挑み喰らうカウボーイハウスの肉。


大きな節目があり、
無事の手続きと前後の諸々と、現実の対応なんかに
埋もれており、肉だーーーー!!と細胞が訴えていた。

数年ぶりに、カウボーイハウスの肉に喰らいついてきました。

18156861_1303336479762734_3524058185639618099_n.jpg

2年半前までのステーキフェアの際は皆勤賞ものでしたが、
なかなか自力ではぜいたくです。
が、どうしても勢いが欲しかったりご褒美的なときにだけ、
ここに踏み込みたくなります。
(といいつつ2年ぶりくらい)

18119188_1303336496429399_3146049531874621244_n.jpg

300ぐらむですが、昔を懐かしみながら鉄板の熱が肉に伝わり
きらないうちに大ぶりに切ってモゴついて飲み込んでいきます。
のど越しの良い肉。 やっぱり旨いなあ。

これからの連休は混むでしょうね。
爆発的な賑わいを迎える前に、力を蓄えて乗り切りましょう。
いざ!



人気ブログランキング

http://sakuraikaruizawa.blog33.fc2.com/blog-category-26.html
肉とかレストランカテゴリ。あんま更新していないけど。
星の子さんと使い分けで色々お店を知って使ってくださいな。
スポンサーサイト

力をつけに、星の子さんへ。


4月に入りました。
期の変わりは余り感じない職種ではありますが、
冬から継続の案件が多くありがたくも有難く、ちょっと、
ありがたいです。ありがとうございます。

踏ん張りたいときは、
おさいふに優しい範囲でおにくを食べたい。
一人だとちょっと遠慮があったりするので、
2,3人でそんなときは、まず星の子さんへ向かいます。

数度触れてはいますが、ありがたいお店です。
https://www.karuizawahosinoko.com/
https://tabelog.com/nagano/A2003/A200301/20016107/

ワンコインからのランチには、
コーヒーや紅茶もセルフでついちゃう。
各1つずつ頼み、もう一皿単品(100円引き)の
バランスが満足度高いですよ。

17634601_1275344949228554_6806021079245336133_n.jpg

ちょうどサービスで100えん引きだったサイコロステーキと
イベリコ豚のおいしいやつと、ワンコインメニューから
ヒレとからあげのおいしいやつをチョイス。
ごはん+50えんでどんぶりになってしまい、それを2つ足しても
2000えんちょびっと出たくらい(税込)のおねだんでした。
シェアして一人1000えんでこれだけ満足な所は他にないです。
これからシーズンに向かい混んで来るとは思いますが、
ここぞの時には力をもらいにいきますよ。

まだご存じない方はご一緒しましょうー
ではでは、では。



人気ブログランキング

軽井沢シェフの、プロフェッショナル放送。


今日の夜 10:25分から放送される

NHK プロフェッショナル仕事の流儀  
http://www.nhk.or.jp/professional/ 

に、軽井沢にいらしたフレンチシェフさんが登場されます。

今は東京のど真ん中の日本旅館の料理長をされていますが、
フレンチらしい高級食材を組み合わせるのではなく、
和食材や端材の類にまで価値を見出し高級料理まで
昇華されていることが興味深いです。
美味しんぼの山岡士郎が好みそうなシェフです。


NIPPONキュイジーヌ。
http://www.hoshinoresort.com/mag/cuisine/01/

こちらも見てみてくださいね。

こちらのフレンチ、
食べたことないので気が利いたことが言えませんが、
ページやムービーからもシェフの心が伝わってくるようです。
素敵ですが格好や気取りでないのが何ともいいな。

プロフェッショナルと合わせて、どうぞ。


トレンドたまご



人気ブログランキングへ

星の子さんのディナーが凄かった。


ランチ時にひっそりと紹介していた穴場ランチの星の子さん。
http://sakuraikaruizawa.blog33.fc2.com/blog-entry-1244.html

いつか、このお手軽で旨いメニューに
グラスワインを合わせて昼からのんびりしたいなあと
想い焦がれておりましたが、
夜ならいいじゃないかと行ける機会をうかがっていました。

軽井沢でお肉。 と別荘の仲良しさんに相談を受けた際、
カウボーイハウスや一龍さん、他も幾つか定番の所は浮かぶ
のですが、 気軽に美味しいのを食べられる先の開拓として
夜の星の子さんを提案し、ご一緒してきました。

いやあ、良かったです。
何でもっと早く利用しなかったのだとちょびっと後悔しました。

このシーズンの平日は、流石に空いています。
ペンションの食堂と兼ねているので週末は宿泊客優先に
なりますが、事前の予約で空きがあれば利用できるのですよ。

16708650_1227050954057954_7624982628629263244_n.jpg


16708368_1227050897391293_1681512412959915778_n.jpg

焼肉やしゃぶしゃぶコースは、前日までに予約した方が良いです。
ステーキコースやアラカルトでのディナーは、 当日のランチ営業
時間までに予約できれば対応いただけるようです。
ランチ時にお馴染みのメニューからまず2品とサラダ、チーズを
頼み、イタリアのボトル(1500えん)と焼酎等でゆっくりとスタート。
空間やお皿、価格帯はカジュアルなのですが、肉の卸やさんが
行っているサービスにつき、値段を疑うほどの満足感なのです。

とても気軽。友人宅に招かれているような気軽さにつき、
どうしても料理一品一品を構えて撮影などできませぬ。
だいたいつまんで途中で気付いて、まあいいやって。
写真なんぞそっちのけで楽しんでしまいます。

16730283_1227050997391283_5016359151739212065_n.jpg

リブロース200ぐらむ、ランプ肉100ぐらむだったかな。
ランチ時とは量が違うので、肉肉しさが豪華です。
カットしてシェアしましたが、いい厚みいい旨み。
テーブルワインとも十分合います。
(ワインは他にもバリエーションがありましたよ)


レストランの質が高い軽井沢においては、
都心のレストランと遜色ないクオリティーの店が多いです。
お値段なりの上質な商品は選べますが、価格以上の
満足ってなかなか得られないのも質主体のこの町の
お店の特徴かもしれません。

そんな基準を持ってしまっていると、
星の子さんには本当に毎回驚かされます。
気軽に旨い肉をしっかり食べたいときの選択肢の一つに、
穴場好きな方はランチと共にディナーも利用してみて下さいね。
余り知られたくないけど知って欲しい情報は、個人のココ位が
ちょうどお勧めし易いです。 どうぞー。




人気ブログランキングへ

代行で、18号に出てトンボの湯までで1300えんでした。
スッと三井の森南の町道経由ならショートカットでもっと
お安いかも。

イル・ソーニョさんの2階で新年会。


15966264_1194815123948204_1879994330351542335_n.jpg

しごとまで。
って、勿体無いなあと思ってきました。
皆あまりしないから、
しごとの先で、暮らしを楽しくのきっかけと繋ぎ役します。
(個人ではライフスタイルとかいわない)


先週、ハルニレテラスのイル・ソーニョさんでプチ新年会を。
ここの2階席が好きなのですが(参考に)
http://sakuraikaruizawa.blog33.fc2.com/blog-entry-1493.html

意外とこの2階の存在を知らない別荘の方が多くて勿体ないなあ。
1階とはガラリと異なる、シックで落ち着いた空間です。
ご一緒して楽しんでまいりました。

気取らずゆったり仲間たちとイタリア料理を楽しんで頂きたい。
良い想いでもてなして頂くので、会話と共に楽しい食が進みます。
だいたい食べ始めてからアッと気が付くので、紹介な感じの写真は
なくてスミマセン。。そんな心地良さという言い訳をしておきます。

16174829_1201446306618419_1792995823382378883_n.jpg

16174892_1201482029948180_8458293656519964277_n.jpg

(真鯛のグリルもすごくおいしい)

もうちょっと、
別荘のお客さん。というのがスタッフが分かってくれると
オフシーズンの利用率がぐんと上がるとおもいますよ、
と生意気なことを直接言ってしまっています。
川上庵さんや希須林さんはさり気なく上手ですね。


16142987_1201446366618413_3528356454523969832_n.jpg

空間の真ん中にある暖炉。
このイル・ソーニョさんの2階席は、
別荘リビングの疑似体験が出来る
居心地よい空間なのです。

混んでいない時期にそんな開放をして欲しいと
思い伝えていましたら、 素敵なことを始めて
下さっていました。

「暖炉カフェ」 で過ごす至福の冬時間。
http://www.hoshino-area.jp/archives/2782 


ーー引用させてくださいな。

軽井沢の冬を豊かに彩る暖炉。まるで軽井沢の別荘に帰ってきたかのように、ルームシューズに履き替え、ゆったりと腰かけましょう。つい手にしてしまうスマートフォンもオフにして、ただ炎をじっと見つめ、薪のはぜる音や香りを感じてください。やがて日常の慌ただしさを忘れ、不思議と心が落ち着く時間が訪れます。

暖炉の前では、読書や音楽を愉しむのはいかがでしょう。スタッフが書棚や音楽プレーヤーとヘッドフォンをお席にお届けします。ドリンクや限定チョコフォンデュもご用意しています。

1月29日、2月26日にはジャズやクラシックの生演奏も行います。
心地よい音楽と豊かな時間をお過ごしください。

期間:2017年1月7日~2月28日
時間:14:00~17:00
場所:イル・ソーニョ
http://www.sonia-g.co.jp/ilsogno/il_kodawari.html

ーー

ワインだって、クラフトビールだって頂けるでしょう。
別荘ライフに興味ある方にも、
また別荘お持ちでもちょっと趣の異なる空間でゆっくりと。

いいなと思いましたので紹介ですが、
単純に自分がいくーー!と思いましたので、
行く前についでに触れておきました。

行きますよ 楽しみです
素敵な企画をありがとです。




人気ブログランキングへ

佐久の老舗焼肉、食道園。


この、
クリスマス一直線なムードに
敢えて挟みたい昭和の香り。

穴場な老舗焼肉やさんです。


佐久 食道園。
https://tabelog.com/nagano/A2003/A200302/20009176/

佐久市役所のすぐ近くですよ。 ←地図。


先にもう写真を。

15400347_1169463076483409_4258108748439188485_n.jpg

創業はいつだったでしょうか、
10歳くらいの頃、この2階か3階の4畳半和室で
ちゃぶ台の上のロースターでケムケムのなか
家族で焼肉した記憶があるのですが、、
その時点で古かったのに、今はどうだろうと
ドキドキしながら同業友人とランチに入りました。

30年ぶりくらいの訪問でした。


15439784_1169463146483402_5133855095609186668_n.jpg

15420943_1169463176483399_943122183780651315_n.jpg

お、おおお。
ダルマは凄いけど、なんかいいレトロさです。
でもまったく1階の記憶がないなあ。

15578405_1169463113150072_5532704592828972261_n.jpg

やすいっ。
ランチタイムメニューもお得だ。

佐久医療センターの友人や地元の仲間からは
食道園のよい噂は度々聞いていたのですが、
なかなか機会を逃し続けてましたが勿体なかった。

15578460_1169463266483390_8131771843478232154_n.jpg

15400475_1169463196483397_7241899420804440751_n.jpg

ランチですが、厨房で焼いてきてくれるか自分で焼くかを
聞いてくれました。初っ端なので焼いてもらいましたが、
けっこうな量と共にとても新鮮で美味いじゃないですか!

ホルモンとマトンと麺をシェアしましたが、
マトンも嫌な臭みがなく噛み進んだ所で羊をほんのりと
感じる、食べ易く旨い肉でした。
ホルモンもプルプル。油かっ!の印象から、
口内の余韻も良くごはんと合せてパクパク一気に
食べ進みました。お酒と合せたいなと。旨かった。

麺類もたっぷりな量がありましたし良いお味。


軽井沢の隣の佐久には、一通りのものが揃います。
人口も多いのでチェーン店も揃っていますが、
なんというか町の昔からの顔というような店を
なぞりながら地元佐久を改めて知って行きたい。
穴場好きな方に情報をおすそわけしていきたいと
思っていますので、
そっちの方向の情報を冬のうちに増やしていきますね。

食道園さんも、ご利用下さい



人気ブログランキングへ

久しぶりの 八ヶ倉へ。


子供といると、
佐久のファミレスや牛丼やさんうどんやさんなどへの頻度が
高くなってしまうので、下手ですが細切れ野菜等を混ぜ込んで
作って一緒に食べるようにしています。

たまに、、何といいますか、日常でもコンビニエンスでもない、
懐かしい感じが欲しくなるときがありまして、
御代田の高山さん が浮かんだり、佐久のお店が浮かんだり・・
と一緒に、 

八ヶ倉(やかくら)さんも浮かぶのです。
http://www.yakakura.co.jp/
18号のほうでなく、みよたのほう。
http://www.yakakura.co.jp/shops

Uターンで戻ってからまだ数度しか訪れていないのに、
妙なホーム感、馴染み感が不思議と味わえます。
なんでしょう、程よく古びた感じと、メニューと、
ミステリアスな店内雰囲気でしょうか。。

14516543_1090945831001801_5060399756418813436_n.jpg

14484903_1090945851001799_4594229138110288373_n.jpg

池のほとりに 浮かびます。
おお、創業当時の建物に、増改築を重ねて今に至るのですね。
ヤカクラの想い http://www.yakakura.co.jp/concept

14484773_1090945927668458_1688332374275548420_n.jpg

妙に、フロアーがいっぱいあります。
上がったり下がったり、回り込んだ奥だったり。
不思議だけど、心地よいのです。
気に入った場所を探してみてください。

14484689_1090945901001794_3688149185831705603_n.jpg

ちゃんとお店で作る洋食です。
量販店とは違う価値のおいしさ。
久々でしたが、ハンバーグ美味しかったです。

14492420_1090945871001797_372955760848296403_n.jpg


永く地域に愛されるには理由があります。
もうちょっといろんなメニューを試しに、また行こうと思いました。
ごちそうさまでした。



人気ブログランキングへ

イル・ソーニョさんの2階が好き。


ハルニレテラスのイタリアンレストラン

「 イル・ソーニョ 」 さん。

http://www.sonia-g.co.jp/ilsogno/index.html

「リゾート地で気取らずゆったり仲間たちとイタリア料理を楽しみたい」
という方々を受け入れてくれる、観光客にも別荘客にも好まれる
使い勝手の良い貴重なお店です。

個人的な印象ですが、
その包容力からも日中はファミリー客、観光客が多く、
別荘の方々がワイン等を合わせながら落ち着いて食事をするには
ちょっとカジュアルすぎる雰囲気かな・・
平日やオフシーズンは良いけれど、賑わう時期はお勧めはどうかな
と正直思うときもありましたが、

1階とは全くテイストの違う、シックに落ち着いた2階席はやはり好き。
大人の方々はぜひ2階で愉しんで頂きたいと改めて思いました。
(小さなお子さんのいる方は1階がいいですよーとなんとなく感じよく、
客層で分けてあげられるようになるといいですね。)

・・勧めたいと思いながら、空間写真を撮るの忘れちゃった。


13939462_1041003642662687_2758768486072100561_n.jpg

13895231_1041003665996018_6986007449192491848_n.jpg

そして真鯛のグリルとドルチェしか撮りそびれてしまったけど。

満席でしたが周囲の気配を気にせずに落ち着いてゆっくりと食事と
会話を楽しめていたことに気がつきまして、
とても心地よく、(ちょっと懐かしく、)
またここでゆっくりと食事をしながらワインを合わせたいなと、
思ったのでした。

HPのこだわりページ にもありますように、
こちらは野菜が抜群に旨いのです。
バーニャカウダーなども絶品です。

13903297_1041003679329350_3928770975038725348_n.jpg
いいワインもありますねえ。(売価いくらだろおっかない・・)

13906648_1041003702662681_2330771401541816971_n.jpg


観光の方の昼時、夕食時を避けながら、
そろそろ空いてきたかな? な時間帯に、
2階席でゆっくりとお過ごしくださいませ。

食後のドルチェが入るおなか具合にしておくことを勧めますよ。
http://www.sonia-g.co.jp/ilsogno/il_dolce.html

では、では。



人気ブログランキングへ

開業の際の様子。
http://sakuraikaruizawa.blog33.fc2.com/blog-entry-199.html
当時、いろいろと頼っていただけたのが嬉しかった。
そのときの想いもあり、いまでも贔屓でございます。

広がる円と、縁。


今までよりも軽井沢の関わりが深く多くなっていく方々に、
行きつけとなるようなお勧めはどこ? と聞かれた時に答えるお店は、
ハルニレテラスの セルクルさんです。

このお酒カテゴリを久々に覗いてみたらあすなろさんが続いていて(笑)
それはそれでディープな軽井沢を体験するにお勧めなのですが・・。


セルクルさんの空間には、
ワイン・デリ・雑貨お土産ギフト等々のショップ機能と、
http://cercle-karuizawa.jp/deli
http://cercle-karuizawa.jp/products
テーブル席、カウンター席と選べるレストラン機能が同居しています。
http://cercle-karuizawa.jp/menu
http://cercle-karuizawa.jp/wine

別荘や宿泊先にテイクアウトして愉しむセレクト。
ランチやディナーに食事にくる使い方。
カウンター席で、落ち着いてワインを愉しむ。
ソファー席でミーティングを兼ねながらゆっくり楽しく飲む。

デリカテッセンであり、ビストロであり、ワインバーであると仰っています。

多様な目的で寄れる空間。
お客様側に立ち、要望を叶えてくれているお店です。
永くホテルレストランの現場最前線で活躍をされて来た
オーナーさんだからこその、お店の表情に感じています。


KIMG0536.jpg

セルクルさんのCERCLEとは、円・サークルのフランス語です。
何となく大事な方たちをここに連れてきたくなります。

グラスチャージ500円だけで、小売ワインを食事に合わせさせてくれる
スタイルにも皆驚かれます。 結果コストパフォーマンスのとても良い
ビストロ・ワインバーとしても好んで下さるように。

KIMG0978.jpg KIMG0979.jpg

今シーズンは、ちょこちょことお世話になっています。
ご一緒した方々が、また家族や友人達と訪れ、円が広がっていく。
鎗田さん米山さんはじめスタッフの方々とも縁が出来ると、
また、軽井沢別荘ライフとセットで寄りたくなる。
セルクルさんの常連さん同士でも繋がったり。
円が広がり、縁が繋がっていく気がする お店です。

KIMG0948.jpg

ワインの敷居を下げて下さり、
1000円台半ば後半の安旨ワインから、3~5000円位の食事との
マリアージュを愉しめるワインも。
勿論もっと稀少や高級ワインも多く取り揃え扱っていますが、
素直に 『 食事の格 』 との相性ということまで教えてくれます。

バランスとマリアージュ、 商売っ気抜きで勧めて下さるので、
ワインを難しく考えてしまっていた素人のボクにも優しく親近感が湧き、
ワイン初級者から上級者まで、きっと幅広く純粋に愉しめるお店として、
お勧めしています。

http://cercle-karuizawa.jp/shop

すこし真面目に紹介してしまった。
良い写真をいつも残せてなくて申し訳ないですが、
どうぞお店で体験して下さいね。




人気ブログランキングへ

今宵もMORIASOBIで伺いまーす。

10518860_810685162361204_463777605473629560_n.jpg

11665505_810685215694532_435993767576887001_n.jpg


11698593_810706655692388_7370442451639163410_n.jpg

11216245_810721909024196_833683035220102899_n.jpg

星の子さんのランチが美味しく安い。


夏前に一度ご紹介しましたが あらためて。
http://sakuraikaruizawa.blog33.fc2.com/blog-entry-1175.html

軽井沢病院の北裏あたり、甲山別荘地内にあります。


ペンション星の子
http://www11.ocn.ne.jp/~hosinoko/
https://www.facebook.com/karuizawa.hosinoko
焼肉しゃぶしゃぶログコテージ
http://tabelog.com/nagano/A2003/A200301/20016107/

NCM_8126.jpg

NCM_8128.jpg

NCM_8130.jpg

NCM_8132.jpg

やはり構えて撮るのが好きじゃないので雰囲気写真ですみません。
なんかもう、言葉で例えるのでなく、行っていただきたいです。

軽井沢なのに、安いのに美味しい。
軽井沢なのに、美味しいのに安い。


NCM_8136.jpg

2人でランチ3種類頼んでシェアしても1500えん(税別)
1人でランチ2種類頼んでも1000えん(税別)

他のお店でランチすることを考えると、なんとお得でしょうか。
肉の卸店だけあって、とてもレベルは高いのです。
ここでランチを買って、お店を変えてお皿を変えてお出しすれば
1100~1300えんに見えるんじゃないかと。

今度は10こついてくるからあげランチを500えんで食べたい。
ビール、飲みたい。。
穴場好きな方に、オススメです。


営業されているかの確認はこちらのツイッターからどうぞ。
https://twitter.com/pensionhosinoko




人気ブログランキングへ

NCM_8066_201411081430128ad.jpg

今日と明日は、サケテラスです。 

500えんからのランチがすごい!


中軽井沢某所のペンションのランチがすごい。

NCM_7330.jpg

NCM_7331.jpg

肉の卸しもされているそうで、A5和牛がこんな場所のお店で(失礼)
という意外性。 値段の安さと質の高さにも改めてびっくりでした。

馴染みのあるプラのお皿。ホッとします。
お皿変えたら倍の値段してもおかしくない味なのですが、
この合理的なお皿でこのお値段なので、
安心して より嬉しくおいしく頂けるのでしょう。

NCM_7327.jpg
(ズームでピンボケしちゃった)

軽井沢にいることを疑うお値段!!

夜のメニューは撮りそびれましたが、きっと質からいったら相当に
リーズナブルな設定と、ワインやドリンクなどもとても安い表示でした。

NCM_7328.jpg

しかも、セルフでコーヒー・紅茶・日本茶などなども付いています。
コストパフォーマンスで言ったら、個人的には今は無き十兵衛さんが
ベストでしたが、はるかに越えてしまっています。。

シーズン前につき詳細は控えますが、
月曜・火曜などはランチも比較的空いていると仰っていました。
穴場好きな方、コスパ好きな方 お勧めですよ。
またシーズン越えたら改めて紹介します。
ガマンならない方は個人的にお問い合わせくださいな。



人気ブログランキングへ
ランチ2つ食べても1080円、腹減ったとき試してみよう。

半日あれば 北軽・草津へ。


ええと、どっちのカテゴリか迷いましたが
ちゃんと紹介してなかったのでピザ屋さんメインにて。


いつぞやの休日に、北軽・草津方面へ出かけてきました。

中軽井沢から国道146号を北軽に上りますが、
中心地?な北軽井沢の信号(セーブオンとセブンイレブン)
辺りまでは順調なら25分かからずに行けるのです。
オフシーズンは閑散としていますが、
GWからのシーズンインしますと、また軽井沢町とは違った
スケールの大きい風景や、ゆったりと感じる魅力が探して
いければたくさんあるのだと再発見中です。

北軽井沢と言って思い浮かぶお店はまだ幾つもありませんが、
こちらのお店はぜひオススメしたいです。

NCM_6751.jpg
(嬬恋村からの浅間山)

NCM_6750.jpg
(駐車場広い。直売所はこれから。)

NCM_6749.jpg

【 嬬恋高原ブルワリー 】 さんです。
http://www.tsumabru.com/ 

嬬恋村のキャベツ畑に囲まれた、ポツンとあるこちらのお店。
ファンが多く、2世帯3世帯で来られる姿もよく見かけます。
ご年配グループの利用も多いのですが、「イタリアン」の類ながら
それぞれのメニューが重たくなくさらりとしていて、また旬の自物の
野菜を使うので地域や別荘の方々にも幅広く受け入れられている
良いお店なのです。

NCM_6741.jpg

NCM_6742.jpg

NCM_6743.jpg

NCM_6744.jpg

NCM_6747.jpg


ピザは石窯で焼く極薄のクリスピータイプ。
自分のピザ窯での、目標とする生地のひとつです。
表現が適切ではないかもですが・・とてもお酒に合うピザ、
美味しいツマミになるピザの感覚なのですよ。
勿論サラダやパスタもおいしい。

NCM_6748.jpg

【 嬬恋高原ビール 】 を作っているマイクロブルワリー。
リアルエールも作っていますし種類も豊富です。
http://www.tsumabru.com/beer_Files/beer.html
なかなか飲んで運転して帰れないのでまだ生をここで頂いた
ことがないのですが、ピザに合って旨いんだろうな・・・。

アクセスはこちらを。 
ぜひドライブついでにお出かけくださいね。


食後は、信号の少ない山あいの道を快適にドライブ。

NCM_6754.jpg
NCM_6756.jpg

西の河原露天風呂 へ浸かり、街中を散歩してまんじゅうたべて、 
湯畑の(おおテルマエ・・) 脇の足湯にもゆっくりと浸かって・・
1時間ほどゆっくり下って中軽井沢に戻りました。

昼前に出かけて、夕方4時台には戻ってこれる半日コース。
軽井沢を拠点・起点に、1時間ほどで出かけられる範囲には
温泉から観光から、楽しめる場所が相当にありますよ。

一休みして、夕食後には 「草津の上がり湯」 にも。。

NCM_6758.jpg

そんな過ごし方が、特別でなくふつうにできるのも、
軽井沢の立地的な魅力です。



人気ブログランキングへ

佐久のインド料理 『 ミラマハル 』


たまには色の違う記事を。

佐久市役所近くに3年ほどまえにオープンしたインド料理屋さん。
おもちゃ屋さんだった建物を、次にイタリアンが入りその後改装された
お店になりますので、オレンジな外装の下にほんのりとイタリアンな
テイストが透けて見えます。DIYちっくな力みの少ない店舗だなあと、
いろんな意味で当時から興味がありました。

瞬く間に評判となり、地元佐久のみならず軽井沢の方々にもファンが
広がり通われる方も多い愛されているお店です。

完全に出遅れタイミングを失っていましたが、先日やっとこ行けました。

NCM_4712.jpg

ほんのりとカオスな空間。
オーナー以外は店員さんインド人。
日本にはないセンスと手作り感、この異空間に運ばれてくる
本格インド料理。 ここが佐久であることを忘れます。

料理は、失礼ながら予想以上に美味かった!
化学調味料等無添加で、カレーながらヘルシー。
嫌なベタツキや胃がもたれることが無いのです。
カレーのメニューもたいへん豊富。
チキンとポークとキーマをシェアしましたが、
サラサラやトロトロではなくお野菜をミキサーかけたかのような
うっすらとザラザラ感の見た目があるのですが、舌触りに残らず
マイルド(辛さを足さなかったので)で美味しい。
おかわり自由のナンも薄焼きでふかふかと食感もよく香ばしい。
2枚も平気で食べられるほど、カレーとの相性も良く出来の良い
好みのナンでした。

NCM_4713.jpg

店内も広く適度に区切られたスペースが多いので子供連れにも安心。
いいお店だなー また来ますよ。


佐久の本格インド料理『 ミラマハル 』

main3[1]
(お借りします)

アクセスはこちら。 
佐久市役所、ブックオフ佐久店の近くです。
駒場公園やJA佐久からも近いですからお出かけくださいね。



人気ブログランキングへ

ラ・パッキアさん


紹介を渋っていたような、忘れていたような・・

GWを前に、日常使いの美味しいお勧めトラットリアの紹介です。

トラットリア ラ・パッキア
http://www.karuizawa.co.jp/guide/eat/pakkia/guide.htm
http://tabelog.com/nagano/A2003/A200301/20000851/
地図もついてますのでご確認ください。

NCM_2459.jpg
こんなピザを自分の窯でも焼けるようになりたい・・


中軽井沢駅からツルヤさんに繋がる 農協通り沿いにあるお店。
軽井沢の中では 「市街地」 に位置しますので、どちらかというと
観光客やリゾート向けというよりは、地元や移住者、別荘の皆さん
に愛用されている 気取り過ぎない心地よいお店なのです。

先日も(2月だった)ふどうさんの業者会で利用させてもらいました。

NCM_2280.jpg

NCM_2281.jpg

NCM_2282.jpg

元々は和風の古い建物でしたが、川野さんが 9年前に軽井沢に
移住され携わられた初期のリノベーション建物でした。
賃貸のようですが予算や縛りがある中でこの居心地よい空間を創れた
のはさすがだなあと感心していました。

NCM_2283.jpg

NCM_2284.jpg

NCM_2288.jpg

NCM_2290.jpg

町内のイタリアンの中ではコストパフォーマンス的にもとても優れて
いると思います。ランチもお得ですし、夜もワインと合わせても安心
できる価格帯ながらとても質が高いのです。

NCM_2292.jpg

NCM_2295.jpg
ニョッキも絶品!!

こちらのラ・パッキアさんは、シーズン問わず地元にも愛されて
いるため混雑しています。 でも、ちょっと時間をづらしたりと
工夫をすればストレスなくホッと利用いただけますよ。

立地や雰囲気、価格帯もリゾート感の演出となりますのでいろんな
お店との使い分けをお勧めして行きたいですが、なんというかちゃ
んと地元を向いて見てくれている安心感というか、お迎えの姿勢が
伝わってくる温かな雰囲気を纏ったお店です。

オーナーさんの想いでもあり、それを形にしてくれた川野さんの
気持ちまでとけ込んでいるような気が、いつもしています。

混雑期を避けて、気軽におでかけくださいね。



人気ブログランキングへ

焼肉 「一龍」 へ。


こんにちは。

軽井沢に暮らし働いていても、
別荘客や観光客をメインターゲットとしている高級店には
そうそう行く機会は無いものです。

観光ガイドマップなどに掲載されているフレンチやイタリアン、
欧風料理や和食、焼肉店、数々のレストラン、
別荘の方々に聞かれてご紹介はしていましたが、 
正直殆ど行ったことがないなあ。
きっと落ち着かないなあ。

というような話を以前仕事の雑談でしていたところ、
オーナーと20年来の付き合いだという仕事繋がりの地元の方が
宣伝してやってよと、急遽、一龍さんにお誘いくださいました。

ずいぶん前の雑談で記憶になかったことと、
食あたりにあい4日程おかゆやうどん生活から明けかけのタイミング
だったので、 「 嗚呼勿体ない、是非またの機会に~ 」
と言いたかったのですが、
ご縁のものですのでご一緒させて頂きました。


NCM_2229.jpg

【 一龍 軽井沢 】
http://www.ichiryu-karuizawa.com/

アクセスはこちら。  18号バイパス南原入口です。

別荘族御用達だという一龍さんの評判はよく伺っていました。
でも、外観からみても何というか、構えた感じの高級店の気配がないもの
ですから、本当のところどうだろうと想いつつ いつも通過しておりました。

建物は元々ペンションだったものを改装されたそうです。
オープンして25年位になるとおっしゃってたかな?
室内は外観のイメージの延長上で飾り気なくとてもシンプルで、
床は木目調のCF、壁も白のクロス貼り、でも衛生的に手が入っています。
東京時代に少し触れた高級店の趣とは方向性が全く違い驚きがありました。

まったく普通のオフシーズン平日ながら、7時頃は結構席が埋まっています。
そして出迎えてくださったママさんがとても素敵。
とても失礼な表現かもですが、 「嗚呼、わかっていらしゃる」 という心地良さ。
特殊な町であります軽井沢で、長らく接客の最前線にいらっしゃった大先輩の
さり気なく自然な間合いや立ち振る舞いに食べる前から感動していました。

今回は脂身の控えめなものを適量チョイス下さいました。

541594_386935868069471_2134497152_n.jpg

531689_386935931402798_1351499569_n.jpg

ごめんなさい また気配程度で。。

成る程、何より素材の良さが素晴らしいのですね。
良くわかっていませんが、 A5という最高ランクの黒毛和牛を厳選して
取り揃えられています。 回転率の低いであろうオフシーズンの2月に
こんな美味しいお肉に出会えたことも驚きでした。

250204_06_w[1]
Tさん 1枚お借りします)

旨い、美味しいです。。。

凄く驚いたのが、 美味しさは勿論なのですが、
弱った身体に染み渡っていくかのように、元気が漲っていくという
非常に分かり易い現象が起こったことでした。
「スタミナつけるために肉食べなきゃ~」 という話はよく聞きますが、
こうも効果があるものなのかと(あるように感じるものなのかと)
体内のスタミナメーターが上昇していくイメージが見えるほどに
結構に弱っていた胃腸と体調が 回復した感がありました。
良いお肉を適量 っていいのですね。

600506_386936004736124_590501181_n.jpg

良い写真でなくて申し訳ないのですが、
ダメ押しで頂いたサンゲタンがまた美味すぎでした。
これは・・頑張った自分へのご褒美に、頑張った時だけ食べに来たい感じ。
ごろごろしたニンニクや高麗人参の塊や何か身体に良いもの達が
優しく煮込まれ調和していました。 身体に染み入って、いきました。

体調面やシチュエーションで感じ方が膨らんでいた部分もあったかと
思いますが、
それにしたって素敵な体験をさせて頂きました。
高いお肉屋さんは高い店構え、という誤った感覚も抜き去ってもらい、
厳選された高品質の食材が主役、
お店や空間はその引立て役に控えめにそれでいて居心地よく、
看板のママさんが素晴らしい。

わかる方に永く愛されてきているお店であることを
いろんな出会いを通じて 経験させていただいてきました。
素晴らしかったです。御馳走様でした。

前回の伍合さん同様に、
地元の方にも別荘の方々にも 一龍さん お勧めですよ。
機会がありましたら一度是非。




人気ブログランキングへ
焼き魚の美味しいお店も紹介していきたいです。
伍合さん いけださん 他、お勧めありますか?

浜田シェフが国際コンクールで3位入賞!


今日はもう一つ。


昨日からの各ニュースや、今朝の信濃毎日新聞の1面でもご覧に
なられた方も多いかと思いますが、

星野リゾート・ホテルブレストンコートの総料理長であります
浜田シェフが 1月29、30日にフランスで開催されました 

【ボキューズ・ドール国際料理コンクール】  

の本戦において、日本人としては初となる3位入賞を果たしました!

フランス料理会のワールドカップとも称され最も権威ある大会です。 
国内予選を勝ち抜き、昨年6月のアジア大会準優勝を経ての本戦出場、 
24カ国で争われた「肉・魚料理」で世界3位・銅メダルを獲得という
快挙を成し遂げました。


ボキューズドール浜田さん

http://www.shinmai.co.jp/news/20130131/KT130131FSI090005000.php

http://www.asahi.com/national/update/0131/TKY201301310393.html

http://www.sankeibiz.jp/econome/news/130131/ecc1301311454001-n1.htm

報道の多さからも今回の結果がもの凄いことが伺い知れます。 
ニッポンフレンチが世界的に認められたこの度の結果、
日本人として同じ会社に属するスタッフとしてとても誇らしく嬉しく思います。 

改めまして、おめでとうございます!!

あまりの快挙と報道に、なんだか遠い存在に思えてしまうほどですが・・
浜田シェフが手がける ホテルブレストンコートユカワタン  
これからの予約はどうなってしまうのでしょうかね。
殺到しそうでちょっとだけ心配ですが、ぜひご予約の上ご利用くださいませ。
お繋ぎは、できるかなあ。。 ご相談ください。

嬉しいビックニュースに元気をもらいました。

ホテルブレストンコート お知らせ。
http://www.blestoncourt.com/event/hotel/?NEWS=32

ーーー

トラベルジャーナリストの寺田直子さんの現地レポート
http://blog.excite.co.jp/naoterada/19934096/
http://blog.excite.co.jp/naoterada/20018763/



人気ブログランキングへ

こんなインタビューもいいね。
http://www.i-cg.jp/cf/konro/cb-amo-80/talk_hamada/

明日のアイアンシェフに 浜田シェフ参戦!


ホテルブレストンコート総料理長 浜田シェフが
明日夜放送の 『アイアンシェフ』 に登場します。

放送:1月25日 19:57~20:54
中華のアイアンシェフ・脇屋友詞との戦いに挑む!


詳細と予告動画はホームページからご覧下さい。
http://www.fujitv.co.jp/ironchef/index.html


・浜田シェフのご紹介
http://www.blestoncourt.com/restaurant/chef.html 

chef_mainph[1]
(写真お借りします)


【 ホテルブレストンコート ユカワタン 】
http://restaurant.blestoncourt.com/

実はまだ、行ったことありません。
芸術的な料理の姿はメディア等を経由して拝見しています。
いつか、相応しくなったら行ってみたい場所です。
・・なんて言わずに、行って皆さんにお勧めしないといけませんね!

---
結果
http://www.fujitv.co.jp/ironchef/records/130125.html



人気ブログランキングへ
勿論、録画して観ます!

カウボーイハウスのステーキフェア

NCM_1750.jpg

先週も開催されていましたのを忘れていました。。

中軽井沢星野エリアのアメリカンステーキ 
カウボーイハウス  さんの有り難いステーキフェア。

先週と15日の今日 そして12月25日に行われます。

毎年6月と11月の 第2、第3(たまに第4も)木曜日に
150グラムが1000円
300グラムが1800円!
500グラムが2500円!
  

と、通常料金の半分ちかくで頂く事ができます。
こちらのカテゴリにも度々登場させてますが、
オフシーズンの平日に 地域の方々への還元のような
美味しくて有り難いフェアはとても嬉しいものです。

300をいただいてきました。

NCM_1752.jpg

以前は 健康診断と称して 500グラムを勢いよく食べていましたが
ちょっと暫く自粛中。

ここのステーキはミディアムレアで美味しく焼きあげられていて
500グラムでも割とすんなりと食べられます。
結構、、女性でも召し上がっている姿を見かけます。
喉ごし良く飲み込める、上質なアメリカンビーフです。


間に合う方はこれからのランチと 今宵お出かけ下さい



人気ブログランキングへ

プロフィール

さくらい・かるいざわ

Author:さくらい・かるいざわ

ようこそ 『軽井沢に暮らす~遊楽山荘~』へ。
ここでは、軽井沢の別荘で暮らしてきた自分の体験から 遊びや楽しみ方美しさ素晴らしさを感じられる 「きっかけ」になれればと、 また離れた地からも身近に感じてもらえるよう 軽井沢のふつうの日常姿を気負わず緩めな発信で続けていきます。

仕事を通じて知り合った方々との、その後の繋がりを大切にしたい。 別荘ライフ軽井沢暮らしを始められた方々との交流の場にしたいと始めたものですから、気軽に相談やコメント頂けると嬉しいです。

それではどうぞ、宜しくお願い致します。

あ、過去の記事にも対応しますので気軽にコメント下さいね!さくらいが喜びます。

写真はサムネイルで見づらいのでクリックくださいませ 少しおおきくなります。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ゴルフ掲示板
リンク
Twitter on FC2
QRコード
QRコード