FC2ブログ

八ヶ岳のリゾナーレへ。


こう、表に出すことに気を遣いますが、

全て自粛では大変な思いをしてしまう方々もいるものですから、

様子見と、応援も兼ねて 八ヶ岳のリゾナーレへ行ってきました。

波の出るプールで遊んできましたよ。


91363680_2805485162881184_1486642735543746560_n.jpg 90801344_2805485342881166_6263395071689752576_n.jpg

91030714_2805485456214488_5473343066020511744_n.jpg

90711142_2805485602881140_4554781816334057472_n.jpg

90971056_2805485392881161_5778729972503937024_n.jpg 90783358_2805485686214465_3656932002755510272_n_20200328113654319.jpg

ファミリー向けリゾートでもありますが、
大人のリゾートでもあります。

リゾナーレ八ヶ岳 HP
https://risonare.com/yatsugatake/

空いてる平日がお勧めでしょうか。
マスクや手洗いなど気を付けながらも、
気分転換と心の栄養に、様子見てお出かけくださいね。



人気ブログランキング
スポンサーサイト



山梨方面にもよく行きます


KIMG2623.jpg

近場のおとこ旅に、山梨へよく行くようになりました。

笛吹市のフルーツ公園、ほったらかし温泉、石和温泉のスパランド
市内の大型店舗やごはんどころ等々、長野県内とはまた違った
地方都市のぎゅっとしたところが非日常性あって好きです。

道中には北杜市も抜けますし小淵沢にも出やすいし。
八ヶ岳連峰の壮観さは佐久平周辺にはない魅力です。
別荘地や高原を駆けるのも気持ちがいいです


82575014_2666983710064664_7763985503073861632_n.jpg

82848220_2666983773397991_7378454987883413504_n.jpg

おおーー お休みでした。
また、行きます。

そうみさんにも会いたいし、
蕎麦屋や店も行きたいなあーー



人気ブログランキング

9月のおとこ旅。



おとこ旅。

と名付けて、毎月大小の旅を息子と続けています。

泊まりでいけるときは泊まりで、
出来ないときは、日帰りで草津や信州の届くところまで。
改めて軽井沢は、旅の起点として素晴らしいです。


随分前に書いたバイク日本一周の備忘録もまだ完結してないですが・・
http://sakuraikaruizawa.blog33.fc2.com/blog-category-28.html

東京から佐久軽井沢へUターンで戻る間に、良い旅をしました。
その前にも東京から歩いて帰ったりもしました。 アホなのです。。
http://sakuraikaruizawa.blog33.fc2.com/category28-1.html


移動、宿、食、アクティビティー・・ のうちから、
何を優先するか相談しながら決めて楽しむ節約旅。
いいご飯といっぱい遊ぶときは車中泊や健康ランド系の雑魚寝。
寝るだけに高いは勿体無いけど、たまにホテル泊の安心感も経験を。

制限がある中での旅の方が工夫もするし縁に感動できるし、
当たり前ではないことにも感謝しながら記憶に残せるなあと。
それをすこーし振り返り教えながら旅を続けています。


2016年7月からはじめてまる3年目。
最初の泊まり旅をなぞって、大阪へ向かいました。


71371306_2435999446496426_2564760748966281216_n.jpg 71797554_2435999483163089_4168857491297271808_n.jpg

大阪へはいつも、名古屋まで車で行き安いパーキングを見つけて車中泊。
朝に駅まで10数分歩いてそこから新幹線で向っていました。

前回同様にUSJ目的としていたけれど、雨予報と混雑予想で変更しよう。
その時の感覚でアドリブで決めていける自由旅が心地よいーのです。

72081954_2435999563163081_986423107352788992_n.jpg 71200754_2435999636496407_1985844387766075392_n.jpg

71106370_2435999679829736_3577006818905292800_n.jpg 71301624_2435999759829728_2927919483886501888_n.jpg

海遊館と レゴランド行けた!
予備知識なしのアドリブ旅は期待以上のときの感動がデカい!
本当は沖縄のちゅら海水族館へ行きたかった9月旅だったので
思いがけず大好きなマンタとジンベエザメに出逢えて息子以上に
はしゃいていましたよ。 よかったなーー

某リージェンシーに安く泊まれ、20年ぶりに悪友とも再会できた夜。
ぐっすり快適に寝てゆーっくりおきて風呂にも浸かってチェックアウト。
あべのハルカス登ってから新世界を楽しみ、スパワールドでプールと
風呂を交互にたっぷり遊ぶのがいつもの大阪滞在、満喫。

71277754_2435999823163055_4330464152729419776_n.jpg 71962632_2435999876496383_6899470940724264960_n.jpg

おお、近鉄だと名古屋まで親子で3000円位安いじゃないか!
に気がついて、終電で名古屋に戻りました。いいなあ近鉄、
これから名古屋大阪移動は近鉄にしよう。

19号で松本まで180キロと出ているものですから、
導かれるようによなよな下道で松本に向かい、
4時間半で到着し、仮眠してから信州自慢の松本城へ。

71065311_2435999913163046_3351855944530132992_n.jpg 71478850_2435999979829706_1991110163699859456_n.jpg

旅で城もいくつか寄りましたが、やっぱりEV付きの城よりも、
木造で何百年持たせている本物の城がいいですねえ
急な階段や武具などもコドモには面白かったようです。

昼には軽井沢に戻り、午後からしごとに出る予定でしたが・・
久々に自由な旅と連休を経験でき、
しごとも後で良いものはあとにしてジブンの時間確保も大事だと
気付くことができました。 あーー 休まなきゃ。


16年前の自由だった日本一周の記憶をなぞりたい思いもあるのだと。
記憶に残った好きな場所や町を、すこーしずつ分割して再訪したい。
旅、好きです。 生きている感が湧きますもん。
これからも大小毎月続けていきます



人気ブログランキング

旅のカテゴリ。
http://sakuraikaruizawa.blog33.fc2.com/blog-category-28.html

たまには海を。。


豊かな森に埋もれるように暮らしはたらいていることもあり、
たまに無性に対照的なものを眺めたくなります。。

しごとで都内に出向くときは時が許せば高いビルに上ります。

オフで東京タワー スカイツリー ランドマークタワー あべのハルカス
展望台やお城や諸々と、高いところに息子と旅しています。


高くなくても壮大なスケールの水平線や空もやっぱり好きです。
3月の春休みの予定がゴロゴロ変わって足りなかったこともあり、

3月末に日本海の直江津名立谷浜、
4月初っ端に太平洋の清水港・沼津港と浜辺。

へ行ってきました。
ココには余り上げてないですが、
月イチの息子とのおとこ旅も続けています。もうすぐ丸3年に。


55462903_2125586424204398_8719833640189558784_n.jpg

55446928_2125586514204389_7276291867828813824_n.jpg

55564251_2125586557537718_5823952168494825472_n.jpg 55621057_2125586604204380_5414750898830180352_n.jpg

56640098_2142935455802828_1906184611419914240_n.jpg


清水市は佐久市と姉妹都市。
小学校の修学旅行は清水へ行き久能山東照宮や三保の松原、
地引網といちご狩り?をした想い出が。

中部横断が随分と延びてきたので佐久からよなよな走って
2時間50分で清水港までついたのは嬉しかったですよ。
https://www.pref.yamanashi.jp/kousokudouro/chyuubuoudann.html


56531170_2141349389294768_8887473382052855808_n.jpg

57080015_2141349452628095_15394300955197440_n.jpg

56531220_2141349665961407_486464742022447104_n.jpg 56429302_2141349625961411_7051341439577358336_n.jpg

56611667_2142931162469924_2393377453478248448_n.jpg

56757200_2142931242469916_4921862766928592896_n.jpg

56606327_2142931119136595_3756783000180752384_n.jpg


育った地元の佐久は、海から日本一遠い場所なのです。
海岸線から一番遠い地点があります。
https://www.city.saku.nagano.jp/kanko/spot/nature/umikaratoi.html
https://chinobouken.com/umikaratooi/

今回、北へ南へ海を目指しましたが、
遠いなあとは思いつつ、高速道路は有難いなあと実感し、
快適に程よいドライブの旅を送ることができました。

うん、海いいな。
海の幸も好きだし、今年は多めに海いこう。

という記録です。
ちょいちょい備忘録も挟みますが
自分が振り返っても多少為になる情報をすこーーし
増やそうかなとも何となく思い始めております。。
さあどうなるかな。



人気ブログランキング

旅のカテゴリ。
日本一周も完結してないや。記憶に残る旅をまたしたい。
http://sakuraikaruizawa.blog33.fc2.com/blog-category-28.html

遊ぶからこそがんばれる


連休初日の昨日はお休みをもらい、
一昨日の仕事後から都内へ移動して、おとこ旅 楽しんできました。
お知り合いさんへの状況共有のような備忘録のようなものなので
不要な方は飛ばして下さいな。


31460807_1673945116035200_7340170641544314880_n.jpg

31444791_1673945306035181_167024651006902272_n.jpg

31421609_1674614305968281_813587893875376128_n.jpg

31404043_1674614325968279_1873997310459904000_n.jpg 31454151_1674614449301600_6967924558984642560_n.jpg

31453858_1674614379301607_3061572372147470336_n.jpg 31421523_1674614415968270_7538466399677579264_n.jpg

31398348_1674614472634931_7073052348934782976_n.jpg

31499730_1674628375966874_4645064077595377664_n.jpg サメが怖ぇぇ・・・

31400914_1674770135952698_6545208247010197504_n.jpg

31430756_1674770232619355_4931099940207198208_n.jpg

31444761_1674770299286015_6212398902054748160_n.jpg

31381115_1674770265952685_5430752254757961728_n.jpg

31381105_1674770375952674_6551470330802601984_n.jpg

31395851_1674854412610937_7607562811333410816_n.jpg 

31429468_1674854435944268_2084040117680340992_n.jpg 31453814_1674854462610932_8242473159387774976_n.jpg


連休初日、みっちり楽しんできましたよ。

先週で
春からの一連の最後の2つを無事引き渡しが完了しましたら、
3つ5つ、新たに増えて下さって一瞬パンパンになったのですが。。
オフで容量を空けて、充電もできたのでこれから頑張りますぞ。

連休中もお目にかかれるように寄りますよ。
寄ってってーと仰ってくれる方、ご連絡くださいませ。
ではでは、では。



人気ブログランキング

卒園旅で仙台へ。



2016年の春あたりから
おとこ旅 と名づけて父子旅を月1+αでしています。


物より思い出。
あまりテーマなどを決めずに、
出かけられるタイミングに合った旅先をアドリブで決めて
感じるままに自由に過ごすを続けています。

車だったり鉄道やバスだったり。
園児は自由席無料なので今回は新幹線で遠くまでいこう。
本当は函館まで行きたかったけど(仙台から先は有料席)
どうしても休みが1日半しか取れなかったので、
昨年秋からおとこ旅の行き先を聞くたびに

「せんだーい すいかパンすいかパン!」

と言うものですから、ええ、行ってやりましたよ。
いろんな選択肢はありましたけど、忙しく予定が4転5転
していたので、なんか勿体ない緩い時間を過ごしたい
衝動にかられていたのもありました。
高いパン代になりそうです(笑)


16:11分軽井沢発、仙台には18:41分。
2時間半なんて近いじゃん!

まずは日本一周以来14年ぶりの仙台駅周辺を懐かしみつつ
ごはん先と宿探しにふらふらと散策しました。
親子4200円でセミダブルの部屋取れた!
ごはん先も気を遣わず仙台っぽさを感じるお店に出会えました。
一ノ蔵と浦霞で、牛タンと餃子と諸々を。

29512494_1640700949359617_1296837159560844284_n.jpg 29541311_1640701142692931_5962160595399986000_n.jpg

うおー 旅に出た実感の津波が襲ってきます。
子どもに合わせながらここは程ほどに、次を探します。
26日の夜でしたが、仙台は暖かで散策が心地よかった。
物産展みたいな所にも寄り、おすしと地酒のお菓子を買って
宿に戻って3次会をちょびっと夜更かしして過ごしました。

29543314_1640770316019347_5857835099496974283_n.jpg



さあ、目的の朝です。
売り切れる前に行かないと!いざ 南仙台のキクチヤ さんへ。
http://megurino.com/kikuchiya.html
https://tabelog.com/miyagi/A0401/A040105/4017825/

世のチチオヤよりも影響を持ち始めているユーチューバーさんの
なんかを見て覚えてしまったスイカパン。。
南仙台について再検索したら火曜が定休かもという情報があり
動揺したせいか、東と西を間違えて逆方向に15分以上歩いて
しまった。ほぼ肩車状態で。。タクシーで移動し無事到着。

29513081_1641396852623360_5318836571195405913_n.jpg

思っていた以上のすいかっぷり。
これを画像で見たように三角形に切るとよりリアルになるのか。
このパンが有名ですが、他にも評価の高い美味しいパンがいっぱい。
https://www.facebook.com/kikuchiya022/

イートインがカフェ並みのスペースだ。コーヒー1杯付くみたい。
歩き疲れと漂う良い香りでおなか減ったので朝ごはんに。
それぞれのパンも美味しかった。危うく満腹まで食べるとこでした。
すいかパンは3つおみやげにしました。

29542614_1641396802623365_2991093509327984375_n.jpg


この目的の後はノープランです。
駅からそう離れないところで子どもの遊び場あるかな、
旬を感じる公園やお出かけ先あるかな、
はたまた、餃子好きなので宇都宮まで移動しちゃうかな、

でも、仙台と東北に触れておきたい記憶があり・・
そんなワードで検索していくと、

【 復興を象徴する水族館 】

ありました。 仙台うみの杜水族館。
http://www.uminomori.jp/umino/index.html

2015年7月にオープンしたというこちらの水族館。
行かない理由がありません。息子の手を取り最寄り駅を
調べ、電車でまっすぐ向かいました。
https://www.excite.co.jp/News/bit/E1435661792424.html
http://www.sentabi.jp/guidebook/attractions/view/142 

29594530_1641935292569516_5815080611847553593_n.jpg 29694988_1641935319236180_2546740058327037813_n_20180407111528a5d.jpg 

この施設の周囲はまだ手付かずの平地が多く、
7年の時を経て今の姿に至ることを想像しちょっと苦しくなります。
でも仙台を訪れる方々を わあっ!て明るい前向きな気持ちで
未来を想像させてくれる素敵な水族館でしたよ。


30222294_1653654754730903_3403107127848337408_n.jpg

29543213_1641646802598365_5914594240918817488_n_201804071115235bf.jpg

29541680_1641935369236175_2206659492552787688_n.jpg 29570816_1641935409236171_5897260876009703087_n_20180407111525fe7.jpg

ここでも一ノ蔵を2杯飲んでしまった。。
フードコートの隣に小さな うみの杜ビーチ がありまして
裸足になって浅瀬の中にいる魚やサメ、ヒトデに触れられたり
砂場のような砂浜で足を埋めたりおやま作ったりと
小さな子たちを飽きさせない工夫もあって良かったです。
ひなたぼっこ気分で酔いさまししてました笑

29571310_1641511722611873_3529168943613604499_n.jpg


16時の駅行き最終バスまでたっぷり遊んでから仙台に戻り、
気に入った昨夜のごはんやさんで夕食をとって、
駅内のお店巡りながらお酒と駅弁を買って、
帰りは各駅停車の やまびこ に乗って 旅をかみ締めながら
駅弁ほおばりながら 軽井沢に戻りました。

仙台の旅、魅力的でした。
時間もさほどかからないことも分かりましたし、
物価や食文化なども含めて旅人にも優しい町でした。

復興、7年の時は経過しましたが
まだまだ不便な暮らしをされている方も、
想いの整理がついていない方も多く多くいらっしゃるかと。
でも気候風土なのでしょうか、歴史でしょうか、
現実を受け止めながらも未来へ“ 陽 ”の気が溢れている
ようにも勝手ながら感じまして、
好きになり、応援したくもなっています。


また、訪れないと。
三陸も、福島も含め。行きますよ。

わずかな時間でしたが凄く満たされたオフを過ごせました。
よい旅だったなーー 楽しかったです。


29571066_1641935502569495_981486696974006573_n.jpg



人気ブログランキング

旅の記録カテゴリ
http://sakuraikaruizawa.blog33.fc2.com/blog-category-28.html

旅先で薄く切る生ハム。




27972051_1599179683511744_9051921618817000954_n.jpg

毎月1度、息子と父子旅の おとこ旅 を楽しんでいます。

来年から小学校なので、保育園のうちにいろいろお出かけ。
毎回休める日と天候と、息子と自分の興味から直近で
決めるアドリブ旅です。たまーに計画的に。

今回は日曜が休めたので、午前は某所で楽しんで
昼間はスノーパークで雪遊びしてごはん食べて、
午後から東京へ戻る別荘友人さんの車にちょこんと乗って、
そのまま夕方の宴に参加させてもらうという旅になりました。


28059359_1605091046253941_4917368424427035363_n.jpg

ふるさと納税まつりという趣旨の宴。
群馬の水上では生ハムを届けてくれるそうな。

人生で3回目くらいの生ハムスライス。
白ワインが入ってくると手先が滑らかに動き出します。
四半世紀分くらい、スライスを楽しみました。

28058651_1599179893511723_5015200325563471043_n.jpg


軽井沢で会える人たちと東京で会うと、照れます。
櫻井は浅間山麓の自然を背景にこの町でゆるっと
素で居られていますけど、
別の町で会うとちょっとそわそわとして、照れます笑

でも皆さんの日常があって、オフを過ごす軽井沢がある。
そんな日常が垣間見えると、より軽井沢での時間を
楽しく過ごしていただきたいなあと、工夫したいと思うです。
今年は実践できそうなので、 しますねー。

気軽に楽しく過ごさせてもらいました。
あ、天空の庭見せてもらうの忘れちゃった。
また、息子とも伺いますね


旅カテゴリ。
http://sakuraikaruizawa.blog33.fc2.com/blog-category-28.html
自分でお知らせもかっこいいもんじゃないけれど、
気持ちが若返る好きな時代のあほな姿です。

http://sakuraikaruizawa.blog33.fc2.com/category28-1.html
東京から歩いて帰ったりチャリで日本橋行ったりの記録。
おひまなときに覗いてみてください。。


27336560_1577319242364455_2225301379989569997_n.jpg

27073149_1577319402364439_5816355610348704336_n.jpg

27067123_1577319709031075_4800366811449667417_n.jpg


27072710_1577306202365759_858108559831985852_n.jpg 

27332305_1577306379032408_7633366973161928283_n.jpg 27067079_1577306422365737_7504304411298457167_n.jpg

先月末は昔住んでいた東急沿線のんびり旅から
急発展した武蔵小杉のグランツリーで遊んで、
その後とても久々に夜の東京タワーにのぼって
新幹線でおべんとう食べながら帰りました。

改めて、 軽井沢は近いなーー。



人気ブログランキング

自由な正月おとこ旅・1


今年は楽しく笑うことを増やしていくと決めたので、
楽しかった履歴もたまに残していきます。


正月は久々に長めにお休み頂きました。

年末ギリギリまで多くのしごとが続いていたため、
全部無事終えたら旅に出るぞーーー!とすがる想いで
妄想しておりました。

歩いて東京から帰ってきたり、日本一周したりして
http://sakuraikaruizawa.blog33.fc2.com/category28-1.html

旅の効能を知っているので、
疲れたときは自由旅なのです。

予定の沖縄は行けなかったですが、
幾つかの目的地やプランを楽しーく浮かべながら、 
最終的には 以前息子が行って好きだった場所を
ナゾる旅にしました。

名古屋経由 大阪 京都だ!

軽井沢から松本経由で名古屋へ向かいます。
(ああ、松本城寄っていけばよかった。)
何時に着くか、何したいか 
天気どうかな?おなかすいた?
で行き先目的を決めていく自由旅。

3日が意外と道が空いていて、順調に名古屋につきました。
時間がある 明るい。 じゃあ名古屋城いってみよう。

(写真の顔はボカします)

26238825_1564516273644752_4277830259244913435_n.jpg

26239723_1564542460308800_6081991837192696606_n.jpg

26231361_1564516340311412_8087398178971457399_n.jpg

幾度のツーリング旅で、遠景で記念写真撮ったり敷地内には
入ったことなかったけど、上ったことのなかった名古屋城。
新年はお寺じゃなく城めぐりかな? ご利益あるかな?
名古屋城 http://www.nagoyajo.city.nagoya.jp/

我が国宝松本場とは異なる、ラクチンなお城(エレベーターある)
でしたけれど、敷地も広いしシャチホコに乗れたし、
境内できしめんも食べれたし名古屋っぽさに少し触れられました。
まだ明るいしもうちょっと遊ぼうかな?と思ったけど、
早めに大阪入ることにしました。

いつも名古屋駅から1km位の場所で1泊500円位のパーキングを
見つけて停めて歩きます。名古屋から新幹線で。
春からは小学校だから有料だなあ、
未就学児自由席無料なうちに遠方へ行こう。


26805494_1564516830311363_6229065415864677997_n.jpg

26219559_1552128171550229_8473876866475436716_n.jpg

夕暮れ時に到着し、大阪の夜っぽさを楽しみながら
好きな 天王寺のスパワールド へ。たくさんの風呂と上階の
プールでたっぷりと遊んで食べて(飲んで)ぐっすり寝ました。


翌日も大枠だけ決めておいて自由に。
明るい町を見ながら先に行く所を決めようーと
環状線に乗って1周して、先に大阪城かなと思っていたら、
いつのかにか関空に向かっていることに気付く。
おお、山手線感覚で乗ってたのに快速は環状線周ったあとに
それぞれの目的地に向かう便もあるのですね。

天王寺に戻って 先に あべのハルカスに 上ろう。
親子ともども高いところ好きです。おさるさんです。

26734422_1564516483644731_4364443374854481684_n.jpg

!!! スカイツリーよりも眺めがいい 高く感じる!
ランドマークタワーよりも高い、日本一のビルです。
怖がるけどはしゃぐ。その反応見るのが楽しい

26239150_1564516663644713_6304279828355041595_n.jpg

26239737_1564516550311391_1691790505766866582_n.jpg

気に入ってしまって ハルカス300の カフェスペースでお茶と
軽食をしながら 誘惑に負けて白と赤ワインをグラスで頂いて
しまいましたよ。昼前からゆったりと緩みながらニコニコと。

眼下に見える水族館かなー 
動物園は寒いし、行きかけた空港かな?室内遊べるとこかな?
息子と相談しながら一緒に行きたいところを挙げていきます。

・・・つづく。 たぶん。



人気ブログランキング

草津・白根山・志賀高原旅へ。


先月の瀬戸内・四国旅から早くも1ヶ月。
軽井沢界隈は気温が下がり紅葉が進み、
冬の入り口が見えてきてしまったほどの変化です。
温暖な瀬戸内へまた行きたいなあ。。

今月もあわただしい1ヶ月でしたが、偶然にも晴れの日に
休みが取れたので息子とおとこ旅に出かけてきました。
草津へは1時間弱、しごとを終えて準備して、
8時にはチェックインできる距離ながら非日常感溢れる町。
オフを大事にすごします。

22886282_1482176968545350_3686716805757850638_n.jpg

22886072_1484914234938290_7269860780198274980_n.jpg

家とはまた違う開放感。タタミベッドの布団のうえで闘い
ごろごろし、プチパーティーをしたのちに深く眠りました。


翌日はノープランです。
前に行った尻焼温泉に行きたいなーと思っていましたが
http://sakuraikaruizawa.blog33.fc2.com/blog-entry-1584.html
余りに久々な晴れっぷりに、前日の雪で通行止めっぽかった
志賀草津高原ルートを走れるんじゃないかと思って、
いけるところまでドライブしてみました。

志賀草津高原ルート
https://www.travel.co.jp/guide/article/951/



22851948_1482813015148412_1921752614181589593_n.jpg

22852121_1482812661815114_7963646148541432061_n.jpg

走れる!
まず白根山までいけることが分かったので、
そのまま志賀高原横手山ヒュッテを目指します。


22730395_1482812975148416_6111057746095837194_n.jpg

22780590_1482812755148438_4804973730994854316_n.jpg

行けた!
ここは・・思い入れがあり、2003年のバイクでの日本一周時に
飛騨高山で知り合った県外の旅仲間に教えていただいて(笑)
信州のことをまだ知らないなあと、戻ってから数度訪れている
好きな場所なのです。

標高2307mの雲上のパノラマビュー。
日本一高い地点の高原のパン屋さんもあります。

横手山頂ヒュッテ
http://www.yokoteyama.com/
https://gurutabi.gnavi.co.jp/a/a_1297/

22730104_1482812838481763_8124301441478105317_n.jpg

22853113_1482812938481753_8427486916345178603_n.jpg

気温が上がり温かだったので空の透明度は程々でしたが
幾重にも重なる山々を眺めながら森暮らしもやはりいいなと
ホレなおしました。 気持ちいい!


下りのドライブを楽しみながら、エメラルドグリーンの湯釜を
眺めてきました。 こんなに登ったっけーと、久々でしたが
神秘的な光景に癒されてきましたよ。

草津白根山
http://www.yamakei-online.com/yamanavi/yama.php?yama_id=329

22729196_1482813071815073_475708854718955396_n.jpg

22780199_1482813125148401_743967440006839164_n.jpg


また滑るように下りドライブを楽しんで、
いつもの テルメテルメ でたっぷり溺れ遊んで、
下って軽井沢に戻り(ちょっとだけしごとして) 
草津の上がり湯の歴史あるトンボの湯に浸かって仕上げをし、
家でごはんしてぐーーったりと寝ました。 よく眠れました。

たびたびお伝えしていますが、
軽井沢は信州及び その界隈の旅の起点としても最高です。
いいところ、気持ちの良いところたくさんです。
移住や別荘利用で軽井沢滞在だけでなく、
広く信州とその界隈を知っていただくきっかけにもなれれば
地元信州人佐久っことしても嬉しいですから
また良いところをお知らせしていきますね。


界隈のお勧めスポットカテゴリ
http://sakuraikaruizawa.blog33.fc2.com/blog-category-24.html

軽井沢と信州情報
http://sakuraikaruizawa.blog33.fc2.com/blog-category-9.html



人気ブログランキング

記念日は 旅へ。


強行スケジュールでしたが、行って来ました。
実際には1泊3日かなーー 1420キロの旅でした。

岡山の倉敷からベネッセのある直島へ、
王子が岳とか麓の海にも入りながら、
懐かしの瀬戸大橋を渡り四国入り。
高松でも友人に会え、楽しんできました。
フェリー移動も旅っぽくて楽しかったな。

山暮らしにはない海と島の穏やかな風景と暮らしがあり、
気候もよく心底癒されてきましたよ。
昔の旅人時代に戻れたような、若返れたような嬉しさも。
息子にもよい思い出になりました。


21919368_948464045308156_751880717_n.jpg

21935633_948456971975530_494384461_n.jpg

旅の記録は、またこちらでそのうちに。


じぶんごと (ココはまあ全てそうですが) ですが、
毎年秋分の日の前の日が誕生日でして、
若き日から休みをつなげて旅に出ていました。

きっかけは17から18才に変わる年。
高3の軽い自暴自棄に、旅に救われました。
誕生日界隈に4日サボって全くノープランの原チャリ旅
(原チャリの中でも一番小さいノーマルモンキーで)を
しました。 信州一周の旅、野沢温泉から白馬におり松本へ、
昼神温泉から馬籠妻籠奈良井宿を抜けて諏訪に寄ってから
ビーナスラインで戻ったっけ。ライダーが優しかったなあ。

翌年は上京し、誕生日の頃に中型免許を取得し、
400ccのバイクを買い震災後の阪神神戸と京都へ。。
20歳の記念には長旅を計画しましたが台風の直撃にあい
川口のアパート前で飛ばされて骨だけになった傘を振り
ながら悔しくって踊っていました。
23の時も、日本一周に出た27歳「を沖縄でダイビングと共に
迎え方た年も、また30になる旅で初めて飛行機に乗り遅れて
途方に暮れながらなんとかなった旅も思い出に残ったなあ。
30代のバタバタのなかでもちいさく色々と出かけたり何か
したり、思い出を増やしていきました。

去年の春から、物より思い出!と息子との月イチでの
「おとこ旅」 も始めたので、同じ生まれの9月はちょっと
特別な旅にしています。
昨年も39→40を大阪で熱く楽しく過ごし、今年は対照的な
島の環境で穏やかに思い出たくさん過ごせたのも良かった。
沖縄も行きたかったんだけどなー・・来年の9月も無理かな、
すいている冬にいこっかな。いこう!


改めて、日常におっきな変化をつける旅はいいなと思いました。
別荘に求める感覚と近かったんだなあと。
日常のオンのスイッチを切って、月曜に入れ直してまた現実へ。
別荘や軽井沢を訪れる人たちのそんな思いを汲みながら、
オフのこちらでの愉しみの輪や場を広げられるように改めて
しごとの外で色々活動したいなとも思えた旅でもありました。


21935491_948456918642202_864398845_n.jpg

40代って、
思っていたよりも怖くないじゃないか。
心身の若返りをするぞ!というきっかけにもなったので、
しごとは良い加減に、でも繋がりそうな縁はちゃんと結んで、
時間を大切にしながら笑って生きていこうでございます。

ふつつかものであることも改めて自覚したりしておりますが、
ええと、どうぞ、これからもよろしくおねがいいたします。




人気ブログランキング

おとこ旅 8月は東部動物公園 7月は草津テルメテルメ
6月は湯ノ丸しゃくなげと十福の湯 5月はスカイツリーと上野、
4がつはーーー あとで整理してメモ。
沼津とかドームシティーとか

旅にでます。


1505984565041.jpg

気が付いたら1週空いちゃいました。
想定を遥かに超えた慌しさですが、
東京駅付近の某ビルのトイレでちょっと・・・
笑えてスッキリしてきました。

えーと、タイトルは意味深なものではなく
こんななかですが明日明後日とお休みをもらい
息子と おとこ旅 に出かけてきます。

毎月恒例行事ですが、そういえば完全な連休なんて
冬があける頃からなかったよなあ。。
昨年は名古屋と大阪、USJなどを巡りました。
今年も昨年もどうしても沖縄に行きたかったのに叶わず、
昔の旅人時代の思い出の地のどこかにいきたく、
この辺りにノープランで出かけてくる予定です。

http://sakuraikaruizawa.blog33.fc2.com/blog-entry-979.html
http://sakuraikaruizawa.blog33.fc2.com/blog-entry-985.html
(備忘録な旅記録なのでおもしろくないですが大切な記憶。。)


踏ん張る為に、日常から離れてきます。
大事だいじ。安全運転で。
では、また。




人気ブログランキング

あほな旅の記憶カテゴリ、サクライの本質です。
http://sakuraikaruizawa.blog33.fc2.com/blog-category-28.html
旅をしたほうがよいよーー

白川郷から金沢へ 03バイク旅


自分のどーでもよい備忘録の挿み具合がむずかしく、
更新に躊躇を重ねておりますが、9月の好天は旅立ちの記憶が蘇り
ちょっと振り返りたくなったりします。

もう、干支一回転。
早いのと若かったなーというのと、まだまだいけるぞが交錯します。
天気なのか転機なのか、猛烈に旅に焦がれています。
なんだろう、なんかあるのかな。

前回までの記事
http://sakuraikaruizawa.blog33.fc2.com/blog-category-28.html


11/8
お寺に泊まっている筈である。朝のおつとめのお径を想像していたが、異なる不思議なメロディーが30分流れ、7:30分より朝食。

11−8-1
500円の朝食。 ちょっと想像と外れたほうの質素な食事が待っていて、アハハハと笑った。
寺らしい文化、習慣体験と精進料理に期待したかったけど、お寺の人も同じ食事かな?禅とかはまた機会があるでしょう、同室の旅仲間とアドレス交換をし、ひと足先に出発する事に。 9:25 13657km あ、寺のユースは3450円だった。

境内の紅葉も見事だったなあ 秋の飛騨高山は美しかった。 澄んだ秋晴れで気温が寒い。今日は宿の女性同行の3人で白川郷へ行き行動を共にする事に。
R471からR360、これが細い厳しい山道だった。あとで地図を見ると結構遠かったんだなあ。



2時間弱で、萩町・白川郷合掌村到着。 あ、こっちだな、合掌造り民家園。
白川郷内にはわらぶき以外の屋根建物もあるのだけど、色合いや造りに制限があるのでしょう、風致地区かな。村のイメージを崩さぬようよく出来ていて、聞いていた以上に感動してしまった。さすがは世界遺産!
なかでも重要文化財の合掌造り民家園(入園500円)はもうエクセレント・・ 素晴らしいというか旅人の旅心に響きすぎました。園内マップはこちらから 

派手でも作為的でもない、厳しい暮らしの環境の保全地域なのだけど、パンフ等を見ると実は切ない歴史の遺産なのだ。
今でこそ世界遺産の観光地だが、昔は交通網無く冬は完全に陸の孤島、しかも初夏近くまで雪が残る地域。文化的にも外部と交流が極めて少なく、集落の中でひっそりと繁栄し700年の歴史があったが1960年代には過疎化が進み、厳冬と大雨によって2つの部落が消滅して皆バラバラに・・ ダム水没等も原因で合掌家屋も急激に減り村離れも進んだが、若者中心に「守る会」が出来、うーんと頑張って、今に至る訳だそうです。

生き抜く事に必死だった限界集落が、こうして世界的に価値を認められたのだから報われて本当によかったと、そんな思いまで取り込むと、旅で訪れたこことの縁をまた有り難く感動が深まっていくのでした。
偶然に宿のTくんと園内で会い、男女4名でゆっくり行動。シーズン外れた1人旅でのグループ行動は滅多に無いので妙に楽しかった!

11−8-5白川郷

11−8-6

11−8-8

11−8-4

11−8-11

抹茶も詫びた茶室で頂けて、ランチも眺望も喜び分かち合えるのは嬉しい事だ。 幸せな時間を今日も過ごせた ありがとう。また会おう!

11−8-12

11−8-15

名残惜しい中、15:45分この地を後にする。みなバラバラに。 良い旅を!


小雨、霧の中を雨支度してR156を北上。五箇山エリアにも菅沼相倉集落があり、全て含めて世界遺産のようだ。沖縄の城跡と同じ感じだ。
福光でR304に入りガガガーーーっと走り、 日没の暗い18:45分、金沢兼六園に近い松井YHへイン(3250円)

なんだか・・栄えている。
香林坊、片町、 (あ、今は新幹線繋がってまた新しく・・)いわゆる盛り場繁華街の真ん中にあるユースで、向かいがラブホだ。めし無し個室6畳100円TVユニットバス、昨夜とはまったく逆の環境に戸惑うも、まあいいやと夜の街に繰り出した。明日が選挙らしく、ファンだったプロレスラーの馳浩が演説しててテンションが上がった。金沢の星、スターをみた夜だった。
貧乏旅につき華やかな事はできず、おとなしくユースに戻って市街地の騒がしい夜に眠りについた。


つづ く。



人気ブログランキングへ

干支一周前の今日は、沖縄でした。鮮明に覚えているよ
http://sakuraikaruizawa.blog33.fc2.com/blog-entry-989.html

白骨奥飛騨高山と寺に泊る 03バイク旅


GWは旅の記憶。
東京から戻り11年も経っちゃたので遥か昔の記憶のようですが、
それでも毎年、GWを迎えると旅に出たいソワソワ感が止まりません。
末尾にでも書いてみます。


さて、2015年春に北陸新幹線が開通し、長野新幹線の名称が消えて
しまったのは寂しいのですが、海の幸美味い北陸へ、また旅の思い出も
深い北陸への距離感が縮まったのは嬉しいことです。
もう少し落ち着いたら、乗ってみたいな北陸新幹線。
車窓からの風景も楽しみです。

北陸。
どうでもいい足早備忘録として放っておいた旅の記憶ですが、
北陸新幹線開通とともに記憶が蘇ってきました。息抜き休憩時間に
ちょこちょこ下書き更新してみます。それにしても当時某mixi用かな?
に分けた少しの写真データしか無いのですが、まあいっか。
記憶を辿ってみます。


10月末に北海道東北東海からの旅から戻り、失業保険受給のための就職活動を行いながら、日帰りの近場旅を繰り返す。肌寒くなってきた。
降雪前に戻らねばとの思いから7日に出発する事に。ノープランだ。

11/7日。
今日だ!と急遽思い、朝から最低限の準備。寒いし極力荷物少なく行こう、きっと短めな期間だろう。10:15分出発、13478km。
北陸へ向かいたい。この時期は新そばが始まっているので信州戸隠・鬼無里・白馬かな?とよぎるも、東北での温かな温泉に惹かれ(本当は混浴・・)、乳頭温泉鶴の湯 に行ったのだから信州が誇る白骨温泉にも行っておかないと!

佐久からのルートは、R142〜R254にて長門町武石村そして鹿教湯温泉。 寄りたいけれどいつでも来れるとスルーして三才山トンネルを通過し、454で浅間温泉 経由で松本入り。天気がいいな。駅前と松本城をぐるっと周り、R158に出てニシヘニシヘ。



爽快なドライブ、気持ちいい信州の風景を眺めながら山間部の道へ入り、目的地の「白骨温泉・泡の湯」へ到着。湯に溶けた炭酸がぷくぷくと浮いてくる所から名付いた、白濁の大露天風呂だ。混浴だ。
シーズン過ぎた平日につき、貸し切りだ・・でも素晴らしくリラックスできたぬるめの湯と風景終盤でした。
おにぎり食べて一休みして、県境の安房峠道路 を通過する。ちょっと高いけどこのトンネルのお陰で冬も信州と奥飛騨を行き来できるようになった有り難い道なのだ。時間があったので、「奥飛騨温泉荒神の湯」を見つけて寄る。寸志200円くらいとのこと、ごめん50えん入れて遠慮がちに入り、ひと気がなく大胆にゆったり横たわりながら浸かりました。いい緩さと壮大な風景が好きになった。
R147の平湯温泉 辺りで春の北海道ツーリングで出逢った旅仲間と合流し、R158で飛騨高山までラン。小柄ながらでっかい4駆(サーフ)でゴンゴン旅をしている凄いなあ。

GWに東京から歩いて帰った際、未遂に終わった「寺に泊まりたい」という欲求。
それが、ここ飛騨高山天照寺YH で叶うのだ。見つけた時は胸躍ったなあ。 16:00 到着。

11−7-1高山天照寺

見事なまでに、寺である。これはユース会員の外人さん達は好きだろうな〜オリエンタルユース! 男女別和室にごろんと寝るスタイルだ。荷物を置いて、飛騨高山散歩へ。



飛騨高山HP http://www.hidatakayama.or.jp/ 
夕暮れの下駄での散歩が、飛騨の古い町並みに良く合う。 牛多古焼きという たこ焼きの中身が牛という贅沢な美味いものを食べ歩きながら、山深いこんな場所に栄えた古都の歴史を感じられると、旅をしている充実感が増して来る。たまには旅先で贅沢をしないと!と飛騨牛を探す。

11−7-2

11−7-4
朴葉焼きとミニすき焼き、地ビールな夜。
喫茶行ったり高山ラーメン食べ歩いたりと、日本一周旅の中では充電のようなご褒美のような贅沢をしてみた。満足。
寺に戻ると同室は旅人ばかり。ユースの夜は、同じ価値観を共有できる旅人達との尽きない旅話が本当に愉しい。明日は白川郷へ行こう。


8日。
実は、朝早く起こされてお寺の「おつとめ」があるのではとドキドキ期待していた。
チェックイン時に、無いよと言われ、「朝もすごく控えめだから外で食べる事を勧めるよ」とお坊さんが謙遜するので、いやいや、質素な精進料理が有り難いのです。旅の記憶になるし。と質素感を期待して朝食を待つとー・・

11−8-1

ちょっと、イメージと違う質素感な朝食が出てきた。
アハハハと、笑った。


続く。そのうち。




人気ブログランキングへ

GWの旅の記憶。東京から歩いて帰ってみた。
妖怪のようなじいちゃんに拾われて泊めてもらった、優しかった。
img737a1533zikfzj_20150503151214b0d.jpg
20111019172654561_201505031512132f0.jpg
http://sakuraikaruizawa.blog33.fc2.com/blog-entry-350.html
http://sakuraikaruizawa.blog33.fc2.com/blog-entry-353.html
http://sakuraikaruizawa.blog33.fc2.com/blog-entry-359.html
http://sakuraikaruizawa.blog33.fc2.com/blog-entry-363.html
渋滞中や退屈なときにでも・・・旅カテゴリ。 

7月初旬に京都へ。


7月は、夏の準備で時間の経過が凄く速い。。
梅雨もあったし、いろいろと。

仕事の合間を作って3日ほど京都へ出かけてきました。
☆のや立ち上げ時に1ケ月弱住み込んでいた京都。
昔から、やはり好きな場所でした。

10440658_625893747507014_7900296294905736294_n.jpg 10301364_625929930836729_247708706644174935_n.jpg

10446990_626907144072341_7865687124320363244_n.jpg

10471199_626907020739020_370279479599248654_n.jpg

10505564_625976280832094_6203759992359899936_n.jpg

10500584_625976357498753_398530214695909681_n.jpg

ちびっこ連れには少々疲れる町ですが、またこよう。
良い息抜きになりました。

はるか前の感覚・・ 夏本番も頑張って乗りきらねば。



人気ブログランキングへ

仙台から富士山まで 03バイク旅


旅カテゴリ   軽井沢から離れますので不要な方スルーを。
ちょっと、ゆっくり振り返りたくなる時があります。ではでは。


10/26日。
完全に寝不足のまま6時に店を出、仙台駅にて仮眠、疲れとる。
駅構内の牛タン屋オープンを待ち、名物を頬張る。名物ながら714円とお得で嬉しい。麦飯とテールスープが空きっ腹に沁みて旨かった。高級店はまた格別なんだろうけど旅の食では十二分でした。
9時に出発。12549km。
R286にて市街を抜ける。目的地を蔵王に定めてひた走る。R47に乗りしばらくして遠苅田温泉(とおかった) を見つけ名前がいいなあとそそられるも、なんだったっけなあ、宮城蔵王、青根温泉郷 へと辿り着き、大湯というひなびた共同浴場へ向かった。 150円。飾りっ気のないこういう風呂が好きだ。貸し切り状態で昨日の汗と埃を流して余り長居せずに次へと急いだ。



山形蔵王へと向かう。またも・・凍えそうな寒さと遭遇。苅田峠は冷たくて、思わずバイク止めて防寒し直して再出発。蔵王エコーライン恐るべし。。 まだ冬シーズン前だけど、何となく信州の志賀高原と同じ匂いを感じた。
ガチガチガタガタの冷えから早く抜けたくて、山形蔵王温泉 は素通りし、ふもとの上山(かみのやま)温泉へダッシュ。

10-26-1上山温泉
共同浴場の多い温泉(外湯7つ)らしく、その中で一番古い下大湯へ浸かる。ボロいなあ・・町全体にうらびれた感が漂って感じる。え、80円!昭和中期にトリップしたかのような空間と金額。急に浸るように引き込まれて行った。看板も広告も古く、これも味に。十分温まりましたよ 好きになりました。 では、出発。
R458、R13にて赤湯を抜け、米沢立寄りを諦めてR121会津街道をダッシュ。午後の目的地 喜多方へ!
ラーメンの里だ。都内でも増えた喜多方坂内食堂の元祖?に行ってみたい。 道の駅「喜多の郷」 でマップをもらい、120件というラーメン店に驚いた。 
バイク旅の先輩お勧めの【まこと食堂】 へ。 閉店ギリギリに間に合い民家に上がり込んで食べるアットホーム空間に浸りながら、満席のなかオーソドックスなしょうゆラーメン550円をすすった。落ち着く味だ。旅中だから尚更落ち着く味がありがたく旨いのです。
10-26-2喜多方

10-26-4.jpg
折角なのでもうひとつ【坂内食堂】 へもハシゴした。チェーン展開の店の元となったお店、というのが正解らしい。味は閉店前だったからかハシゴしたからかスープや麺は雑多な感じに映ったけども、それも店構え含め味なのでしょう。強烈なてもみちぢれ麺も良かったなあ。 シンプルな支那そば系の喜多方ラーメン。胃に身体に程よく染み渡りました。

明るいうちにダッシュして、会津若松からR401にて会津高田に入り、この日は会津野ユースホステルへ。とてもアットホームでユースらしい時間を過ごせ、北海道美瑛のポテトの丘YHを懐かしく思い出した。お茶ありガイドありの良いユースでした。ここも温泉だ。温まって早めに就寝zzz

27日。
宿代に朝食のパンがついていたことを知り、2.5人前は胃に詰め込んで牛乳コーヒー紅茶も流し込む。この旅で朝から腹一杯なんてあったかな?パン食も相当久しぶりでプチ優雅な出発を迎えられた。
9時半発。12771km。
R23よりR121にて田島を抜ける。嗚呼、那須や白河、塩原も行きたかったがルートを外れてしまい断念。



そのまま日光街道を進み、川治温泉 薬師の湯へ。 おお新しくなっているらしいが行った時は古いしホテルの裏だしいまいちだった。さっぱりはして次へ。 鬼怒川は通過してしまい、日光杉並木街道 は圧巻で、宇都宮へ入る前にユースホステルで聞いた餃子の【正嗣】氏家店 へ寄ってみた。
凄いぞ!餃子のプロ。餃子しかないぞ。6個170円で水と焼きを一皿づつ頼んだ。 旨い、うまいぞー!今までの餃子ライフで間違いなく上位に入る。値段と味のバランスが凄い。ここで腹一杯ぎょうざを詰め込みたい衝動に駆られたが、ハシゴしなくては。でも白ごはんは餃子と一緒に食べたかったなあ。
10-27-3.jpg

R4にてぎょうざタウン宇都宮市へ。宇都宮ぎょうざが世に出始めたのは90年代からなのか。 ここでも相当迷うも、やはりメジャーな【宇都宮みんみん】 に触れておかねばといざ入店。 お、ライス付き1皿320円。いいね〜 美味しい。でも中身は正嗣のほうが詰まっていたなあ。ビール飲みたい。
程よくお腹が膨れ眠くなる。もう1件くらい巡れたけれど先を急ごう。 早々と市街を抜け、R46、R408、R294、R56、R354にてつくば入り。もう夕方だ。 ここで最初の学校の旧友と久々の再開を果たし、一息ついて、小雨の混ざった夕空の中を東京へ向かった。



R6の水戸街道を一気に東京へ。 亀戸餃子へのはしごもそそられたけど、ノンストップで落ち着きの場所まで到着したい気分だった。中野につきラーメンを食べ、近くの友人宅に泊めてもらったzzZ


28日。
今日は雨だ。午前は友人宅でゆっくりし、重い腰を上げて11時半発。13100km。
タイヤがツルツルでやばい。少しでも不安要素は減らしておきたいと、川崎市登戸にあるこのバイクの購入店で後輪の交換をした。ぐっちょりと濡れた、重たい・・ それでも相棒も蘇って、15時さあ出発。 
R1に出て強雨のなか慎重に進む。 横浜、戸塚、茅ヶ崎、平塚、大磯、雨のせいか遠く感じる。何とか小田原につきそのまま雨の夜の箱根越え。怖かったなあ・・ 東海道をゆっくり登り、 芦ノ湖を超えて下って下って、やっと静岡の三島市へ。そのまま友人宅へ辿り着きシャワーを借りてやっと一息。狭い部屋ながら友人らが揃って焼き肉とビールで迎えてくれた。久々にビールをたらふく飲めたなあ 幸せな一夜だったなあ。



29日。
早起きして7時半に出発。13267km。
R136、R21、R246、御殿場からR138にて山中湖へ。昨日とうってかわって快晴だ!気分も晴れる。走りも軽やかスイスイ進む。

10-29-1河口湖
河口湖につきあたる。 この辺りから眺める富士山は・・何も追いつくことの出来ないキングだった。
富士とつく地方の山々、地元の浅間山、ほか素晴らしい山々を感じてきたが、この存在感は堪らない。雄大で言葉が出ない・・ もう、凄かったとしか言えないや。
このルートでこの眺望の今日、ここに着けたことを噛み締めながら、しばし日本一を感じて、いざ出発。

R137を進み山梨石和温泉へ。 笛吹川フルーツ公園 へ寄り、ここで公務員として働く中学の同級生と会い、 名物の吉田うどん (どこの店だったかなあ、キングサイズだった)の固い麺をワシワシ意地でたいらげて、市内ドライブ連れてってもらい昔を懐かしんだ。 ああ武田神社も行ったっけ。明るいうちのほったらかし温泉に浸かって、夜の新三大夜景を想像する。

16時に名残惜しく出発し、R20から韮崎のR141号に乗り、馴染みの国道を清里、野辺山、川上、小海、八千穂、臼田、佐久。一気に走り抜け夕暮れ時18時半実家に到着。
久々の実家ながら なんかもうグッタリと・・一気に浸かれと眠気に襲われ、安眠爆睡zzzzz


つづく。



人気ブログランキングへ

東北の寒さと温かさ 03バイク旅


23日。前回の続き 2パイ分けてもらった!
10-23-4_20140706161037b48.jpg

函館の格安宿ライダーハウスライムライト にはしゃぎながら戻り、宿主のシナチクさんに手本して頂きながら素手でさばく。三角のヒレを取り、びくびくしながら足と胴とをちぎる?と、本当に液晶のように表面がテロテロ輝いていて凄い! その後は内蔵でゲソの塩辛をつくってもらい、胴と頭の三角は細ぎりにして、へたくそながら新鮮極まりないイカソーメンをコリコリモゴモゴ口いっぱい堪能しました。楽しかった旨かった。
夜は函館市営の八地頭温泉 にどっぷり浸かり、大盛りのたつみ食堂 でたっぷりと喰い、宿に戻り皆と阪神金本のサヨナラホームランに感動し、日記して寝ました。今日も濃い1日だったなー。
10-22-4ライムライト
10-24-1出発

24日。
寒いっ 函館ボケというか、食と布団と温暖気候に慣れてしまったせいかガチガチに冷えて起きた。7:40には目覚め昨日市場で頂いてきた戦利品のメロンを8等分して皆で食べる。贅沢な旅立ちの朝だ。8時半過ぎに出発。
名残惜しく朝市をみてフェリーターミナルへ。 まぐろ!カッパ温泉を目当てに大間行きを狙うも、残念ながら天候で決行だった。津軽海峡は荒れるのですねえ。痛い出費の3720円払って(学割効いた)青森港へ。


9:42分乗り込み、13:52分本州到着。地図で見るより長かったぞ。
なんだろう、北海道とはまた違う寒さだ。活気が違う寒々しさかな?と思いながらバイクで市街地を抜けていくと、R103から八甲田方面の標識。一気に心に吹雪が吹き込んだ。。 山に入ると5℃の表示、指がかじかむ。空も鉛色だ。寒い・・ 凍える中、『酸ヶ湯温泉』の大きな看板が!本能的に飛び込んだ。

10-24-3青森酸ヶ湯
なんと混浴。 朦々と湯気立ちこめる古く大きな空間。ヒバ仙人風呂に老若男女浸かっていて、人の居る混浴をやや意識しながら入るも、その空間のホワーンとした和める空間にいつしか煩悩を忘れ背骨の芯までじんわり温まれました。東北初っぱなからいい温泉に巡り会えて妙に元気でた。
暗くなってしまうので湯上がり後はそそくさと出発。谷地温泉をすり抜けR103を登って下り、奥入瀬、瀑布街道を駆ける。紅葉観光客が多い。紅葉は終わりかけの状況ながら、原生林岩々せせらぎにジーンとした。いつかシーズンに改めてこよう。
しばらくして十和田湖 にぶつかった。十和田道を湖沿いに景色を楽しみながら走りたいが、残念曇りの夕暮れ。凍える。急ぐ。 途中でユースホステルを見付け予約し、今宵は目的地を大湯温泉にしてみる。 17時半、秋田の大湯温泉 に到着。思ったよりこぢんまりしてて温泉街のイメージではないが、東北の片田舎で地の方の訛り会話に包まれながら浸かった共同浴場は良い思い出だ。本当に言葉が分からないものだなあ(笑)川原の湯は120円だった。 ユースで同室のおじさんや宿主さんと語らい、温かく布団で就寝。寒い東北の夜の暖かなひととき。。

25日。
幸いよい天気になりそう。同室の斉藤さんに地元栃木の温泉&ぎょうざ情報を頂いた。
8時半出発。メーター12147kmか。 今日は秋田を食べたい!比内鳥やきりたんぽ食べたーいと比内の道の駅 を訪れるも、どこも10時11時のオープンで待ちきれないので諦めて先へと進む、残念だ。R22にて八幡平(はちまんたい)に出てそこからR341に。この辺りから山になり、目的地に定めた玉川温泉へは雪や霜で凍結しやすいようなので不安ながら気を抜かずにゆっくりと登った。
凍える中、10時半 玉川温泉到着。 

10-25-1玉川
もう、朦々としている・・強酸性日本一の湯治場、オフシーズンにも関わらず随分と人が居るぞ。100%50%ぬる湯寝湯 と色々ある湯を案内に素直に沿って浸かり、角質が溶けてぬるぬるツルツルした肌に感動しながら心も鎮める。オール木造りの温もり空間が妙にかっこ良く感じた。ライダーのおっちゃんに激励をもらい出発。
宝泉湖を超えて田沢湖の手前より、第二目的地の乳頭温泉郷 に行く。 もう素直に、名前に惹かれたのだ。
ツーリングマップルのお勧めは幾つかあるが、有名な鶴の湯温泉さん へ。400円で良いなんて凄く嬉しい。

10-25-2鶴の湯
10-25-3.jpg

主要道路から乳頭温泉郷へ向かう道中「あと○キロ」「あと○百メートルですよ」といった手書きの看板があり、その距離の長さを演出に変えられている。負担よりもわくわく感が増して到達したこちらの鶴の湯はーー 素晴らしいの一言に尽きました。全国の温泉郷の方々が視察に訪れるのも分かるなあ、都会の人がイメージする東北の田舎の温泉郷をよく具現化された姿でした。
4つの湯を じっくり浸かりながら巡る。早い時間につき混浴にならなかったけど、乳白色の肌に染み入って効くような良い湯でした。この旅上位の温泉、また訪れたい。

10-25-6.jpg
彼はこのズーマー(現チャリ)で市町村を巡ってはスタンプを押してコレクションしていると。パティシエを休み自転車2年ズーマーで1年半弱の旅中でまだまだ先は長いらしい。旅人は変態が多い。自分はソフトな方だなあ。旅の感性がとても近く暫く立ち話が続いて楽しかった。長野に来たら寄ってもらおう。良い旅仲間が増えた。
13:55分出発。 田沢湖に出てR46にて盛岡方面へ。



途中、宝風という店にて辛うじて秋田稲庭うどんを食べれた。ソーメン太くしたような、うどんと一口に言っても個性があるなあと、讃岐うどん巡りを懐かしく思い出していた・・。 盛岡に入り市街地手前のジャスコのなかで、盛岡冷麺のぴょんぴょん舎 を見つける。なんと半額の367円で旨い名物にありつけた。旅の中では安くて旨い出会いが一番嬉しい!有り難い偶然、ハシゴだったので腹一杯で苦しい幸せ。
ここからR4の抜け道、R13にて一気に進む。 花巻、北上にてR4、もう相当暗い。水沢、一関、ああここに中尊寺金色堂 があるのか、明るければ是非行きたかったが凍えながら通過、築館、古川、そしてやっとこ仙台市へ。駅へは21:40分着、良く走りとにかく寒かった。
駅商店街も閉まり始める時間。食で贅沢をしたので野宿先を探し巡るも見当たらず寒さが増してきたので、ちょっと離れたネットカフェに滑り込みフリーのドリンク飲み飲み、能と身体を休めて寝付いた。。
盛岡からだって相当に遠かったぞ。



つづく



人気ブログランキングへ
東北と言えばみちのくプロレス。旅中は出逢えず。

旅の続きを。


昨年の秋 10年前の日本一周を足早に振り返っていましたが、
追いつけなくなった頃に仕事がたくさん詰まってしまいそのままに。

さくらい 旅カテゴリ。
http://sakuraikaruizawa.blog33.fc2.com/blog-category-28.html

1515031_545139028915820_768711516_n.jpg

たまたま少し前に古い写真が出てきた。
色んな事が蘇ってきたり初心に戻りたかったり、
やはりたまにでよいから2輪の風を感じたくなっていて、
父の眠っているW−3の再生を煽ってみたりしています。

少なからずこの時の自由旅の経験が、
自然や大地、太陽を想い、山荘を得て森暮らしをするきっかけに
繋がったと思ってます。自然への興味が増した旅となりました。

どうでもよい内容ですが、 夏前に完結させておかないと。
またいつか、自由旅をしたいな。



人気ブログランキングへ

旅の延長のような、山荘再生暮らしでした。
所有し利用しながらの賃貸発想も旅から得たものです。
http://sakuraikaruizawa.blog33.fc2.com/blog-category-20.html
http://sakuraikaruizawa.blog33.fc2.com/category19-1.html

函館は居心地のよい街 03バイク旅


やはり、更新のために詰めて埋めた備忘録は記録としてもつまらないなあ。
刺激的で、実際はもっと深い旅だったのでいつかすこし修正更新します。

前回までの続き 旅カテゴリ 

18日。
昨夜は無料で洗濯乾燥ができた。バイク旅では有り難くって、それが備わっているだけでホスピタリティーを感じ好きになっちゃう。ありがとうログ由縁さん。
朝10時発。 R38で芦別、赤平、滝川にてR12号、美唄の日本一の直線道路 29.2kmをひたすらまっすぐ駆け抜ける。北海道らしいなあ。 R33号で、月形村へ。ここは昔好きだった「らーめんむつみ屋」 の発祥の場だ。溝の口に住んでいる頃によく行ったなあ、缶のトマトジュースも旨かった。うろうろ探すも見つからずパスしてしまう。勿体ない・・。 R275で中小屋、当別にはいるとまたもや雨。視線の先にもおっきな雨雲が見え、避けるようにR337号で石狩、花畔、遠回りのつもりがいつのまにか順調に小樽市へ入っていた。 銭函、朝里ときて雨がやみ楽になる。南小樽のでっかい建物「ウイングベイ小樽」 にて雨を乾かしながら久々に文明に触れたのんびりぶらぶら時間を過ごした。北海道来て初本屋だったかな?今後の情報収集に役立ったひととき。人がいるって,落ち着くなあ。。
今日の目的地は小樽市内ではなくて、その先にあるライダーハウスだ。 
「レストハウスおしょろ」。 ライダーハウスのなかでは1泊2380円と最高額なのだがライダーに人気な宿なのです。理由は簡単、「夕飯朝飯がめいっぱい出ておなかいっぱい。」 
今日も、貸切です。既に北海道ツーリングシーズンは終わっているので驚かれるのももう慣れっこです。 17時半からの夕食。埋まっていくテーブル。1人前です。ごはん味噌汁おかわり自由です。

10-18-4.jpg
貧乏旅中でのこんな振る舞いは幸せの極み!
さすがのボリュームに皆残すようですが、ごはんをおかわりしつつ全て旨く平らげました。
焼酎まで出してくれて、おばさんおじさんと猫ちゃんとともに阪神ダイエーの日本シリーズを見ながらゆっくりと談話も楽しめた。ほんとうに温かな、ライダーに愛される理由がよくわかった宿でした。はちきれそうなお腹と久々の焼酎での酔いで、心地よく早めに休ませてもらいました。ぷっはーー。

19日。
記念写真を撮らせてもらい、お昼のお弁当まで持たせてもらい後ろ髪引かれつつ出発。またいつか来るよ。
10-19-1.jpg
10-19-4.jpg



R299を北上、セタカムイラインを通り 積丹岬へ。 バイクを停めて崖をおりると、眼下には不純物を含まないようなクリアでなめらかなブルーの海が広がっていた。 これが積丹ブルーか。

10-19-5.jpg
10-19-6積丹岬
沖縄や南国にこのブルーならわかるが、最北の日本海でこの澄んだブルーには驚いた。まさに胸が透く気分だ。自然は凄いなあ。
少し下って「積丹みさき食堂」へ。 うにをガバガバ食べたかったが高くて断念、いくらイカ丼1500円を食す。イカも旨い!満足して先へ進む。 R229よりR998へ乗ると、「リフレッシュプラザ温泉998」 の看板が見えてきたので飛び込んでみる。強食塩の泉質、海水の1.3倍だって。顔洗うだけでもしょっぱいや。やや温めながらじんわりと体の芯まで温まった。
泊村、岩内町よりR276にのり、14時ころには名前の面白い 倶知安(くっちゃん) に入る。このあたりから眺める後方羊蹄山(ようていざん) は迫力があった。蝦夷富士とも呼ばれる綺麗な山、この時は山頂がどんよりしていてドラゴンボールの牛魔王のいる山のような恐ろしく怪しげな迫力に感じたっけ。 京極、喜茂別町からもまだ見える、どこまで行っても恐ろしげに映り今日のライドで何かあるのかと心配になるほどだった。精神状態によって感じ方は様々ですね。
10-19-8.jpg

札幌が、見えてきた。 スキー場のある中山峠 で一休みして今朝包んでいただいた弁当を食べたのだけど、こう寒い時期に旅をしていると今朝触れた温かさが遥か昔のような懐かしさを感じて、ちょっと涙ぐんでしまった。美味しかったよ・・。
下り始めると雪が舞ってきた。峠を転ばぬよう気をつけながらゆっくりと下山。渋滞している、日曜日だ。「定山峡の紅葉」 時期と重なったようだけど紅葉時の雪は皆慣れっこだったのかな? 渋滞のR230をすり抜け先へ先へ先へと進み、4ヶ月前に居た見慣れた風景が飛び込んでくる安堵と喜び、明るいうちに札幌市街地に到着できました。
ライダーハウスランデブー という街中のバイク屋3階の空間に泊まり、ちょびっと夜の街に繰り出したり。。

20日。
午前市内見物。午後は颯爽と次の町へと出発。
R230号を昨日と逆走し、中山峠で名物揚げじゃがを昼がわりに食す。数日贅沢したので節約食に。 喜茂別から留寿都(ルスツ)、まっかり温泉、羊蹄山、ニセコへ。アンヌプリを超えて、名前がかっこいい昆布温泉。その近くのニセコスノーパーク内のエーデルワイスというペンションに、やはり独り貸切状態で泊まる。スナック菓子と発泡酒のみの夕食で眠る。

21日。
オフシーズンのスキー場。高原の爽やかな風景での寝覚め。スッキリして出発。
今日は天気がよく風が優しく温かい。体育の日のような小春日和、久々にリラックス気分でのツーリングとなった。 昆布温泉の湧水「甘露泉」をがぶ飲み。美味しい気がする。
10-21-2.jpg

10-21-3.jpg
その後、国民宿舎らしい雪秩父温泉 へ寄り、ボロながらも5つもある露天や硫黄と鉱物の2種の湯をゆったり半貸切状態で楽しめた。風景も雄大な大自然に包まれた北海道らしい風呂でした。
R5号にて目名峠を抜け、一気に長万部(おしゃまんべ) に入る。かに飯の町だが節約モードで我慢して先へ。R230に反れて、目的地にしていた秘湯 「奥美利河(おくぴりか)温泉」 に到着。カムイワッカ湯の滝に行けなかった悔しさから、北海道の秘湯へどうしても寄りたかったのだ。場所も凄い秘境、内湯外湯が繋がっている混浴もまた他にはない雰囲気を醸し出している。 38℃と低温で着替えに上がるのにしばらく躊躇していたけれど、その間長めに露天からの紅葉や空気の音を聴きながら心を休め大地に溶け込めました。 こんな時期だから、人いませんでした。妙にさっぱりして出発。
R5号に戻り、八雲、山越、落部、石蔵ときて森町で「いかめし」 を食べる。こんなにうまかったっけ!濃すぎない味付けでやわらかでモチモチ、美味しかった。数個土産に持ち帰りたかったほどだ。 そのまま下り大沼を超えて北海道最後の町、函館市に入った。



10-21-4函館

ライダーからの評判が高い函館。この町独自の文化があり、食や歴史、そして旅人に優しい街だという。
ハセガワストアの名物やきとり弁当 を食べ、時間もまだあるので函館山方面に向かう。 
『日本三大夜景』の函館山。 修学旅行シーズンか、観光客もいっぱいだ。ロープウエーにいくと、1400円。高い。。バイクは不可だ。一旦今日の宿「ラーダーハウスライムライト」 にチェックインし、天気の良いうちに再度函館山を目指すことにした。
16:50分公園着。歩くぞ。3~40分位で登れるらしく、早いピッチで健康的に上り進む。暗くなってきた、歩いている人いない、む?ロープウエーの光が遠くなってく、迷った?迷った。 追い剥ぎにでも会うような山道を引き返し、1時間後に山頂へ到着。

10-21-5.jpg
10-21-6.jpg

・・・・
函館夜景画像 

ちょっと、しばらく言葉にならないくらい、感動してしまった。
北海道ライダーが皆この地を離れる10月の3連休に乗り込み、雪に降られながら孤独の旅を続けてきて、最後の街に歓迎されて・・ 旅のスタートから四国九州沖縄、今に至るまでの風景や時間もぐぐっとオーバーラップしてきて、涙目になっていたと思う。この風景は凄かった。 旅1番の光景だった。はがきを各所に送ったりした。下りはヒッチハイクのつもりがバスばかりで断念しダッシュで下って宿に戻った。
さて、このライダーハウスは函館名物だ。シナチクさんというオーナーさんの人柄につられてか個性強い旅人が集まる宿だ。やっとたくさんの旅人と出逢え、それぞれの旅の逸話を語らいながらコンビニ弁当とチューハイを飲みつつ遅くまで起きてた後に雑魚寝しました。

22日。
今日は函館を拠点に、無料温泉巡りと界隈のツーリングへ。
R278号にて戸井町恵山町ときて恵山岬灯台の近くの 御崎温泉「浜の湯」 へ。ここは思わず裸でガッツポーズとってしまうような、なんともライダーには嬉しい寸志の温泉でした。こういう町内会で維持されている温泉ってカッコイイなあ。
 亀田半島を走りながら次の 水無海浜温泉へ向かうも、残念ながら塩が満ちてて入れなかった。
小雨も降ってきたので町へと戻り、駅前の「 和光デパート 」(わ、建替えで閉鎖しちゃったんだ残念・・)の地下1階にある、ライダー御用達の名物寿司屋へ寄った。 「梅乃寿司」。 わ、こちらも7年前に移転して綺麗になっとる・・ 10年前は古い地下食堂街の一角にある古ぼけた寿司屋でして、ライダー御用達の「ちらし寿司735円」、「日本三大いかりや顔」の店主が2大名物として有名なお店でした。

10-22-3梅乃寿司(もうちょっと良い角度で撮れていれば。。)
このボリュームで735円!本当に函館の食は旅人を驚かせてくれます。

23日。
朝方土砂降りで早めに目が覚めた。9時には止んでくれたので函館朝市見学に。

10-24-2朝市
活気がある!あ、デブヤのロケもやってる。石塚さんパパイヤさんら恰幅の良い方々が美味そうにほおばっている姿を見るだけで腹が減るすべてが旨そうに見えてくるから不思議。 やや観光客価格につき恨めしそうに各店舗を巡っていると、仲良くなったメロン屋のおっちゃんが「いいよ持って行きなよ」と試食用に切っていた夕張メロン半たまを気前よく下さった。金額だってそれなりにするメロンをポンと旅人にあげられる気持ちよさ。帰りにお土産買うよと誓い、戦利品を両手に掲げ宿に戻って皆で食いました。
昼はご当地ハンバーガーの「ラッキーピエロ」 へ旅人8人位で行きチャイニーズチキンバーガーをほおばる。旨い。食べ物の話で盛り上がり、函館の新鮮なイカソーメンをどうしても食べたくなった。 朝市のリサーチでは1500円と高嶺の花だ。でも・・。
旅人は勢いだ!ライムライトに置いてあった釣竿を2つ持って、名も知らぬ大学生をバイクの後ろに乗せて2人で函館港へ行きイカ釣りを試みた。 夕方、釣り人が大勢いる。この時間に湾に入ってくるイカが目当てだ。 ナメたことに、餌を持ってきていないばかりか餌が何か分からない(笑) そのへんの松ぼっくりみたいなものを針につけて、釣り人に混じって真剣な表情(だけ)して釣りに挑むも、、やはり釣れない。 一人だけベテラン釣り人がポンポンと面白いように釣り上げている。ほかの人たちは殆ど釣れずにどんどん引き上げていく。
最後まで(無駄に)粘るも釣れるわけがなく、作戦変更してそのおっちゃんに近づくことに。
「す、スミマセン、日本1周していてどうしてもイカを釣って食べたかったんです。1パイ100円で譲って頂けませんでしょうか・・」
成功した。タダで2匹(2ハイ)分けてくれた!函館のひとたち優しいよー

10-23-4.jpg

つづく。



人気ブログランキングへ
プロフィール

さくらい・かるいざわ

Author:さくらい・かるいざわ

ようこそ 『軽井沢に暮らす~遊楽山荘~』へ。
ココは軽井沢の別荘で暮らしてきた自分の体験から 遊びや楽しみを知る「きっかけ」になれれば位で緩く発信しています。
離れた地からも今の軽井沢を身近に感じてもらえるよう、風景や普通の日常姿を届けていきます。

しごとを通じて知り合ったお知り合いさん向けの発信が中心。
備忘録も兼ねているので緩いものが多いですがご容赦下さいね。
ちょっと遊びの楽しみが足りないなー時間つくらなきゃ。。
サードプレイスになろうかな。

それではどうぞ、宜しくお願いします。

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カレンダー
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ゴルフ掲示板
リンク
Twitter on FC2
QRコード
QRコード