中軽の えにしやさん。


ごはんカテゴリで。


気軽なランチを腹いっぱい食べたいとき、
食の前後にちょっとひと息つきたいときに
友人とよく行っている 【 えにしや 】 さん。

紹介していなかったっぽいのでさらりと。


18425142_1319854038110978_2351801975685798909_n.jpg

山賊焼きカレー 970えん。

山賊も脂っこくなく美味しくたいらげましたが、
普通のチキンカツ2枚分以上あるので大変です。
そして、無料でごはん大盛りもおかわりもできるので、
これはごはん大盛りにしちゃったら・・ 
おなかがはちきれんばかりの満腹に。くるしーー

ランチは日替わりが630だったかな、680だったかな、
メニューも豊富で飽きない魅力もありますが、

ごはん大盛りもおかわり自由もありますが、

個人的に超ありがたいのは、ランチ時の
【 ソフトドリンク・コーヒー無料サービス。】 です。

諸々のメニューの中に
リアルゴールドまである。
いつもリアルゴールドをジョッキで1杯いただき、
食後にコーヒーを頂きます。

以前隣の席で高校生が、大盛り飯喰いながら
コーラとかジョッキでお替り何杯もしていたのを見て、
お店の太っ腹具合に関心しました。
大人なのと、食前にジュースお替りすると意外と入らないのと、
グラスだとお替りしてお手間取らせちゃうのでジョッキ1杯で。
地元に向いた、ありがたいお店です。

えにしや さん。
https://r.gnavi.co.jp/7dnpk63h0000/
https://www.facebook.com/ishyokuanEnishiya/


気軽でいいですよ お出かけ下さい。
夜の居酒屋もいいですよーー。



人気ブログランキング
スポンサーサイト

丸屋食堂へ。


11の雪の日、
妙に行きたくなり同僚と共にまるしょくへ。

丸屋食堂さん。
http://sakuraikaruizawa.blog33.fc2.com/blog-entry-676.html

17861714_1287618881334494_3462392607446215496_n.jpg

17796809_1287618911334491_4269368330802271202_n.jpg
ブレチャッタ

変わらない、昭和食堂。
以前 「給食みたいな。」 と表現しましたが
全てが飽きのこないやさしい味です。

個人的には、この名物ソースかつ定食の揚げのムラが好き。
分厚くジューシーで柔らかいときもあれば
薄い部分で噛み締める具合の食感もあって、
時にはこんがり揚げすぎなときも・笑
絶妙なときに当たると得した気分で嬉しかったり、
同じメニューながら微変化あるのも好きなのです。

胃に優しい味噌ラーメンも好き。
ラーメン半ライスで450えんもよく食べます。
いつでも気軽に寄れるのがありがたいなー



人気ブログランキング

追分そば茶屋さんの天ぷらそば。


ちょっとひといき。
7,8月のどとうの波が落ち着いたと思ったら、
あらたに秋の年内需要がまちかまえておりました。
もう、無心無欲で相性のもとに必要とされているうちは
デヤッと尽くすでございます。


紹介は久しぶりでしたが、追分そば茶屋さん。
http://sakuraikaruizawa.blog33.fc2.com/blog-entry-821.html

数ある軽井沢の蕎麦屋さんの中でも、定期的に行きたくなる
田舎蕎麦系ながらしっとりとなめらかでのどごしも良いおそば。
オンシーズンと週末は大盛りは頼めませんが、
平日は200円増しでたっぷりと通常の2枚分くらいを頂けます。
信州蕎麦は、たっぷり食えなきゃ。

でですね、
疲れやら胃腸やらちょっと食欲が無さげな感じなときながら、
よいしごとしたご褒美に優しく温かなもの食べたいとき、
こちらのこれが 浮かびます。

14233062_1067456810017370_6477876464158718685_n.jpg

軽井沢駅内の、おぎのやさんの立ち食い蕎麦は絶品です。
生麺を茹でますし、だしとかえしを調理時にあわせる美味しい
つゆとコストパフォーマンスを知ってしまうと、なかなかよそで
温かいそばを食べる機会はなくなっちゃいます。

でもこちらは使い分けで。
絶妙な塩梅のおいしいつゆに、飾り気の無い野菜が衣薄めに
揚がり乗っています。海老天の周りにはみぞれのような感じで
繊細な天かすが。つゆにすこーし天かすをすくっていただくと
また味の変化がありほっこりします。

そばも最後まで切れずにするっと頂けます。
皆さん贔屓のお店があるかと思いますが、そばの括りの中でも
それぞれのお店で特徴が異なりますので、信州そばらしい
こちらのそば茶屋さんもご利用くださいな



人気ブログランキングへ

好きなお店は、ここと、ハルニレテラスの川上庵。
追分のささくらさんときこりさん。塩沢の志な乃さん。

村民食堂→森の水辺→トンボの湯?



DSC00058.jpg

村民食堂→森の水辺→トンボの湯?


森の水辺(新ピッキオビジターセンター、驚きの格好良さ。)
http://www.hoshino-area.jp/ecotour/backnumber/2016/08/01_1335.shtml

トンボの湯で朝風呂(夏の間は朝9時から入れますよ!)
http://www.hoshino-area.jp/tonbo/

村民食堂の和朝食(もうちょっと認知をー)
http://www.hoshino-area.jp/harunire/backnumber/2016/07/20_1402.shtml

森の水辺でコーヒー飲んで野鳥の森や湯川沿いをちょびっと散策して、
 →トンボの朝風呂に浸かって村民食堂?
 →和朝食でたっぷりとサラダを取ってご飯して飲んで・・トンボの湯?

考えるよりも行動せよ! と、村民食堂の和朝食を頂いてきました。


DSC00075.jpg

おお、8時なのに結構人がいらっしゃる。
適度に空いている静かな時間は建築空間が美しく見えてきます。

DSC00063.jpg
メニュー。

驚いたというか嬉しくなったのが、サラダバー形式だったこと。
朝食セットでちこっとしたサラダだと価格と釣り合わないなあと
何となく感じていたので、
新鮮野菜を朝から好きなだけ食べられるこのスタイルは良かった。

DSC00061.jpg

DSC00069.jpg

ほろ苦辛くて美味しいクレソンまであったので多めに。
オリーブオイルと塩だけでわしわしと頂きます。
うまい。朝から身体に良いものを取り込めた気分に。


DSC00073.jpg

和朝食。
2種の優しい味のおにぎりです。
蕎麦団子入りの具沢山味噌汁と信州サーモン、梅干と小鉢。

「そばがき」入りのけんちん汁、なイメージの椀ですが、
箸で崩しながら口へと運ぶとふうわりとした蕎麦の香りが何ともいい。
ごぼう、大根きのこなどをつまみながらそばだんごを含み汁と合わせる。
この取り合わせを試していると、ふしぎとゆっくり良いペースで食べられて
いることに気がつきました。 嗚呼、朝食は、ゆっくりがいいなあ。。

少ないかな?と思いましたが、十分適量でした。サラダ量もお好みで。
ちょうど気持ちも身体も軽くなって、そのまま野鳥の森いこうかな。
そのまま朝風呂して、芝庭でゆっくりしながらビール飲んじゃおうかな。
昼寝しちゃおうかな。
そんな気分になれる良い朝食でございました。



・・

・・・

ビール。
うちの自慢のよなよなエール、あります。
そのほかにもこんな素敵なラインナップが樽生で!
http://www.hoshino-area.jp/hungryspot/
(告知が地味、もったいないよー。)

朝を満足されましたら、

夜のご利用もぜひぜひ。

DSC00059.jpg

DSC00079.jpg



人気ブログランキングへ

猪を食す。佐久の 「やまおく」



内外で人数が集まったため、10人以上はバスが出るという
『 やまおく 』 さんを幹事さんが予約してくれて、
ちょっとした小旅行気分でしごとの忘年会に出かけてきました。

猪料理 やまおく
http://tabelog.com/nagano/A2003/A200302/20001411/

軽井沢でも目撃が多くなった猪ですが、
ええと、 食ます。


中軽井沢駅から国道を使って走り、ちょうど30分。
趣ある入口に期待が膨らみます。

1661807_893265394103180_3252406163199251612_n.jpg

1904012_893248634104856_277681775644978530_n.jpg


1933843_893248677438185_8359561165099973889_n.jpg


1380545_893248657438187_2236830991684016016_n.jpg

おお・・ いいです。かっこいい。

もう、ひたすら食べました。
程々に飲みました。

10340132_893248694104850_2581351995315057939_n.jpg

1503248_893248724104847_8489600385772279621_n.jpg

お値段によって、お肉は選べます。

「猪豚だよ。」 と聞いていましたが、
「猪そのもの」の肉も扱っていたのですね。
今回は猪には辿り着けませんでしたが
また次回試してみたいものです。

946466_893269844102735_3711208727036460518_n.jpg

種類も色々。いろりで串焼き。
網焼きじゃない所がいいね 旨く感じます。


1910595_893285357434517_2393667007246832754_n.jpg

佐久育ちの地元ながら、今回が初潜入でした。
よくTVで見かける某社長が 「やまおくは信州の宝」 と
写真つき色紙にサインされていました。
小諸出身の 「虎ハンター・小林邦明」 も猪喰ってました。

追分経由の裏道でしたら、中軽井沢からも20分程度の距離。
ハンドルキーパーさんがいれば意外と近くに感じる立地で、
なかなかの非日常空間と山の食を存分に体感できます。

寒い時期の方がぬくもりがありがたく旨いですね。
新年会などにも、お出かけ下さいな。



人気ブログランキングへ

村民食堂。



10387718_865136666916053_599641982449406788_n_201510271352197ed.jpg


村民食堂。

☆のの民営ですけれど、

「 美しい村 」 を訪れる人たちの食堂なので

村民食堂です。

http://www.hoshino-area.jp/sonminsyokudou/


12065507_865136710249382_3264312442578525122_n_20151027135030dd8.jpg


10996350_865136766916043_3356324524412542454_n.jpg


洒落ていますが、食堂です。

洒落ていますが、けっこう落ち着きます。


サクライの 古巣です。

もう11年半前まで、早いなあ。

色あせず、今も村民食堂です。




人気ブログランキングへ


12189650_865564320206621_5097336280543497773_n.jpg
26日の月夜。 なんかあるかな?ないといいな。

食堂takizawa さん。



KIMG0220.jpg

KIMG0219.jpg

御影用水の温水路が見える、ミクニさんの近くに、
友人のお店があります。


カウンター6席だけの 
大人の隠れ家のような 心地良い空間。

春は控え、夏も・・とは思いましたが、
きっとここ覗いてくれている顔の見える方々は、
理解くださるだろうと 控えめに。

KIMG0209.jpg

KIMG0212.jpg

通常は、ゆっくーーりと頂く朝ごはんと、
ゆーっくりといただく、昼ごはんのみ。

今週末18日から9月上旬までは、
8~11時LOの朝ごはんのみの営業に。
木金はお休み。
でも、同期間の土日のみ、15~18時LOの HappyHour営業があります。
1ドリンク&1プレートですって。
夕涼みの散歩がてらの一杯・・ いいなあ、いいですねえ。


KIMG1076.jpg

おかみ・・じゃなかった、 マミさんが、
1人でとてもとても丁寧に調理と仕上げをしながら提供されています。
ですので、カウンター6席のみで 所作を眺めながら会話を愉しみながら
ゆっくーりゆるりと、食のある時間を過ごす感じです。

予定がある間にさくっと済ます食事では無くて、
なんでしょう、とても忙しく脳がぐるぐると落ち着かないような朝昼に、
こんなにもゆるりと 朝ごはんのための時間を使えるのかというような、
軽井沢らしい 軽井沢時間に脳と身体と内臓を委ねて過ごしてみて、
終盤には スーーっと、軽くなって落ち着くような・・・

ちょっと大げさですね(笑)
でもちょうどパンパンだった時に、そんな体験をさせて頂いたのです。
ホフーーっ とした、 いい~ため息がつけました。


なんというか、おおらかにゆっくりと朝を過ごしたいときにお勧めです。
向かってみて カウンターの空きが見えたら良いことありそう
埋まっていたらまたつぎの愉しみに、 若しくは、
覗いてみて次が空きそうなら 御影用水散歩しながら待ちましょう。

ごよやくできないこと おこさんふかなこと ごりかいくださいな。

大人の静かな隠れ家さん。
夜は予約が出来る時もありますので、
落ち着いた頃にお誘いしご一緒したいです。


食堂takizawaさん。
https://www.facebook.com/syokudou.takizawa?fref=ts




人気ブログランキングへ

麺屋○坊’sさん。


ラーメンの相談は多いのですが、
好みも雰囲気も分かれますのであまり取り上げてきませんでした。
でも改めて、おさらいも兼ねて情報整理していこうかなと思います。

軽井沢町内も随分と多くのラーメン屋さんがあります。
また、中華料理屋さんの麺も入れれば結構な選択肢に。
その時のお腹の具合やお酒の具合、使い分けできるのが有難い。


麺屋○坊’s(めんやまるぼうず)さん。
http://tabelog.com/nagano/A2003/A200301/20001860/

友人らと気楽に行くには一番利用が多いお店です。
昼時のセットがお得で満腹感が大きいのと、82銀行ついでに?
寄れるので駐車場に苦労しないのも大きいかな。

この日は、あすなろさんでホルモンだけ食べた後にはしご。

NCM_8053.jpg

NCM_8052.jpg

NCM_8051.jpg

金額も味も、落ち着きます。。
居酒屋で長く高くなってしまうよりは、程々にして
ラーメン屋さんへ移動し餃子とビールと麺で〆たいです。

NCM_8322.jpg


ご参考に、食べログさんの軽井沢界隈ラーメンランキング。
http://tabelog.com/ramen/nagano/A2003/A200301/rank/

またゆっくりと情報整理していきますが、備忘録に思いつきで。
ラーメンは、ハルニレテラスの希洲林さんのタンメンが好きだな。
ちなみに麺は佐久の同級生のうちで作っているよ。
榮林さんのスーラータンメンは絶品。
昔、良い頃のおきらくさんで食べたにらそばだったっけな?美味しかった。
キッチンパパの坦々麺と、しょうゆが美味しい。
無くなっちゃった梅の家の初期は独特で多くて安くて好きでした。
家族で落ち着くのは三代目仔虎さんの座敷席。
役場隣の丸屋食堂でラーメン+半ライスだと400えんだ。好き。
老舗の洋食、菊水さんの シンプルなラーメンが旨いらしい。
駐車に苦労して断念すること多いけど、萬里さんも いいな。
いこい山荘の華さんも 美味しかった記憶が。
四川亭さんも 勿論。

ええと、また 思い出したら。


アウトレットのらーめん錦さん美味しかった!東京で食べる味。
でも、自然暮らしに慣れてくると美味い濃さはあとでもたれたなあ。
食べる環境で、記憶の美味しさを求めるか永続のおいしさ求めるか
変わってくるなあと思いました。
なので別荘や観光の人たちから見てイマイチ満足度が高くなくても、
四季あり寒暖、繁閑ある軽井沢では求めるものが変わり優しいものが
好きになるかもです。ファミレスやジャンクフードも少なく、水と野菜が
とても美味い町ですから。

というメモ。



人気ブログランキングへ

ありがとう十兵衛さん(3/14日閉店)


友人のブログをみて 思いっきり目を見開いてしまった。

追分にあるトラックステーション閉鎖に伴い、
軽井沢の超超穴場定食屋である 十兵衛 さんも
閉店してしまうというのだ。

しかも今日。(正確には明日14日でした。)

慌てて同僚と同業友人と共に行ってきました。

1486927_571428986286824_40650995_n.jpg

以前もこのカテゴリで紹介したことがありましたが 
http://sakuraikaruizawa.blog33.fc2.com/blog-category-31.html
長距離ドライバーの腹と心を満たすトラックステーションの
役割からも、旨いものが腹いっぱい、安く食べられるのが
特徴のお店でした。

最後の別れを・・・

10006936_571429019620154_1091304141_n.jpg

1011443_571429092953480_44102035_n.jpg

旨かった。。

1977332_571429139620142_1807314115_n.jpg

改めて、明日3月14日までです。
馴染みのある方、興味あった方は最後にぜひぜひ、
お出かけ下さいね。

十兵衛さん、有難うございました。
数はいけませんでしたが要所要所で心まで満たして
いただいていましたよ。



人気ブログランキングへ

御代田の美味しい 曜日限定のカレー屋さん


最近縁あって、仕事で御代田に良く行きます。
行き慣れてしまうとオフィスからも15分ちょっとの距離で、
近いけどちょっと軽井沢と違うなあ 空気も穏やかで温暖で
住みやすいなあ。 住環境の魅力に改めて気づかされます。


御代田町役場の近くに、
以前より気になっていたカレー屋さんがありました。
以前は、日曜の昼のみ営業というレアっぷりで、
そうそう週末にいけるものではなく、近づけた際も駐車場が
いっぱいで断念したりとなかなか入れませんでしたが、
先日偶然御代田役場に11時頃寄った際にOPENを見かけて
やっと入店が叶った次第です。

現在は、金曜と 日曜の 昼のみ営業です。


1011894_444969085599482_472187469_n.jpg

1017317_444969042266153_857186145_n.jpg

店名は 『 カレーの匠 』

いい感じです。自信の程が伺えます。


玄関先で、靴を脱ぎげた箱へ。
民家に招かれたような感じ、玄関を抜けると5席位だったかな?
カウンターがありました。慣れるまではなんとなく照れくさい
席かもしれません。

入って左手に メインスペースの和室が。
ちなみに玄関右に、6名テーブルの個室のようなスペースが見えました。

993791_445154298914294_1854346807_n.jpg

座布団が無いですが、なんか新鮮で、結構好きな雰囲気です。
金曜はコーヒーがセルフで無料のようでしたよ。


994297_445154368914287_907476225_n.jpg

メニューを見て ホッとします。
基本は 750円。
軽井沢の価格に慣れてしまうと、とても有り難く感じます。
辛さの調整なども好みに応じて下さいます。
美味しいくできたものを、お客さんの好みに合わせて
さりげなく勧めて下さる感じがなんかいいな。

1000907_444968948932829_447338703_n.jpg

チキンと迷いましたが、ポークカレーを。
最初はややさらさらのスープカレー風に感じましたが、
サフランライスと絡めていくうちに良い塩梅へと変化して
いきます。

994145_445154422247615_238121582_n.jpg

うん、美味しい!
添えられた揚げも良いアクセントとなります。
付け合わせも3種、多めに頂いちゃいました。

理屈抜きに旨いです。
で、この価格だったらとても満足度が高いです。
金曜と日曜の昼のみOPENという 稀少性もよいですね。
拘りのものを限定で提供している営業方針も、
妙にそそられてしまいます。


地図はこちらから確認ください。 

機会がありましたら、ぜひ。
日曜の昼時は混んでいますから、ちょっとだけピークを避けて
ゆっくりと召し上がってくださいな。




人気ブログランキングへ
夏はけろけろさんのカレーと共に多用させてもらう気がします。

「たましょく」と、しらいと。


2月3月は昨年に続きまして
ちょっとディープな地元向けお店情報を更新していきましょう。


【 玉川食堂 】 (通称たましょく)
http://tabelog.com/nagano/A2003/A200301/20005241/ 

NCM_0278.jpg

中軽井沢146号沿い、セブンイレブンのはす向かいにあります老舗の大衆食堂です。
ここの特徴は、「味がしっかりしている」こと。 
もっと雑にいうと、しょっぱ目の濃い味付けな品々です。

☆のスタッフも愛用のお店。ホテルブレストンコートからの近さもありますが、
サービススタッフにとっては、この味付けの濃さ(塩分)が、過酷な労働の中で
どんなにも救いになっているか・・ 
ボクも東京時代から星のに至るまでバンケットの仕事を随分してきました。
時には戦場のような激しさ熱気、体内の水分も汗とともに奪われていきます。
嗚呼、、塩舐めたい。。ソースをぺろっとしたい・・なんて本気で思うことが
しばしば。(今の方々はどうかわかりませんが。)体力勝負でもありますし、
いざ出陣!という仕事の際には、濃いめのガッツリしたものを体内に取り込んで
仕事に向かいたい時もあるのです。宴席1,2本には十分と耐えられる味付けです。

と、この写真も昨年3月の雪かき後に駆け込んだものでした。

NCM_0273.jpg

NCM_0276.jpg

迷いましたが、スタミナ丼とラーメンのセットを。
ラーメンは支那そば系のあっさりした美味しいもの。
スタミナ丼は・・チューブのニンニクと生姜をスバッと入れて炒めたような
何とも濃いガツンとくるお味でした。
雪かきで抜けた水分と塩分を補うには十分すぎるほど、でも、おばちゃんや
店主のあたたかな人柄と落ち着く室内空間に、すっかりと疲労から解放されて
充電でき仕事に戻れました。

NCM_0274.jpg

舌代 というのもいいな。

駐車場がありませんで、お店前にぴたっと止めるか近隣から歩いていくか、
ちょっと濃いめの食事を接種したい気持ちの時、どうぞ利用してみて下さいね。
カツ丼親子丼などもお勧めみたいですよ。


もうひとつ。

【 しらいと 】
http://www.lococom.jp/tt/22030174231/

ちょっと情報に乏しいお店、地図は違ってて千ヶ滝温泉入り口の西側です。

NCM_2322.jpg

NCM_2323.jpg

職場からも近いのでずーーっと気になってまして、
今日の昼に、同業の友達と初潜入してきました。

NCM_2326.jpg

NCM_2327.jpg

何とも落ち着いたレトロ空間。系統としては丸屋食堂(まるしょく)ととても
似た感じでした。
早めに行ってみましたが、常連さんが朝からビールを飲んでいる姿が微笑ましい。
メニューの通り、手頃な価格帯です。
珍しい「かつみそラーメン」を頼んでみました。 友人は山菜定食を。

NCM_2328.jpg

NCM_2331.jpg

優しい薄味のみそラーメンと、カツの深い味わいが意外と合います。
山菜の時期には早いようでおでんがついてきました。
シーズンは職人さん達がよく通う大衆食堂。ごはんの盛りも多く、
食べて飽きない胃袋をしっかり満たすに重宝する老舗のお店でした。

バレンタインだからと、ちょこいただきました。
どうもごちそうさまでした。

NCM_2332.jpg



人気ブログランキングへ

かぎもとやさん


6日は、スタッフ総出で恒例の初詣にいってまいりました。

群馬県との県境・中山道最大の難所の頂上にあります

【熊野皇大神社(くまのこうたいじんじゃ)】  へ。

神社の真ん中に県境があり、群馬を熊野神社、
軽井沢を熊野皇大神社 と呼ぶ珍しい神社です。
詳細はリンクのHPへ。

NCM_2082.jpg

NCM_2083.jpg

晴れて信州人となったスタッフが、群馬側にお参りをしかける姿は
別荘Naviのブログで・・・

お参りで決意も新たに、1年頑張ります。


お昼、胃を優しく温かく満たしてあげたく、
浮かんだのが かぎもとやさんのけんちん汁でした。
2年以上行っていないなあ。。駅の再開発であと何年同じ姿で居ら
れるかわからないと思うと、急に食べたくなりました。

385255_369409676488757_910654318_n.jpg

【 かぎもとやさん 】 

明治3年創業の、軽井沢蕎麦では一番の老舗でしょうか。
文献をみれば実際にはもっと昔から蕎麦屋(うどん屋)として
商んできた軽井沢の顔であるお店です。

527323_369409693155422_241440084_n.jpg
店舗内もレトロ。
昭和というよりは大正を感じさせる ぼんぼん時計の合う空間。
皇室御用達でもあった このお店には、そんな歴史を感じる方々の
白黒写真が飾られています。 その雰囲気もまたいいですね。

407901_369409719822086_1427865007_n.jpg

NCM_2081.jpg

とても久々のご対面。
この、白味噌で優しい味の暖かいけんちん汁のファンです。
信州の郷土食、飾りっけのない乱打ち太めの田舎そばも旨い。
上品で繊細な蕎麦も勿論好きですが、味はそちらのほうが好きですが、
それでも信州そばと言ったら、かぎもとやのコレでございます。

かぎもとやさんへの個人的な思い入れは 以前のこちらに残しています。
スケート時代の寒さをホッと温めてくれ続けたお店です。


また、折を見て伺いますね。
皆さんも一度、歴史にちょびっと触れてから、お店を訪れてみて下さい。



人気ブログランキングへ

久々の 村民食堂へ。


しごとしてましたが、
合流し、家族で初村民食堂へ。

とんかつ定食と から揚げ定食
キッズコーンスープと デザートいただいてきました。

NCM_1940.jpg

お、おお・・

それでも比較的おとなしく、美味しい顔して食べてくれました。


ハルニレテラスができるまでは、
小さなお子さん連れでごはんができる代表的な場所でした。
ワンちゃん、ちびっこを快く受け入れてくれるカジュアルなレストラン。
いまではワンちゃんもお子さんもOKのお店が増えましたが、
10年前の開店からその姿勢で営業を続けていますので、
ベビー椅子やスタッフの対応などなど やはり安心感がありました。

大根にんじんゴボウになめこ、刻みネギのおみそしる。
焚きたてのごはん。 お代わり自由な貴重なお店。
オフシーズン限定でもよいから、もうちょっと手が届き易い
ラインナップが増えてくれるとよりいき易いかな。


8年半前のボクの古巣の職場 なのですが、
当時の同僚と友達が いろんな部署や旅館巡りながら
なぜか村民食堂に戻ってきています。
穏やかな、緩やかな優しい接客のできるよい奴です。
カフェにも当時の同僚が戻ってきてました。びっくり!

これからは村民食堂の利用が増えそうです。

NCM_1943.jpg

NCM_1948.jpg
花豆とバニラのミックスソフトは相変わらず旨いです。
パティシエを経て戻ってこられた同僚さんの巻き方が絶妙。
昔は自分も、ここでソフトを巻いていたなあ・・

懐かしく、そして何だか今更ながら身近な存在に感じました。
村民食堂 別荘の台所代りに 気軽にご利用下さいね。

ちなみに、トンボカードお持ちの方は提示しますと
5%割引になりますよー

ではでは。



人気ブログランキングへ

お蕎麦 2選。


クリスマス色 忘年会色の軽井沢。
今年の秋は、ほぼ “ 新蕎麦 ” を通り越して冬を迎えてしまいました。

それでも縁あって 1回だけお客さんと 新蕎麦を頂いていました。
いつだったかなあ・・紅葉の終わりころでした。


【 追分そば茶屋 】さん。
食べログ 地図。
http://tabelog.com/nagano/A2003/A200301/20000460/

NCM_1668.jpg

国道18号線を西へ、借宿を過ぎ、西部小学校の手前左側にあります
シーズンは駐車場がぱんぱんに混み合っているお蕎麦屋さんです。

NCM_1664.jpg

お値段も町内の蕎麦やさんの中では控えめで、盛りも多いのが特徴。
シーズン中はできませんが、
少し空いた時でしたら +200円で大盛りにお願いできます。

NCM_1666.jpg

NCM_1667.jpg
こんなにも!

いわゆる信州の 田舎そば。
つゆの加減も絶妙な、やや太めのほんのり乱斬りな信州そば。
稲作のできなかった高地の人々の日常食を 
気取らず楽しめるお勧めのお店です。
旨かったー 稀少なお店です。 ごちそうさまでした。

もう1件。


【 おぎのや 軽井沢駅売店 】
ご存じ ここ。 
http://tabelog.com/nagano/A2003/A200301/20000980/

駅そば発祥の地なんですよ 軽井沢駅。
こちらは改札へ向かう立ち食いスペースと、
しなの鉄道の待合室も兼ねた裏側と両方利用できます。
主に裏側を使います。寒くなく、ベンチもあるので座れます。

NCM_1898.jpg
ちょっと良い所の立ち蕎麦価格なのですが・・

町内の温蕎麦では上位クラスの美味しいそばを頂けます。
個人的には、温蕎麦ではここが一番うまいと思っています。
コストパフォーマンスからの満足度も加味した評価ですが。

注文してから生蕎麦を3分茹で、1碗づつにだしとかえしを注いで
つゆを作ります。
ピピッツピピッツというタイマーの音が待ち遠しい。
特にこの時期からは、立ち上る湯気もご馳走です。
寒い軽井沢で胃を身体を心を温めてくれる一杯となります。

しいていえば、
茹でるお姉さんおばさまによって少しだけ美味しさの印象が変わります。
上手い方は、丁寧にゆでて碗になめらかに移してくれます。
そうでない場合は、網の中をはしでぐるぐると茹で、はしに纏わりついた
状態からするっとお碗にうつるので、ややツイストした蕎麦を自分で
ほぐしてから頂いたりします。
立ち蕎麦ですから、良いときがラッキー位に変わらず頂いています。

自分にとっては、商談や契約の出張に向かう際、戻った際にいただく
げんかつぎの蕎麦でもありました。
その想いで、山菜そば・ネギ抜き・七味多め がいつもの定番です。

立ち蕎麦のつくりおき天ぷらは脂っこいので余り好きでないですが、
ここではたまに、揚げたての舞茸天ぷらが登場します。

432262_357276764368715_945015447_n.jpg

偶然にも出逢えました。 2こ舞茸が乗って、500円!
乾いていない、ジューシーで旨い舞茸天です。
おぎのやの蕎麦にベストマッチな逸品です。


ことしはまだ良いお店情報がお届けで来ていませんが、
こちらの 食・カフェの紹介カテゴリ のバックナンバーに
お蕎麦屋さんのお店紹介をしていますのでたまに覗いてみてください。
http://sakuraikaruizawa.blog33.fc2.com/category26-2.html
http://sakuraikaruizawa.blog33.fc2.com/category26-3.html
http://sakuraikaruizawa.blog33.fc2.com/category26-4.html

ではでは。



人気ブログランキングへ
今年はハルニレテラス川上庵さんのお蕎麦もよくご馳走になりました。
美味しいお蕎麦をありがとうございます

せきれい橋 川上庵


たまに、ご褒美の時に伺う ハルニレテラス内の川上庵さん 

先日の連休前に久々に家族で行ってきました。

NCM_0917.jpg

NCM_0918.jpg
ぶ、ブレブレで申し訳ない。
明るいうちに 湯川のせせらぎの音を聴きながらゆっくりと頂く品々。
よいお値段しますが、洗練されていてとても美味しい。

NCM_0920.jpg

NCM_0926.jpg

ゆっくりとした よいひとときを過ごせました。

川上庵さんは、ハルニレテラス内でも席数が多い店舗ですので
シーズンの混雑時も 割と長く待たずに入店できます。
席の配置にも配慮があって、落ち着いて過ごせる空間です。
お子さん連れにも、わんちゃん連れにもお勧めです。



オフィシャルHPも どうぞ。 
http://www.kawakamian.com/ 



人気ブログランキングへ
少しづつでも 更新再開していきます。

遅い昼休みmemo


カツカレー650

先日の昼ごはん。

なんだか、神田神保町あたりの古い洋食屋さんのような味がした。

お肉とカレーに良い甘み、旨い。

グリンピースとラグビーボールの半円形ライスもいいなあ

650えん。

さて、どこでしょう。

---

お察しの通り、丸屋食堂さん。
http://sakuraikaruizawa.blog33.fc2.com/blog-entry-676.html

ここで洋食風とは嬉しい驚きでした。



人気ブログランキングへ

追分 「 きどぐち 」 さん

先日追分での仕事中、余り時間の無い中で昼をどうしようか考えていると、
思い浮かんだのが18号沿いの天ぷらやさん 「 きどぐち 」 さんでした。

空いていればあまり待たずに揚げたてが食べれるかなーと寄ると、
昼の早い時間帯だったこともあり3組のお客さま。 ホッ。

カウンターの奥に陣取らせて頂き、久々の洗練された空間と、時間にそわそわ。
銀座の名店 『 天國 』 にて修業されてきた店主。 室内空間もシンプルながら
質の良さを感じさせる、慣れないとちょっと構えてしまう敷居を感じられる方も
いらっしゃると思います。
実際はそんなことはなく、とても居心地がよいですよ。
しかもお値段も控えめで、 
ランチの天丼が800えん、天ぷら定食が1000えん~ とありがたい。

迷わず(経済的にも)天丼。


NCM_0241.jpg
通されたサラダ。ダイコンとセロリかな、ピンと新鮮で爽やかなセロリの香りが
ほんのりと広がります。食欲が増す気持ちの良い前菜です。

NCM_0244.jpg

天丼。
きどぐちさんの天ぷらは、淡いさくさくのものとは異なり、
衣も身もほろほろとほわほわ柔らかく溶けるように食べられる天ぷらです。
色合いは濃いめに映りますが、コクはありながらもしょっぱすぎず重過ぎず、
うーむいいなあと思う訳です。
本来さくさく系が好きなボクですが、十分満足な天ぷらです。

みそ汁と香の物の出来も勿論良いです。おいしい。


数度しかお伺いできていませんが、
割と年齢層の高い方々にも深く愛されているようです。
先日のランチ時もそうでしたし、以前も客層からそんな感じを受けました。

前回、カウンターの横に座られた老夫婦が
「夜新幹線からタクシー乗って、ここ(きどぐち)にきてひと息つくと
 はーこの週末も軽井沢で過ごせるんだって実感がわくの。」 と。

まだまだ現役で活躍され、別荘と行き来をしているのでしょう。
そういう 『 帰る場所 』 って、いいですよね。


NCM_0245.jpg

天ぷら きどぐち   (地図)
お出かけくださいませ。



人気ブログランキングへ

町民食堂・丸屋食堂


前回の 十兵衛さん  の反響が意外と多かったです。
冬場はイチ住民目線で地域向けの情報も扱っていこうと思います。

ではでは、もう一軒。


NCM_0155.jpg

NCM_0158.jpg

『 丸屋食堂 』 さん。
http://www.karuizawaag.com/S90470.html

この、昭和レトロな佇まい、どこかで見かけた記憶のある方は多い筈。
そうです、 軽井沢町役場の駐車場真向かいにある定食やさんです。

ここ数年、 
昼時の外食習慣がほとんどありませんでしたが(いつもけろけろさん頼り)
それでも年5,6回食べに行きたくなってお邪魔していました。

村民食堂勤務から、不動産部門の軽井沢別荘Naviに異動した初期、
当時の上司から 「ここでこれを食べてこそ、軽井沢町民なんだよ。」 
連れて来られた事を、昨日・・いや1年前の事のように想い出します(笑)

ここでは名物が2つあると言われています。

ひとつは、看板メニューの 『 ソースかつ定食。』
もうひとつは、妙に色気のある店員のおばさま。

おばさまのことは・・どうぞ訪れてみてください。

そして、ソースかつ定食です。
久々の訪問なので、もちろん頼みました。

NCM_0159.jpg
≪ 600えん ≫

少し強めに揚げているのが特徴です。
もう少し早めに取りだせば・・と思われるかもですがご愛嬌。
この、表面が香ばしくカリッと揚がった衣と共に、程良く噛みごたえのある
カツとのバランスがよく、どんぶり飯のごはんもバクバクすすみます。

付け合わせのマカロニサラダとキャベツの千切りもいいですねぇ

NCM_0161.jpg

今回は初心のソースかつ定食を選びましたが、
ここにくるといつもメニューの組み合わせに迷います。

組み合わせ? 組み合わせても、お財布にとても優しいのです。

NCM_0156.jpg

麺類の最安値は、月見うどん300えん。 肉うどん、ラーメンも350えん。
ごはん物の最安値は、豚汁御飯400えん。 玉子丼やカレーライス450えん。
麺と丼を足しても700えん台でいっぱい食べられます。

ここは・・・ 軽井沢町役場の向かい側という立地もあり、古くから役場の方々に
利用されてきました。
役場の駐車場に停め易いこともあり、また価格やボリューム、オーナーさんや
店員さんの人柄もあって、役場の方のみならず軽井沢に暮らし働く多くの方々が
常連となって訪れています。

味も接客もふつーに良いです。
そのふつーは、何十年と積み重ねてきたもの。
とても自然で、居心地が良い。
味や店構え、レビューなどで比較すること自体おこがましく感じます。

華やかな町であります軽井沢ですが、
その産業を支える人たちがたくさんいて成り立ちます。
その支える人たちの、胃袋や精神衛生面を支える、こういう町の食堂の役割は、
クローズアップされることはありませんがとっても重要だと思います。
そう想うと、より有り難く感じで美味しくごはんを食べられます。

この急須も、何万食の傍らでお茶をついできたことか。。

NCM_0162.jpg


近くの席にいた老夫婦と常連さんの会話が良かったなあ・・

「 私たちも、越してきて18年になります。。 
 ここにくると、来た頃の不安と希望が混じったような、新鮮な気分に戻るんです。
 ここは変わらないですよねーー・・ 自分たちの今を忘れ、まだまだ先に向かって
 楽しみを探していたような、あの頃の気分でいられます・・」 っぽい内容でした。

なんだか、ジーン・・・
で、目に映る風景もレトロで 白黒TVの世界にタイムスリップするような
ああ、三丁目の夕日の気分に浸っておりました。

NCM_0163.jpg

味覚で期待される方には積極的にお勧めはできませんが、
軽井沢の原形を感じられる、町民の食堂。
どこかの機会に一度 ご利用くださいませ。

ーーー

懐かしい味わい。 350えん

350えん

最初は薄く感じますが、あとあとじんわりと、出逢えます。



人気ブログランキングへ

プロフィール

さくらい・かるいざわ

Author:さくらい・かるいざわ

ようこそ 『軽井沢に暮らす~遊楽山荘~』へ。
ここでは、軽井沢の別荘で暮らしてきた自分の体験から 遊びや楽しみ方美しさ素晴らしさを感じられる 「きっかけ」になれればと、 また離れた地からも身近に感じてもらえるよう 軽井沢のふつうの日常姿を気負わず緩めな発信で続けていきます。

仕事を通じて知り合った方々との、その後の繋がりを大切にしたい。 別荘ライフ軽井沢暮らしを始められた方々との交流の場にしたいと始めたものですから、気軽に相談やコメント頂けると嬉しいです。

それではどうぞ、宜しくお願い致します。

あ、過去の記事にも対応しますので気軽にコメント下さいね!さくらいが喜びます。

写真はサムネイルで見づらいのでクリックくださいませ 少しおおきくなります。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ゴルフ掲示板
リンク
Twitter on FC2
QRコード
QRコード