕生日会で毎年一緒にいたりビールを直接買いにいっ
 たりと、個人的には内部で一番親しみを感じている友人?先輩?
 恩人のおにいさんでした。

はっと気が付くと、
ふつうのおにいさんが凄い感じのひとになっている。
あの真剣にふざける、知的な変わり者になりきるにいさんが、
ちょっと文化人的経済人的な有名人になりかけてるーと
妙な心配をしたことがありましたが、、

そういえば5年くらい前からも、著書と同じこと言っていたなあ。
そしてファンに育てられファンと共に成長する変わらぬ姿に
やはり今でも勇気と力と、幸せをもらっていたのでした。
ぜんぜん変わってないけど、どんどん輝いているや。


12936613_962219523874433_1227203962854347284_n.jpg

出張時に捕獲。

13119057_974080412688344_2022751105180177525_n.jpg

大手本屋さんでは結構いい位置に陣取っています。

2004年から近くで知っているからか、
経済本というよりも、
ヤッホーブルーイングの会社のというよりも、
井手にいさん井手てんちょの伝記みたいでした。
感情移入できて、ファン心がまた育ちました。


クラフトビールブームを牽引しているようにも見えるかもですが、
一過性のものにはならないファンとの関係が築けています。
某大手の出資も受けたけど、何も心配ないでございましょ?
国内シェア1%に向けてブレずに凄く進んでいるのとともに、
チームビルディングによって井手てんちょの分身のような
スタッフやチームのみなさんが、
「ビールに味を!人生に幸せを!」 を広げてくれているので
井手てんちょの激務だけ心配でしたが、もう、安心です。


今週末の、1000人での超宴!! も早々完売。
http://yohobrewing.com/cho_utage2016/
昨年は初の試みで500人。
2回目は1000人を溢れてしまう勢いに。凄いです。
いつかほんとうに交ざりたい。。
晴れますように! 
http://www.mapion.co.jp/weather/admi/20/20321.html


ちょっとおさらいを兼ねて、
記事を拾ってはっておきますね。
きっかけや学びがたっぷり含まれていそうです。

ITメディアさん
http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1605/12/news027.html
http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1604/05/news019.html
http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1603/17/news030.html
http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1603/03/news012.html
http://mag.executive.itmedia.co.jp/executive/articles/1603/16/news021.html

東洋経済オンラインさん
http://toyokeizai.net/articles/-/116076
http://toyokeizai.net/articles/-/112275
http://toyokeizai.net/articles/-/114550
http://toyokeizai.net/articles/-/113229
http://toyokeizai.net/articles/-/77332
http://toyokeizai.net/articles/-/55011

日経ビジネスオンラインさん
http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/report/16nv/031400001/031400001/?n_cid=nbpnbo_fbbn
http://business.nikkeibp.co.jp/article/interview/20150115/276316/
http://business.nikkeibp.co.jp/article/interview/20150123/276619/
http://business.nikkeibp.co.jp/article/interview/20150115/276311/
http://business.nikkeibp.co.jp/article/opinion/20140116/258333/

ダイヤモンドオンラインさん
http://diamond.jp/articles/-/85095
http://diamond.jp/articles/-/67837/
http://diamond.jp/articles/-/64471
http://diamond.jp/articles/-/41063


http://www.nikkei.com/edit/news/special/newpro/2015/page_3.html#2-3
http://www.nikkei.com/article/DGXMZO95477370U5A221C1000000/
http://type.jp/st/feature/379
http://www.bake-jp.com/magazine/?p=1144
http://itnp.net/article/2015/07/06/1397.html

また、そのうち醸造所見学の様子をアップします。
2年前の大雪の数日前の参加でした。懐かしいーー


変わらず、応援していきます!



人気ブログランキングへ

真田とよなよな。



12540983_908656702564049_3432552667060511572_n.jpg

よなよなエール 
ヤッホーブルーイング(佐久市)
井手てんちょ(社長&友人&恩人&変態)

がとても好きなのはこのカテゴリにも数度書いていますが、
そんな旨いエールビールを、昨年は控えておりました。
先週の人間ドックの値が程ほどに改善してきましたので
今年は特別なときに、再開です。よかったーー
ということで、雪かきのご褒美に天然冷蔵庫に。
冷えないほうが香り漂うエールビールですけれど、
キンキンに冷えたよなよなも、のどをあがって鼻腔から
抜けてくる香りも好きなのです。


そんな よなよなエールさんですが、
軽井沢へ移住の友人さんが、大河の真田丸と重ねて
面白い記事を書いてくださいました。


ダイヤモンドオンライン
イノベーションの発想を磨く「情報工場」

真田の兵法から学ぶ 「小が大に勝つための4原則」
http://diamond.jp/articles/-/85095 


ファン及び認知度は相当に高まっているものの、
ビールのでかい市場規模からみれば、まだ0.数%の小さな
小さなシェアです。そうだっけ?と思うほど存在が大きく感じて
いるのはとても嬉しいことですが、 そういう規模感で改めて
意識してみると、信州真田(上田)の小さな小さな豪族である
真田一族とは 重ね合わせてみると面白いですね。

家康軍を2度退けたばかりか、大阪夏の陣ではあと一歩の
所まで迫れた真田群は、戦後の日本のラガービールしかない
市場にエールビールでぐぐぐんと切り込んでいくヤッホーブルー
イングの姿に既に重なって見えてきました。
感情移入が深まりそうです。
(真田丸見れてないけど・・)

「集中の原則」 「武器の原則」
「奇襲の原則」 「機動の原則」

ですか。
なるほど、べべ、勉強してみます。


http://diamond.jp/articles/-/85095?page=3
ぜひぜひよんでみてくださいな。



人気ブログランキングへ

今年一番の冷え込みでした。-13.5℃表示ですが、
皆さんのお宅でも-16℃をさしていたようですね。
http://weather.yahoo.co.jp/weather/amedas/20/48331.html

月曜日に ネコ


NCM_7993.jpg

NCM_7994.jpg


月曜日に ネコ。

2こ ネコ。



月曜ちょっとパンパンで、ローソン閉店前に滑り込み、
ネコ発見。 2こ、ネコ。

リゾートサービス業していると、
週末を超えて折り返し、の感覚が月曜日。
ぷはー と軽やかに少し抜きたい時のベルジャンホワイト。

扱っているローソンさんに感謝です。
力みたい時は、青鬼。苦めのIPA。
コンビニでは扱いがまだまばらかな?


ヤッホーブルーイングがすごいです。いろいろ。
よなよなの里・エールビール醸造所 

単独で カテゴリを分けてしまうほど 好きですし
語りたいこといっぱいなのですが、むむむ・・ むむ。
もうちょっと自粛。でも井手てんちょーもスタッフも商品も、
また地元・佐久の拠点である事も含めて大好きなのです。

醸造所見学ツアーのかんたんなレポートととともに、
またいつか、どこかで。。


また、ネコと青鬼。いつもはよなよなに。
いいー息抜きに付き合ってもらいながら 
がんばるです。




人気ブログランキングへ

0140924at27_t.jpg
http://nikkan-spa.jp/717813

今年もよなよなエールがショップオブザイヤーに!


ファンの方は既に 【 よなよなの里 】 からのメルマガだったり
FBやつぶやくやつだったりでご存知とは思いますが、
ご存知ない少数派の方に向けて ちょびっとだけ嬉しい宣伝を
勝手ながらしてしまいます。


今年も、よなよなエールを始めとするヤッホーブルーイングの
エールビールたちが非常に好評でした。
いろんなメディアにも取り上げられ、数年前では考えられない程に
都内でもヤッホーの商品を見かけるようになりました。
高級スーパーや大手家電のお酒ブース、はたまたコンビニにまで
並び始め・・
こんなマニアックな面白い商品が、量販店で売れるの?
尖った酒屋やネット販売にあってこその希少性じゃないの?
などと、10年来のファンとしてちょびっとだけ心配していましたが・・

ボクらが信じていた本物の力が、中央にも届いておりました。


『 ビールに味を! 人生に幸せを! 』

画一的な日本のビールに、
もっと香るバラエティー豊かなビール文化を根付かせたい!!

18年前の1996年前に誕生し、
一時の地ビール文化に乗り、その後衰退し、
それでもその想いを信じて、ここまでになりました。
なんて簡単に纏められるような苦労ではなかったと思います。
そんな姿は、井手てんちょの露出増とともに、知られるように
なってきましたね。 日経ビジネスのこういうのとかにも。


・・・嗚呼、どうしても長くなっちゃう。

おめでたい話題だから切り上げて次へ行こう。


・・

img65172319.jpg(くりっくでおおきく)
(お借りします よなよなの里さん)

もう、相変わらず楽しませてくれます。
言葉はいらんですね こちらをご覧くださいな。

http://item.rakuten.co.jp/yonayona/c/0000000372/?scid=rm_100064#top 

楽天のショップオブザイヤー受賞式を動画でみていましたが、
この登場に思わずにやけました 
イノベーター30人からこうきたかーーー

もう、完璧でした。
よくわからないけど、完璧だと思った。凄いよ井手てんちょは。

7年連続のショップオブザイヤー受賞、
今年は更に、ジャンル大賞まで受賞していました

2012年の授賞式の様子はこちら。

2011年の授賞式はこうで、、

2010年はロボだ(笑)

あとはまとめてこちらからご覧ください。


どんどん大きくなっている会社ですが、
何も変わらずファンに美味しいエールと笑みを届けてくれています。
この魅力は一過性のものではなく
どんどんどんどん深みにハマっていきます。
そしてまた、ファンを驚かせる個性的なビールを生み出してくれて
更なる笑みを広げてくれます。

嬉しいな。

よなよなビアキッチンの展開も楽しみです。


こんな楽しい姿をみてしまったら纏められないなあ。
(元々文章力がないだけですが)

あ、新しい「 よなよなリアルエール缶 」も発売になりますし
バーレーワインを更に樽内熟成させた「 バレルフカミダス 」も
少数販売されるようですし、
これからも よなよなの里/ヤッホーブルーイング/井手てんちょの
躍進に注目くださいね。

よなよなの里 http://www.rakuten.co.jp/yonayona/


ではでは よなよなで乾杯




人気ブログランキングへ

「ビール文化の熱き伝道師」


1462980_620663241330705_515824158_n[1]

現在発売中の 日経ビジネス 誌に、井手てんちょが登場しています。

NCM_5008.jpg

なんと4Pも! 井手さんが丸裸に。

ボクは2004年からのお付き合いで、お兄さんと慕っています。
この年は別荘Naviに移動して、今では考えられぬほど何もなかった状態。
仲介業の存続すら怪しく、社内異動なのにバイトのまま等等で諸々が
余りに重なりすぎて、初対面のお酒の席ながら泣きついてしまった。
ボクの話を聞いてくれている時の穏やかな表情が今でも忘れられなくて、
きっともっともっと深い苦労をされてきたんだと悟りました。
言葉よりも何だろう、望みを分けてもらった感じ。
その先輩から分けてもらった望みの光を少しづつ磨いて大きくしていって、
幾つかのきっかけとなった出会いを経て、今の自分がいます。

大げさでなく、ヤッホーブルーイングの井手さんと会えたから、
今の自分が軽井沢にいて、皆さんと繋がれたのだと思っています。

日経ビジネスの井手さんの言葉に、
「私たちは感動を売る仕事をしている。感動を伝えるには、自分が感動体質、
つまり感度の高い人間になるべき。」
 とありました。

これこそ業界は違えど自分が一番意識して仕事に取り込んできたことで、
魅力的な軽井沢ライフを送って頂くには魅力的な地との出会いや縁とともに
仕事を超えた関係や感動が付加できると、より嬉しく迎えられますもの。
自分が別荘暮らしのなかで体感した感動のおすそ分けや伝染にもなればと
このブログっぽいものの役割もそのひとつのつもりです。
いつのまにか、涙腺も緩くなりました。。

先日羽田までご一緒した際の新幹線でも久々に長く話せました。
もう、なんだかキラッキラしてて、ちょっと照れました(笑)
何というか、誇らしいなあ。すごく嬉しい。
近い先輩の活躍と躍進が、自分たちもまだまだ、もっともっと!
と奮い立たせてくれます。頑張らないと恥ずかしいや。

果てしなく感謝や感動の想いはあるのですが、このへんで。
その日は嬉しくって帰りにツルヤでビール買って

NCM_5012.jpg
(本物は、ヤッホーブルーイングの軽井沢高原ビールだよ)

家で薪ストーブを眺めながらよなよなエールに乾杯しました。

NCM_5015.jpg

ビールに味を、人生に幸せを!

お試しくださいね
https://campaign.yonayona.jp/campaign500



人気ブログランキングへ
井手さんはピープルズチャンピオンだ。
いつまでもチャレンジャーじゃーと笑うけど、ボクらは
おらが村の誇れるちゃんぴおんの今後の活躍も応援し続けます!

よなよなビアキッチン 行ってきました。


今年の10月17日に、よなよなビアキッチンが赤坂見附にオープンしました。

【 よなよなBEER KITCHEN 】
http://www.yonayonabeerkitchen.com/index.html

軽井沢のお隣、浅間山麓の佐久に醸造所がありますヤッホー・ブルーング
星野リゾートが立ち上げたマイクロブルワリーで、既に17年の歴史があります。
地ビール会社としてはいつのまにやら国内最大規模となり、軽井沢町内では
『 軽井沢高原ビール 』  を、
また、アメリカンペールビールの「よなよなエール」をはじめ、
ポーターの「東京ブラック」、インディアペールエールの「インドの青鬼」
ベルジャンホワイトの・・・
 ・・・
ああ、好きすぎて脱線して戻れなくなってしまう。。割愛します。
よなよなカテゴリを 分けましたのでで覗いてみてください。


先月の出張時、夕方に寄れる機会があり行ってきました!

赤坂見附駅から徒歩1分という予備知識だけでしたが、駅から地上に出ると
おお、真正面からお出迎え。 迷わずに場所が分かりました。

NCM_4729.jpg

今の評価を得る10年前から知っているファンとしては感慨深いものがあり、
また妙にテレる心境に。。

main2[1]
(すみません 美しいのでお借りします)

ヤッホーブルーイングの提供しているビールは、上面発酵のコク深く香る 
エールビールです。 キンキンに冷やした喉ごし爽快とは真逆なタイプに。
エールビールの特徴詳細は、こちらの 【 よなよなエール大学 】 より
お勉強くださいませ。
とにかく旨いエールビールが、 13種類もここで飲めてしまうのです。


NCM_4733.jpg

NCM_4734.jpg

NCM_4738.jpg

NCM_4740.jpg

1456016_526445290785194_136126481_n[1] トイレの洗面!

ビアキッチンと名付けただけあって、全て、ヤッホーブルーイングの
ビールに合うものでメニュー構成されています。
ですので「このエールビール飲みたいから、この食べ物合わせたいな」
な順番です。 エールビールファンには堪らない組み合わせ。
相性なども、こちらのともちんさんが丁寧に熱く教えてくれました。
まるでソムリエがワインとのマリアージュを教えてくれるように・・

1474426_526445337451856_1181341119_n[1] (ありがとー お陰で楽しかったです)

軽井沢の村民食堂(カフェハングリースポット)では、
軽井沢高原ビールの3種とハンドポンプのよなよなリアルエールで4種を
扱っていますが、ヤッホーブルーイングの全商品を樽からの生で試せる
のですからこれは大げさでなく堪りませんよ。
この「前略~」の第3弾・黒五!と、バレルフカミダス は時期限定品。
あ、高原ビールのシーズナルとバーレーワインのハレの日千人もそうか。
飲める機会も一期一会な味わいですから、心して飲んじゃいました。
ボクの中には、村民食堂勤務時代のバーレーワイン2002年の衝撃的な
記憶と、軽井沢高原ビールシーズナル2004年~の全種の記憶があります。
今回の訪れも、衝撃的で美味しい素敵な記憶となりました。

写真は相変わらずな感じで申し訳ないですが、店内空間も各ビアも
フードメニューも感じ良くとても良かった!
しいていえば1、2人さまも多いと思うので、3種盛りの1プレートメニューが
2つ位あるとビアとの相性を気兼ねなく楽しめていいなと。3種飲み比べと
まずはうちのお勧めなこれで試してみて、みたいな。

フードメニューもハーフサイズを用意下さったりファンのニーズに合わせた
対応をして下さっているので今後の訪問も楽しみです。

NCM_4742.jpg

改めて、場所はこちらです。
http://www.yonayonabeerkitchen.com/info/index.html

よなよなエールファン ヤッホーブルーイングファンの方は
ぜひ訪れてみてください。感動ものですよ!



人気ブログランキングへ
今回ウイスキー樽のバレルフカミダスでした。
もう、ブランデーのような…
シェリー樽やほかの樽も飲めたら幸運です。

ヤッホーブルーイングが好きです。


主力商品 『よなよなエール』 をはじめ、各商品が国際的な高い評価を
得ていたヤッホーブルーイングの生み出す芸術的なエールビール。

大手含めた国産ビールの殆どが、キンキンに冷やして喉ごしを楽しむ
ラガータイプのビールに対して、
創業の16年前から香りよく味わい深いエールビールを提供してきました。
エールビールの説明はこちらから。 

100種類以上あるというビールの種類。
日本の画一的なビールにもっとバリエーションをと、 酒税法改正後は
国内のマイクロブリュワリーが増え独自のビール製造が盛んになりました。
観光地などで見かけることはあっても、なかなか品質を保ち量産することは
難しく、殆どがパブやレストランでの生か瓶詰めされた土産用だった所を、
地ビール会社で一番先に缶タイプを商品化したのもヤッホーブルーイングでした。

日本では大手ビール会社の商品が、日本のビールはこういうものだ!と
イメージづいてしまい、 なかなかクラフトビアは 「珍しいもの」 ではあっても
「美味しくて売れるもの」 にはならなかったですよね。
今でこそ、ここまで高く評価されている「よなよなエール」 をはじめとした
ヤッホーブルーイングの商品達も、 歴史を遡れば長く長い苦難の道を超えて
やっとここまでに至ったのだと、
ちょびっと内部を覗ける立場からすると感動のストーリーがたくさんあって、
感慨深くて誇らしくて、ファンとして熱が入ってしまいます。。

日本のビール文化をより豊かにするというミッションのもと生まれるビール。
ヤッホーブルーイングの商品をまだ未経験の方はぜひご覧くださいね。
【 よなよなの里 】
http://item.rakuten.co.jp/yonayona/c/0000000204/ 


NCM_4674_20131113183148da1.jpg
軽井沢高原ビールのページはこちらから。 

なんか、もう、カテゴリを分けちゃった。
http://sakuraikaruizawa.blog33.fc2.com/blog-category-37.html 

以前の記事で書いたように、
この350ml缶軽井沢高原ビールのシーズナル歴が☆野歴でもあります。
あっという間の9年間。ファン歴も9年になりました。

2004年の半年間は村民食堂とカフェハングリースポットにいましたので、
この軽井沢高原ビールをはじめよなよなリアルエールやバーレーワインも
提供する側として扱っていたことも思い入れの深い要因です。
地元の佐久発、全国、世界へ発進していることも。
井手てんちょーはじめ、スタッフが超真面目に遊び心持って楽しく凄い
ビールを生み出して届けてくださっていることも。

昨年10月の 『 前略 好みなんて聞いてないぜSORRY 』
も、ヤッホーらしくて凄かった(笑) 第三弾の「黒五インペリアルポーター」
もまだ飲んでないけどとても楽しみです。
軽井沢のあたりで買えるところは、佐久平駅の中だけかな?


名物の井手てんちょーは、
BS-TBSの 『グローバルナビフロント』に生出演したり
http://www.bs-tbs.co.jp/globalnavi/bigname/list.html
(録画したのでDVDお貸しできますよ)

日経ビジネス最新号で
「日経ビジネスが選ぶ日本のイノベーター30人」に選ばれていたり
1422560_605079872889042_111839377_n[1]

きっと忙しさに拍車がかかってはいるだろうけれど、
変わらずファンを超大事に独特な路線は守りつつ今後も成長を続けて
くれるよきっと! という安心感があって、相変わらず好きなのです。

応援していきます。
ボクももうちょっと頑張らないとな。




人気ブログランキングへ

楽天ショップ・オブ・ザ・イヤー2013 の投票も始まっていますね。
よなよなエールファン、ヤッホーブルーイングファンの方は
日頃の逆感謝?に、投票してあげてくださいね。
http://item.rakuten.co.jp/yonayona/c/0000000367/#top 


よなよなの里に一票!


自分の お酒カテゴリ にもよく記事にさせていただいている
(株)ヤッホーブルーイングさん。

星野リゾートのクラフトビア部門として、16年の歴史がある会社です。
ご存じない方も意外と多い様子。 路線が違うと驚かれる方も!?

ボクは、ブルワリーが出身の佐久にあるというだけでも嬉しいのですが、
近年、評価がぐぐぐんと上がり 別荘の方々にも自然と愛飲者が増えて
いる事がとてもとても嬉しく誇らしいのです。
全国区になりつつあり、海外にも輸出され嬉しい評判を得ています

商品のクオリティーが高いのはもちろんなのですが、
スタッフがものすごーく愛情を注いで楽しく旨いビールをブレずに創り続
けてくれている姿勢も大好きです。 
アホなことまで堂々と楽しむ(笑)
メルマガやFBなどなどの発信でもファンを身近に楽しませてくれています。
超 好きです。 すごくファンです!


えー 好きなので堂々と宣伝とご案内を
今年も楽天市場の ショップ・オブ・ザ・イヤー の季節となりました。

img60622347.jpg

今年もよなよなエール始め、
軽井沢高原ビール よなよなリアルエール!
東京ブラック インドの青鬼 ハレの日仙人 
前略好みなんで聞いてないぜSorry 水曜日のネコ  


・・・どんどんネーミングが(笑)
いえいえ、美味しくお世話になりました。
また個人的には、お客さんからヤッホーの商品を頂いてしまうこともあり、
きっと数あるいろんな選択肢の中から よなよなの里の商品を選んで
頂けたことで なんだか嬉しさも倍増でした。 
本当にありがとうございました。 幸せなエールビールです。

よなよなファンの方々 ぜひ今年も愛の一票をよろしくです
こちらからどうぞ
http://item.rakuten.co.jp/yonayona/c/0000000323/#top 


今宵も 乾杯!!



人気ブログランキングへ

よなよなの里の 楽天市場ページも一度じっくり覗いてみて下さいね。
面白い所に、ちょこちょこ辿りつけますよ。
http://www.rakuten.co.jp/yonayona/ 

水曜日のネコで 癒しもどうぞ

前略 好みなんて聞いてないぜSORRY



・・

な、なんのこと??

な反応かと思いますが、

新しい 個性的なビールが 誕生しました。

8187_416155291781502_1655534276_n[1] くりっくでおおきく。
(お借りします ヤッホーブルーイングさん)

井手店長がかっこいい!!

よなよなエール よなよなリアルエール缶
そして、町内では軽井沢高原ビールを提供下さっている
ヤッホーブルーイングの 2012年秋冬限定のビールとなります。



・・

突き抜けてるなー(笑)

名前は皆さん感じられたままだと思いますが、
ヤッホーブルーイングファン というか マニアな自分にとって
このヤッホーの皆さんが 毎回世に贈りだしてくれるビールが
楽しみでなりません。

ビールが本当に好きな醸造スタッフ達が、
売れるビール!ではなくて

「自分たちが心から飲んでみたい、まだ見ぬ美味いビールを造る」

という熱い思いをもって生み出してくれた
ヤッホーブルーイングにしか創れない 超個性的なビールが
誕生となりました。


img60298423[1]

米麹SAKE仕立てストロングエール なんて!


img60298172[1] くりっくでおおきく

ぜひぜひ こちらもショートムービーもご覧くださいな。
http://item.rakuten.co.jp/yonayona/c/0000000320/#top 

編集中

飲んでレポートをと思っていましたが完売御礼!
嗚呼、気になる・・ 次回が待ち遠しいです。



人気ブログランキングへ

よなよなの里 大人の醸造所見学


こんにちは。
7月に入りましたので、夏休みまでにインフォメーション寄りの
情報を更新していくようにします。

薪情報も・・・ 更新せねば。


大人の醸造所 くりっくでおおきく

(お借りします ヤッホーブルーイングさん)
(よなよなの里さん)

もう・・・ ここみてくださいな。

http://item.rakuten.co.jp/yonayona/10000943/#top 

ヤッホーブルーイングのことを語り出したら長くなっちゃうので自粛。
(本当はあたまがまわっていない・・)

来週の3連休 14(土) 15(日) 16(月祭)

1日3部 90分のツアーになります。



もう・・ とにかく参加してみたらいいよ!

と言いたくなってしまう 楽しく旨いツアーとなるでしょう。


軽井沢にいるのなら、ヤッホーの醸造所は知ってほしいな。
ここから世界品質のエールビールが生まれています。

お勧めです



人気ブログランキングへ
いきたーいけど、いつもいけない むむむーん。。

よなよなリアルエール缶をご存じ??


リアルエール缶
( くりっくでおおきく。 お借りしますヤッホーさん

『 よなよなリアルエール 』  というビールをご存じでしょうか。

「 よなよなエール 」 は大変な認知を受け大人気ですが、
そのよなよなに、 リアルエールというものが存在します。
軽井沢ではトンボの湯の待ちあい場としても機能する、村民食堂に隣接した
カフェ・ハングリースポット で提供しています。
(もちろん村民食堂内でも頂けます!)

ボクも村民食堂勤務時代にシュコシュコとハンドポンプで注いでおり、
よく利用していた時代は最初の一杯がリアルエールというのがお決まりでした。

よなよなの超ファンにつき・・ 長くなっちゃうので先に進みます。

その、よなよなリアルエールが 7年の開発期間を経て お届けできるようになりました。
既に大変な好評を頂いているようですよ!

よなよなリアルエールの詳細と、リアルエール缶誕生への想いなどなど・・
めいっぱい大きな声で代弁したいくらいですが、ここはぐぐっと堪えて、、

どうぞ、よなよなの里のこちらをご覧くださいませ。
http://item.rakuten.co.jp/yonayona/c/0000000240/#top 


・・
・・・・・

『 この一杯のために 今週も
        頑張ったんです。
  よなよなリアエルエールは、
   私へのご褒美なんです! (笑) 』
 


泣きそうです。。


ヤッホーの皆さんは、幸せな仕事を楽しんでいます。
その楽しみが、皆さんに届いて、広まっていきます。

そして、何よりファンをものすごく大事にしている心が
とても好き。

井手てんちょーが、こういうことするのも
単におもしろいだけではなくて、微笑ましい。

店長が商品を『 ご自宅にお届け!! 』 必見です(笑)
http://item.rakuten.co.jp/yonayona/c/0000000275/#top


たっぷりの想いの詰まった 『 よなよなリアルエール缶 』
次回の販売は、

2月27日の月曜日、21時~ 
 限定700本。
 最大注文可能本数は6本です。

楽天市場の よなよなの里 のみで販売ですので、
要チェックの上ご購入手続きくださいませ。

再度HP。
http://item.rakuten.co.jp/yonayona/c/0000000240/#top 


よなよなの良さがわかるかる方には、とても深く旨いです。
のどごし系をお望みの方にはちょっと合いませんが、
もう一度ヤッホーさんのHPをみて、
グラスに注いで踊る泡を眺めながら
どうぞゆっくりと、お愉しみください。


嗚呼、飲みたい。
この幸せな余韻に浸りたい。。

あ、今度トンボの湯の後に飲めばいいんだ。
そんな日を想いながら、またしばらく頑張ろう。



人気ブログランキングへ
春ももうすぐ、もうすぐです。

楽天市場ショップオブザイヤーおめでとうございます!


20101125103114cc7[1]

http://sakuraikaruizawa.blog33.fc2.com/blog-entry-448.html
http://sakuraikaruizawa.blog33.fc2.com/blog-entry-458.html
↑このくらい好きな  『 よなよなの里 』  ヤッホーブルーイングが

本年度の 楽天市場 ビール・洋酒ジャンル部門の ショップオブザイヤーを
今年も受賞されました

しかも4年連続

本当に愛されているのだなあと 1ファンとしても嬉しい限りです。

soy2010-01[1]

楽天市場でも もう14年の老舗店舗なのですね
今日の評価に至るまでには本当に大変な時期も経過されてきたことでしょう。
本当に おめでとうございます!


そして今年も・・・ 。


soy2010-05[1]
(素敵な1枚お借りします)


 (笑)

感謝御礼の授賞式の様子は こちらからご覧ください

http://item.rakuten.co.jp/yonayona/c/0000000224/

 (素敵すぎます・・)

 (本年もよなよなエールを美味しく頂きます



人気ブログランキングへ

軽井沢高原ビールの地域活動


しーずなる歴

シーズナル歴が在籍期間であり 井手テンチョー出会い歴でもありまして
すっかりよなよなのまわしもの(※自由意思・ファンなだけです)でございます。

今年も どこぞのショップオブザイヤーの投票が本日25日と迫ってきました。
今年もこんな素敵活動を 続けてくださった醸造スタッフの、美味しい結晶である
よなよなをご愛飲頂いた方々、よろしければ
こちらから  愛の一票を宜しくでございます。
http://item.rakuten.co.jp/yonayona/c/0000000174/

スタッフブログもどうぞ
http://shop.plaza.rakuten.co.jp/yonayona/
(よなよな連れて 山いきたい


---

ライフプラスさん運営の 『KaruizawaTV』さん 楽しく拝見させて頂いています。

こちらにもヤッホーの井手さんと四ッ谷さんが出演されています。

軽井沢で働く社長さん カテゴリ内 

今でこそ広く伝わりどこぞのショップオブ・・などにも表彰されるビールとなりましたが
ここに至るまでの大変な苦労や背景が 少し触れられています。

KaruizawaTV ヤッホーブルーイングVol.1 

KaruizawaTV ヤッホーブルーイングVol.2 
(Fc2でもYoutube貼れればいいのに)

そして今回の KaruizawaTV ヤッホーブルーイングVol.3  では、
「For the TOWN」のコンセプトのもと 想いと共に 意外と知られていない地域活動
のことなどにも触れられています。

1738_140_1.jpg1928_140_1.jpg

「ワイルドフォレスト」
「ナショナルトラスト」


軽井沢に触れていらっしゃる方々には、このビールの名称以外にも聞き覚えが
あるかと思います。 
ただ単に地元の工場で作っただけのクラフトビール・地ビールではないことが
この名の由来などとともに知って頂けると ちょっと嬉しいです
くま対策の活動などにも協力されているんですよ

おいしいよなよなが より美味しく感じてくるかもしれません。
ぜひぜひご覧ください。
(続編も楽しみ! このへんのギャップと比べながらだとより楽しい


それでは、よなよなのような人生を。


人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ


ps: よなよな商品で 飲み時を逃したお宝があります。
 
CA3F0324.jpg
 英国古酒・バーレーワイン2002年 未開封!
 残念ながら常温保管なのでもう美味しくないかもしれないけど・・
 この2002年のバーレーワインは絶品でした。その想い出に保管しています。
 いつか開ける日がくるのかな??

ヤッホーブルーイングが好き


ヤッホーブルーイング という会社が好きです。

言わずと知れた 『 よなよなエール 』 を製造しているブルワリーなのですが、

それが佐久市にあることも好きな理由のひとつでした。 

私の地元、佐久市。大好きです。
Uターン時にバイクで日本全国を巡り、郷土愛がより深まったときに
「誇らしかった」 のが地元発全国に評価され始めていたよなよなエールでした。
出会いなんぞは このへんとかに書き残しています。


 旨い!
 地元!

の他にも

 造り手が好き!

というのも個人的にすごく大きい。
醸造所見学ツアーの告知の際にも 触れましたが

あ、バーチャル醸造所見学のときにも書いてますが
(今見ても井手テンチョーの姿が羨ましい・・笑)

あ、スタッフブログからもひしひしと伝わるような
(語ると熱く長くなりすぎちゃうので抑えよう

ヤッホーブルーイングという会社から伝わってくる、肩肘力まずほわんとした
幸せを届けてくれる・・お客さん想いの姿勢がすごく好きなんです。

今に至るまでに大変な苦労もあったろうし戦略的なものもあるでしょうけれど
伝わってくるのはすごく純粋に 『 ご愛飲者に感謝! 』 なお気持ち。
自分の接客意識の中でも見習わせてもらっているんですよ。

4年連続で楽天市場のグルメ大賞を受賞できたのも 
単に商品のクオリティーの高さだけではない
感謝の気持ちも届く嬉しさじゃないかな。
ショップ・オブ・ザ・イヤーの投票時期のようですね
お好きな方は愛の一票を私からもお願いしますです。
 


個人的にもうひとつ。

 軽井沢高原ビール歴が 星野歴!


CA3F0318.jpg

この、軽井沢高原ビールの「シーズナル」 が350mm缶となって登場したのが
2004年のシーズナル・アルトビール からでした。

2003年12月末から 2004年の7月半ばまで 村民食堂/カフェハングリースポットに
居ましたので、出来たてのビアをサーブしていたんですね。お客さんに魅力を説明
してオーダー頂くのも仕事でしたから、当時の醸造スタッフからも「地ビール講座」を
学び、パブスタッフ気分で各種お出ししていました。 楽しかったな~

2004年:アルト
2005年:修道院ビール
2006年:スコティッシュ・エール
2007年:フレンチスタイル
2008年:ESB(ブリティッシュスタイル)
2009年:ESB(アメリカンスタイル)


この写真は自宅のTVボードに並べているもの 
なんと2004年のアルト以外は中身入りです(笑)
勿体ない~ とお思いかもしれませんが、毎シーズンたっぷりと頂いてきた記念に
名残惜しさを残し1本だけ保管してみているんです。

早いもので・・・ やっぱ早いなあ


そんな好きなヤッホーブルーイングのお二人が
『karuizawaTV』 にも登場されましたので次回ちょっとだけ(?) 紹介したいと思います。



人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ


polo_100811_3.jpg もちろん 『よなポロ』 着てますよー
プロフィール

さくらい・かるいざわ

Author:さくらい・かるいざわ

ようこそ 『軽井沢に暮らす~遊楽山荘~』へ。
ここでは、軽井沢の別荘で暮らしてきた自分の体験から 遊びや楽しみ方美しさ素晴らしさを感じられる 「きっかけ」になれればと、 また離れた地からも身近に感じてもらえるよう 軽井沢のふつうの日常姿を気負わず緩めな発信で続けていきます。

仕事を通じて知り合った方々との、その後の繋がりを大切にしたい。 別荘ライフ軽井沢暮らしを始められた方々との交流の場にしたいと始めたものですから、気軽に相談やコメント頂けると嬉しいです。

それではどうぞ、宜しくお願い致します。

あ、過去の記事にも対応しますので気軽にコメント下さいね!さくらいが喜びます。

写真はサムネイルで見づらいのでクリックくださいませ 少しおおきくなります。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ゴルフ掲示板
リンク
Twitter on FC2
QRコード
QRコード