ミヤコワスレ



13335723_1001049853324733_1683529484629342165_n.jpg

鶴溜植物園にて。

13407311_1001049903324728_8468196766274056257_n.jpg

ミヤコワスレ(都忘れ) 


軽井沢にいるときくらい、都会の日常を忘れてください。。

忘れたほうがよい、忙しい方の別荘の庭に
勝手に少し植えて回ろうかな。




人気ブログランキングへ

いつのまにか、梅雨入りしていたなあ。
スポンサーサイト

ウワミズザクラ


先週がピークでした、うわみずざくら。

ウワミズザクラ 
http://www.m-sugi.com/39/iwai39.htm
http://www.e-yakusou.com/sou/soum061.htm

今年は山桜系が4月下旬に咲いてしまい、
連休中盤には麓の桜は散ってしまいました。

あーあ。緑も広がって初夏風景だなあと思っていた所、
役場の向かいにおっきなウワミズザクラの満開姿を
見かけまして、そういえばと別荘地を見渡すと、
ちょうど今(スミマセン先週)がシーズンでした。

いい写真じゃなくて毎回申し訳ない。

1463962834788.jpg くりっくでおおきく

KIMG3288.jpg

KIMG3240.jpg

秋のトラノオ みたいな棒状の開花。
軽井沢最後の桜は、見ごたえのある桜でした。


ps: I さん こんな時期ながら開花していましたよ。
   中段と頭のほうにちょびちょびと。
   きっと来年はもっと開花が増えるでしょう、幹も太くなりました。

1463962784492.jpg

1463962798193.jpg
カメラが届く範囲に一房三輪。



人気ブログランキングへ

冬なのに ふきのとう。



しごとの打合せでとある別荘管理の事務所へ寄ると、

何とも珍しいものを見せて下さいました。


12311054_882973761799010_4413293822473014517_n.jpg

11216793_882973771799009_4225311134113490037_n.jpg


う、うーーん。。
春先の、アレだ。

堆積した落ち葉の下に、いたそうです。

本当に個性的な今年の四季でしたが、
こんな姿をこの時期に見るなんてなかったこと。

うーん 
この冬は なんかありそうですねえ。

べちゃっと積もる雪が多いかな?
カマキリの卵が随分高い位置にあるようですし。
昨年2月のこんなことは無いとは思いますが
http://sakuraikaruizawa.blog33.fc2.com/blog-category-35.html

蕗の薹の姿をクリスマスシーズンに見てしまうなんて、
なんだか、怪しい冬になりそうだなあ。。




人気ブログランキングへ
オンセンガアルカラダイジョウブ。

ーー
森林組合勤務の友人より、落ち葉の下とか探すと割とあるとのこと。
冬入りから既に植物たちは春の準備を進めているのですね。
ほおほお、気にしたことなかったな、探してみようかな。

ハナトラノオ・カクトラノオ




11892064_838939802869073_3162188040589320294_n.jpg

ハナトラノオ 
シソ科 ハナトラノオ属。
大正時代に観賞用に持ち込まれたもののようですね。


11899941_838939792869074_5953238589324213134_n.jpg 11960135_838939829535737_414119395916478284_n.jpg

夏の終わりの グラデーション。

好き。



人気ブログランキングへ

ちいさな栗がいっぱい落ちてる



11902555_837016123061441_7715684687497043504_n.jpg

先週辺りから、

ちいちゃな栗がたくさんたくさん落下している姿が
目につくようになりました。


「熟してはじけると生物に食べられちゃうので、
 いがのまま確実に発芽するような種の保存かな?」

などと思っていましたが、
ピッキオさんに聞いてみると、この姿では未成熟につき
発芽には結びつかないことを教えてもらえました。


雨の多さもあるでしょうし、
地球に根付いている木々なので、
内側から強い実に栄養を集中させるよう、
間引きのような形で落としているのかな?
何かの予兆でもあるのでしょうか。

ちっこいイガイガが多く目立つ今年の8月でしたので、
一応こちらにも 残しておきます。


11926001_838939846202402_7883930396181238346_n.jpg




人気ブログランキングへ
モンブランは11月。
8/25日の今朝は、13.6℃でした。

鶴溜植物園の夏花たち。


夏花たちの開花も、一瞬の姿です。
分かっていたつもりですが、日々変化がありあっという間に
盛りが過ぎ去ってしまいます。

打合せを兼ね訪れていると、ホッと和む姿に癒されていました。
また、くるから・・と思っているうちに、そう。

昨日のゆうすげ開花の時間に合わせ、
ちょっと抜けて寄らせてもらいました。


DSCF5074.jpg

DSCF5075.jpg

薄黄色のユウスゲ(夕菅) は、夕方から開花する珍しい花。
皇居で育てたユウスゲの種を、軽井沢植物園に寄贈されたという
皇室ゆかりの花でもあります。
胸が透くイエローに 今年も出逢えました。

DSCF5076.jpg
シキンカラマツ を撮影したつもりがピントが合わず。。
紫錦落葉松と書きますが、紫錦の名の通り美しく淡い紫色が素敵です。
花の姿を落葉松に例えたのは、何度見ても分からないなあ。

DSCF5077.jpg
フシグロセンノウ 町内でも多く見かける季節になりました。
茎の節が黒っぽいから。オレンジなのにと覚えるのが早かった。
深いグリーンの中に一輪咲くオレンジの花は森でひと際目を引きます。

DSCF5078.jpg

DSCF5085.jpg
オミナエシの群生。 秋の七草のひとつも盛りです。綺麗。

DSCF5093.jpg
アゲハも蜜を吸いに来た。

DSCF5088.jpg
珍しい、八重の キキョウ。
昨年も記事にしましたが  ここの園には八重をはじめ、
白と紫が絶妙な具合に混じり合ったキキョウもたくさん咲くのですよ。
バルーンフラワーとも呼ばれるキキョウの季節も終盤に。寂しいな。

DSCF5079.jpg
楽しみにしていた ヤマユリ の多くは、開花寸前の一番いい所を・・ 
お猿さんが早朝に積みに来て食べられてしまったようです。
おさるさんがユリの花を、イノシシが蓮根をたべちゃう。
ごめんなさい、ちょっと憎たらしいです。。

DSCF5080.jpg
カワラナデシコ。

DSCF5082.jpg

DSCF5090.jpg
オイランソウも。
華やかに咲く姿を花魁の姿に見たてて・・花の香りも白粉に似てい
る所からもと、名の由来を感じながら眺めるとぐぐっと来るお花です。

あ、レンゲショウマ の撮影忘れちゃった。
昨年の姿とともに開花を思い出しながら、また撮りに伺いますね。
http://sakuraikaruizawa.blog33.fc2.com/blog-entry-1191.html


天候にも、毎年の開花状況が左右されますし、
夕立ち具合でも、花びらが雨で叩かれ傷んでしまいます。

ほんとうにピークは一瞬!
その後種をつくり落下して冬を越し、
また来年もその一瞬の為に 命を育てていきます。


鶴溜別荘地管理者の 興和観光土地さんのお庭です。
地図: https://goo.gl/maps/85ljU

管理関係者でなくても 山野草がお好きな方は気軽に立ち寄り下さい
とのこと。シーズン終盤の野草もありますが、その儚き姿も記憶してこそ
また来年の姿を愉しみに、四季を感じながら待てるというものです。


季節の移ろいを、自然を通じで感じられる豊かさをどうぞ。




人気ブログランキングへ

2009年の夏花たち。
http://sakuraikaruizawa.blog33.fc2.com/blog-entry-216.html
http://sakuraikaruizawa.blog33.fc2.com/blog-entry-224.html

ハナトラノオのグラデーション好き。




10625150_652715458158176_76915029822779295_n.jpg


10616467_652716034824785_1998358821324253299_n.jpg

10561686_652716238158098_1409102248336631803_n.jpg

ハナトラノオ・花虎の尾 (カクトラノオとも呼ぶ) 

盆明けの、8月下旬から見かけ始めるグラデーション。
虎の尾シリーズは結構軽井沢で見られますが、
白のオカトラノオと共にとても好きな虎の尾です。

まだまだしばらく見れるでしょう。
見にいらしてくださいな。



人気ブログランキングへ
蝶もたくさん見かけます。

夕刻の白花火。


昨日18時過ぎに野鳥の森入口付近を通過すると、
夕明かりにほんのり照らされた 花火状の白い花が目に入ってきた。


1654041_650045308425191_5424575165664214809_n.jpg

そーか、そんな時期か。
数年前に覚えた 「 シシウド 」 の花です。

ちなみにもう少しひょいっと長くて白い小さな花火がつくほうが 「 ウド 」。
ウドは食べられますが、シシウドのほうは食用にはならなかったのか、
というのは今知りました。むむむっ。


10547713_650045591758496_2037661295834937080_n.jpg

チカチカチカっと咲く手持ち花火みたい。

10352353_650046025091786_7186595876462645620_n.jpg



10592968_650046385091750_203691349096948469_n.jpg

明日の、夏の終わりの諏訪神社花火が楽しみに思えました。
儚いうつくしさ、季節の移ろいを感じます。




人気ブログランキングへ

グラデーション

グラデーション

1175006_474612942635096_252278702_n.jpg 993377_474613999301657_2047977562_n.jpg

ブレチャッタケド・・

自然界も秋へと進んでいます。




人気ブログランキングへ

もみじの種が 飛び立ちはじめました


以前 5月下旬にもみじの花の記事を載せました。
http://sakuraikaruizawa.blog33.fc2.com/blog-entry-917.html

NCM_3066[1]

その花が枯れ、後から種が育っています。

あ、モミジといっても本当に多種多様で、
カエデ科に属するので、総称としてはカエデなんだろうな。
カエデ属の多種多様っぷりは こちらも参考に。

種類が多いので、全てのカエデに種が付くわけでは無いのかも
しれませんが、 この時期のモミジを下から見上げると、ほんのり
赤みを帯びている樹種を目撃する事もあるかと思います。

覗きこんでみると―・・

虫がいっぱい!

NCM_3193.jpg

の、ように見えてしまいますが、
羽をまとった モミジの種たちの姿なのです。

NCM_3259.jpg

NCM_3200.jpg

NCM_3262.jpg

この写真は、トンボの湯手前のもみじのもの。

NCM_3258.jpg
受付に向かう前に、葉の裏側を覗きこんでみて下さいね


NCM_3192.jpg

NCM_3264.jpg

種が垂れ下がっていないカエデ系もたくさんありますね。
このコたちはどうやって繁殖をしているのだろう。
種をつけるまで成長してからなのかな 桃栗3年柿8年みたいな。


森や別荘地などでふと足元を見つめると、
落ちている種に気がついたり。
あ、花の名残もくっついてる 貴重な姿かな?

NCM_3257.jpg

知らない自然の姿を知ると ちょっと嬉しくなります。

自然界の四季のサイクルの 一瞬の姿。
んんー。 まだまだ軽井沢の自然は奥深いです。
意識して、いろんなことを知りたいとおもいます。

---

あ、飛び立つ姿に触れていませんでしたね

タケコプター じゃなかった、竹トンボみたいな姿が特徴ですが、
まさに竹トンボを飛ばしたように くるくるくるる~~ と、
スクリューしながら飛びだって行きます。
(落ちていくというのが正解でしょうか)

綿毛ではありませんのでそう遠くへ飛ばないと思いますが、
背の高いモミジから飛びたって、くるくるしながら舞いおりていく姿は
妙な愛らしさが感じられますよ。

これからの時期、そんなタイミングに出逢えますので
☆のエリアやトンボの湯のもみじにも会いに来てくださいな。



人気ブログランキングへ

蓮華躑躅 レンゲツツジ満開です。


いま、軽井沢町内はツツジの開花が美しいです。

深まった緑の中に、ポッと浮かび上がる朱色のヤマツツジの花を
いたるところで見かけます。

白や紫のツツジも綺麗ですし、もう少しで白くちょろんと垂れ下がった
生垣に使うドウダンツツジの開花も楽しめることでしょう。


NCM_3045.jpg

こちら、ツツジの中では大ぶりな種の 「 レンゲツツジ 」 です。
http://www.lapisnight.com/wildflower/rengetsutsuji.html
お、お隣の群馬県の県花でもあるのですね

936373_433692896727101_1531068928_n_20130529101404.jpg

941932_433692953393762_1451806803_n.jpg

25日の姿。
脱皮したての蝉やトンボのようなしわしわ感でしたが、

昨日28日には 満開に。

9883_434849803278077_43373107_n.jpg

946967_434849933278064_894123840_n.jpg

971664_434849963278061_1697548806_n.jpg

色も吸い込んだように鮮やかとなり、
朱色の大輪を咲かせてくれました。
今年はどうやら当たり年のようですよ。


こちらは我が山荘のシンボルツリーになっています。
ずーーっと高い木々に覆われていて、太陽を求め枝が横にずずーっと
筋斗雲状に伸びきっていました。
7年前に周辺の木を伐採し、枝を払い、形を整え、太陽を燦々と浴びる
ようになりましたら生き生きと蘇ってくれました。
http://sakuraikaruizawa.blog33.fc2.com/blog-entry-178.html
http://sakuraikaruizawa.blog33.fc2.com/blog-entry-555.html

あと1週ほどは楽しませてくれるでしょうか。
雨に照らされてきっと今日も艶々輝いていることでしょう。

あ、
レンゲツツジには毒があります。
花の蜜を吸ったりしないようにして下さいね。


またシーズンになりましたら改めて紹介しますが、
浅間山の西の登山口付近 小諸・湯の丸高原 つつじ平もお勧めですよ
http://sakuraikaruizawa.blog33.fc2.com/blog-entry-571.html



人気ブログランキングへ
藤も只今満開ですね 
色味のある山々を楽しめるのも6月中旬頃までかな

モミジに咲く花


なんとなくあるだろうと感じつつも、姿が思い浮かばないもの

森の木々の 開花姿 。


春には芽吹いて 夏には緑が深まり、
秋はすばらしい紅葉が 冬は落葉して雪景色。

たくさんの木々の 緑の姿は思い浮かぶと思いますが、
すべての木は 花を咲かすことをご存知ですか?

春のこぶしや桜 やまぼうしなどなどの特徴ある開花の印象は
あると思いますが、
ほかの木々も 素朴に花を咲かせています。
いまなんとなーく山々の緑に 白い姿が交じっている姿を思い
出せるかたも多いと思いますが、
一瞬の姿ですから、毎年注意して見ないと記憶から流れてしまう
ものであります。

モミジも 花を咲かせているんですよ。

NCM_3057_20130522114539.jpg

この時期 モミジの柔らかい若葉を見上げると、
黒っぽい赤いようなつぶつぶした何かが目に入ります。

もみの木広場にも モミジの低い枝がありましたので
覗き込んで撮影してみました。

NCM_3063.jpg

NCM_3066.jpg

風でゆらめくのでブレちゃってますが・・

この時期ならではの 一瞬の姿です。
もう少ししっかりとモミジ・カエデの花の姿をご覧になりたい方は
下をくりっくしてみてくださいね。

もみじの花 画像 
参考 イロハモミジ 

ほかにも、咲くのかな? な木々も
意外な花の姿を見せてくれるかもしれませんよ。
この時期別荘にいらっしゃる機会がありましたら、
双眼鏡を覗きこんでみてくださいね。



人気ブログランキングへ
栗とかクルミとかどんぐりのナラとか・・ 

ふきのとうの成長


ちょっとひと息・・・

598943_404847249611666_359357491_n_20130516164009.jpg

初ふきのとう 3.16
星野エリアでみっけた初物がこの日でした。

283547_406970216066036_185356045_n_20130516164101.jpg
つぎの 3.21がこの姿。

230917_409918135771244_1636242869_n[1]
そのつぎの 3.25でこの姿となりー・・

摘まれちゃいました。

3月下旬には、町内いたるところでふきのとうを目にしました。
やはり個体差あって、また場所に寄っても時間差がありまして
食べごろが摘めるのは3月末迄だなあということが分かりました。

4月に入りますと、茎がグングン伸びてきます。
食べ頃は過ぎた感じです。

72130_414890935273964_1276644422_n_20130516164655.jpg

63503_414890991940625_1780484794_n_20130516164717.jpg
4.8ともなると随分成長していますね

少し間が空きまして

NCM_2817.jpg

NCM_2816.jpg
4.17の姿。 茎がながい!

そして、 大雪の4.21。

923517_420555108040880_602193304_n[1]
ふきのとうはじめ、植物も驚いたことでしょう。。

そして、慌ただしくGWの準備が始まり GWに突入し、
ふと、久々に見ると・・ ふき??

NCM_2925.jpg
4.30 のびきったふきのとうの周辺に、蕗らしき姿が。

GWを慌ただしく過ごし、明けはもっと忙しくなり
5.12に改めて定点観測地点を覗いてみるとー

NCM_2976.jpg
ふきがいっぱい育っていました。
??? ふきのとうは?

NCM_2974.jpg

NCM_2975.jpg
覗きこんでみると、蕗の下で 溶けてる。

NCM_2999_20130516170721.jpg

NCM_3001_20130516170749.jpg
同じ12日の別地点。 
やっぱりふきのとうが伸びきってまして、まわりに 蕗が。

なるほどー
ふきのとうの芽から 蕗になるのではないのですね。
毎年その姿が重ならなかったので、どうやってふきに変身を
するのかと思っていましたら、
ふきのとうは蕗の薹として成長し、2ヶ月位で枯れちゃう。

地中で地下茎として横に伸びて、そこから蕗の葉がニョキニョキと
育つのですね。
ふきのとうの周りに、蕗が地上に伸びて育っていきます。

NCM_3036.jpg
5.16 今日の姿。
すっかり 蕗です。


気に掛けなければふつうの毎年の風景ですが、
ちょっと着目して追ってみると 面白いです。

ふきのとうに限らず、そんな変化ってまだまだありそうです。
これからも、来年も何か見つけて追ってみようと思います。

ふきのとう編は完結!

ーーー

936110_430385533724504_1079857774_n.jpg
見落としてました、
最後はタンポポみたいに綿毛になって種を飛ばしていましたよ



人気ブログランキングへ

た、た  タラの芽!


NCM_3005.jpg

NCM_3006.jpg

とても良いお取引からのご縁で

こんな自然物のタラの芽を 頂いちゃいました。


タラの芽 タラノキ
タラの芽のレシピ

旬の味覚 春の大人の味。
旨んまいのです。

軽井沢町内の自然のなかで多く見かけますが、
さすがの人気者 盗掘されてしまうケースがおおいため
程度良い成長した天然もののタラの芽におめにかかる機会が
とても減ってしまったように思います。

買うと少量でも結構しますよ
そして、旨んまいタイミングって、この時期の一瞬です。
逃すと、木になってしまいます。

ありがたく いただきます


NCM_3007.jpg

---

935265_428661100563614_259978860_n.jpg

936192_428661063896951_1973213559_n.jpg

試しにトースターで焼いて 塩で食べてみました。
お、旨い!

根元はウドのような食感で瑞々しくほんのりと野の香り緑の香り、
葉先はほんのりほろ苦くアクセントがついて旨いです。
あー お醤油があればまたひと味違うだろうなー・・ 



人気ブログランキングへ

敷地内などでちいさなタラの木を見かけたら、
根こそぎ土ごと抜いて どこか1か所にまとめて移しておくとよいです。
周辺にどんどん増えていきますよ 

サクラソウ


サクラソウ の 季節になりました。

今年は とても個性的な軽井沢の春の風景が広がりました。
2週ほど早い春のスタート
2週遅いどころではない 4月の大雪

植物たちも寒暖の差にせわしなく芽吹きと開花の準備をしていた
ことでしょうね。


サクラソウ

941844_427994660630258_348172030_n.jpg

偶然にも、群生地に遭遇しました。
こういう出会いがあるから春の軽井沢は大好きです。

179159_427994700630254_199298272_n.jpg

サクラソウ は、幻の花。

希少種であるということも当てはまりますが、
開花が終わると、溶けて消えちゃいます。 

正確には 梅雨明け頃には葉も枯れて休眠状態になります。
この愛らしいほんのりとしたピンクの花が消えると、
暫くは確かに茎や葉っぱが残っているのですが、
気が付くといつの間にか 溶けるように姿が消えているのです。

その頃には他の植物がモシャモシャにょきにょき伸びているので
目立たなくなっているのかもしれませんが、
他の植物の成長を見届けてながら、お役御免的に存在を消し去る
サクラソウに 儚き美しさをとても感じます。

出逢いもご縁ですし、来年も再開できるかはわかりません。
なので、場所なども幻と遭遇したのだと、
記憶から消すようにしています。


また、来年も どこかで出逢えれば嬉しいです。
春を待つ楽しみが、ひとつひとつ増えていきます。




人気ブログランキングへ

599455_430385580391166_689474477_n.jpg
5.17 町内のサクラソウも満開を迎えています。

黄花から始まる軽井沢の春


こんにちは。
なかなか手がうまく空かずこちらの植物だよりまで進めないでいましたが、
植物の早い今年はちゃんと追っていきたいと、負担なく出来る範囲でお届け
していきたい、していきます。

4月に入りまして、
雪解けの土色の風景に、ほんのりと黄身がかった姿の印象が残っている
方も多いと思います。

マンサク フクジュソウ は写真撮りそびれちゃった。

サンシュユ ダンコウバイ アブラチャン・・

まだまだ町内で開花が進んでいます。
森の中でも、日当たりや風通しなどで開花に前後があるようですね。

とても似た姿ですが、簡単に振り返っておきます。


【 サンシュユ 山茱萸 】

ハルニレテラスの南側、沢村さんにあがる階段脇で
毎年最初の黄色で向かえてくれているのがサンシュユです。

sansyu[1]

別名:「 春黄金花(ハルコガネバナ)」とも呼ばれるようですね。
陽の射した爽やかな日中などは名前に相応しく映って感じます。
サンシュユの実は滋養強壮の効果もあり、ユンケルの成分のひとつにも
なっているようです。

とちゅう


過去の記事もごさんこうに。
http://sakuraikaruizawa.blog33.fc2.com/blog-entry-144.html

ふきのとう


ふき2012

昨日のご案内時に やっと遭遇出来た ふきのとう。

いい香りがするなー

落ち葉敷きの中に、この色彩と香りに出逢えると、
はー どんなに寒かろうがもう確実なる春だと、
安心する次第です。


その後の物件調査で、ふきのとうの群生地を発見。
とらずに帰りましたが、またその後の業者さんとの
打ち合わせ時に、買い物袋いっぱいのふきを
いただいてしまったよ。

ふきづいた1日でした。


ふきのとう、ほしいですか?
おっきくなる前に摘んでおきますよ。



人気ブログランキングへ

季節外れの


サクラソウ。

CA3F0839.jpg

春の姿

株を増やして星野エリアに移植。
しっかり根付いてくれました。

ガーデンチームも来週を残すばかり。

半分くらいしか参加できなかったこと、
名前が浮かばない種類がまだまだ多いこと、
しっかりと自分の足でもその後の姿をおえなかったこと、
もうすこし、ゆとりを持ちたかった。。


別荘Naviに ガーデンさんの 【 軽井沢花歴 】
プリントアウトしています。
もう一度四季を振り返りながら 覚えていきたいと思います。



人気ブログランキングへ
 オフィスお立ちよりの際はどうぞご覧ください。
プロフィール

さくらい・かるいざわ

Author:さくらい・かるいざわ

ようこそ 『軽井沢に暮らす~遊楽山荘~』へ。
ここでは、軽井沢の別荘で暮らしてきた自分の体験から 遊びや楽しみ方美しさ素晴らしさを感じられる 「きっかけ」になれればと、 また離れた地からも身近に感じてもらえるよう 軽井沢のふつうの日常姿を気負わず緩めな発信で続けていきます。

仕事を通じて知り合った方々との、その後の繋がりを大切にしたい。 別荘ライフ軽井沢暮らしを始められた方々との交流の場にしたいと始めたものですから、気軽に相談やコメント頂けると嬉しいです。

それではどうぞ、宜しくお願い致します。

あ、過去の記事にも対応しますので気軽にコメント下さいね!さくらいが喜びます。

写真はサムネイルで見づらいのでクリックくださいませ 少しおおきくなります。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ゴルフ掲示板
リンク
Twitter on FC2
QRコード
QRコード