ワインさん。


外で飲むことが少ないもので、
お酒カテゴリ を久しぶりに覗いてみて
セルクルさん以外の薄さと、、あすなろの濃さに
ちょっと苦笑してしまっていた所・・・

いつのまにかGooglephotoに携帯写真が被写体ごとに
分かれているサービスを発見しまして、
(誰がどんな作業で分けてくれるのでしょう)
ワインが意外とありまして、
振り返りと今後の勉強兼ねて、最近の少しを残してみようと
格好つけましてごめんなさい。

NCM_7629.jpg KIMG2979.jpg

NCM_7528.jpg KIMG3968.jpg

KIMG1759.jpg


KIMG0979_20170220172506a18.jpg KIMG0155.jpg

KIMG0208.jpg

KIMG0201.jpg

KIMG0803.jpg

昔は少し斜に構えて遠く眺めていたワインでしたが、
軽井沢に居てこのしごとを続けてこれたことで、
ご一緒に美味しく楽しく、素直に頂けるようになりました。

素人でも何となく稀少さがみえそうなものも頂いてきましたが、
その機会は何となく 茶道の亭主と正客の関係 にも思えまして、
好きな方がお気に入りを選んで下さった気持ちをありがたく 
受けながら 嬉しく楽しく飲んでしまっています。
他のお酒と違って、一期一会をとても感じるのがワインかと。
ちょっと大人気分に浸れるのも、素直に嬉しいものでございます。



人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

軽井沢シェフの、プロフェッショナル放送。


今日の夜 10:25分から放送される

NHK プロフェッショナル仕事の流儀  
http://www.nhk.or.jp/professional/ 

に、軽井沢にいらしたフレンチシェフさんが登場されます。

今は東京のど真ん中の日本旅館の料理長をされていますが、
フレンチらしい高級食材を組み合わせるのではなく、
和食材や端材の類にまで価値を見出し高級料理まで
昇華されていることが興味深いです。
美味しんぼの山岡士郎が好みそうなシェフです。


NIPPONキュイジーヌ。
http://www.hoshinoresort.com/mag/cuisine/01/

こちらも見てみてくださいね。

こちらのフレンチ、
食べたことないので気が利いたことが言えませんが、
ページやムービーからもシェフの心が伝わってくるようです。
素敵ですが格好や気取りでないのが何ともいいな。

プロフェッショナルと合わせて、どうぞ。


トレンドたまご



人気ブログランキングへ

星の子さんのディナーが凄かった。


ランチ時にひっそりと紹介していた穴場ランチの星の子さん。
http://sakuraikaruizawa.blog33.fc2.com/blog-entry-1244.html

いつか、このお手軽で旨いメニューに
グラスワインを合わせて昼からのんびりしたいなあと
想い焦がれておりましたが、
夜ならいいじゃないかと行ける機会をうかがっていました。

軽井沢でお肉。 と別荘の仲良しさんに相談を受けた際、
カウボーイハウスや一龍さん、他も幾つか定番の所は浮かぶ
のですが、 気軽に美味しいのを食べられる先の開拓として
夜の星の子さんを提案し、ご一緒してきました。

いやあ、良かったです。
何でもっと早く利用しなかったのだとちょびっと後悔しました。

このシーズンの平日は、流石に空いています。
ペンションの食堂と兼ねているので週末は宿泊客優先に
なりますが、事前の予約で空きがあれば利用できるのですよ。

16708650_1227050954057954_7624982628629263244_n.jpg


16708368_1227050897391293_1681512412959915778_n.jpg

焼肉やしゃぶしゃぶコースは、前日までに予約した方が良いです。
ステーキコースやアラカルトでのディナーは、 当日のランチ営業
時間までに予約できれば対応いただけるようです。
ランチ時にお馴染みのメニューからまず2品とサラダ、チーズを
頼み、イタリアのボトル(1500えん)と焼酎等でゆっくりとスタート。
空間やお皿、価格帯はカジュアルなのですが、肉の卸やさんが
行っているサービスにつき、値段を疑うほどの満足感なのです。

とても気軽。友人宅に招かれているような気軽さにつき、
どうしても料理一品一品を構えて撮影などできませぬ。
だいたいつまんで途中で気付いて、まあいいやって。
写真なんぞそっちのけで楽しんでしまいます。

16730283_1227050997391283_5016359151739212065_n.jpg

リブロース200ぐらむ、ランプ肉100ぐらむだったかな。
ランチ時とは量が違うので、肉肉しさが豪華です。
カットしてシェアしましたが、いい厚みいい旨み。
テーブルワインとも十分合います。
(ワインは他にもバリエーションがありましたよ)


レストランの質が高い軽井沢においては、
都心のレストランと遜色ないクオリティーの店が多いです。
お値段なりの上質な商品は選べますが、価格以上の
満足ってなかなか得られないのも質主体のこの町の
お店の特徴かもしれません。

そんな基準を持ってしまっていると、
星の子さんには本当に毎回驚かされます。
気軽に旨い肉をしっかり食べたいときの選択肢の一つに、
穴場好きな方はランチと共にディナーも利用してみて下さいね。
余り知られたくないけど知って欲しい情報は、個人のココ位が
ちょうどお勧めし易いです。 どうぞー。




人気ブログランキングへ

代行で、18号に出てトンボの湯までで1300えんでした。
スッと三井の森南の町道経由ならショートカットでもっと
お安いかも。

北向観音と、善光寺へ。


おお、もう2週も。。
引っ張るほどではないので、さらりと残しておきます。


前回の布引観音参拝と温泉後、
アートヴィレッジ方面経由で北向観音へ向かいました。
正月に逆ルートで行っていたこともあり、
好天のドライブ日和のなかで、滑るように到着できました。
軽井沢からも旅気分を味わえるちょうど良い距離ですよ。

別所温泉観光協会 http://www.bessho-spa.jp/acc.html
地図はこちらから。


16406632_1213621602067556_4710683313567803061_n.jpg

16299237_1213621585400891_696618349911371370_n.jpg

北向観音・常楽寺 http://www.kitamuki-kannon.com/

北向観音wiki にも記載されていますが、
北向観音という名称は堂が北向きに建つことに由来する。
これは「北斗七星が世界の依怙(よりどころ)となるように
我も又一切衆生のために常に依怙となって済度をなさん」
という観音の誓願によるものといわれている。
また、善光寺が来世の利益、北向観音が現世の利益を
もたらすということで善光寺のみの参拝では「片参り」に
なってしまうと言われる。
ーー
と、善光寺と合わせて参拝する意味のあるお寺だったのです。
1月末に、善光寺だけ行こうとしていた事を止められたような
思いでしたが、後でもう一つ意味があった事を知るのでした。

16426133_1213621612067555_3444489774837673336_n.jpg

16266305_1213621645400885_6758961273718251790_n.jpg

小銭財布しかない日でしたので、それでも500えんを賽銭箱に投げ
多めのお願いをし、別所温泉の大湯(150えん)に浸かって、腹を
空かせながら帰りました。


次の休みが偶然節分でしたよ。

16473970_1216698571759859_6004616478154344680_n.jpg

16473122_1216698601759856_2792095763012146417_n.jpg こういうお寺。庶民的で優しい。

16507933_1216698535093196_3965893389816594067_n.jpg

この時期は11:45分からの厄除けです。
https://www.zenkoji.jp/kuyo
3000、5000、10000えんとありましたがまんなかで。
この建物で30分前までに手続し、11時半に集まって説明を
受けながら本堂に移動します。

16508216_1216698521759864_3198268979942749172_n.jpg

やはり・・ いつ来ても、何かいいです。凄くいい。
それっぽい理由をつけるよりも、いいなあカッコイイなと
思えるだけで、シンプルに来た甲斐が感じられます。

信州善光寺 https://www.zenkoji.jp/

厄除け以外にも様々な祈願の方と合わせて20名くらいで
受けてきました。 思ったよりもさらりと終了しましたが、
ここでの行為だけではなくココを目指し今日来れて祓って
頂けたすべてに意味合いがあるのだと思いました。

そして節分ということもあって、
偶然福豆まきにも参戦してきました。

16299278_1216761471753569_3861340205847254788_n.jpg

真田丸ご出演の、草刈さんが主役のご様子。
42年ぶりにここに戻ってきたけど、第二の故郷だと
なかなかのリップサービスでございました。
豆、このくらいの参加者だとなかなか取れないものですね。
3人分の確保を狙っていましたが、ちいさなお菓子を1こ
キャッチできたのみで失礼しました。


節分。
し、知っていたようで良く知っていなかった節分ですが、
季節を分ける、とは単に春に~ということだけでなく、
立春を迎える前日、大晦日の意味合いもあったのですね。
節分の日に邪気を祓い、新年をスッキリとして迎えられる
追儺(ついな) の行事であったとは。

厄年を迎えたにあたり、善光寺と対の北向観音、縁あった
布引観音を巡れた後、ちょうど大晦日にあたる節分にこの
善光寺で厄を祓い、行事に参加できたものですから、、
良い1年を必ず迎えられることでしょう。
ちょっと心して、過ごす1年にしてまいります。

厄年は、役年。
と教えて下さった建築仲間さんもいてちょっと救われもしました。
今年はその役、縁を繋ぐ役割などなどを感じていた所でも
あったものですから、
厄を祓われた今、役を全うできるよう尽くしてまいりたいと
思う所存でございまする。

どうぞ 宜しくお願い致します。


櫻井貴弘




人気ブログランキングへ

日本カーリング選手権 男女とも軽井沢が優勝!


日本カーリング協会さんのHPより。
http://www.curling.or.jp/
http://www.curling.or.jp/result/jcc/jcc2017/jcc2017-top.html

あとニュース。
http://match-result.blog.so-net.ne.jp/curling2017japan-championship
https://plus.google.com/+NHK/posts/ebiur9GPtSZ
http://sports-storm.com/?p=1552

おめでとうございます。
地元軽井沢の男女チームが優勝し、
来年の冬季オリンピック代表に一歩近づいたのは
とても嬉しいことでございます。


元カーラーとしても嬉しいぞー と言いたかったので、
数年ぶりに、軽井沢町長杯が行われているアイスパークに、
我がチーム(生意気)へ助っ人のつもりで行ってきました。

16507962_1222788091150907_5122865044531524316_n.jpg

・・・思いのほか真面目に闘っており、構って頂けなかったので
端っこで練習をさせてもらいました。

16708213_1222787907817592_4495867387192955679_n.jpg

16507959_1222838091145907_8818001115906371480_n.jpg
(顔ぼかしています)

ええ、確実に、練習です。
チームメイトが転んだらすぐ駆けつけ交代する位の気持ちで、
ブルペンの投球練習のつもりで・・・(あそんできました)

この、レジャー・スポーツカテゴリの下のほうに
http://sakuraikaruizawa.blog33.fc2.com/blog-category-22.html
頑張っていた頃の様子やルール等が残っていますので覗いて
みてくださいな。
2010年2月デビューだったなんて、キャリア7年か。。
(ほぼ幽霊部員でしたが)

ほんのちょびっとだけカーリングをかじっていると、
日本選手権や国際大会を見ているだけで結構面白いです。
当初お遊びのように見えてしまっていたものの、やりだすと
緻密な頭脳戦であり、多様なゲーム性に引き込まれます。
上手くなくったって未経験だって、楽しめますよ。


ボーリングの要領でストーンを目的場所へ押し投げ、
ダーツの感覚で狙い、
ビリヤードの要領で敵の石をはじき、
掃除感覚で氷を磨いてすべりを良くする。

入り口はその位の感覚から体験頂き、
徐々にはまって頂けたらと思います。

軽井沢アイスパークHP
http://kazakoshi-park.jp/ice-park/
カーリング体験60
http://www.kazakoshi-park.jp/news/ice-park/2017/02/60-2016-17.html

1人2360円で、60分みっちりとレッスンを受けられます。
ブラシとシューズレンタル、利用料、保険等もコミコミ!
3月末まで受け付けていますので、ぜひどうぞ。



人気ブログランキングへ

優勝の記事が淡白になってしまった・・・

みはらしの湯で


佐久平PA直結の、
パラダ内にできた 平尾温泉みはらしの湯。

先日初めて施設内でごはん食べました。
さっと浸かってさっぱりしてからごはんして、
一休みしてもう一度ゆっくーり入るのが各温泉での
習慣になっています。
あぐりの湯やプラザ21でもそれが気持ちいい。

いつも写真構成も色合いも気にせずの絵ですみませんが、
実際はもっときらきらとオーラをまとっているのですよ。

16649062_1223606481069068_7590928956917549993_n.jpg

16684379_1223606507735732_4825042418104325828_n.jpg

食事メニュー http://www.hiraoonsen.jp/meal/

お子さまランチ550えん、唐揚げ定食880えん。
温浴施設で、この価格帯でいただくごはんとしては
けっこうレベルが高くかなり旨かったですよ。
お味噌汁も出汁の味でした。

お子様ランチ・・お酒のおつまみになりそう。
エビフライ食べちゃったけどトロリとして美味しかった。
別メニューもまた攻めてみます。



人気ブログランキングへ

2月の夜は。


旧正月の賑わいも落ち着いた2月の平日の夜。
今週は4日間、橙湯がありました。

16508643_1222707304492319_5443152101280012578_n.jpg

16473462_1222707334492316_7282617251745872443_n.jpg

固いミカンのような橙。
ゆずよりも形が崩れず、色彩はワイルド、個性あります。
甘酸っぱいほのかな香りが何とも良かったです。
それにしても・・・ 夕方の雪景色のここは綺麗。
暮らす我々にとっては 「日常。」の場所ですが、
先程までのしごとのことをスッと忘れられる非日常性。
緩んで、温まりました。


16388288_1221923804570669_7700213705441777197_n.jpg

別日ですが、別荘の仲良しさんと夕食を希須林さんで。
2月は年間で一番の閑散期、一番静かな季節なのですが、
一番ゆっくり、冬の美しさと向き合える時期でもあります。

冬仕様の別荘を建てられた方もけっこう来られます。
地元の我々も、移住者も優先して使えるような時期。
しんとした夜のハルニレテラスもかっこよい。

皆、トンボの湯にいくのですから、
ここにもさっと寄って温まって岐路につくような
そんな何かがあればいいなーと思いながら
ちょっとボーーっとしてみておりました。

お酒じゃなくてもいいですからね、
なんだろう、うどんするする、湯豆腐はふはふ程度な
おふろとココで胃が活性化して
おうち戻って夕食してもちょうどよいくらいな。

春シーズンまでは多く使わせてもらって
またかんがえてみよっと。



人気ブログランキングへ

冬の モリビング。


除雪がされない山奥にある為、
冬の本格的な利用は厳しいかなと思っていましたが

大丈夫でした。冬ルートも開拓できました。

16523178_1078380605607688_701960860_o.jpg
(くりっくでおおきく)


薪で焚く、五右衛門風呂が合いそうだ。
まずは雪を放りこむドラム缶風呂で試してみようか。

癒されます。
空気が凄い。

呼吸が、整います。



人気ブログランキングへ

布引観音温泉と、明神館。



16427211_1213590125404037_1999614227210902700_n.jpg

ごめんなさい。だめだったかもしれませんが、
余りに素朴ながら美しく、神々しき入浴体験でしたので
1枚だけ。。


前回の布引観音参拝のあと、
冷えた身体を暖めたくて どこか朝風呂に入れたらなあと
思いながら出発すると、 少し先にすぐにありました。

布引観音温泉 https://www.nunobikikannon.com/

16266255_1213590162070700_8239685250355822164_n.jpg

外観は、素朴です。 でも、好きな湯です。とても。
女湯からは近所のおばちゃま方と思われる日常の会話が
心地よく反響して聞こえてきます。すっかり旅気分に浸れます。

1枚目の写真の通り、
空間の真ん中に2つの風呂。熱めとぬるめ。
あとは奥の角に水風呂があるだけ。
石鹸も、シャンプーもない潔さ。

前は木の浴槽だった気がしましたが、
H27年に改装されたのですね。
それでもずっと前からある姿のような古めかしさでした。
400えん。瓶の牛乳もありますよ。

すごく、静かに、染入るように、浸かれました。
かなり、好きです。泉質も合う。いい。


また思いがけずさっぱりとでき、出発。
千曲ビューラインは ドライブやツーリング向きですね。
また進んでいる中で懐かしい看板が。

アートヴィレッジ明神館 https://myojinkan.com/
吸い寄せられるように、寄って来ました。

16265485_1213590195404030_2086382161232625820_n.jpg

16426142_1213590232070693_6537479428714977692_n.jpg

南の蓼科山、八ヶ岳方面も、
北東側の浅間連邦も美しく見えるなあ。
お風呂もはしごして寄りたかったのですが 、今日はこの風景で
おなかいぱいにし、近々寄る約束をして 出発しました。


改めて、信州はどこを迷って走っていても
素晴らしい風景に出逢えるなあと、惚れ直しました。
バイクで走っていた頃を思い出しながら、
知らないままと忘れることは勿体無いですから
これから息子を連れたり別荘友人さんを誘ったり
しながら巡ろうと思いました。


善光寺へ、に戻ります。



人気ブログランキングへ

厄除け、善光寺への道1


正月2日に初詣に行き、戻ってから気が付いた厄年。

1月中旬は雪や諸々ばたばたと過ごし、
あっという間に月末になってしまった。

31日に休みが取れたので、1月中がよいだろうと
思いつきで朝から善光寺を目指したのですが・・・
おさいふわすれて出かけちゃいました。あーあ。

それでも何となく善光寺さんに
「慌てずにしたい参りをしてから詣りなさい。」
と言われているように解釈をしまして、
佐久軽井沢からなら 「片詣り」 とならぬよう
今回は別所温泉の北向観音でお参りしてから、
善光寺はまた改めようと、ささっと気持ちを入れ替えました。


これも何となーく、いつも向かう上田・塩田平方面の
道から逸れて東御(旧北御牧)からのルートで向かって
いたのですが、おお、導かれちゃった 「布引観音」
http://www.kanko.komoro.org/midokoro/nunobiki.html
http://www.geocities.co.jp/WallStreet-Stock/3574/nagano.htm


16387041_1213561098740273_4230420812629559563_n.jpg

「牛に引かれて善光寺参り」
という、ことわざ?句?の語源ともなっている地でもあります。

「いじわるーなばあさんの布が隣の牛の角にひっかかり、
布勿体ない返せーーとひたすらに牛を追いかけ続けたら
64キロ先の善光寺についてしまった。
憎悪の執念が抜けてすっきりしちゃって、厚く信仰するように
なって、ご近所さんにも優しいよいおばあちゃんになった。」

思いがけない事柄で良い方向に導かれる例えにされています。

16427427_1213561112073605_6123004447871869796_n.jpg

まさにそんな気分で、参ろうと。
いざスタートしたのですが。。

16388194_1213561202073596_8121134917842308981_n.jpg 16388184_1213561152073601_5728977221618245457_n.jpg

2日前に雨が降り、昨日は真冬日。
階段が殆ど氷でした。
以前数度来ていた筈ですが、冬になるとこんなに苦行になるとは。
通常だと15分ほど険しい参道を登り、 とありますが、
踏み場が安定しないので30分近く息を切らせて登りました。


16298557_1213561245406925_545457896026111928_n.jpg 16298637_1213561272073589_4278789134032962824_n.jpg

それでも・・・ 来た甲斐があった。 美しい。
よくもまあ昔の人は、こんな絶壁に建造したものです。

16265610_1213561305406919_8851696334647050407_n.jpg

小銭財布しかもっていなかったので、
お詫びしながら155縁入れてお参りしてきました。


16298546_1213561365406913_4109256158774253718_n.jpg

なるほど、心洗われ 爽やかに。

次の北向観音への想いが膨らみました。
どこか温泉に寄ってから向かおうかな。



人気ブログランキングへ

ちなみに、この牛に引かれて~に由来するイベントが。
布引伝説ウォーキング
牛を追いかける気分でよなよな64キロ善光寺まで歩く。
今年はやらないのかな?

NATURさんに、ちいさなaricafeオープン中。



naturarincovalentine2.jpg
(ariさんお借りしますよ)

中軽井沢の某所にある、
稀にしかオープンしていない ありんこ菓子店さん。

霧の日などは、
パンをちぎって進まないと元来た道に戻れません。
童話の世界のような、幻のお菓子やさんです。


そんなありんこ菓子店さんが、
2月の☆のエリア・ハルニレテラスに登場です。
http://arinco2007.blogspot.jp/
http://www.hoshino-area.jp/archives/2868

ーー
ありんこ菓子店の店主がNATURに来店し
店内で小さなARI CAFEもオープンします。
ARI CAFE期間:2月4、5、11、12日 13:00~16:00

期間:2017年2月4日~2017年2月14日
時間:10:00~17:00(土日祝は~18:00)
お問い合わせ:NATUR 0267-31-0737
ーー

ありんこ菓子店さんのお菓子のことは、
ありさんのページをみて感じ取って欲しいのです。
元ライターさんでもあるので惹き入まれてゆきます。
http://arinco2007.blogspot.jp/

簡単に天才とひとことでくくれない、
努力や秘めたる情熱やぴっちさんや
バターやお菓子の精や、いろいろに
包まれ愛され支えられている貴重な方。
軽井沢らしいな、って 思えます。


もう、
今週末軽井沢にいらっしゃるスイーツ好きの方は、
ぜひ aricafe へお出かけのうえ幻の店主を
つかまえてみてください。


ーー

いた。つかまえた。

16425931_1218778784885171_2942159326064524491_n.jpg

16473700_1218778841551832_1294967684611037842_n.jpg

福袋ふうのお茶つきが500えんで驚いちゃった。



人気ブログランキングへ

幻のおみせのHPもどうぞ。
http://arincokashiten.com/

偶然な善光寺初詣旅に。


もう1ヶ月経ってしまった。。

正月二日、実家で姪っ子たちと遊んだあと、
夕方から時間が空いたので、思い立って善光寺に行きました。

15826400_1185421924887524_5535260786955581265_n_2017020411114532c.jpg

佐久から高速を使って1時間強。
5時前の善光寺に滑り込み、1年の健康と幸せを願いました。

善光寺については、こっちのカテゴリでちょいちょい。
http://sakuraikaruizawa.blog33.fc2.com/blog-category-9.html
軽井沢というより信州ですな。また改めて。

佐久の本屋さんに用がありまして
すっと高速に乗って帰り始めたのですが、、
何と初めて、更埴JCTで間違えて松本方面へ 進んじゃった。
次の下りられる所でターンしないと目的方向に進めません。

既に暗いし夕食時だし、息子にごめんよよよーーと言うと、
珍しく 「まーいーんじゃないのーー」 と大らかな返事が。
おお、ありがとう。 気が楽になったよ。

で、進んでいくと、姥捨サービスエリア が現れました。

おお・・何か、導かれたものがあるのかな。
ここの夜景は素晴らしいとは知っていましたが、
夜にここまで来る機会がなく初めての立ち寄り。
ちょっと、 言葉が詰まりました。。

15823074_1185422038220846_4407602610869911010_n.jpg

伝わらないのが残念、こっちのサイトに夜景がいっぱい。
http://yakei.jp/japan/spot.php?i=obasute-sa

単純にこのスポットだけでなく、善光寺から暗闇時の下道を走り
高速からのほんのりとした信州の夜景を眺めながら到達した
ココの夜景ってば・・・ 言葉を忘れただただ眺めておりました。
子どもながらにも、この夜景は印象に残ったようでした。
SAのごはんも美味しかった。施設も新しかったし。
(スマートICで出れなかった、やめちゃったのかな?)

思わぬ感動は、旅心が芽生え膨らみます。
次の下りて何となく東に向かって走り出すと、麻績(おみ)
を抜けて聖高原駅に。おお、高原というより麓じゃないか。
いつしか青木村に出て、上田か小諸方面行きを探しながら
どっか立ち寄れる温泉ないかなーと進んでいくと、
幾つかをスルーしたのちに、出てきちゃった 「別所温泉」

数度来て外湯に入りましたが、
入り口付近にいつの間にか外来の湯が。
別所温泉 あいそめの湯。
http://www.bessho-spa.jp/aisome/

15781117_1185470848215965_4634101695695275967_n.jpg

おお、2008年5月に、小学校跡地に出来たのですね。
施設のサイズの割には湯船が小ぶりなのですが、
湯の花浮く硫黄泉が肌に染み渡っていくようで気持ちよい。
ゆっくり出来る温泉施設でした。


別所温泉には、北向観音があります。
http://www.kitamuki-kannon.com/kannon/

北にある善光寺を真っ直ぐ向いた、
両方お参りしてナンボ(片方だと片詣り)という程に
関わりの深い北向観音に、自然に着いてしまいました。

15781441_1185548231541560_6039205984232511948_n.jpg 15826774_1185548254874891_656180407767537623_n.jpg

信州の鎌倉とも言われる別所温泉。
町も寝静まる時間帯、妙に情緒があります。
ぐるっと街を巡ったのちにお参りしてきました。

その後も旅の延長のような夜のドライブを続けて戻りましたが、
家で何となく感じ調べてみると、
我々1976年生まれは今年が本厄じゃないですか。

昨年が前厄であったことも気が付きませんでしたが、
思いつきの初詣から旅心が再燃し、北向観音までの両巡り。
偶然としては出来すぎです。
年始から詣でられたのはよかったですが、改めて厄払いをしよう。
ドックにも行こうときっかけを頂いた旅にもなりました。


ーー
行ってきましたので改めて。



人気ブログランキングへ

ゲイシャフェア と、おかしやunbebeさん。


ゲイシャ、

ですが、 珈琲です。

丸山珈琲ゲイシャフェア2017  

響きに惹かれて、飲み比べメニューを店内で頂いてきました。
お店で頂いたの久しぶり、本のセレクトもいいですねえ。

16388041_1209513059145077_1803896406710021009_n.jpg

16265645_1209224402507276_6228453022780178871_n.jpg

丸山珈琲さんのコーヒー豆、
別荘の食卓キッチンにかなりの確立で目にします。

沢村さんでパンを買い、
セルクルさんでデリとワインを。
ナガイファームさんとココペリでお野菜買って、
丸山珈琲さんの豆を買いながらサービスのカップを
テラス席で楽しみ、ひと息ついて別荘へ。

皆さんの暮らしに☆のエリアとハルニレテラスが
馴染んでいるのが嬉しいものです。


16195577_1209224299173953_1490735028670818772_n.jpg

ワタクシ、珈琲には拘りありません。
酸味と苦みの強いものはやや苦手、
どちらかというと 飲み易い軽めなタイプの種類が
好みですが、このゲイシャ種のカプチーノは香りもよく
通常のカプよりもおいしく感じました。

エスプレッソさんは、アイスにかけたかった。
(すみません、エスプレさんの美味しさがまだ
分かりません。。苦いなあ。)


16195189_1209224325840617_2907666961643204742_n_201702011439217a4.jpg

16195362_1209512969145086_4116233749564943753_n.jpg

ここ、
丸山珈琲ハルニレテラス店だけでお目にかかれる焼き菓子。
ありんこ菓子店さん、おやつあやさんに続く 
まぼろしのお菓子屋さん第三弾のようなお店の商品です。

おかしやunbebe (アンベベ) さん。
グリーンシーズンは沓掛市場やマルシェなどに出展されて
いましたが、冬の時期に町内と界隈で買えるのは通販以外は
ここだけかな?

blogページ
http://unbebe.jugem.jp/

FBページ (こちらのほうが情報がいっぱい)
https://www.facebook.com/unbebeaiai

16388046_1209224352507281_5125593793769715776_n.jpg

ゲイシャ2種とあわせ、2つ頼んでおいしく頂きました。
ほのかな甘みの焼菓子と、sugar入れないコーヒーとの
相性を楽しみながら、久しぶりにソファー席から風景と
人とをゆっくり眺めて過ごしました。

カフェ&ブックス。
この場所に丸山珈琲さんが在る有難さを
個人でもしごとでも大きく感じておりますよ。


ゲイシャさん unbebeさんともにお試しくださいな。
http://www.hoshino-area.jp/archives/2812



人気ブログランキングへ

冬の夕暮れ。


16299172_1211532852276431_8733910556319544410_n.jpg

16386922_1211532872276429_5792225881082568015_n.jpg

風景は 静止してくれない。
10数秒の違いでも、クライマックスは過ぎていきます。

移動中に 雄大な夕焼けの美しさに遭遇して慌てて
撮れる所を探しましたが、
この時点でほぼ沈んでしまいました。

でも、これもきれい。
夕焼けを眺めながら夜を迎えるって、いいな。
冬の空気が澄んだ夕暮れだからこそ、
綺麗です。



人気ブログランキングへ

『暖炉カフェ』 よかったですよー。


16265571_1209198982509818_9116070158337509783_n.jpg

前回触れた、イル・ソーニョさん2階の暖炉カフェ。

午後休が取れたので 行ってきました。



16174756_1209199019176481_5725908937486716782_n.jpg

2階へとあがる階段の踊り場にてお出迎え。
ええと、あの 忘れちゃった。
キスをしている動物が13くらい見つけられると
幸せな気分になりそうな絵です。


16142947_1209199035843146_5068578605207280163_n.jpg

16298809_1209199065843143_5240187127058706646_n.jpg

暖炉を眺める、丸太スライス壁の席とソファー席は
お客さまで埋まっていたので撮影を控えましたが、
11卓、席がありました。
ボク含めてお一人様が心地よくゆっくり過ごせる
空間ですが、正方形4人がけのテーブルに、
相席となっても違和感がなさそうな静かな空気が
漂っています。 いい、午後の雰囲気です。


暖炉カフェ用のメニュー。

16387945_1209199082509808_4094895407392202682_n.jpg

グランドメニューからサラダやピザ、パスタ等も
召し上がれます。ランチ時をちょっとずらしてお昼と
カフェを兼ねてもいいですね。

16174391_1209199119176471_924129441789794427_n.jpg

16195917_1209202205842829_5827984097571866590_n.jpg

本と共に、音楽も無料で貸し出してくれます。
ipodに入った クラシック・ジャズ・ポップス。

今回意外なほど惹かれたのが、
スイーツと炎とクラシックの調和でした。
薪ストーブや暖炉、焚き火を眺める機会は人一倍あり、
空間と炎の揺らめきと爆ぜる音、
かすかな香りがあれば 無音が一番。
と 思っていたのですが・・・

ヘッドフォンから直に届くクラシックの音色が、
トーンを抑えた落ち着いた空間と空気、
この炎の不規則な揺らめきと暖と相まって、
日常を忘れる ゆーったりとした落ち着いた
気持ちにさせてもらえました。

お酒があれば、完璧と思いました。
次があったので飲まなかっただけで、飲めますよ。


16388052_1209206219175761_7598453380779032098_n.jpg

ああ、このカフェ時の時間にあうお酒は、
シードルだと思いました。
ぜひ、シードル扱って欲しいな。
発泡性りんごワイン 
信州だし雰囲気にぴったりです。


16265865_1209214399174943_4269403249441018329_n.jpg

好きな本にも会えまして、
気が付いたら小一時間ほど、リラックス時間を
楽しんでおりました。
カフェで長居できない自分には珍しい感覚でした。


イル・ソーニョさん2階での暖炉カフェ
2月末までの期間です。
(3月上旬までやって欲しいなあ、
春からいらっしゃる別荘の方々にも使って欲しいな)

「暖炉カフェ」 で過ごす至福の冬時間。
http://www.hoshino-area.jp/archives/2782


ぜひ、どうぞ。
ごゆるりと。



人気ブログランキングへ

イル・ソーニョさんの2階で新年会。


15966264_1194815123948204_1879994330351542335_n.jpg

しごとまで。
って、勿体無いなあと思ってきました。
皆あまりしないから、
しごとの先で、暮らしを楽しくのきっかけと繋ぎ役します。
(個人ではライフスタイルとかいわない)


先週、ハルニレテラスのイル・ソーニョさんでプチ新年会を。
ここの2階席が好きなのですが(参考に)
http://sakuraikaruizawa.blog33.fc2.com/blog-entry-1493.html

意外とこの2階の存在を知らない別荘の方が多くて勿体ないなあ。
1階とはガラリと異なる、シックで落ち着いた空間です。
ご一緒して楽しんでまいりました。

気取らずゆったり仲間たちとイタリア料理を楽しんで頂きたい。
良い想いでもてなして頂くので、会話と共に楽しい食が進みます。
だいたい食べ始めてからアッと気が付くので、紹介な感じの写真は
なくてスミマセン。。そんな心地良さという言い訳をしておきます。

16174829_1201446306618419_1792995823382378883_n.jpg

16174892_1201482029948180_8458293656519964277_n.jpg

(真鯛のグリルもすごくおいしい)

もうちょっと、
別荘のお客さん。というのがスタッフが分かってくれると
オフシーズンの利用率がぐんと上がるとおもいますよ、
と生意気なことを直接言ってしまっています。
川上庵さんや希須林さんはさり気なく上手ですね。


16142987_1201446366618413_3528356454523969832_n.jpg

空間の真ん中にある暖炉。
このイル・ソーニョさんの2階席は、
別荘リビングの疑似体験が出来る
居心地よい空間なのです。

混んでいない時期にそんな開放をして欲しいと
思い伝えていましたら、 素敵なことを始めて
下さっていました。

「暖炉カフェ」 で過ごす至福の冬時間。
http://www.hoshino-area.jp/archives/2782 


ーー引用させてくださいな。

軽井沢の冬を豊かに彩る暖炉。まるで軽井沢の別荘に帰ってきたかのように、ルームシューズに履き替え、ゆったりと腰かけましょう。つい手にしてしまうスマートフォンもオフにして、ただ炎をじっと見つめ、薪のはぜる音や香りを感じてください。やがて日常の慌ただしさを忘れ、不思議と心が落ち着く時間が訪れます。

暖炉の前では、読書や音楽を愉しむのはいかがでしょう。スタッフが書棚や音楽プレーヤーとヘッドフォンをお席にお届けします。ドリンクや限定チョコフォンデュもご用意しています。

1月29日、2月26日にはジャズやクラシックの生演奏も行います。
心地よい音楽と豊かな時間をお過ごしください。

期間:2017年1月7日~2月28日
時間:14:00~17:00
場所:イル・ソーニョ
http://www.sonia-g.co.jp/ilsogno/il_kodawari.html

ーー

ワインだって、クラフトビールだって頂けるでしょう。
別荘ライフに興味ある方にも、
また別荘お持ちでもちょっと趣の異なる空間でゆっくりと。

いいなと思いましたので紹介ですが、
単純に自分がいくーー!と思いましたので、
行く前についでに触れておきました。

行きますよ 楽しみです
素敵な企画をありがとです。




人気ブログランキングへ
プロフィール

さくらい・かるいざわ

Author:さくらい・かるいざわ

ようこそ 『軽井沢に暮らす~遊楽美感~』 のブログへ。
ここでは、軽井沢の別荘で暮らしてきた自分の体験から 遊びや楽しみ方美しさ素晴らしさを感じられる 「きっかけ」になれればと、 また離れた地からも身近に感じてもらえるよう 軽井沢のふつうの日常姿を気負わず緩めな発信で続けていきます。

仕事を通じて知り合った方々との、その後の繋がりを大切にしたい。 別荘ライフ軽井沢暮らしを始められた方々との交流の場にしたいと始めたものですから、気軽に相談やコメント頂けると嬉しいです。

それではどうぞ、宜しくお願い致します。

あ、過去の記事にも対応しますので気軽にコメント下さいね!さくらいが喜びます。

写真はサムネイルで見づらいのでクリックくださいませ 少しおおきくなります。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ゴルフ掲示板
リンク
Twitter on FC2
QRコード
QRコード