建築は チームで。



13285633_989887591107626_562267640_n.jpg

ここ数年

規模問わず、特別な土地と巡り逢えた取引の際には
建築のお繋ぎもさせてもらえています。

うったらおしまい。となることがいつのまにか少なく、
やはり自分がすきなところを理由を添えて負担を抑えて
おつなぎするものですから、その先の建築や、その後の
ライフスタイルにもちょびっと関われるような関係が、
実は相当嬉しく 原動力にもなっています。

で、いつも思うことは、
縁のものでももちろんありますが、

建築が、
設計士、施工会社、監理者、各設備屋さん。
あと、お施主さんや関わるひとやぼくや・・

上下や役割でなく、
チームとして良い物を叶えていく一丸感が見えたとき、
その先の別荘ライフが心地よく日常の延長のものに
なってくれるだろうなあという確信がもてる、気がしています。


13342928_1001148813314837_5803956970849769530_n.jpg

13413680_1001148826648169_205049182548416912_n.jpg

設計士さんや 施工会社さんとの距離にも寄りますが、
できるだけ建築の過程工程を覗かせてもらいながら
苦労や工夫、喜び発見などを感じ、
それをお施主さんに伝える役割をしていきたい。

生まれたものが姿だけではなく、
魂も命も宿っていて、これからまた家も庭も環境と想い出も、
いっぱい育っていくように感じることも添えたいのです。

いい建築は 眺めていて鼓動を感じます。
そんな別荘や移住の家が増えていくといいな。


見守っていきます




人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

鶴溜駅前の家。



13414105_1037044066381462_1452024821_n.jpg

13439151_1017901851639533_3625308666149578933_n.jpg

13516164_1017901831639535_5239140413269109391_n.jpg

13557808_1017901871639531_5482839227984104364_n.jpg

13592221_1017901891639529_5566886648462686603_n.jpg


工夫ある、いい建築作りにも携わっています。


万人受けする普通の建築ではないかもしれませんが、

奇をてらう訳でもなく、

その土地の地形特徴からアウトラインを考え、

限りある室内空間をどう創るか考える。

・・きっかけになっています・笑


自分だけではできない発想。思い切りのよさ。

また工夫と素材の組み合わせ。

無駄を省きながら、ムダを残して豊かな空間に。

勉強になります。。


13592350_1017901938306191_2581652583191350463_n.jpg

月末には完成するかな。
足場が外れたら、また。



人気ブログランキングへ

このカテゴリ内の前の建築は、モデルハウス兼ねて貸しています。
http://vr.aricajapan.com/info_74.html
http://www.ateliergrid.com/

建築の経過を学ぶ・外壁



DSC_2549.jpg

DSC_2577.jpg

DSC_2585.jpg


DSC_2586.jpg

DSC_2587.jpg


DSC_2625.jpg

DSC_2626.jpg


DSC_2646.jpg


DSC_2649.jpg

DSC_2662.jpg


DSC_2685.jpg

DSC_2682.jpg


DSC_2689.jpg

DSC_2674.jpg




人気ブログランキングへ

建築の過程を学ぶ・上棟まで


前回の、基礎。
http://sakuraikaruizawa.blog33.fc2.com/blog-entry-1341.html


11698774_971301706247966_6011103083277284848_n.jpg

DSC_2478.jpg


DSC_2482.jpg


DSC_2480.jpg

DSC_2483.jpg


DSC_2487.jpg

DSC_2539.jpg

KIMG0665 (2)


DSC_2541.jpg

KIMG0742.jpg

コブシサク、ハル。




人気ブログランキングへ

建築の経過を学ぶ・3月の基礎工事。


11206082_953774251334045_7373088263530606375_n.jpg

10406642_953774248000712_8997174623596900686_n.jpg


11391700_956683561043114_8945319346074767710_n.jpg

11390342_956683547709782_805433565197360783_n.jpg

11391096_956683541043116_8154758828873490865_n.jpg


10849748_958238100887660_5744273155569661730_n.jpg

11406797_958238097554327_1367138837485325909_n.jpg

10985502_960780597300077_705829561347962087_n.jpg


11251162_960780593966744_1308035319845427380_n.jpg

18908_960780683966735_1147101958163890497_n.jpg


11401515_960802233964580_6744359709768774757_n.jpg

11393157_960802230631247_7030648206216708612_n.jpg


11393199_962076530503817_9136977736899904687_n.jpg


1480734_962076527170484_5255285943905177632_n.jpg

11252677_960780677300069_1612176840650141139_n.jpg



11402670_962076460503824_4486556944778142241_n.jpg



11111804_962077153837088_5620631928196725800_n.jpg


11423658_962077203837083_3352063264513077771_n.jpg

11392821_962077230503747_2783872650718457600_n.jpg


11406826_962077277170409_8478153885276609783_n.jpg




人気ブログランキングへ

アリガトウ7月。 マタ、来ネン。

ちいさなけんちく


頭を使わない、時間かけずサラッと更新しているここですが、
たまーに自分の振り返りとか 今の考えを残してみたくなります。

じぶんでは、建築のことカテゴリ が、
http://sakuraikaruizawa.blog33.fc2.com/blog-category-36.html 
ちょっと好きで、クドくない範囲で振り返りと自分への言い聞かせを
兼ねて たまに更新したくなります。

・・早くも中略。


IMG_1156.jpg
(お借りしますよWさん

なんだろう、 このスケッチと記事をみたとき 
あ、おかえりなさい。 と、思いました。

ボク以外はなんのこっちゃ な言葉だと思いますが、
お世話になり好きだった建築の人の一人が、近くに戻ってきた感じが
この1坪2帖のスケッチから 感じたのです。

ああ、体制を整えて、戻りたいというか進みたいのだなと勝手に読み
込んでいたところ、やはり久々に連絡がありゆっくり話をする機会に
繋がりました。

自分だってそうでしたし、波はありますし、自信の有無や迷い悩みは
素直に表や形に出てしまうものです。悟られなくても自分にはうそは
つけないもの、そんな状況を互いに素直に話せるようになったのが、
次のいい方へ進める一歩であって、小さく力になりたいなと思いました。

組織や所属も大事ですが、現場にいる身からすると、個々です。
信頼する好きな人がいるから、その後ろまでも好きになれる。
会社ありきの個、でなくて、個の繋がりでうしろの会社の見え方に。
まどろっこしい表現ですが、現場が楽しい人たちとは健全な関係で
いられてよい。それをさせてくれる組織の体制が大事だなあと。

そういうのを最初に気づかせてくれたひとも、ここでした。
http://sakuraikaruizawa.blog33.fc2.com/blog-entry-613.html
そうみさんとしごとしたいなーー。

バランスが大事で、相性も大事。
だから、入口のぼくらが意識と配慮をもって繋いでいければ、
別の選択肢よりも良いよい判断だったと喜んでもらえる機会が
増えるかも。 そんな準備を、偏らずしているつもりです。

準備中の再開、もうちょっとですが、大丈夫です。
1坪2帖の9スケッチをみて、そう思いました。

ーー
http://yadokari.net/
yadokari ここ見るの好き。



人気ブログランキングへ
たまに、なんのこっちゃな自分ごとも挟んでいきますので
スルーーくださいませ。

土地と建築、リノベーションと出逢いと。


ちょっと、なんというか、
状況や気持ちをまとめたいようなそうでないような、
いいや、気持ちだけ、 恵まれています。 楽しいです!


(備忘録っぽいので流してください・・)

ふどーさんのしごとに建築の意識をちゃんと持ち始めて5,6年位。
なんとなく2009年後半がターニングポイントだった気がします。
プチバブルと言われた好景気を経て、2008年のあの不況以降、
工夫がないと、想像を広げられないと形にしていくのは難しいなと。
そういえばココを始めたのも08年9月でして、山荘DIYリフォームや
ピザ窯づくりや別荘ライフ経験を、他の方にはない武器に育てようと
いうところから、暮らしやそれを叶える建築に触れていきました。

幸いなことに、その分野のプロの方々や会社と広く接することができ、
それぞれの色や意味や価値なんかをうっすらと学べてきたのですが、
個人的な好みとともに、客観的におきゃくさんに成り代わった好みも
追求するようになりまして、庶民感覚の抜けない個人的嗜好だけでない
幾つかの目と感覚を持てるようになったような・・気がします。

この土地に座って夕日を眺めていると、斜面地だって生きるよなーと。
素人ながらこんな方向の間取りかなあ等々下手なスケッチをしていた所、
おお、そうそう!なプランを作ってくれた若い地元の建築士がいて、
それを、そうだよな~これだよなー と分かる方に繋がって、本当に実現した。
それがなかったら実現しなかったことの、最初のきっかけになれていたことを
たぶん始めて大きく意識しました。

そうすると、自分の好きな土地を探すようになり、何で好きなのかを考えると、
土地にあった別荘プランが浮かんでくるようになって。 勿論素人ですけど。
イメージを具現化できる設計施工の会社さんなどにもお世話になりながら、
それを具体的にイメージできるよう繋げられると・・いい暮らしがはじまっていく。
中古や建売など分かりやすい現実的な判断基準のものよりも、豊かを繋げて
いけるようになってきた・・ような気がしています。

と、奇跡的な繋がりの古い建築の、本物の再生にも立ち会えて、
活かされたい仮死状態の古家に命を宿すきっかけという芽もでてきた。
それを、現場サイドに立ちながらも施主の意向を汲めるきらきらしたアーキテクト
さんはじめ 好きな建築の人たち ともおしごと繋がるようになり、
おおすごい!な、化粧だけでなく素材を活かした自然な再生を学べる事例が
増えてきて、 こんな好みな狭小別荘に関われたり、いいセンスのある方の再生で
ぐぐぐっときたり、 ぐぐぐっときそうな素材の物件を探したり繋げられたり、

「好きな人たちの人生年表のひとコマに、
 さくらいとであえたことでいいことあった記憶に残ること。」

を、一番の生き甲斐と考えるようになった自分にとって、
それが叶った(ように感じる)ことは、実は嬉しくってしょうがありません。
けっこうな旅をしたり、 学生時代の友人のことや身近なことなどで命なんて
保証されているものでない事を意識した時に、何か残すことよりも良い記憶に
残ることのほうが幸せじゃい! と、特にDIY再生しながらの山荘暮らしを始めた
頃から強く悟っていくようになりました。

ああ、変な話だ。。

そんな延長に、ちょびっと関われた計画が上棟し形になっていく。。
ぐぐぐぐぐっと、きました。 感動した。すごかった。

10477294_773642252732162_6714197140683200552_n.jpg

またこういう経験の先に、あたらしいお薦めやごていあんができる。
その、繋ぎ先もいい感じに増えてきている。新しいことも教えてもらえる。
互いにいいかんけいとバランスが、心地よい。。
繋ぎ役だと、きっかけになれればとおもっていた自分にも、
その繋がりは大きな武器というよりはもう財産で、
「じぶん年表」を振り返ったら、もうみっちりと皆さんとの出会いで埋まってた。
このへんで物語が完結しても満足くらいだ(笑)

まだまだきっとじぶんの役割があるので、身を大事にしていきます。


直接間接などなど関わらず、またお役にたてると嬉しいです。
先程も遅めの休み時間にちょっと抜けて、あたらしい薪割り仲間宅で
一緒にパンパンと割ってきました。 爽快!たのしかった!

11148545_774008052695582_9180192188511025035_n.jpg

ひとさまの資産をひとさまに繋げていくしごとだけに、
コントロールとクロージングの難しさは案件毎に大きく異なります。
ぐわわっと凹むこともありますし不眠や夢に出ることもありますが、
こんなにしごとが楽しくていいのか!? と疑ってしまうほどに、
合っているんだなあと、幸せに感じます。

永遠ではないですけれど、なんとなーくこのスタンスで続くうちは、
つづけていきますです。

ちょっとすっきりした。
重なってきたいろいろに挑んでいきます。
うおーーーーー 


(軽井沢便利帳でなく顔の見える人たちとの連絡簿からの始まりまので、
 たまに緩みますことをご容赦くださいませ



人気ブログランキングへ

建築かんけいのカテゴリ。
http://sakuraikaruizawa.blog33.fc2.com/blog-category-36.html
あまり具体的にかけずスミマセンがなんとなく見えれば。

地鎮祭




aさんの土地に 家が建ち始めます。
http://sakuraikaruizawa.blog33.fc2.com/blog-entry-858.html

いろいろが特別で、文章にしようと思うとたいへんだ。
振り返るのは、先のばしにしましょう。


地鎮祭を 行いました。

今日は朝から軽井沢全体を深く霧が包みました。
視界が先まで届かない、真っ白な世界。

昨日の雨もあったし、さすがのaさんでも、こういうスタートもあるよ。
という言葉を奥さん息子さんに準備しながら迎えに行ったのですが、
道中まだまだ真っ白。

中軽井沢に入り、すこーし空の白が薄くなってきて、
ほんのりと浅間山のシルエットが見えればいいなあと思いながら
現地へ登っていくとー・・

んん?
まるで、魔法のようなマジックのような?
その土地の上空だけぽっかりと青空が広がっている。。
その淵はまだまだ霧で白くって、
スモークにフーっと息して 空いた穴に青空と太陽光が燦々と。
徐々に淵が広がって、界隈青空が広がり、浅間山こんにちは。


ちょっと、笑ってしまった。
凄すぎです、お空のaさん。
究極の晴れ男さんでした。
いつもそうなんだもん。

KIMG0123.jpg

KIMG0129.jpg

2015年の春が始まった大安の今日、
無事に地鎮祭を終えることができました。


3年前に出会えて残してくれた地を、
いろいろ分かっていたのでしょう、
となりと合わせたいちばんいいところに叶う形を
そっと、サポートしてくれていました。

KIMG0127.jpg

ここからニコニコしながら見ててくれています。
いることが普通に感じるほど、関わるみんなの中にいて、
一緒にいます。

不思議な感じだけど そういうのも あります。

楽しみです。
近くでみていきます。




人気ブログランキングへ

春っ。ごりらちんぱんじーー

建築っぽいこと2



前回の、 つづきを。(さらりと流して下さい)


建築のことを語ってみようなんておこがましく、言葉が出ません。
ボクは、クリエイテヴィブな想像力には乏しいと自負していますが、
縁あって必要として下さる方々の方向性を導けるような想像は、
妄想のレベルかもしれませんがたくさんしていきています。

理想に到達するための、近道となるようなアドバイザーだったり
おぶ・・オブザーバーであったり、 きっと本当に役立てるのは
コントラクション・マネジメント に近いのだろうと想像しながら、
ありがたいことに皆さんに引き上げていただきながら、すこしだけ
お役に立てる場がふえてきています。 ありがとうございます。

還元していきたい。
数ある選択のうちで、振り返ってみて繋いでいただけてよかったと
喜んでいただきながら、町や周辺環境自体も素敵にれば嬉しい。
「関わったひとの人生年表に良い影響で残ること」
「地図に残るしごとに携わりたい」
というのが、じぶんの・・・・  割愛。脱線しちゃう。


ええと、前回 相性 ということを書きましたが、
作風予算タイミングやプロセス、施工者選び等々などなど、
様々な判断軸があるかとおもいますが、
軽井沢で選ぶのはやはり結構難しいなあと思いました。

伝え方に語弊があるかもしれませんが、
売れっ子事務所さんは依頼者も多く、また現場も見ますし忙しい。
1案を提案をしてもらってから他と比較(コンペ形式)をしながら
最終的に決めたいという方も多いと思いますが、それに応じて下さる
建築事務所さんは(タイミングによりますが)少ないのが実情です。
それでも相性や可能性を感じる事がありますから、繋がっていければ
いいなと、つながるよう工夫して、お繋ぎしています。

未整理ですが、
定住と別荘、その間。
デザイン性と実利用、その比率。
費用対効果とか、やっぱり土地とのバランスとか。
求められることも1家族ずつ様々で、
創り手さんも様々で、
最終的には相性とそのご縁だなあと。

あ、必要な無駄を愉しめる方の建築と、
実用性の先にデザインを取り込みたい方と、
やっぱり春〜秋メインか、冬もしっかりか、
ああ、選ばれた土地がどういった特徴か、

でもそういったワードから、なんとなく合う先が見えてきます。
気持ちよくお繋ぎできて、きっと最中は大変な事もあると思いますが、
気持ちよく引き渡しが叶い、また年々気持ちよく愉しく別荘ライフを
叶えられるような出会いとなると、やはり嬉しいですね。
そこの精度を高めていけるよう、また色々を知ろうと思います。


□建築事務所・建築家。

http://www.atelier137-archi.com/frontend/gallery/
http://ms-archi.com/works.html
http://www.asahi-net.or.jp/~pj3h-sk/works-jFrameset2-VILLA.html
http://www.officetoyoda.co.jp/newwork/index.html

http://kkaa.co.jp/works/architecture/
http://www.sakakura.co.jp/atelier/portfolio/portfolio2.htm
http://www.izumi-arch.com/

http://www.azuma-architects.com/works/index.php
http://www.kidosaki.com/works.html
http://www.01.246.ne.jp/~ozeki/gallery/gallery_index.html


http://www.nakam.info/jp/
http://ondesign.co.jp/works/
http://www.case-design.co.jp/project.html
http://www.yamazaki-archi.co.jp/works.html
http://www.prop-position.co.jp/menu/index.html

http://www.tezuka-arch.com/japanese/index.html
http://www.yaita-associates.com/works.html
http://www.funabiki.net/works/index.html


こっちの建築事務所。
http://www.kikuchihiro.com/bessou.html
http://www.spacecraft-architect.com/b_gallery/index.html

http://kmtads.com/works.html
http://life-arc.com/works/


メモメモとして、いまの主観で、こういう考えでこういう創りを
していく方を勧めたいなあとか、引き渡し後のサポートだとか、
いい姿勢でいてくれるマンパワーですとかは、いち個人の言葉として
またここでもサラッと、シラっと紹介というか、メモを残せればと。

改めてこの方々への想いは 今も変わっていませんし、
地元の若手建築家さん達にもよいチャンスをお繋ぎしたいし、
最近でも竣工の現場を拝見し、オートクチュールなのだなあと、
素晴らしさの感激が続いた建築先があったり、 
ひとつの軸とカラーを持ちながら多くの方に選ばれている建築先の
素晴らしい浮遊感ある建物が3つ着工し楽しみだったり、
拘りある施主ととことん向き合いながら共に最後まで良いものを
創って行っている姿に学ばせてもらっている建築先があったり、
建築業界に属さないが故に公平に広く関われ知ることが出来る環境に、
改めて感謝してみたりしています。


建築士、じゃないな 建築家設計者、がいいな。
先生じゃない感じが、いいな。

アーキテクト かっこいい、すごい、おしごとです。



建築関連
リビングデザインセンターOZONE
SUVACO
モダンリビング



人気ブログランキングへ

建築のことカテゴリ 

建築っぽいこと1


カテゴリ
http://sakuraikaruizawa.blog33.fc2.com/blog-category-36.html

カテゴリを分け、たまに妙に整理したく振り返るのですが、
ここは繋がった方との業務の先の交流にとしていることと、
必要として下さる方とはそっちの延長で建築先をお繋ぎしているので
ここでの紹介は何度か書きかけながらも消しちゃっていました。

紹介じゃなくて、振り返りをしながら残しておこう。
始めた頃より随分と、軽井沢での別荘建築が見えてきました。



「どこかお勧めの建築先ってありますか?」

(こころのなかでは即座にないっすと答えたくなってしまう。。)

ええと、全ては 相性だと思っています。
どういう別荘ライフをこの町で行いたいかのイメージによって、
お繋ぎできる先、お繋ぎしたい先が変わってきます。
どこどこだったら、きっと希望を叶えてくれますよ!
という誰にでも紹介できる先は、残念ながらありませんが、
土地選びと同じように一緒に見つけていきましょうよ と、
言える時は言ってみています。


別荘地・軽井沢って 普段の日常では当てはまらないようなことが
叶えられる場所でもあります。
非日常と日常が豊かな森の中に混在してて、全ては「家・空間」ですが、
定住のための家、週末ハウスの家、避暑だけの家、
子育て世代の家、定年シニアの家、ゆとりのための家、見栄の家、
もっともっと分ければ幾らでも出てきます。

住民票ベースで2万人の町民と、9270世帯の町の中に、
それとは別に15500件くらいの別荘建築があります。
住民も定住建築も増えたので比率は変わりましたが、
2000年代後半は、町の建築の3件に2件は、別荘でした。
軽井沢町統計ページ

ああ、長くなるので割愛しよう。
要は、ピンキリで、いろんな方がいろんな想いとタイミングのもとに
計画されてきた別荘というものなので、答えなんてないなあということ。
そして勧められる先というのも、出会いとタイミング(条件含めた)
次第で、毎年すこし変化があるなあとも、感じています。


ええと、先に備忘録的に。
言葉を添えて行くと不公平感が出そうなのと疲れてしまうので、
直接間接の関わり先、町内で見かけている等の先を、HPベースで恐縮
なのですが羅列だけしてみます。

□こちらでの設計施工
 http://www.kenchiku-31mori.com/case/index.html
 http://www.passivedesign.jp/works/
 http://www.crar.jp/works/
 http://www.houreso.jp/order/works.html
 http://www.maruei-art.co.jp/sekou_ex/trad_ex01.html
 http://www.seiken-house.jp/results/
 http://www.shinkenchiku.jp/#projects
 http://www.k-sasakikomuten.com/
 
□施工会社・建設会社
 http://www.takehanakogyo.co.jp/
 http://www.dai-1kensetsu.co.jp/
 http://www.niitsu-gumi.co.jp/
 http://www.horiuchigumi.co.jp/ 
 http://www.ooi-kensetsu.co.jp/
 http://www.sasazawa.jp/
 
□ハウスメーカー等
 http://www.assistkk.co.jp/
 http://gh-archi.com/karuizawa/
 http://www.houreso.jp/talo_openhouse.html
 http://www.kougentoshi.com/
 http://www.honka-nagano.com/ 
 http://www.bess.jp/
 http://www.hokushinhouse.com/
 http://www.tsuchiyahome.jp/tokyo/modelhouse/karuizawa/
 
 他もまだまだありますが、まず、まず。
 次(いつかな)は、建築事務所と、考え方選び方をちょびっと整理
 してみます、たぶん。。



人気ブログランキングへ

建築の、よいアイデアを。




NCM_8244.jpg

想像の翼。

どなたかに頂いた言葉で、
大げさに意識しないまでも、
自分の中でその翼をおっきく広げ、
浅間山の高さくらいまで上がって(さくらいがはいってるー)
見渡して、地点まで降下していくイメージを持つようにしています。
タカのような、ノスリのような。

とはいえ建築は好きですが素人なので常識の感覚からハミ出せない。
様々な建築家の方々とお会いできることに感謝しながらも、
それは特別な感覚で、
金額や実用や現実的なことと比べて判断できるのはごく一部、
ふつうの範囲で叶えるには何かを犠牲にしたり妥協したりと
難しいものだと思っていましたし、思っています。

今日は2つ 建築に関わる打ち合わせに顔を出し
ともに建築が好きで関わられているお施主さんで、
なんというか、 
デザイナー側と施工側の感覚を両方持っているため
実現可能で効果的な「くふう」が生まれてきて、
自分にない想像で、想像以上にびっくりしました。

そして両方の感覚を持っている作り手さんもいて。
その中間を備えている人は少なくて貴重で、
そこに自分も小さく加わるトライアングルが心地よくて、

なんだなあ、幸せなしごとだと 改めて感動しました。


ぷらいすれすとは 
こういうであいとけいけんたいけん。
みなできるものでないけいけんなら、
じぶんのおおきなとくちょうにそだてよう。
そして、つながるかたに、やくだてたい。
そんざい、いぎ。
うれしい。



人気ブログランキングへ
やきいも おいしい。

地鎮祭


NCM_7844.jpg


晩夏の夏空。
初秋かと思ったら、ミンミンと夏らしくセミが鳴いてくれた。
昨日はすごく清々しく良い天気に恵まれました。

おめでとうございます。
愉しみたのしみ。

お待ちしていますよー


NCM_7846.jpg

また 勉強もさせて いただきます。
建築って 面白い。
とても大事。




人気ブログランキングへ

個人的にとても大事な、建築カテゴリ。
http://sakuraikaruizawa.blog33.fc2.com/blog-category-36.html
しごとの気配を出さないように気をつけますが(?)必要とする人の
参考になれればと、身近なひとや事務所の追加も紹介しよう・・かな。

タイミング


(下書きのままこうしんできず)

先日、急遽ひとつおおきな仕事が延期になったおかげで
朝からの建築リフォーム立ち会いに長めにいられました。

鎮めるためのお坊さんのおはらいにも立ち会わせてもらい、
短くも長かった今回の取引を振り返りながら、
明るい未来ある計画に携われたことを、
とても澄んだ気持ちで迎えられました。
最後の引き渡しまでもう少し、
引渡後から開業後も、お手伝いさせてくださいね。
また、折を見て紹介を


もうひとつ無事の取引と登記完了を見届けてオフィスへ。
梅雨の雨続きでしたが、昼前の戻った時間帯に太陽が射してきて
周辺がとても爽やかに明るくなりました。
わーやり遂げた後のご褒美だ! という気分で
外の緑をゆっくりと眺めてくつろいでいると、、
偶然なタイミングでアポなし訪問の 鎌田さん 登場。
王子か!と、心の中で笑ってしまった。

建築文化賞を受賞された建物の 現場打ち合わせに来ていて、
ここに至る迄にあったドラマを懐かしく振り返って雑談をしていたら、
ああ、2回目がそろそろだということに気づき、こういうタイミングで
偶然会えるのも縁だと、急遽ながら集合をすることにしました。

2回目とは、これ。
未来の軽井沢建築を担う若手建築士の会(仮) 

本当に急だったので 井野さん とは合流できなかったのだけど、
佐久で増築の打ち合わせと仕事がらみだったのでなんか嬉しかった。
次回は幹事お願いしますね。

近常さん と隣のはぶかるフォレスト内で落ち合い有意義な時間を
過ごし、隣のモデルハウス兼オフィスへ移動し建築と施主との関係や
設備や仕様、工夫の話などをじっくり楽しみました。

1044188_447803625316028_202078782_n.jpg


ええと、数日後の今追記をしていると 割と普通の事なのですが、
ちょっとびっちり立てこんでいた中で ふと偶然出来た時間が、
こういういろいろなタイミングが重なって且つ繋がった人間関係の
同世代の同じ志を持った仲間と過ごせたことに、
妙にジーン・・としてしまうほどに、気持ちが救われたような
満たされたような、 そんな感じがしたのでございました。

共にとても顧客志向で想いを持った仕事をしてくれるカッコいい方。
井野さん含め、今も進行している案件があり、またこれからも繋がる
可能性をとても感じたものですから、
そんな日の備忘録として残しておきます。


嗚呼、前の週に 偶然にも 好きな建築の人たち との関わりや
繋がりがあったり、竣工前施主検査の立ち会いに偶然タイミングが
2件もあってご一緒させてもらったり、建築繋がりのタイミングが良い
事が続いたのもあったので よりそう感じたのかもしれません。

新しい軽井沢ライフの、ちいさなきっかけになれた案件続き。
ベタなのですが、新しい物語が始まる序章に立ち会えたような、
毎回そんな神聖なワクワク感があり 素晴らしく楽しいです!
建築関連の良い仕事をされている方々を心より尊敬できるように
なりました。

そんな、良い相性のお繋ぎ役を これからも行っていきますね。
楽しみを広げるお手伝いを させてくださいな。



人気ブログランキングへ
でも、やっぱり独りで全てをまかなえる キラキラしたひとの 才能は
凄いなあと改めて感心しています。お施主さんとの絶妙な関係をありがとう!

未来の軽井沢建築を担う若手建築士の会(仮)


先日、建築に関わる同世代友人3名を、
ハルニレテラスのセルクルさんで引き合わせをしました。

合コンのような、いやお見合いのような気持ちでやや緊張気味に
セットしたのですが、 やはり同業、いろんな繋がりがありまして
初回とは思えぬほど打ち解けました。 よかったー

店名に由来する この繋がりを大事にしたいと、
初回の会場に選びました。
この円(縁)が軽井沢の中でよい広がりをしていくことが楽しみです。

ええと、仕事柄、多くの建築家さんや設計事務所、施工会社、
工務店、設備関連諸々の方々とお会いできるようになりました。
自分はニュートラルな立場で、各社から各特色を勉強させてもらえていて、
土地探しから依頼くださった皆さんに、 相性と予算感などトータルで
合いそうな先を、今までもお繋ぎしてきました。

前回じぶんのなかでの殿堂入りな4人の方を紹介しました。
http://sakuraikaruizawa.blog33.fc2.com/blog-entry-859.html

その、川野さんや、澤海さんのいた会社にも随分と力添えをいただき
まして、お施主さんがにこにこと満足な軽井沢ライフを始めてもらう事が
できました。 これからも関係変わらずにお世話になりますよ。


東京の著名な建築事務所や設計士さんとの仕事も大変勉強になります。

ほかに、もう少し地元で良い仕事、良い提案ができる仲間増えればと
常々思っていまして、
佐久・軽井沢のこれからの建築を引っ張っていける人たちへの仕事の
きっかけが増えればと、将来のライバルながら強力していける関係を
いまから構築できればとの想いから、そんな会(仮)の始まりへと繋が
りました。

そんな仲間内を、こちらの個人グログでは効果的か分かりませんが、
簡単にさらりと紹介をしてみます。友人でもありますので構えての
紹介がなんだか苦手につき、きっかけ程度に。。


■ 鎌田さん http://kmtads.com/
 佐久の建築設計事務所で経験を積まれ、2010年に開設されました。
 縁あって星野の眺望地にプランを描いてもらい、それが自分がぼんやりと
 敷地をたくさん眺めながら思い描いていた姿に近くて、更にCGを使った
 分かりかり易い図面だったものですから、この出会いには驚きました。
 土地を案内する際に営業ツールとして忍ばせ、類似の敷地を検討される
 方々にお渡しして想像を膨らませてもらっていました。
 その中で偶然、建築のよく分かるお客さんにその土地を気に入って頂け、
 プレゼン資料をお渡ししたものが元で、
 それの図面が、現実に、具現化されました。

 そして、それが、素敵なことに、長野県建築文化賞のなにかしらを受賞
 してしまいました。
 http://kmtads.sblo.jp/article/62719093.html
 今振り返っても、感動的な ご縁でした。
 竹花工業の小林さんに監督してもらえたのも嬉しい繋がりとなりました。

 もうちょっとなんか書こうかな。
 また、更新します。


■ 井野さん http://life-arc.com/
 ええと、2007-2008年の別荘Naviの同僚であり、ボクを捨てて他部署へ
 移動してしまい、会社の発展に貢献し、働きながら学校にも通い一級建築
 士取得の努力の後、2年ほど外での経験を積まれ、この4月より事務所を
 開設されました。
 群馬から軽井沢に移住され、土地を探して自分の家を建築していた姿を
 近くで見てきたものですから、感慨深いものがあるというか、
 ちゃんと食べていけるところまでサポートしてあげたいというお節介な気持
 ちも混じっていますが、軽井沢のお客さん方に順応していければ力を発揮
 してくれると期待をしています。
 トンボの湯の改修や施設を随分見てくれていましたので、皆さんの身近な
 所でも彼の携わってきたお仕事が結構たくさんあるのですよ。
 職人さん設備屋さんなどとのネットワークもしっかりしているのも強みです。

 今でも軽井沢の不動産仲間の交流に参加してくれていて、各社とも親しい
 距離感、地域や業界に馴染んでいます。また一緒のカーリングチームでも
 頭脳として活躍しています。すっかり軽井沢さんです。
 元々行政の仕事から星野に転職し、その後こういった建築確認検査機関 
 を経て今に至りますので、経験を生かし こちらのNPOのお手伝いも され
 ています。中古別荘購入時の診断や、リノベーションの提案などにも
 力を発揮してくれますので、これからの方はご相談してみて下さいね。
 
 あと何か書こうかな 想い出したら更新しよかな。


■ 近常(ちかつね)さん http://www.kenchiku-31mori.com/
 関西圏から縁あってこちらへ。奥様の実家が小諸にあり、近年こちらに
 自邸も構えられました。すっかり信州人さんです。奥さんと鎌田さんが
 偶然同級生だったという偶然も面白いなあ。

 ボクと同様、企業に属している身ではありますが、仕事のことお客さんに
 役立つことであれば業務の境を越えて一生懸命に考えてくれます。
 仕事での役割は、設計士と施主を繋ぐ「現場監督兼営業&コストコントロール」
 などなど。間に立つとても重要なクッション役でもあります。 
 とても個人的にはクレアさんにいた澤海さんの仕事と役割が重なります。
 お客さんに建築先を紹介していくうえで顧客とのコミュニケーション&相性
 は重要でして、職人集団の工務店や建設会社さんにそこまで求めるのは
 難しく、また設計士建築家に求めるにはお客さんも気が引ける部分もあり・・
 そういった心境から、設計士のいる『 設計施工 』 の会社を求める声も近年
 とても多くありました。
 昨年、とあるイレギュラーでお客さんの心象を曇らせてしまい、気持ちの
 良い軽井沢ライフをスタート頂けるよう心を救う精一杯をしましたが、施工を
 される側からの、近常さんの人柄とお気遣い、言葉や提案によって、その
 お客さんもそしてボクも救われました。。 
 これは顧客の前で建築営業、図面を元に打ち合わせ、見積もりにも携わり
 ながら、建築着工後は現場監督として引き渡しまで一連に携わってこられて
 いるからこそ、状況や気持ちが分かって下さるのです。 

 ここの部分は、意外と出来る方(できる会社)は少ないのですね。
 先に挙げた、川野さんと澤海さんはこのコミュニケーションと責任感にも
 秀でているものですから、仕事のパートナーとしても友人としても大好き
 なのですが、
 近常さんはじめ、鎌田さん井野さん共に建築が大好きで、先々まで大事に
 見守ってくれる方々なので安心です。こういう創り手が増えてくれると嬉し
 いのです。
 
 
 もうそれぞれ仕事に繋がるような連絡をはじめてくれていますが、
 2ヶ月に1度づつ位 集まってなんかやりたいと思っています。
 そして、志一緒の仲間がすこーしづつ、増えていくとまた嬉しいです。
 ちょっと、期待です。
 一緒のお仕事の報告や建築経過も紹介できるようになるといいな。
 興味お持ちの方は繋いでいきますので気軽にご相談下さいね

 あ、もちろんそれぞれの事務所に建築依頼する事もできますが、
 例えば工務店や建設会社の設計施工で依頼をされ、その設計士
 及び顧客の建築窓口として機能してもらう事もできそうです。
 既にそのような仕事も受けてくれていますし、個人的には近常さん
 の会社の設計担当として井野さん鎌田さんにも仕事してもらえると
 安心もより備わってベストだなあ なんて思います。
 軽井沢界隈に既に賃貸等で移住され、これから想い想いの建物を
 腰をすえて検討したい という方には、この町で暮らし働く建築士
 さんをお勧めしていきたいです。
 


人気ブログランキングへ 
都心部の、軽井沢でお仕事させて頂いているお勧め建築事務所一覧も
いつか(近々)ご紹介しますね。

建築の着工と竣工を


こんにちは。

昨日も今日も、日中18℃位まで気温があがりました。
日陰の雪も随分と溶け乾き、雪に覆われていた地面からも
モショモショとした緑が目につくようになってきました。

油断ならぬ3月の軽井沢の気候ですから、
まだまだ雪は降り道は凍りますが、
地面からも春が伝わるようになってきましたから 
冬が開けるのももうちょっとです。


暖かになり、地面の凍結が終盤となってきたこの頃、
軽井沢町内での建築が各所で始まりだしました。

おお、おお いよいよ!!

といった、地鎮祭参加のお誘いを多く頂くようになり、
またいくつかの地鎮祭にも参加させて頂きました。

この軽井沢で暮らしを始める方、
別荘としての滞在を心待ちにされてきた方、
そんな皆さんの計画に携われ、
より実感が深まるのが地鎮祭です。

この軽井沢にいるたくさんの神様に願いを込め、
この地への挨拶と、職人さま方のご無事と、
素敵な建築が叶うよう祈りを捧げる儀式です。
何度参加しても、神聖な気持ちになります。
今までの出会いや契約などを思い返しながら、
関われたご縁に感謝し、
自分にできる精一杯の思いを込めて
参加させていただいています。


ほんとうに、たくさん建築に関われているのだと
ちょっと自分でもびっくりです。

そして、、
この春 引渡しを終え暮らしをスタートされる方々も。
もうちょっとですね!
いよいよですね!

暮らしが始まりましたら、斧とチェンソーと丸太を持って
教えにいきますね。


おめでとうございます。

ようこそ軽井沢へ!



さくらい



人気ブログランキングへ
まだまだ梅雨時まで薪ストーブは使いますよ。
まだ在庫がありますのでお届けできますよー

好きな 建築の人たち


昨年あたりから、建築の相談が増えています。
土地をお求めいただいた方には無償でコーディネートしています。
この建築についても土地同様、こちらが進めたい先ではなく、
買主さんでありお施主さまになられるお客さんの意向に合わせて、
相性と予算感をみながら 公平にお繋ぎしています。

家と車は、その人その家族が反映されると感じています。
家を見ると、どんな人がオーナーさんなのか、なんとなく分かります。
いや、わかる感じがありますかな。
飼い主さんに似てくるワンちゃんのように、お施主さんと良い関係が
築けてできたおうちは、なんとなく雰囲気が似てくるものです。

8年半いますけど、不動産のトレンドは毎年異なります。
建築の要望についてもやや連動していて、
景気の良い時はゆとりのある建築が増え、
景気が良くない時は、実質のある身の丈にあった家が増えます。

長く家のお手伝いもしていると、
いろいろなものが見えてきます。
繋がりが深まっていくと、信頼関係が生まれて、
選んでくださったお客さんが喜んでくれる良いものが叶います。
たくさんの繋がりができましたが、
超個人的な気持ちとして、特に好きな建築の人たちが4人います。


竹花工業の現場監督・小林さん。
おっきな公共事業から、数万円程度のリフォーム修理まで幅広く仕事を
してくれる、☆のでもお世話になっている会社です。
著名建築家やデザイナーさんの軽井沢荘建築時には指名を受ける程
信頼の置かれている人なのですが、仕事の大小に関わらず、
名前のあるなしにも関わらず、「お施主さん」 のための建築を
考えて工夫して、叶えてくれるかっこいいひとです。
「家は我が子のようで、手がかかるほど可愛い。
 送り出したあともいつもいい姿でいてもらいたいから見て回るんだよ」
って、言葉だけでなく本当にケアして回ってくれます。
お施主さんからの熱い依頼によって個人で建物管理をうけてくれる案件も。
施工例をくっついて見せてもらうのですが、お施主さんとの距離感がとて
もとても絶妙で、すごく愛されている監督さんだなあと、嬉しくなります。
誠実すぎる会社につき、建築の相見積もり時にはよく負けちゃいます。
が、長い目でみたらやっぱり安心感が違います。小林さんに見てもらった
建築は幸せモノです。


好きな家造りびと 澤海(そうみ)さん。
以前も一度こちらで紹介しました。自分が関わった建築紹介で一番多く
お世話になったかっこいい人です。
以前の会社を離れ、八ヶ岳で起業されましたが、 お施主さんにも家にも
優しい、いいしごとを続けてくれていることでしょう。
落ち着いたら、軽井沢でもまたお仕事ご一緒したいな。
現場が分かり、お施主さんの心理もよく分かってくれる間に立てる貴重な人。
良い建築を叶えたくても、予算の限度はあります。
予算の限度はあっても、良い建築を叶えたいです。
ただ現実で妥協させるのでなく、減額案をすごく振り絞って考えてくれるし、
UPしてもそれ以上に見合う効果なんかもちゃんと理解してもらえる伝え方を
頑張ってしてくれました。やはりたくさんのお施主さんに愛されています。
そんな姿が微笑ましいし、そこに一緒にいられるボクも幸せです。
がんばってね澤海さん!
http://appreno.blogspot.jp/2013/02/blog-post_27.html


きらきらしている 川野さん。
東京での構造設計事務所を経て軽井沢に移住して9年。あ、ちょうどボクも
戻ってきた年とおんなじだ。
地元の設計施工の会社で40棟以上の建築をして、席が変わってフリーに
近い立場でいい家を創ってくれるカッコイイお兄さんです。
現場監督もできて現地に張り付きながら、資材素材の仕入れも見える人。
「フローリングも時価があってね、普段の流通だとこの位しちゃうのに、
 運良く在庫があるとこれが半額で仕入れられたりするんだよ。」 って、
良いものを叶えたいけど予算の上限があるお施主さんを想いながら、
工夫を重ねていいものを見つけてきてくれます。
結論から言えば、限りある予算の中で一番かっこよくて良いものを創れる
人だと思っています。 自分ちも川野さんにお願いしたい。
現場優先ですごく忙しい。自分も宅建の時に経験がありますがなかなか資格
試験のための時間ってとれないものです。建築士の有資格ではありませんが、
センス良い設計も意匠的なディテールも、パパッと出てくるコスト感も素晴ら
しいです。 同僚宅はじめお世話になっているお客さんも多く、数社引き合わ
せた中で選ばれるというのは、提案も然ることながら川野さんの人柄です。
各設備屋さん職人さんとの関係もとてもいい感じ。川野さんには恥かかせら
れないなって、期待以上の仕事をしてくれる方ばかりです。
アホなことを言い合う間柄ですが、じつは密かに尊敬しています。


アトリエ137の 鈴木さん。
ボクの建築家像を変えてくれた人。 作品を創る人たちだと思ってしまっていた
偏見を大きく変えてくれて、物腰柔らかな人柄でお施主さんの意向と雰囲気に
合わせたカッコイイ建築を叶えてくれる、カッコイイ設計士さんです。
先生と呼ばれるのをとても嫌がるので、素直に気軽に鈴木さんと呼んでます。
偶然にもボク経由で土地を選んでくれた方々が鈴木さんのところに繋がって、
小ぶりながら開放感ある素敵な建築をたくさん叶えられました。
20坪台前半半ばのミニマムな建築を、広々開放的にかっこよく創れるところに
ああ、工務店さんと違うな、建築家だなーと、関心と感動をさせてもらってます。
いろいろ見せてもらっていますが、常人には思いつかない発想で、でも違和感
なく調和した、包まれた優しさを感じるいい家を叶えてくれます。
建築事務所への依頼は、建築費用の他に10%~の設計料が発生します。
一般住宅よりもよい素材やデザインされたものを使いますし、建築家に依頼す
るなんて自分だったら勿体ない、なんて思っていまっていましたが、
鈴木さんとなら創るプロセスも楽しいだろうしウキウキする家が叶うなって、
費用以上のものがあるなって思わせてくれた最初のひとでした。
施工の進行具合も届けてくれています。 お繋ぎしながら叶わなかったプラン
もあって残念な思いもさせてしまいましたが、またタイミング合う頃に良い縁が
繋がる気がしていますので、その時はよろしくお願いしますです。


建築案件の相談が増えています。
本当は会社の方やこれからの人に届くところで情報をお送りしたほうが
良いのでしょうけれど、 自分の振り返りも含めてまた近々お付き合いの
ある建築関連の紹介を、こちらのカテゴリで更新してみますね。
良い建築を叶えてくれるしっかりした方々もいっぱいです。
では、また。



人気ブログランキングへ
建築関連の仕事は面白い。ふどうさんとともに暮らしに関われる
仕事って楽しいです!

好きな 家造りびと 澤海さん


P1040241[1]
(お借りします)

我々不動産業界のおしごとは、
皆さんの暮らしの第一歩に立ちあわせていただくこと。
土地しかり、中古戸建てのリフォームしかり。

我々はその次に
家造りびとさん達へたすきを渡していきます。


いまやそれなりに大きな組織になりまして、様々な関係でいろんなところに
繋がりがひろがっていきます。
いろんな建築士さん 建築会社さん 工務店さん 設備やさん 造園やさん。
土地探しのお手伝いの後、建築コーディネートを無償で行っているのですが、
関係が広いので、お施主さんとなるお客さんのご要望をお聞きし、想像を広げて、

予算やテイストとともに、相性までも考えながら 
公平にご意向に合った会社のご紹介をしています。

皆さんとほぼまんべんなくお付き合いさせている状況。
軽井沢には信頼のおけるしっかりした会社が多くて紹介する側も安心です。


企業ー企業 の繋がりがもちろんありますが、
担当ー担当(わたし)の、個々の繋がりというか、信頼関係というのも
繋ぎ役としては重要だなと 感じる事が多いです。
私も企業に属するイチ個人ではなくて、 さくらいさんとして見て頂けるように
なりたいと意識してこのブログを始めたのがちょうど3年前でした。

そんな私が、業務を越えた個々の付き合いとしてお世話になっている建築士さんや
工務店の担当さん 設備やさん お庭やさん(結局全部じゃん)も多いのですが、
その中でも 一番 立場が近くて、
お客さんとの立ち位置も近くて 姿勢も近くて・・

と感じる、良い仕事をしている好きな家造りびとさんがいます。


 澤海さん。

 http://crar-somi.blogspot.com/ 

建築中のお施主さんに安心が届くよう、
今の状況を伝えてくれています。
それだけでなくて、既存のお客さんとの触れ合いなどもあり、
愛されて必要とされているなーと ここでも自分の目指したい
方向で 一歩先に進んでくれています。

こういう 家造りびとさんに携わっていただいたお客さんは幸せだなーと。
引き渡し後もすごく面倒見が良くて、移住したり別荘として頻繁に使って
いる方々の所をまわって様子をみたりしています。

私も心がけていることですが、
商売っ気 ではなくて素で自然に接することができることがすばらしい。
いいなあと 見習っています。

そんな、家造りびとさん個人を紹介してみました。



人気ブログランキングへ

電柱設置に立ち会ってきました。


こんにちは。

昨日、電柱設置の立ち会いに行ってきました。

土地の所有者様が景観に配慮下さり、無機質なコンクリート電柱ではなく
茶に塗られた電柱を1本、別荘地に建てて下さいました。

電柱設置をまじまじと見たのは実は初めて!
1本1本の為に、こんなにも人員と労力をかけられているなんて・・
中部電力さんの活動への感謝の念が湧きました。

基本は電柱設置は無料。この茶の特殊の場合のみ、+2万円程だそうです。

CA3F0474.jpg
こんなに長い電柱を、現場へ運ぶのだって相当な労力です。
道が細く斜面の多い別荘地でしたら尚更のこと。頭が下がります。

CA3F0476.jpg

CA3F0477.jpg
掘り始めます。径に合わせてこういう掘削をされているんですね。
目安は電柱の長さの根元1/4~1/5(ちゃんと基準がありますが詳細聞きそびれました)
を埋めるらしい。成程、倒れない訳です。

CA3F0478.jpg
重機トラック5台、7人もの方が作業下さっています。大変な作業です。


CA3F0479.jpg
『地球に突き刺す、逆剣玉』のような印象で見つめています。。

CA3F0481.jpg


CA3F0480.jpg

垂直を図りながら微調整を行い、引っ張り線に固定させて作業は完了です。

どこにいても普通に目にする電柱・電信柱ですが、設置作業とメンテナンスも
行われてきての今日の姿があるのです。
無いと困り、設置もできないと困る。メンテナンスしてくれないとまた困る、
当たり前のようでもこういう現場に立ち会ってみると、今存在する姿への感謝が
湧きますね。

そういえば・・2007年9月の大型台風直撃後の軽井沢は倒木で電線が至る所で
寸断されて大変な事態でした。
迅速なる復旧作業を夜を徹して行って下さったのも、中電さんの関係でしたね。
私の小学校のころに無くなった母方の祖父も中電に居たので、台風など天災時の
話はよく聞かされていました。 本人以上に、家で待つ家族も不安だった事でしょう。

と、大がかりな作業を目のあたりにして想い出した次第です。


中部電力さん、トーエネックさん ○○さん
設置作業どうもありがとうございました。



人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ
プロフィール

さくらい・かるいざわ

Author:さくらい・かるいざわ

ようこそ 『軽井沢に暮らす~遊楽美感~』 のブログへ。
ここでは、軽井沢の別荘で暮らしてきた自分の体験から 遊びや楽しみ方美しさ素晴らしさを感じられる 「きっかけ」になれればと、 また離れた地からも身近に感じてもらえるよう 軽井沢のふつうの日常姿を気負わず緩めな発信で続けていきます。

仕事を通じて知り合った方々との、その後の繋がりを大切にしたい。 別荘ライフ軽井沢暮らしを始められた方々との交流の場にしたいと始めたものですから、気軽に相談やコメント頂けると嬉しいです。

それではどうぞ、宜しくお願い致します。

あ、過去の記事にも対応しますので気軽にコメント下さいね!さくらいが喜びます。

写真はサムネイルで見づらいのでクリックくださいませ 少しおおきくなります。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ゴルフ掲示板
リンク
Twitter on FC2
QRコード
QRコード